新型パジェロ 車中泊アイテム!

パジェロ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型パジェロの車中泊の快適さが注目されています。

こちらでは2016年の新型パジェロの車中泊の様子と主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

本格クロスカントリーRV(レクレーショナル・ビークル)の代表格三菱「パジェロ」は、アウトドアレジャーには欠かせないアイテムの一つです。

なんといっても、「パジェロ」にはアウトドアが一番似合いそうです。

そんな「パジェロ」は、今回マイナーチェンジを行い、ますますワイルドで力強くなりました。

新型となった「パジェロ」のアウトドアでの楽しみ方をご紹介します。


スポンサーリンク

新型パジェロとは

main04[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

オールラウンドSUV三菱「パジェロ」は、今回一部改良を実施しました。

エクステリアには、新しいSUVデザインが採用され、全車でフロントバンパーとラジエターグリルのデザインを変更し,直線基調の力強いデザインとしました。

また、「スーパーエクシード」「エクシード」「VR-Ⅱ」のフロントバンパー左右コーナー部にLEDポジションランプとフォグランプを装着。

さらに「スーパーエクシード」「エクシード」のスペアタイヤカバーのデザインを変更し、スタイリッシュなリヤビューとしました。

インテリアでは、「スーパーエクシード」のセンターパネルを木目調、「エクシード」「VR-Ⅱ」のセンターパネルをピアノブラック調に変更。

全車でエアコン開口部にシルバー及びメッキの加飾を施すことで質感を向上させ、吸遮音材の追加により室内の静粛性をさらに向上させました。

今回の一部改良では、「スーパーエクシード」「エクシード」「VR-Ⅱ」に、三菱車として初めてとなる「オートマチックハイビーム」が採用され、夜間の視認性を向上させました。

また、エントリーグレードの「GR」(ロング)と「VR-Ⅰ」(ショート)のアルミホイールを7本スポークの17インチアルミホイールに変更し、より高級感を演出しました。

また、インストルメントパネル素材をソフト触感の新表皮素材とし、質感向上を図っています。

新型「パジェロ」は、高剛性のラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディに、3LV型6気筒SOHCガソリンエンジンと3.2L直列DOHCコモンレール式ディーゼルエンジンを搭載。

全車に走行中でもトランスファーレバーによりスムーズな切り替えが可能な4WDシステム「スーパーセレクト4WD-Ⅱ」を採用し、ミッションはINVECS-Ⅱスポーツモード5速ATが用意されています。

グレード構成と車両価格は次の通りです。

hyou801hyou802

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/


スポンサーリンク

SUVでアウトドア

main05[1]interior04[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

SUVといえばアウトドアというイメージをお持ちかと思います。

しかし近年のSUVは、「オフロード」、「アウトドア」ではなく、どちらかといえば「街乗り」、「ラグジュアリー」寄りの路線となっているように感じます。

「SUV」だからと言って何でもアウトドアに適しているかどうかわからないというのが現状のようです。

そこで、アウトドア向けのSUVをご紹介しましょう。

■アウトドアが趣味

アウトドアといってもその種類は多岐にわたっています。

「キャンプ」「スキー・スノーボード」、「サーフィン」「釣り」、「トレッキング」、サイクリング」など多くの種類があることはご存じだと思います。

ここでは「どのくらい荷物を積むことができるか」「どの程度の道を走ることができるか」を中心にお伝えしようと思います。

■トヨタ・ランドクルーザー

carlineup_landcruiserprado_style_11_pc[1]

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/style/

誰でも知っている「SUVの代表格」で、その歴史は長く、1950年代から続く世界的にも認められたSUVで乗用車から商業車まで幅広く利用されています。

ただし、オフロード車というよりラグジュアリーなイメージが強く、一部では「高級車」とも言われています。

アウトドアには、広い室内空間、ラゲッジスペースの広さは魅力的です。セカンドシート、サードシートをアップ状態にすれば

長さ:約1.7m

幅:約1.0m

高さ:約1.1m

は確保することができます。自転車・スキー・スノーボードなどは積み込むことができます。

逆に大きすぎるので、小道は無理ですし、最近のランクルはあまり傷つけたくないようなラグジュアリーさですから、オフロードは楽に走ることはできますがどうでしょうか。

■三菱 アウトランダーPHEV

main05[1] (2)

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev/

燃費よし、走ってよしで「SUV+アウトドア」の歴史を変える一台と言われています。

それは、大容量の電気を外に持ち出すことができるところでしょう。

アウトドアでも家電製品が使えるというのは、今までのアウトドアの常識を変えるとも言われています。キャンプでも便利でちょっとしたピクニックにも最高の一台です。

2列目、3列目をフルフラットにした状態で、

長さ:約1.7m

幅:約1.0m

は確保できます。

車体も大きく、ラグジュアリーな美しい外観ですので、本格的なクロスカントリーには向いていないようです。

■トヨタ ハリアー

carlineup_harrier_style_2_16_pc[1]

