新型エスクード オプションまとめ!

エスクード

新型エスクードのオプションの情報が公開されています。

こちらでは新型エスクードにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。







新型エスクードのオプションと装備

1.4新登場

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

大きな壁画の動物と競争するように走るコマーシャルが話題の新型エスクードですね。音楽と一緒にインパクトのある仕上がりに、初めて見たときは驚きましたが、軽快なリズムが良いですね。

印象的な新型エスクードのオプションを通して、どんな車か魅力も見ていきましょう。

安全装備

サスペンションとディスクブレーキ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

主に、ブレーキ類と横滑り防止といった事故を最小限に防ぐ構造が新型エスクードには見られます。

新型エスクードの特徴として、山や路面が悪いところもグングン走っていくので、滑らないのが前提でないと怖いですからね。

これで安心してドライビングを楽しむことが出来そうです。また、スズキには、これまで小型車を得意とするエンジンの開発をしてきました。

今回の新型エスクードをコンパクトクロスオーバーSUVにチェンジしたことは、得意分野を活かしながら、本物の走りを大切にした形になりましたね。

スズキの安心技術

スズキの安心技術

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

事故って、起こそうと思っていなくても、この日本だけでも、毎日どこかで起こっているのですよね。

もちろん、いわゆる「もらい事故」という形もあるし、天候やその日のコンディションによって起こってしまったり、理由はさまざまです。

しかし、昨今で話題に上っているのが、高齢者を始めとする事故ですよね。これらは、高齢者だけでなく若い世代にも見られる傾向です。それだけストレス社会と高齢者社会が車を通して浮き彫りになっているようです。

それらの事故を防ごうとすると、やはり安全機能の開発は必須条件ですね。

ミリ波レーダー方式による前方衝突警報ブレーキ機能

先進安全技術②

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

テレビでニュースを観る限りは確かに増えてきたなと感じていましたが、実際には、誤発進での事故が想像以上に起こっているのですね。

安全装備には信頼の高いスズキが、新型エスクードを1.4ターボを追加してマイナーチェンジをしたことも気になりますね。また、車両本体には安全装備として、次の機能を採用しています。

  • 前方衝突警報ブレーキ機能 ➡ ミリ波レーダー方式で車両を検知する
  • 自動ブレーキ機能 ➡ 衝突を回避できないと判断すると自動的に強いブレーキをかける
  • エマージェンシーストップシグナル ➡ 後続車に急ブレーキを知らせて注意を促す

「踏み間違えた」だけでは取り返しのつかない事故を未然に防ぐ機能があるので、新型エスクードは家族や友人と共に走りを楽しめるような工夫がいっぱいあるようです。

軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]

4気筒エンジン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

万が一の衝突時に備えて搭載されているテクトの技術がすごいですよね。ブレーキ機能だけでなく、乗員みんなの命を守るために車体にまで高剛性の高い「軽量衝撃吸収ボディ」にしています。

これは衝突するときの衝撃を効率良く吸収・分散をしてくれる構造になっており、安全性の向上と軽量を両立しているのです。

  • 高張力鋼板を多用している
  • コンピューターによる構造解析を駆使したこと

このように上記の努力によって実現しているのですね。

運転支援装備のいろいろ

ギャラティックグレーメタリック

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

いろいろと支援してくれるサポート機能があると本当に助かりますよね。絶対にないと困るというわけではないけど、「ないと不安」に感じるほどの安心と信頼の存在が運転支援の装備ともいえます。

新型エスクードは、1.4Lターボのエンジンを搭載しているのですが、これと同等のエンジンを積んでいる車種と比較しても、およそ100近い軽量に成功しています。

これもシーンを選ばずに、自由な走りを楽しめる理由ですね。

ヒルホールドコントロール

ヒルホールドコントロール

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

若干の坂でも停止しなければいけないのは気分の良いものではないですよね。「後に下がってしまったらどうしよう」なんて、特に女性は不安になってしまう人が多いのではないでしょうか。

新型エスクードには、ヒルホールドコントロールという機能があります。これは、滑りやすい急な下り坂で、アクセルに踏み替えるときの瞬間に、約2秒ほどブレーキが作動するようになっています。

車が後ろに下がらない安心感が得られるとうれしい人も多いでしょう。これで、安心して発進することが出来ますね。

オートライトシステム&雨滴感知オートワイパー

オートライトスステム&雨天感知オートワイパー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

オートライトシステム&雨滴感知オートワイパーは、目立たない機能ですけど、無くなってしまうと不便なものだと思います。トンネルが頻繁に出てくるときの高速など、付けたり消したりすると忘れてしまうこともあります。

これは車の明るさに応じてライトを自動で点灯したり消灯してくれる優れものです。

また、フロントガラスのセンサーをつかって雨滴を感知してくれるのです。それによって、ワイパーを自動的にON&OFFを切り替えてくれるオートワイパーなんですね。

優れた安全装備の他には、次のようなオプションが新型エスクードには用意されているのです。

  • スタンダードメモリー8インチナビセット ➡ 168,858円
  • スタンダードメモリーナビセット ➡ 147,258円(Panasonic)
こだわりのナビ

