新型アウディ Q3 口コミ評価 評判まとめ

Audi

新型アウディ Q3にはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは新型アウディ Q3の口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

今回マイナーチェンジを実施したアウディのプレミアムコンパクトSUV「Q3」は、よりスポーティのなりました。

アウディの確かな技術と都会的なセンスの光る新型「Q3」の評価はどうでしょうか。

新型アウディ「Q3」の魅力とともに、皆さんの評価などご紹介します。

新型「Q3」をご検討の方、参考にどうぞ。







新型アウディ「Q3」、その魅力とは

my17_q3_top_gallery_03_01.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

アウディのSUV「Qシリーズ」の魅力を小さなボディの凝縮したプレミアムコンパクトSUV「Q3」は、2.0L直列4気筒DOHC直噴ターボと7速デュアルクラッチトランスミッション「Sトロニック」、4WDシステム「クアトロ」、アイドリングストップ機構を組み合わせ、FWDモデル1.4L直列4気筒直噴ターボエンジン「TFSI」に6速Sトロニックトランスミッションを搭載しています。

ラインナップは、FWDモデル「1.4TFSI」、「2.0TFSIクアトロ180ps」、「2.0TFSIクアトロ220ps」、スポーツシートやアウディドライブセレクトなどを備えた「1.4TFSIスポーツ」が用意されています。

今回、2種類の2.0TFSIエンジンの出力向上と燃費改善、前後バンパーのデザインなど、一部改良が実施され、よりワイドでシャープかつ力強い印象となりました。

tkv4i2

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインの変更とパワートレインの改良が行われました。

エクステリアでは、アウディのアイデンティティであるシングルフレームグリルがよりワイドになり、斜め上のフレームを幅広いラインでヘッドランプに結び付けることで、より力強くシャープに印象となりました。

このシングルフレームのデザインは順次、他のQシリーズにも採用されていきます。

さらに、フルLEDヘッドライトをオプション設定し、ウインカーが流れるように点滅する「ダイナミックターンインディケーター」が採用されるリヤコンビネーションランプとともに、昼夜を問わずアウディらしさをアピールしています。

加えて、前後バンパーやアルミホイールのデザインを変更することで、よりスポーティーなエクステリアとなっています。

q3_top_usp_engine[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

一方、2.0L直噴ターボエンジン「2.0TFSI」は、従来の170psモデルが180psに、211psもでるが220psにパワーアップし、JC08モード燃費が前者が12.7km/Lから15.0km/Lに、後者が12.6km/Lから14.9km/Lへと向上しました。

ともに、デュアルクラッチ式の7速Sトロニックと、フルタイム4WDシステム「クアトロ」が組み合わされています。

また、4FWDモデルである「Q3 1.4TFSI」のパワートレインには変更はなく、最高出力150ps、最大トルク25.5kgmを発揮する1.4L直噴ターボエンジン「1.4TFSI」を搭載し、駆動方式は2WD(FF)、トランスミッションは6速デュアルクラッチ式Sトロニックの設定で、JC08モード燃費は17.4km/Lとクラストップレベルの低燃費となっています。

さらに、「1.4TFSI」をベースにスポーツシートなど「2.0TFSI」モデルと同等の装備を備えた、「1.4TFSIスポーツ」も新たにラインアップに加わりました。

my17_q3_top_gallery_04_jpg_resize_maxWidth=1180 my17_q3_top_usp_05[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

ボディサイズとラインアップは次のとおりです。

■ボディサイズ

全長

4,400mm

全幅

1,830mm

全高

1,595mm

■グレードと車両価格

◆1.4TFSI Stronic

3,690,000円

◆1.4TFSI Sport Stronic

3,860,000円

◆2.0TFSI Quattro 180ps Stronic

4,590,000円

◆2.0STFI Quattro 220ps Stronic

5,390,000円


新型アウディ「Q3」、評価はどう?

1

引用:https://www.yanase.co.jp/

ここからはオーナーの皆さんの評価をご紹介します。

zie4zb

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

◆BMW5シリーズが大きすぎて狭い道や駐車に難儀していましたので乗り換えました。

凄く満足しています。

Q3のサイズ感が素晴らしい。

幅はそこそこ(183)ありますがそのおかげで車内はゆったりしています。

全長が短いので乗りやすさは抜群です。

エンジン、走行性能、乗り心地はほぼ満足。欠点は装備面ですが、まあ走りとは関係ないと割り切っています。

なにより乗っていて楽しいですよ。

◆一年になりました。

たまたま試乗したQ3が気に入って購入しました。

車体が大きくなって取り回しが大変になるかと思いましたが、慣れたのか楽にできます。

燃費が良くなればもっと良いと思います。

比較的コンパクトな車体で取り回しやすいクルマです。

車幅もありゆったりとした室内空間となっています。

ただし、室内が広い分ラゲッジスペースに不満が出ているようです。

zie4ze (2)

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

◆アウディでは中くらいのクルマになっているので、家族3~5人くらいであまり荷物を積まないのであれば問題ないかと思います。

荷物を載せるならば、いったん荷室を確認してください。驚くほど狭いです。

その代りに

・走りの静粛性と快適さ

・エクステリアとインテリアの質の高さ

を優先するなら、安いくらいのクルマです。

総じてアウディのレベルの高さを感じることができましたので、他の車種にも試乗してみたいと思わせる一台です。

アウディらしい仕上がりの良さに高評価です。

47f8a977-1ac2-4d3c-bad7-130a742eee17[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

◆スタイリング、これが一番のポイントです。

カラードバンパーありのグレイシアホワイト、ホイールもデザイン、質感ともによかったです。

LEDライトも前後ともに好みのデザインです。

足回りも硬すぎず柔らかすぎず。後席はやはり狭いです。子供専用かも。

嫌みのない上品な街乗りカーだと思います。

◆コンパクトSUVという部分に惹かれ購入しました。

予想以上に良い車です。

少し辛口の評価も紹介しておきます。

my17_q3_top_usp_06[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

◆新車購入一年足らずで給油口にロックがかからない、ナビがダウンする、フロントライト故障など不具合が多く出ました。

私のような一般人には価格相応の価値が見出せません。

競合他社の同程度の製品の方が総合評価は高いと思います。

◆ニーズをよく分析して、似たようなクルマをたくさん比較した方が良い。

少なくとも上級グレードを選択しましょう。

◆クルマとして決して悪くはないのですが、価格が見合わないように思えます。

積極的にQ3でなければいけない理由が見当たりません。

◆新車価格では買いません。

新型ティグアン、C-HRと続々と魅力的なSUVが出ています。

皆さんの評価をご紹介しました。

高い評価を付けおられる方や評価の低い方、さまざまいらっしゃいます。

クルマ選びの参考にしてください。


新型アウディ「Q3」、試乗レポート

rsq3_pf_pf_top_usp_01[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

インテリアの質の高さやデザイン性の定評のあるアウディの中で、現時点でもっとも小型モデルのコンパクトSUV「Q3」のレビューを紹介します。

全体的には、さすがアウディのクルマという印象ですが、このセグメントには多くのライバルがおり、その中で特別優れたものかと聞かれれば、「う~ん」と考え込んでしまいます。

インテリアには十分高級感があり、レザーシートをはじめ多くの装備に心豊かな気持ちにはなります。

フロントシートは十分な広さがあり、長距離ドライブを楽しむこともできますが、リヤシートに関しては課題が残ります。

カーゴスペースについても最低限を保っているという程度で、ただし、リヤシートを倒せばほどほどの大きさにはなります。

パワーについては、ライバルに比べてやや劣る印象です。

しかし、乗り手としては落ち着いたハンドリングに快適な乗り心地と、インテリアの豪華さを十分に堪能できる環境が整っているのは評価の高いところです。

■評価できるポイント

・高級感のあるキャビン

・安定した乗り心地とハンドリング

■マイナスポイント

・狭いリヤシート

・時にパワー不足と感じられるエンジン

■ライバルとなるのは

・BMW XⅠ

cq5dam.resized.img.1680.large.time1450421068002[1]

引用:http://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/

XⅠは、これまで代々受け継がれてきたBMW者のパフォーマンスの高さを同じように引き継いでいます。

パワフルなターボチャージャー付エンジンは、Q3より30馬力ほどパワーがあり、停止状態からでも十分な加速力を見せてくれます。

また、ステアリングの反応が良く正確性もあります。

また、居住性でもQ3に比べて余裕があり、リヤシートもカーゴスペースも広くなっています。

・メルセデス・ベンツ GLA

20151126_top_01[1]

引用:http://www.mercedes-benz.co.jp/

安い価格でもその作りはしっかりしており、インフォテイメントシステムとして使い勝手の良い7インチのスクリーンが標準装備されています。

また、先進性のある安全機能も充実しています。

ベースエンジンでも十分にパワフルさを感じりことができ、安全性やインテリアの居住性だけでなく、パフォーマンスにもある程度の充実ぶりが感じられます。


まとめ

my17_rsq3_top_gallery_01_l.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

新型アウディ「Q3」の評価を集めてみました。

それぞれ評価できる点と評価の低い点があり、好きか嫌いかが分かれているような印象です。

価格は369万円~と、ライバルと目されるBMW XⅠ、ベンツGLAとほとんど変わりないけれど、細かいところまで言えば若干高めかもしれません。

よくできた車です。

新型アウディQ3の値引きの方法については、

「新型アウディQ3 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にアウディQ3を購入して下さい。