新型RVR 口コミ評価 評判まとめ

RVR

新型RVRにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは新型RVRの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

ちょうどいいサイズで使い心地の良い三菱のコンパクトSUV「RVR」は、毎日の通勤やオフのアウトドアライフに大活躍しています。

都会的な洗練されたスタイルと運転のしやすさは、同じクラスのSUVの中でもでも群を抜いています。

そんな「RVR」の魅力と、オーナーの皆さんの感想などお伝えしようと思います。

クルマ選びの参考になれば幸いです。







新型RVRってどんなクルマ?

img_car03[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/

2002年後半から販売が途絶えていた三菱のトールワゴン「RVR」が、コンパクトSUVとして装いも新たに登場しました。

全長4.3mのコンパクトなボディに、見晴らしの良いキャビンや十分なラゲッジスペースを確保し、しかも、SUVならではの高い走破性を兼ね備えるあらゆるシーンで活躍が期待されるアクティブなクルマになりました。

歴代では3代目となります、先代までと異なり後席をヒンジ式ドアとした2列シート5人乗りとなっています。

ラインナップは、カラード仕様のサイドガーニッシュやプライバシーガラスなどを装着したベーシックな「M」、スーパーワイドHIDヘッドライトや17インチアルミホイールなど上級装備を施した「G」の2グレードが用意されています。

パワーテレインは、アイドリングストップ機構「AS&Gオートストップ&ゴー)」を採用した「4J10」型1.8L直列4気筒SOHC16バルブ”MIVEC”エンジンに、”INVECS]-Ⅲ”6速スポーツモードCVTを組み合わせて、JC08モード走行燃費が2WD車で15.4km/L、4WD車で14.8km/Lを実現しています。

今回、フロントマスクの一新などの一部改良が実施されました。

今回の改良では、乗員とクルマを守る機能を力強く表現した三菱の新世代フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用され、中央のブラックフェイス部分はパワートレインの性能を象徴し、そこをバンパー左右コーナー部とアンダーガードの3方向から包み込むような形状としたことで、より精悍でスポーティーな印象を強調しています。

フロントフェイス以外では、ルーフアンテナをスタイリッシュなシャークフィンタイプの変更したほか、上級グレード「G」のシート生地を変更し、赤のステッチをあしらうことでよりスポーティーさを演出しています。

section_mv_exterior_pc[1] img_interior02[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/

新型「RVR」のエクステリアは、「コンセプトーCX」を基本とし、

全長

4,355mm

全幅

1,770mm

全高

1,630mm

コンパクトなボディと前後のオーバーハングを切り詰めたスタイルがSUVらしいアクティブな印象を与えるとともに、今回採用された「ダイナミックシールド」が力強さや精悍さをアピールしています。

一方、インテリアは、黒を基調としながら、シルバーのアクセントを施したり、ソフトパッドを配置することで「質実剛健なスポーティーさと上質さ」が見事に融合しています。

さらに、標準グレード「M」はカーボン調、上級グレード「G」にはピアノブラック調のセンターパネルを採用しています。

img_car08[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/

パワートレインは、1.8 LMIVEC SOHC16バルブエンジンを搭載しています。吸排気カムシャフトに連続可変バルブタイミング機構”MIVEC”を採用したこのエンジンは、

最大出力

139ps/6000rpm

最大トルク

17.5kgm/4200rpm

の性能を発揮し、6段のマニュアルモードを持つ”INVECS-Ⅲ”6速スポーツモードCVTが組み合わされています。

駆動方式は、電子制御4WDに加えて、2WD(FF)の用意され、4WDではコクピットのダイヤルによりFWDと4WDの切り替えが可能で、さらに、悪路走破性を高めるために後輪への駆動力配分を増やす”4WDロック”モードも備えられています。

機能性を重視した装備類で、後席には2段階のリクライニングやシートバックの起こす速さによってリクライニング位置を保持する”アジャスタブルリターンシート”の採用や、折り畳みや取り外すことでフロア下のスペースを有効活用するフロアボードなどが装備されています。

また、三菱としては初めて、プッシュ式のエンジンスターターが採用されたり、広い照射角が自慢の”スーパーワイドHIDヘッドライト”(Gに標準装備、Mはオプション設定)やルーフレールとセットで固定式の大型ガラスルーフ(オプション設定)などの装備類が用意されています。

安全面では、運転席&助手席エアバッグ、運転席ニーエアバッグが標準装備、カーテンエアバッグをオプション、横滑り防止装置「ASC(アクティブスタビリティコントロール)+ヒルスタートアシストなど、充実した装備を誇っています。

車両価格

img_car04[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/

■M

・2WD

2,058,480円

・4WD

2,295,000円

img_car03[2]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/

■G

・2WD

2,250,720円(消費税込)

・4WD

2,487,240円(消費税込)


新型RVR、その評価は

img_car04[1] (2)

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/

ここではオーナーの方からの評価をご紹介します。

◆エクステリアは格好いいと思います。インテリは高級感がないとの意見もあるようですが、個人的には不満もなく使いやすいと思っています。

なんといってもパノラマサンルーフの開放感には感動しています。

◆好みのエクステリアです。

バンパーの存在感のあるフロントは、メリハリがあって過去おいいと思います。

大きすぎないボディサイズ、余裕のある最低地上高は、健闘した中で一番好きでした。

◆オーソドックスで、質感を柔らかくした内装に非常に落ち着き感を感じました。

◆エクステリアは好き嫌いは分かれると思います。

◆エクステリアはいいのですが、インテリアは欧州仕様はカッコいいのに残念です。

室内は黒一色なので、シートだけベージュのカバーに交換しました。

エクステリアやインテリには賛否両論あります。

たしかに、選択の幅が狭いとは思います。

section_mv_performance_pc[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/

◆アウトランダー譲りのプラットフォームを使っているおかげか、実際より大きな車に乗っているような安定感を感じます。

乗り心地もソフトです。

自動ブレーキがあれば・・・。

◆スポーティーなくせに良い乗り心地です。

シートのホールド感も良く、前席・後席ともに足を伸ばせる空間が確保しているのはいい点です。

乗り心地には、おおむね満足していらっしゃるようですが、パワー不足と感じる方や加速のレスポンスが良くないという方もいらっしゃいます。

ただし、パドルシフトの使い方で走りが変わってくるという方もいます。

◆エクステリアはガンダムみたい。

レクサスやアウディがモデルチェンジで似たような顔付になってきました。

そういった意味では、RVRのデザインは、最先端かもしれませんが、それが良いとは思いません。

◆シートが合いませんでした。

内装や外装に反対意見が多いようです。

試乗などでよく確認することが大切ですね。

◆初めての三菱車ですが、非常に気に入っています。

ただし、名前は欧州と同じASXの方が良かったのではないでしょうか。RVRの名前を引き継ぐにはあまりにもコンセプトが違うと思います。

◆内外装、骨格ともまじめに作ってある満足度の高いクルマだと思います。

名前をRVRではなく、海外と同じようにASXやOutlnder Sportsにしてほいいです。

img_m02[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/

いかがでしたか。

完成度の高いクルマですが、グレードやボディカラー、インテリアなどのバリエーションが少ないことや安全面での充実度が低いことがネックとなっているようです。

これからの動向に期待したいと思います。


まとめ

img_car02[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/

新型「RVR」は、非常によくできた一台です。

もともと販売台数も少ないこともあって時折見かける程度ですが、都会派SUVらしい洗練されたスタイリングは、見かけるたびに注目を集めるクルマだと思っています。

安全面での装備の充実や燃費のさらなる向上に期待したいところです。

今後の動向に注意しましょう。

新型RVRの値引きの方法については、

「新型RVR 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得に購入して下さい。