引用:http://www.suzuki-accessory.com/escudo/

  • ルーフラックアタッチメント ➡ 26,352円
  • ベースキャリア ➡ 30,510円
  • ルーフエンドスポイラー ➡ 52,812円
  • インパネガーニッシュ ➡ 20,196円
アイテム&キャリア

引用:http://www.suzuki-accessory.com/escudo/

  • サイドボディモール ➡ 53,838円
  • サイドシルスカッフ ➡ 26,622円
  • ピラーデカール きりん柄 ➡ 39,420円
アクセサリー ターコイズ

引用:http://www.suzuki-accessory.com/escudo/

きりんの柄が楽しいデザインや、スノボーを載せて走りに行くなど、いろんなフィールドで遊ぶことが出来るので、一般的な車とは異なる楽しみ方が増えそうですね。

必要な安全機能は、ほとんどが標準装備されていることから、オプションは自分に必要なものだけセレクト出来ます。

新型エスクードの存在

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

レトロっぽくて、ヨーロッパの雰囲気を漂わせるようなところが「カッコいい」大人の車を代表する新型エスクードです。

新型エスクードは、決して表舞台に立つような華々しい存在ではありませんが、その才能に注目をしてほしいと思います。

新型エスクードには、二つのタイプがあり、それは個性の違いが魅力的な二つのエンジンによるものです。そのエンジンは、オンロード、スノー・ラフロードを自在に走ることが出来る先進の4WDなんです。

そして最大の注目が選べる4つのドライビングモードを手元で操作できるという4モード走行切替機能が出来たことで、新しい技術を開発することにも成功しているのです。

  • 電子制御4WDシステム
  • 車両運動協調制御システム
  • 4モード走行切替機能

これらの3つのテクノロジーによってスズキ独自の新しい四輪制御システムを作り上げ、走破性と走行性能を発揮することが出来るようになったのです。

納車について

ECO師匠と地球環境

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

 新車に買い替える時には、自分の愛車をリサイクルとして考えると、とてももったいない気がしますよね。実は、納期までの期間を考えると、自分の愛車のこれからを十分に考えてあげたいですね。

  • 5~6ヶ月といわれた
  • 2ヶ月程度で納車だった
  • ディーラーで確認をすると2ヶ月といわれた
  • 最短で2週間だった
  • 約1か月もあれば納車は可能だ
  • 2~3ヶ月くらいは必要
  • ディーラーの都合で変化する
  • やはり半年は掛かる

これほどの納期の差があるのは、生産が受注分だったり、在庫の有無が原因なんですね。

しかし発売直後には、6ヶ月と思われていた納期も、よほど特別なオプションでもしない限り、2ヶ月もあれば納車が可能なのではないかと考えられています。

ただし、それは国内の在庫の状況やヨーロッパという国の違いなどにより、思うような速さで納車にならないこともあるので詳細は、担当のディーラーに確認をしましょう。

自分の愛車の価値を知る

自分の愛車の価値は、知らない人が多いですよね。その理由は、自分の愛車は中古車になってしまったから、丁寧に洗車をしていないから、など色々あると思います。

新車を購入する時には、一生懸命に考えて値引きをしてもらおうと頑張っているのに、自分の愛車に対しては、価値があるとさえ思っていない場合があります。

ディーラーでの下取りより高い金額を提示してくれる場合もあるので、まずは自分の愛車の価値を知るところから、新型エスクードの購入を検討してみませんか?

新型エスクードのオプションまとめ

エスクード水しぶきを走行中

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

では、今日のまとめをしていきます。

  • 新型エスクードはコンパクトクロスオーバーSUVにマイナーチェンジしている
  • 新型エスクードの安全装備を充実させたうえで低燃費を実現する1.4ターボを追加したことが話題になっている
  • 必要な安全機能は標準装備されていることから新型エスクードを購入するときには自分に必要なオプションだけをセレクト出来る
  • 新型エスクードはオンロード、スノー・ラフロードを自在に走ることが出来る先進の4WDなので普段の生活も休日もドライブを楽しむことが出来る
  • ディーラーでの下取りより高い金額を提示してくれる場合もあるので自分の愛車の価値がないと決める前に査定をしてもらうことも大切

今日は、新型エスクードのオプションについて見ていきました。新型エスクードのエンジンの力もさることながら、そのおかげでエコカー減税が対象でなくとも低燃費だということが注目ですよね。

さらに座面が高いので女性でも視野が広がるし、取り回しだって楽になる最小回転半径5.2Mとなると家族みんなでシーンを選ぶことなく走行性能を楽しむことが出来ます。そんな楽しいことを思い描きながらも安全運転で、今日もドライブを楽しんでくださいね。

エスクード の値引きの方法については、

「新型エスクード 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にエスクード を購入して下さい。