引用:http://toyota.jp/harrier/

若い方中心に人気のSUVです。デザイン的にもスマートでおしゃれなクルマです。

メーカーも「ラグジュアリーなSUV」としており、内外装とも上質に仕上がっています。

いくらアウトドアといっても基本は街乗りで、一定の質感を求めている方にはベストマッチです。

街乗りもアウトドアもたのしめるSUVです。

2列目をフラットにして

長さ:約1.9m

幅:約1.1m

程度で、「大人2人+子供1人」だとぎゅうぎゅうで寝返りは打てません

また、ラゲッジスペース下にも収納場所があり小さい荷物位は入ります。

■スバル フォレスター

exterior_photo_004[1]

引用:http://www.subaru.jp/forester/forester/

本格派SUVを捨てずに走りにもこだわりを持つクルマで、デザイン的に「タフな男の乗り物」をイメージし、アイサイトやAWDといった評判の良いシステムもしっかり搭載されていて、SUVとしてバランスが取れています

2列目をフラットにした場合、

長さ:約1.6m

幅:約1.0m

容量にすると約550Lになります。荷物を積む場合にはスペース的には問題ないでしょうが、「車中泊」の場合、複数では厳しいでしょう。

ファミリー層には向かないかもしれません。

■三菱 パジェロ

color06[1]

 

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

なんといってもディーゼルエンジンが魅力です。

3200ccで最大出力190psという「ランクルよりも1000ccも排気量が小さいのに、ほぼ同じスペック」ということで、「かつてのパジェロは今でも健在」といった声がよく聞かれます。

ラゲッジスペースは2列目、3列目をフラット、格納状態に知ると

長さ:1.5m

幅:1.1m

程度確保できます。車体の割には狭く感じますが、1列目を倒してフルフラットにすると「大人2人+荷物スペース」を確保することができます。

ここまで5車種を比較してみましたが、気に入った車が見つかった方は、まずはディーラーで実車を確認しましょう。

それから試乗、ここから始めましょう。


スポンサーリンク

三菱パジェロ、車中泊はどうか

4a4c84f8[1]

引用:http://blog.livedoor.jp/todocafe60/

パジェロロングになると居住性は十分で、「車中泊」も少し手を加えるだけで快適過ごすことができそうです。

フロントとリアシートを倒すことでフルフラットとなりますが、完全にフラットにはならないのでそれなりの創意工夫が必要です。

しかし、そこまで必要なければノーマルでも結構いけるようです。

v4-camper01[1]

引用:http://pajero.pcjapan.net/

 

快適に「車中泊」を楽しむためには、やはりフラットにすることが必要です。

こんな工夫はどうでしょうか。

■パジェロ車中泊用の簡易キャンパーを自作

車中泊で体を伸ばして寝るために、安く簡単に簡易のフルフラットになるように自作してみました。

【材料】

●衣装ケース;幅39×奥行74×高さ18(cm)2個

●カラー化粧版;長さ90×幅40×厚さ1.5(cm)2枚

●カーペット;板に貼りつけます。2枚

●角棒 長さ40×15×15(cm)4本

板がずれないように添え木にします。

●マットレス;シングルサイズ、3つ折りか4つ折り

●布団カバー;シングルサイズ

●長方形の座布団

●その他

枕、寝袋、ゴムシート(滑り止め)、ロープ

ほとんど並べるだけなので、簡単にできそうですね。使わないときは荷台に収納しておきます。

■車中泊専用マット

mat34_1[1]

 

mat34_3[1]

引用:http://www.shachu-haku.com/

車中泊専用マットはいかがでしょう。

少し費用は掛かりますが、シートをフラットにするだけで快適に使用できますので、こちらもおススメです。

詳しくはhttp://www.shachu-haku.com/bedding/onlystyle_mat.html

にてご確認ください。

購入された方の感想をご紹介します。

●趣味が写真撮影なのでよく車中泊します。愛車はパジェロショートです。

さっそく車内に敷いて寝心地を確かめてみると最高でした。

おかげで寝不足にならずに写真撮影ができます。

●登山に出かけり時に活用しています。

パジェロのセカンドシートより後方にベッドキットを備え付けています。

厚さも充分で快適に睡眠をとることができます。

これなら少しの休みでも行動範囲がかなり広がります。


スポンサーリンク

まとめ

main01[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

いかがですか。

三菱パジェロは車にの広さも充分で車中泊にはうってつけです。

ただし、快適に過ごすにはそれなりの創意工夫が必要です。

車中泊マットなどはよさそうですね。

本格オフローダーとしてどこへでも行けて、キャンプや車中泊にぴったりな新型パジェロの値引きの方法については、

「新型パジェロ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得に購入して下さい。

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク