新型S660 スペックまとめ!

S660

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型S660のスペックが公開されています。

こちらでは新型S660のスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。


スポンサーリンク

ボディスペック

引用:http://www.honda.co.jp/S660/ilovedrive/

全長×全幅×全高(mm):3,395×1,475×1,180
ホイールベース(mm):2,285
トレッド前(mm):1,300
トレッド後(mm):1.275
地上最低高(mm):125
車両重量(kg):CVT → 850 / 6MT → 830
室内長×室内幅×室内高(mm):895/1,215/1,020
最小回転半径(m):4.8

S660の車重、軽い?重い?

引用:http://www.honda.co.jp/S660/ilovedrive/

最新装備を搭載のS660。他の軽スポーツと比べてどうでしょうか?

□ケータハム セブン160:490kg(5MT)
□スズキ アルトワークス:670〜740kg(5MT/5AT)
S660:830〜850kg(6MT/CVT)
□ロータス エリーゼスプリント:830〜878kg(6MT)
※エリーゼは、排気量1.6/1.8L
□ダイハツ コペン:850〜870kg(5MT/CVT)

↓ロータス エリーゼ。全長×全幅は3,800×1,720mm。トヨタの直4エンジンが搭載されている。車重が軽いのはアルミボディと必要最小限の装備のみ。リアルスポーツとしてはS660の対極だ。

引用:https://www.autocar.jp/wp-content/themes/base/timthumb.php?src=https://www.autocar.jp/wp-content/uploads/2017/05/elisesprint_170502_001.jpg&h=440&w=660&zc=1

比べると、セブン160の490kg(エンジンはスズキ製)が断然軽量な他、アルトワークスもS660より最大90kg軽い。エリーゼに至っては、1.8LエンジンでS660とほぼ同等です。

ルーフはロールトップ。くるくるとのり巻き状に畳んで収納するタイプですが、そこまで軽量化しても重かったのが、バッテリーの10kgボディ補強

アルトワークスが軽い訳は、その”ドンガラ”にある。ボディ剛性は”穴(オープンエア)”がない方が楽に構築できる。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto_works/styling/

タルガトップとはいえ、ドンガラに穴を開けて走行させるのですから、剛性は容易ではありません。

エリーゼはボディに軽量のアルミを使用することで、厚みを増してなおかつロールトップが可能になりましたが、S660は鉄材を駆使してボディ補強をしています。

それに最新式の安全装備や電子制御などを駆使した結果、850kgに達した…というのが開発者の本音でしょう。

引用:https://udn.webcartop.jp/wp-content/uploads/2015/03/T7GI9888.jpg


スポンサーリンク

エンジンスペック

引用:http://www.honda.co.jp/S660/ilovedrive/02/

エンジン型式:S07A
エンジン種類:水冷直列3気筒DOHC+ターボ
総排気量(cc):658
内径×行程(mm):64.0×68.2
圧縮比:9.2
燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量(L):25

最高出力(kW[PS]/rpm):47[64]/6,000
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):104[10.6]/2,600

燃費(km/L):CVT → 24.2 / 6MT → 21.2

主要燃費向上対策:アイドリングストップ装置(CVT車)、可変バルブタイミング、自動無段変速機(CVT車)、電動パワーステアリング

7,000回転をリミットとするS660エンジン。ですが、マニュアル車はここに+700rpmの「オマケ」が!

ホンダによれば「エンジンを高回転まで回してシフトアップする喜び」のために強化バルブスプリングを採用した、ということ。

引用:http://www.honda.co.jp/S660/ilovedrive/03/

S660はスペックで語るクルマ?

スポーツカーと言えば、最高出力と最大トルク。ですが、軽自動車の場合は”自主規制64馬力”があります。

どのメーカーも最高出力64PSが厳守、ですからエンジンスペックはあまり意味がない…というのが通説ですが”燃費”に注目。

実燃費ではMT車で18.49km/L、CVT車で17.36km/L(e燃費より)走るS660ですが、燃料タンクは25Lだけ。仮にリッター17kmで満タン425km走行可能です。

↓ケータハムセブン160は80馬力。エンジンはスズキ ジムニーと同じだ。自主規制がなければ馬力は伸びるのだが……

引用:http://www.caterham-cars.jp/images/cars/gallery_big/caterham-seven-160-13.jpg


スポンサーリンク

駆動関係

トランスミッション:
・無段変速AT(トルクコンバーター付)[7スピードモード付]+パドルシフト
・6速MT

変速比(CVT):
・前進 3.152~0.577(マニュアルモード付)
・後退 2.722~1.309
変速比(6MT):
・1速/2速/3速/4速/5速/6速
3.571/2.227/1.529/1.150/0.869/0.686
・後退
3.615

引用:http://www.honda.co.jp/S660/ilovedrive/04/

ステアリング形式:ラック&ピニオン式(電動パワーステアリング仕様)
タイヤ(前):165/55R15 75V
タイヤ(後):195/45R16 80W

主ブレーキ形式(前後):油圧式ディスク
サスペンション形式(前後):マクファーソン式
スタビライザー形式(前後):トーション・バー式

※タイヤは前後でサイズが違います。注意が必要ですね!

引用:http://www.honda.co.jp/S660/ilovedrive/04/


スポンサーリンク

もうひとつのS660、Modulo Xとは

エクステリアとインテリアをよりアグレッシブにしたModulo Xですが、走りの装備にも手を入れています。

引用:http://www.honda.co.jp/S660/modulox/

足回りとしては、

●専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付)
●ディスクローター ドリルドタイプ
●スポーツ ブレーキパッド

の3点。エンジンチューニングができないのは軽だからですが、噂では”S660のボディを使ったS1000が開発中”とのこと。

オーバーフェンダーにしてよりワイドタイヤを履かせるだけでなく、よりワイドばボディにすれば世界で注目されるのは間違いなし!かもしれません。

引用:http://www.honda.co.jp/S660/modulox/

□◆□□□□

S660のスペックをご紹介しました。このクルマの魅力は”走りに徹している”ということ。雨や台風、雪の中で走らせるよりも、晴天ややや曇天で走らせたいのがS660。

とくに、冬場の関東から近畿四国はからっとした青空の下、オープンエアドライブは最高。S660を試すのに絶好の季節と言えるでしょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク