新型アテンザ 口コミ評価 評判まとめ

アテンザ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型アテンザにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは新型アテンザの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。


スポンサーリンク

新型アテンザのレビュー紹介

引用:https://autoc-one.jp/mazda/atenza/special-5000884/

新型アテンザは2018年5月に大幅改良が発表され、翌6月に販売が開始されました。

今回は本稿執筆までに新型アテンザの口コミがあまり出ていませんでしたので、各所で発表されているレビューをまとめて引用して紹介したいと思います。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/driving/skyactiv/

新デザインのフロントグリルやヘッドライト等々を採用したフロントセクション、そしてこちらもよりスタイリッシュなディテールへと変化したリアセクションと、これまでも造形の美しさでは定評のあったアテンザのセダンボディは、さらにその魅力を高めている。

さらに驚くのはインテリアのフィニッシュで、マツダ初となるシートベンチレーション機能を備えた、素晴らしい座り心地とホールド性を感じさせるシートや、フラッグシップらしい高級感と、独特な落ち着きを感じさせるダッシュボードトリムに身を包まれていると、このキャビンこそが新型アテンザが持つ、ライバルに対しての最大のアドバンテージと思えてくる。

ドアをクローズした時の重厚感のある音が聞こえた瞬間、このキャビンは外界の喧騒とは完全に隔離された空間になる。これもまたアテンザの車格というものを直接的に感じさせるもの。

2.5ℓの自然吸気ガソリンエンジンと6速AT「SKYACTIV-DRIVE」との組み合わせによる加速は実にスムーズに始まるが、高回転域でのメカニカルノイズが、フラッグシップとしての高級感を若干ではあるが損なっていることが気になった。

カウルクロスメンバーを強化し、前後のサスペンションもデザインを一新するなど、こちらも積極的な改良が施されたシャシーは、常にリニアなフィーリングに終始するステアリングとともに、ナチュラルでスポーティな走りを演出している。

その一方で乗り心地やノイズの処理は、これは19インチサイズタイヤの特性による部分も大きいのだろうが、個人的にはライバルの、とりわけヨーロッパのプレミアムブランドとの間にはまだまだ大きな差があるというのが率直な感想だった。

低負荷時には2気筒分が休止するシリンダ・オン・デマンドのシステムは、もちろんその存在をドライブ中に、我が身で感じることは不可能だった。

今回のドライブでは、その機能性を長時間にわたって楽しむことはできなかったが、ATモデルでは0km/hからの全車速追従機能を新たに備えることになった「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」や、歩行者の夜間認識精度がさらに向上したという「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」、そして「アダプティブLEDヘッドライト」などの機能も、新型アテンザのカスタマーからは大いに満足されるに違いない。(引用:https://www.autocar.jp/firstdrives/2018/07/06/301266/3/)

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/safety/basic/?link_id=sbnv

7月猛暑の試乗会は、恐る恐る熱い車内の車に乗り込み、今回マツダ車に初採用されたフロントシート ベンチレーションを早々に作動、あまりの快適さに驚かされました。なんと始動から2、3秒で背中が一気に涼しくなります。このシステムは、シート全面に開けられた通気孔から空気を吸い込み、さらに車内の空調と同期させています。

(中略)

シートと身体の接触部を広範囲で覆っている不快な熱、湿度を取り除かれたわがままボディの編集者も一気に心地よい空間に引きずり込まれ夢心地。なお、吸い出し風量は3段階で調節可能です。

さらにシートは、全体の面が身体にフィットするように背面や座面の構造を最適化し、乗員の骨盤を立たせ背柱のS字カーブを維持することで理想の運転姿勢になり、長距離走行なども疲れにくそうです。(引用:https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180707-10323915-carview/)

今回の商品改良では、サスペンション自体のコンセプトを見直し、滑らかな乗り心地を実現させています。シートが上下に 揺すられ不快に感じる現象も、座面に振動を遮断する性質のウレタンを採用することで、大きく低減させることに成功しています。

高速道路の継ぎ目や段差等を越える際に生じる衝撃は、低速時や高速時でも強くは感じられず、マツダのフラッグシップらしい乗り味に仕上がっています。

コーナリング特性は、Gベクタリング コントロールが作動し、新しく見直されたサスペンションと相まって低高速走行時でも高級車のようなハンドリング性能に貢献しています。

搭載されるエンジンは3機種用意されており、その中でもSKYACTIV-G 2.5には、気筒休止技術を採用し、静粛性や実燃費の向上を図っています。

新型「アテンザ」は、従来型のアテンザと比べても上質でエレガンスな室内空間や静粛性にも優れ、サスペンションを見直すことで乗り心地も向上し、フラッグシップらしい佇まいに仕上がっていました。(引用:https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180707-10323915-carview/)

引用:https://clicccar.com/2018/05/24/592454/

まるでゆりかごに乗っているようです。
車内は静粛性に優れ、シートベンチレーションのモーター音しか聞こえませんでした。
踏み込むと少し音がしますが、全く不快音ではありませんでした。
段差の衝撃も以前のマツダ車とは違うしなやかさ。
そして、XDの素晴らしいトルクで坂道も鮮やかに登っていきます。
走行性能は、完全に1つレベルが上がって高級車になっています。
ただ、以前のアテンザのようなちょっとやんちゃな感じが薄れてしまったので、それが好みの人には大人しすぎるかもしれません。
オートホールド機能も、以前試乗したCX-8よりも滑らかに動くようになったと個人的に感じています。衝撃がなくなっているというか少しアクセル踏めば、i-stopの衝撃もなく、するっと加速していきます。
デミオXDのi-stopと比べると次元が違いますねぇ。
そして、フロントガラス照射型ADD(アクティブ・ドライビング・ディスプレイ)の見やすさ。機器の映り込みが全くないので、速度などが自然に照射されて視認性抜群!
以前、CX-3を試乗したときに「コンバイナー型ADD」の見にくさが一切感じられませんでした。(CX-3の場合、ADD表示場所がワイパーなどと被り、見にくかった。)
そして、試乗終了。
結構な距離を試乗させていただいたのが、とても嬉しかったです。(引用:http://k-honblog.com/archives/24610754.html)

新型アテンザのレビューは現時点でまだ出揃っていませんが、数少ないレビューの中で比較的よく出てくるのが25 L PackageとXD L Packageに標準装備される「運転席&助手席シートベンチレーション」の秀逸さです。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/interior/interior2/

これはシート全面に設けられた空気の吸い出し口から体とシートの間にこもった熱気や湿度を吸い出してくれる、というものです。同時にエアコンによって冷えた車内の空気も吸い出し口を通じてシート内を通過していくので、より効率よくシート表面を快適な状態にしてくれます。夏場はもちろん、降雨時など湿度の高い時も重宝すると思います。

また乗り心地や衝撃吸収性、静音性といったところにも高評価が集まっているようですが、これは車両構造技術の「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を一部要素を採用したことが大きいでしょう。

具体的にはダンパーやコイルといった前後のサスペンションシステムの構造を一新した上でボディは補強を高めるために板厚アップなど効率的な補強を行っています。

静音性の向上にはフロントウインドウやフロアパネル、ホイールハウス内インナーパネルの板厚アップなどが奏功しているようです。これらの点は通常の商品改良では中々手が入らないところですので、今回の新型アテンザの大幅改良に対するマツダの力の入れようがよくわかります。


スポンサーリンク

次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」とは

引用:http://www2.mazda.com/ja/next-generation/technology/

マツダは2010年以降、積極的に採用する新世代技術を総称して「SKYACTIV TECHNOLOGY」(スカイアクティブ・テクノロジー)と表現しています。

これはさまざまな先進技術と「走る歓び」を両立させるべく、車作りをゼロから見直すことによって基本性能を高めて行こう、という思想が込められています。

この思想を具現化したものがエンジンでいえば「SKYACTIV-G」や「SKYACTIV-D」、トランスミッションでいえば「SKYACTIV-DRIVE」や「SKYACTIV-MT」、プラットフォームでいえば「SKYACTIV-BODY」「SKYACTIV-CHASSIS」だったりするわけです。

引用:http://www.mazda.com/ja/innovation/technology/skyactiv/skyactiv-drive/

引用:http://www.mazda.com/ja/innovation/technology/skyactiv/skyactiv-body/

そして「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャ)もそんなSKYACTIV TECHNOLOGYの一環です。

これは次世代車両構造技術となり、「人間の体が本来持っているバランス保持能力を最大限に活用すること」が目的となっています。

具体的には「骨盤を立てて脊柱が自然なS字カーブを維持できるシート」や「多方向に配置した環状構造で入力エネルギーを漏れなく伝達するボディ」「各部品が相互に連携してばね上に伝える力を滑らかにコントロールするシャシー」「エネルギーの特質や人間が音を感じるメカニズムに基づいて造り込んだNVH性能」といったものを通して、乗員の疲れにくさや環境変化に即座に対応できる状態をもたらすことを目指しているわけです。

つまり運転操作に対して乗員が体のバランスを取りやすくなるので、意のままに車を操ることができるようになり、ひいてはマツダが目指す究極の「人馬一体感」をより高いレベルで実現できることが可能になる……ということになります。

引用:http://www.mazda.com/ja/innovation/technology/skyactiv/

今回新型アテンザにはSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTUREの一部要素が採用されたに過ぎず、全面的な採用には至っていません。この技術自体がまだ発展途上にありますが、今後のマツダ車にはいずれSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTUREが全面採用されるようになるでしょう。


スポンサーリンク

新型アテンザの口コミは今後も要チェック!

引用:https://clicccar.com/2018/05/24/592454/

ここまで新型アテンザのレビューをいくつか紹介しました。

新型アテンザは登場間もないこともあって口コミやレビューがまだ出揃っていませんでしたが、新車を購入するにあたってこれらはとても参考になるため、ぜひともチェックしておくことをおすすめします。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク