新型CR-V 色・価格・スペック・オプション・エコカー減税の情報!

CR‐V

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



この記事では、新型CR-Vの色、価格、スペック、オプション、エコカー減税などの情報をまとめています。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

※文中の数字は、消費税(8%)込みの価格です。


スポンサーリンク

新型CR-Vの色・カラー紹介!

こちらでは新型CR-Vの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

プラチナホワイト・パール(43,200円)

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

ルナシルバー・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

クリスタルブラック・パール

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

ルーセブラック・メタリック(43,200円)

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

ミッドナイトブルービーム・メタリック(43,200円)

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

プレミアムクリスタルレッド・メタリック(64,800円)

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/


スポンサーリンク

新型CR-Vの価格・値段はいくら?

こちらでは新型CR-Vの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

ハイブリッドとガソリン、両方に《EX》《EX・ Masterpiese》のグレードが用意されています。

《EX・ Masterpiese》は”本革シート”、”電動パノラミックサンルーフ”、”ハンズフリーアクセスパワーテールゲート”、”助手席4Wayパワーシート”、”ルーフレール”などが追加されます。

ハイブリッド車

HYBRID EX

●HYBRID EX:FF/5人乗り 3,784,320円
●HYBRID EX:4WD/5人乗り 4,000,320円

↓シートはブラックのファブリック。2列シート

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/type/hybrid/

HYBRID EX・Masterpiece

●HYBRID EX・Masterpiece:FF/5人乗り 4,145,040円
●HYBRID EX・Masterpiece:4WD/5人乗り 4,361,040円

↓ブラックとブラウンから選べるシート、本革仕様。

 引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/type/hybrid/

ガソリン車(ターボ付)

EX

●EX:FF/5人乗り 3,230,280円
●EX:4WD/5人乗り 3,446,280円

●EX:FF/7人乗り 3,421,440円
●EX:4WD/7人乗り 3,637,440円

EX・Masterpiece

●EX・Masterpiece:FF/5人乗り 3,591,000円
●EX・Masterpiece:4WD/5人乗り 3,807,000円

●EX・Masterpiece:FF/7人乗り 3,814,560円
●EX・Masterpiece:4WD/7人乗り 4,030,560円

↓7人乗りの画像では、3列目が狭く見える。が、実際には2列目シートの真下に足先が入るなど、意外に”使える”のがいい。また、2列目シートを前方に畳んでしまうと、3列目に乗り降りがしやすいのも便利。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/interior/cabin/

EX・Masterpieceに標準装備の電動パノラミックサンルーフ。ノーマルルーフ・ガラスルーフ・オープンルーフの3つのルーフがボタン操作で開閉。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/equipment/masterpiece/


スポンサーリンク

新型CR-Vのスペック紹介!

こちらでは新型CR-Vのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

※全長×全幅×全高、ホイールベース、トレッド前後、最小回転半径、タイヤサイズ(前/後)、主ブレーキ形式(前/後)、サスペンション方式(前/後)、スタビライザー形式(前/後)は全車共通です。

ハイブリッド車

ボディスペック

全長×全幅×全高(mm):4,605×1,855×1,680(4WD車=1,690)
ホイールベース(mm):2,660
トレッド前(mm):1,600
トレッド後(mm):1,615
最低地上高(mm):FF=190/4WD=200
車両重量(kg):1,610〜1,700
室内長×室内幅×室内高(mm):最大 2,520×1,550×1,230(電動パノラミックサンルーフ装備車=1,185)
最小回転半径(m):5.5

エンジン関係

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/performance/driving/

エンジン種類:直列4気筒DOHC
総排気量(cc):1,993
内径×行程(mm):81.0×96.7
圧縮比:13.0
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量(L):57

エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):107[145]/6,200
エンジン最大トルク(Nm[kgf]/rpm):175[17.8]/4,000
モーター最高出力(kW[PS]/rpm):135[184]/5,000-6,000
モーター最大トルク(Nm[kgf]/rpm):315[32.1]/0-2,000

※ガソリン車は1.5Lで190PS。最大トルクは240Nmと、ハイブリッドのほうが圧倒的な加速力が味わえます。とくに、EV/HV/エンジンのみ 3モードを使い分けたときの走りの面白さは、SUVでは特筆と言えるでしょう。

燃費[WLTCモード](km/L):FF=21.2/4WD=20.2

タイヤ(前・後):235/60R18 103H
主ブレーキ形式(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク
サスペンション方式(前/後):マクファーソン式/マルチリンク式
スタビライザー形式(前・後):トーション・バー式

ガソリンエンジン車

ボディスペック

全長×全幅×全高(mm):4,605×1,855×1,680(4WD車=1,690)
ホイールベース(mm):2,660
トレッド前(mm):1,600
トレッド後(mm):1,615
最低地上高(mm):FF=200/4WD=210
車両重量(kg):1,520〜1,680
室内長×室内幅×室内高(mm):最大 2,520×1,550×1,230(電動パノラミックサンルーフ装備車=1,185)
最小回転半径(m):5.5

エンジン関係

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/performance/driving/

エンジン種類:直列4気筒DOHC
総排気量(cc):1,496
内径×行程(mm):73.0×89.4
圧縮比:10.3
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量(L):57

エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):140[190]/5,600
エンジン最大トルク(Nm[kgf]/rpm):240[24.5]/2,000-5,000

※2,000回転から5,000回転でトルクの厚みが持続して味わえる、ガソリンエンジン。とくに4WDでは雪道の坂道登坂などでは、このエンジンの安定した力強さに頼もしく感じるでしょう。

燃費[WLTCモード](km/L):FF=15.4-15.8/4WD=14.6-15

タイヤ(前・後):235/60R18 103H
主ブレーキ形式(前/後):ベンチレーテッドディスク/ディスク
サスペンション方式(前/後):マクファーソン式/マルチリンク式
スタビライザー形式(前・後):トーション・バー式

7人乗りSUV大きさ比較

CR-V・プラド・CX-8・X-TRAIL・アウトランダーの7人乗りSUVを比較します。価格と大きさはどうでしょうか?

メーカーホンダトヨタマツダ日産三菱
車名CR-VプラドCX-8X-TRAILアウトランダー
価格(円)323~436353~536319~419219~384253~328
全長(mm)4,6054,8254,9004,6904,695
全幅(mm)1,8551,8851,8401,8201,810
全高(mm)1,6801,8501,7301,7301,710

ホンダCR−Vは7人乗りSUVでもっとも小型。全幅はプラドに次いで広く、全高は1.7m以下ということから低重心となっています。

ただ、5人乗りとしてみるとライバル車よりも高めの価格設定です。


スポンサーリンク

新型CR-V オプションまとめ!

こちらでは新型CR-Vにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介します。

《EX》と《EX・Masterpiece》の2グレードに絞った、新型CR-V。オプション設定はごくわずかです。価格が323万円〜となっていますが、そこには次の標準設定に注目(主なもの)。

安全装備

●Honda SENSING
・衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付ACC
・LKAS〈車線維持支援システム〉
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

快適装備

●Honda インターナビ+リンクアップフリー+ETC2.0車載器
●8スピーカー(4スピーカー+4ツィーター)

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/equipment/navi/

インテリア

●運転席8ウェイパワーシート
(スライド/リクライニング/ハイト前・後)
●ドライビングポジションシステム
●運転席4ウェイ電動ランバーサポート
●運転席&助手席シートヒーター

Masterpiece 専用装備

●ハンズフリーアクセスパワーテールゲート
(イージークローザー/挟み込み防止機構付)
●電動パノラミックサンルーフ
●本革シート&専用インテリア
●助手席4ウェイパワーシート
(スライド/リクライニング)
●ルーフレール

オプション設定

■エレクトリックギアセレクター

スポーツカーや高級車に多く設定されている、タッチ式のギアセレクター。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/equipment/equipment/

シフトレバーのタイプももちろんあります!

シフトレバーを頻繁に動かす…例えば、バックで駐車するといった場合は、レバー式がいいかタッチ式がいいか、よく検討する方がいいでしょう!!

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/interior/design/

■エキパイフィニッシャー

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/equipment/equipment/

■パドルシフト

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/equipment/equipment/

オプション設定があまりない…つまり、車両価格に必要十分な設定が含まれていることを示しています。

323万円から買える、新型CR-Vは高い?ヴェゼルが207〜292万円であることを考えると、乗り出し価格の差は116万円。300万円を切る価格の車両設定なら…と考える人もいるでしょう。

ただ、車両価格にオプションがほとんど含まれている…とすれば、お得感を感じる人もいるでしょう。

また、オプションカラー
◇プラチナホワイト・パール(43,200円)
◆ルーセブラック・メタリック(43,200円)
ミッドナイトブルービーム・メタリック(43,200円)
プレミアムクリスタルレッド・メタリック(64,800円)
には注意しておきましょう。

あとはディーラーで要検討!ですね。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

新型CR-Vのエコカー減税他自動車税まとめ!

こちらでは新型CR-Vのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

ハイブリッド車

新型CR-Vのエコカー減税は、《ハイブリッド車》のみ。内容は以下の通りです。

自動車取得税 → 0円
自動車重量税 → 0円
自動車税 → 75%減税

対象車は以下↓の4グレードです。

HYBRID EX:FF/5人乗り 3,784,320円
HYBRID EX:4WD/5人乗り 4,000,320円
HYBRID EX・Masterpiece:FF/5人乗り 4,145,040円
HYBRID EX・Masterpiece:4WD/5人乗り 4,361,040円

なお、その他諸費用はざっとこのくらいかかります。参考にしてみましょう。

引用:https://slf.honda.co.jp/SELFEST/PC/cr_v/RESULT/[email protected]

車両価格+12万円ほど(自動車税は、登録月で変わりますが…)と考えて、あとは値引き!

世界でもっとも売れているSUV、ホンダの新型CR-V。まずはディーラーで実車に乗って確かめてみてはいかがでしょうか!!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク