新型アウディ Q3 エコカー減税他自動車税まとめ!

Audi

新型アウディ Q3のエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは新型アウディ Q3のエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

「Qシリーズ」と呼ばれるアウディのSUVの中で、最もコンパクトな「Q3」は、今回の一部改良によって、パワーアップとともに燃費向上も果たしました。

そんな新型アウディ「Q3」の紹介とともに、自動車に係る様々な税金についてレポートします。

新型アウディ「Q3」をご検討の方、参考にどうぞ。







新型アウディ「Q3」、その特徴とは

rsq3_pf_pf_top_usp_01[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

アウディのSUVは「Qシリーズ」と呼ばれ,ラージサイズの「Q7」、ミドルサイズの「Q5」、そして、最もコンパクトな「Q3」がラインナップしています。

全長

4,400mm

全幅

1,830mm

全高

1,595mm

と比較的コンパクトなボディに、一目でアウディとわかる都会的なデザインとSUVの持つ機能性、高い効率を誇るパワートレインが融合した人気車種となっています。

最低地上高を170mmとすることで、オフロード、オンロードを問わず快適なドライビングを楽しむことができます。

駆動方式は2WD(FF)と4WD(クアトロ)が用意され、2WD(FF)モデルには150psを発揮する1.4L直列4気筒直噴ターボエンジンが、4WD(クアトロ)には180psまたは220psの2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンが搭載されています。

今回のマイナーーチェンジでは、エクステリアのデザイン変更とパワートレインの改良が行われました。

my17_q3_top_usp_05[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

エクステリアでは、アウディのアイデンティティであるシングルフレームをよりワイドにし、斜め上のフレームを幅広いラインでヘッドランプに結び付けることで、より力強い印象を強調しています。

さらに、フルLEDヘッドライトをオプション設定し、ウインカーが流れるように点滅する「ダイナミックターンインディケーター」が採用されたリヤLEDコンビネーションライトとともに、昼夜を問わずアウディらしさをアピールします。

さらに、前後バンパーやアルミホイールのデザインを変更することで、よりスポーティに仕上げられています。

q3_top_usp_engine[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

一方、2.0L直噴ターボエンジン「2.0TFSI」は、従来の170psモデルが180psに、211psモデルが220psにそれぞれパワーアップされ、JC08モード燃費が180psでは12.7km/Lから15.0km/Lに、220psが12.6km/Lから14.9km/Lに向上しています。

ともにデュアルクラッチの7段Sトロニックと、フルタイム4WDのクアトロが組み合わされています。

1.4L直列4気筒直噴ターボとデュアルクラッチ6段Sトロニックを搭載するFWDモデルとして、「Q3 TFSI」とスポーツシートなどを備える「Q3 TFSIスポーツ」が設定されています。

このエンジンは、最高出力150ps、最大トルク25.5kgmを発生させ、JC08モード燃費は17.4km/Lというクラストップレベルの低燃費を実現しています。

my17_q3_top_gallery_01.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

グレード構成と車両価格は次の通りです。

■1.4TFSI S Tronic

3,690,000円

■1.4TFSI Sport S Tronic

3,860,000円

■2.0TFSI Quattro 180ps S Tronic

4,590,000円

■2.0TFSI Quattro 220ps S Tronic

5,390,000円


新型アウディ「Q3」、エコカー減税は

my17_q3_top_gallery_06.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

「エコカー減税」は、平成27年に見直しがなされたうえでその適用期間が2年間延長されました。

それとともに、新たに平成32年度燃費基準への切り替えがされ、平成27年燃費基準のエコカー減税対象車の一部も引き続き減税対象とされ、新たな減税枠を設ける拡充措置とされました。

この時点でアウディ「Q3」は、エコカー減税対象車種から除外され、現在では、「エコカー減税」の恩恵を受けることができなくなりました。

ちなみに、アウディの対象車種は次の通りです。

※自動車取得税の軽減措置は平成29年(2017年)3月31日までの新規登録車は対象となります。

※自動車重量税の軽減措置は平成29年(2017年)4月30日までに期間が対象となります。

※自動車取得税/自動車税は地方税のため、都道府県によって運用が異なります。地域によっては減税額が異なる場合があります。

・AⅠ

1[4]

引用:https://www.yanase.co.jp/

自動車取得税:60%減税

自動車重量税:50%減税

グリーン税制:概ね50%減税

・A3

1[4] (2)

引用:https://www.yanase.co.jp/

自動車取得税:60%減税

自動車重量税:50%減税

グリーン税制:概ね50%減税

・A4

1[2]

引用:https://www.yanase.co.jp/

自動車取得税:40%減税

自動車重量税:25%減税

グリーン税制:概ね50%減税

ただし、A4 2.0TFSI/A4 2.0 Avant TFSI は本則税率適用となります。

・A5

2[1]

引用:https://www.yanase.co.jp/

自動車取得税:40%減税

自動車重量税:25%減税

グリーン税制:概ね50%減税

ただし、A5 2.0TFSI  Quattroは本則税率適用となります。

・A7

1[5]

引用:https://www.yanase.co.jp/

自動車取得税:20%減税

自動車重量税:25%減税

・A8

1[2] (2)

引用:https://www.yanase.co.jp/

自動車取得税:40%減税

自動車重量税:25%減税

グリーン税制:概ね50%減税


エコカー減税とは

1

引用:https://www.yanase.co.jp/

■減税改正のポイント

一定以上の「排気性能」と「燃費基準を満たしたクルマを対象とした免税・原生制度、いわゆる「エコカー減税制度」(排出ガス性能および環境性能が優れた環境負荷の小さい自動車に係る自動車重量税・自動車取得税の特例措置)について、見直しがなされたうえでその適用期間が2年間延長されました。

自動車取得税・自動車重量税について、新たに2020年度(平成32年度)燃費基準への切り替えがなされたとともに、2015年度(平成27年度)燃費基準によるエコカー減税対象車の一部も引き続き減税対象とされ、新たな減税枠を設ける拡充措置となっています。

■自動車取得税の減税について

2015年(平成27年)4月1日以降に取得する自家用自動車(新車に限る)の取得税について、自動車取得税に係る特例措置(いわゆる【自動車取得税のエコカー減税】)において減税率が拡充され、適用期限が2年間延長されました。

hyou501

引用:https://www.yanase.co.jp/

※電気自動車等には、電気自動車、プラグイン・ハイブリッド自動車(PHEV)、燃料電池自動車(FCV)、天然ガス自動車、クリーンディーゼル自動車が含まれます。

■自動車重量税の減税について

2015年(平成27年)5月1日以降に取得する自家用自動車(新車に限る)の重量税について、自動車重量税の免税等の特例措置(いわゆる【自動車重量税のエコカー減税】)にて下記見直しが行われ、その適用期限が2年間延長されました。

hyou502

引用:https://www.yanase.co.jp/

※電気自動車等には、電気自動車、プラグイン・ハイブリッド自動車(PHEV)、燃料電池自動車(FCV)、天然ガス自動車、クリーンディーゼル自動車が含まれます。

■自動車税について

排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さな自動車は税率を軽減し、新車新規登録から一定年数が経過した環境負荷の大きな自動車は税率を重くする特例措置(いわゆる【自動車のグリーン化】)について、2016年4月に燃費基準が厳格化され運用されています。

本制度の軽課は、2016年4月1日~2017年3月31日までに新車を新規登録した場合に限り、当該年度の翌年度分の自動車税が軽減されるものです。

新エコカー減税およびグリーン税制

hyou503

引用:https://www.yanase.co.jp/

※重量税が免税のモデルは初回車検時も免税となります。

※2015年度(平成27年度)燃費基準達成モデルの重量税は本則税率(2,500円/0.5t/年)を適用。その他未達成モデルは当分の間税率から軽減措置を取った税率(4,100円/0.5t/年)が適用されます。


まとめ

zie4ze (2)

引用:https://www.yanase.co.jp/

いかがでしたか。

残念ながら新型アウディ「Q3」は、いわゆるエコカー減税の対象車種ではありませんが、オンロード、オフロードを問わず、あらゆるシーンで快適なドライビングを楽しむことのできるプレミアムコンパクトSUVです。

洗練された都会的なエクステリアデザインと確かな技術力に裏打ちされたメカニズムは、他車を寄せ付けないオーラを放っています。

そんなところが人気車種となっている理由ではないでしょうか。

乗ってみてわかる”いい車”です。

新型アウディQ3の値引きの方法については、

「新型アウディQ3 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にアウディQ3を購入して下さい。