新型マツダ デミオ スペックまとめ!

デミオ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型マツダ デミオのスペックが公開されています。

こちらでは新型マツダ デミオのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

マツダは、好評のコンパクトカー「デミオ」のフルモデルチェンジを行いました。1996年に登場した初代「デミオ」は車内が広く、シンプルな内外装が特徴となっていた優れたコンパクトカーでした。


スポンサーリンク

マツダ・デミオ新型デビュー

2002年に一新された2代目は、居住性と質感がさらに高められていましたが、2007年の3代目ではコンセプトが大幅に変更され、コンパクトカーにとどまらないスポーティな外観と機敏な運転感覚を重視したものとなりました。

そして、今回さらに進化した4代目「デミオ」が誕生したのです。走りの楽しい車造りを目指すマツダの新しい考え方に基づき、エンジンやプラットフォームなど走りに関係する技術をCX-5やアクセラ、アテンザ、CX-3に取り入れられた「スカイアクティブ」が採用され、走行性能が大幅に向上するに至りました。

エンジンは1.3リッターのガソリンエンジンに加え、1.5リッターのクリーンディーゼルターボが設定されました。

さらに、2015年、ディーゼルターボ車にディーゼル特有のガラガラ音が低減することのできる先進技術「ナチュラル・サウンド・スムーザー」が開発され、上位グレードの「XDツーリング」及び「XDツーリングLパッケージ」に標準装備されました。

その革新的なデザインや先進技術によって、「2014年グッドデザイン賞」、「2014-2015日本カーオブザイヤー」を続けて受賞しました。


スポンサーリンク

限りなく進化したクオリティ


エクステリア

外観はマツダのデザインテーマ「魂動 Soul of Motion」がコンパクトカーに合わせて再構築され、エネルギーの凝縮と開放による爆発的な前進感のある骨格を実現し、大径タイヤを極限まで四隅に配置することとなりました。

ボディサイズは先代より拡大され、全長4060mmとなったものの、全幅は3代目と同寸の1695mmで5ナンバーサイズを維持しました。

3代目後期型から一部グレードで導入されていたLEDヘッドランプは野生動物の鋭い目に見立てたデザインの4灯式となり、シグネチャーウイングは端正ながら生き生きとした表情と生命感あふれる立体的な造形を実現しました。

ボディカラーはデザインテーマのシンボルカラーである「ソウルレッド・プレミアムメタリック(オプションカラー)」を含む10色で構成され、ほかに受注生産の「アークテックホワイト」が設定されています。

また、3代目までリア左側に装備されていた「MAZDA」のロゴエンブレムがなくなり、車名エンブレムはDemio」から「DEMIO」に変更したうえで、リア右側からリア左側に移動しました。

「SKYACTIV TECHNOLOGY」エンブレムは引き続き装着されていますが、ディーゼル車の「XD」系は赤字の“D”を右側に配置した「SKYACTIV-D」専用エンブレムを装着しています。


インテリア

フロントタイヤを先代より80mm前方に配置することで、ドライバーが自然に足を伸ばした位置にペダルがあるようにレイアウトされ、最適なドライビングポジションが取れるように、シートスライド量を260mm確保。

ステアリングは上下45mm、前後50mmのチルト&テレスコピック調節機能が装備されました。

あわせて、フロントピラーを80mm後退することでワイドな前方視界が確保されました。コックピットは安全性を最優先し、「走るための必要な情報」ゾーンと「コミュニケーション情報」ゾーンに大別され、表示系や操作系を配置した「ヘッド・アップ・コックピット」コックピットコンセプトとなり、「MAZDA CONNECT」が採用されました。

内装はサテンクローム、光沢カラーパネル、カーボン調シボ、レザー、ステッチが採用され、インテリアカラーはインパネ・コンソール・ドアアームレストなど、複数の色と素材を組み合わせた4種類が設定されています。


メカニズム

エンジンはガソリンエンジンに加え、日本仕様車では初めてとなるディーゼルエンジンが設定されました。

SKYACTIV-G1.3

ガソリンエンジンは、トルクアップや最高回転数を高める改良を行ったP3VPS型1.3L水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G1.3」と吸排気バルブの開閉を制御するデュアルS-VT。

エンジンオイルの流量を状況に応じて2段階に切り替えることでエネルギーロスを低減するオイル潤滑システム。

スムーズな排気の流れを実現し、力強いトルクと高い燃焼効率を支える4-2-1排気ステムを採用したP5-VPS型1.5L水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G1.5」の2種類が設定されています。

このクラス唯一のクリーンディーゼルエンジンを搭載する新型デミオ。

ディーゼルは高いから、と躊躇するよりは、値引きでその分をカバーしていく方が建設的です。

「新型デミオ 値引き術!」でデミオを安く買う方法を詳しく解説していますので、

ぜひ参考に、高性能なディーゼルのデミオを買いましょう。

では、各グレードを見ていきましょう。

ボディタイプ
ハッチバック

メーカー希望小売価格(消費税込)

13C
2WD 1,350,000円
4WD 1,544,400円

13S
2WD 1,458,000円
4WD 1,652,400円

13SLパッケージ
2WD 1,717,200円
4WD 1,944,600円

駆動方式
2WD(FF)/4WD

トランスミッション
6AT/5MT

全長×全幅×全高(mm
2WD 4060×1695×1500
4WD 4060×1695×1525

ホイールベース(mm)
2570

乗車定員
5名

車両重量(kg)
1030~1140

サスペンション
前 マクファーソンストラット式
後 トーションビーム

エンジン
P3-VPS型1.298L水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴

最高出力
kw(Ps)/rpm :68(92))/6000

最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm:121(12.3)/4000

燃費向上対策
アイドリングストップ機構

燃費(JC08モード)
FF 21.8~24.6km/L
4WD 20.6km/L

タイヤ&ホイール
185/65R15

SKYACTIV-D

ディーゼルエンジンは1.5L水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ仕様の「SKYACTIV-D」が採用され、AT車は2.5Lガソリンエンジン車に匹敵する高トルクを発揮し、MT車はハイブリッド車を除く登録車では最高レベルとなるJC08モード燃費30.0km/Lという優れた低燃費が実現されました。

トランスミッションも刷新され、AT車は「SKYACTIV-DRIVE」を採用して6速に多段化、MT車は「SKYACTIV-MT」を採用し、1.3Lガソリン車は5速MT、ディーゼル車は6速MTとなりました。

4WD車はCX-5に採用されたアクティブトルクコントロールカップリング方式の4WDシステムが採用され、優れた走破性、車両安定性を実現するとともに、先代のe―4WDに比べて20%軽量化されたことで燃費向上に寄与しています。

メーカー希望小売価格(消費税込)

XD
2WD 1,782,000円
4WD 1,976,400円

XDツーリング
2WD 1,944,000円
4WD 2,138,400円

XDツーリングLパッケージ

2WD 1,998,000円
4WD 2,192,400円

ボディタイプ
ハッチバック

駆動方式
2WD(FF)/4WD

トランスミッション
6AT/6MT

全長×全幅×全高(mm)
2WD 4060×1695×1500
4WD 4060×1695×1525

ホイールベース(mm)
2570

乗車定員
5名

車両重量(kg)
1080~1220

サスペンション
前 マクファーソンストラット式
後 トーションビーム

エンジン
S5‐DPTS型1.498L水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
S5‐DPTR型1.498L水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ

最高出力kw(ps)/rpm
77(105)/4000

最大トルクN・m(kgf・m)/rpm
AT 250(25.5)/1500~2500
MT 220(22.4)/1400~3200

燃費(JC08モード)
FF 26.4~30.0km/L
4WD 22.8km/L

燃費向上対策
アイドリングストップ機構

タイヤ&ホイール
185/65R15

185/60R15
SKYACTIV-G1.5

15MBは

新型「デミオ」の中でも特異な存在感の「モータースポーツを楽しむためのベースグレード」です。

そのパワートレーンは「SKYACTIV-G1.5」で、力強いトルクフルなエンジンセッティングとギア比を最適化した6速MTによって、モータースポーツのあらゆるシーンで、ストレスのない思い通りの走りを体感できる逸品です。

メーカー希望小売価格(消費税込)

15MB    2WD 1,501,200円

ボディタイプ
ハッチバック

駆動方式
2WD(FF)

トランスミッション
6MT

全長×全幅×全高(mm)
2WD 4060×1695×1500

ホイールベース(mm)
2570

乗車定員
5名

車両重量(kg)
1010

サスペンション
前 マクファーソンストラット式
後 トーションビーム

エンジン
P5-VPS型1.498L水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴無鉛プレミアムガソリン指定

最高出力
kw(Ps)/rpm:85(116)/6000

最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm:148(15.1)/4000

燃費向上対策
アイドリングストップ機構

燃費(JC08モード)
19.2km/L

タイヤ&ホイール
185/65R15
185/60R16
195/55R16

そのほかの装備

先進の安全技術「i―ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」も導入され、スマート・シティ・ブレーキ・サポートが一部グレードを除く全車に標準装備。

ブラインド・スポット・モニタリングと後退する際接近してくる車両を検知して知らせてくれるリア・クロス・トラフィックアラートをディーゼル車にセットオプション設定されました。

※詳細な装備はマツダ公式HP http://www.mazda.co.jp
よりご確認ください。


スポンサーリンク

ライバルはハイブリッド

コンパクトカーにもハイブリッドやディーゼルが加わり選択の幅が大いに広がりました。クリーンディーゼルをラインナップに加えた新型「デミオ」は、その走りの良さでコンパクトカーのトップクラスに躍り出ました。

ライバルとなるのは「トヨタ アクア」、「ホンダ フィットハイブリッド」、両車とも1.5リッターのハイブリッドを搭載し、価格も新型「デミオ」上位グレード近く、この3車種に注目が集まっています。


トヨタ アクア

トヨタ アクアは5ナンバーサイズのハイブリッド専用車で、運転押しやすさから高い人気を誇っています。

JC08モード燃費が37km/Lに達することが大きな魅力でしょう。

軽自動車ではダイハツ ミライースやスズキ アルトエコがハイブリッド技術を使わず35km/Lに達しており、もはやアクアが抜群の低燃費とは言えないが、「燃費ナンバーワン」には変わりのないところです。

動力性能も、モーターの駆動力が高いこともあって1.8リッタークラスと感じることができます。

メーカー希望小売価格(消費税込)

X-URBAN
2,100,109円

G“ブラックソフトレザーセレクション”
2,090,291円


2,007,818円


1,887,055円


1,761,382円

主要諸元

ボディタイプ
5ドアハッチバック

駆動方式
2WD(FF)

トランスミッション
CVT

全長×全幅×全高(mm)
2WD 3995~4030×1695×1490~1455

ホイールベース(mm)
2550

乗車定員
5名

車両重量(kg)
1050~1090

サスペンション
前 ストラット式コイルスプリング(スタビライザー付)
後 トーションビーム式コイルスプリング

エンジン
INZ-FXE型1.496L水冷直列4気筒DOHC

最高出力
kw(Ps)/rpm:54(74)/4800

最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm:111(11.3)/3600~4400
モーター
1LM型交流同期電動機

最高出力
kw(ps):45(61)

最大トルク
N・m(kgf・m):169(17.2)

燃費向上対策
ハイブリッドシステム・アイドリングストップ機構

燃費(JC08モード)
33.8~37.0km/L


ホンダ フィット

ホンダ フィットはコンパクトカーとしてヒット作となりました。

全高を立体駐車場が使える1525mmに抑え、全長も4000mm以下としながらも、大人4名が快適に乗車できる居住性を備えていることが最も大きい特徴と言えます。

燃料タンクの搭載方法も工夫されており、普通は後席の下側付近に搭載するのですが、フィットは前席の下に収めてあります。

そのため車内後部が下がることになり、後席を床面に落とし込むようにたたむことができるのです。

リア部分にボックス状の広い荷室ができ、さらに後席の座面を持ち上げて、車内の中央に背の高い荷物を積むことができるようになっています。

優れた居住性と相まって、実用的なコンパクトカーとなっています。

メーカー希望小売価格(消費税込)

ハイブリッド特別仕様車
FF
1,826,000円

4WD
2,020,400円

ハイブリッド
FF
1,690,000円

4WD
1,884,400円

ハイブリッドFパッケージ
FF  1,796,000円
4WD  1,990,400円

ハイブリッドLパッケージ
FF  1,959,000円
4WD  2,121,000円

ハイブリッドSパッケージ
FF  2,059,000円
4WD  2,221,000円

主要諸元

ボディタイプ
5ドアハッチバック

駆動方式
2WD(FF)/4WD

トランスミッション
7MT

全長×全幅×全高(mm
3995×1695×1525~1550

ホイールベース(mm)
2530

乗車定員
5名

車両重量(kg)
1080~1170

サスペンション
前 マクファーソン式
後 車軸式/ト・ディオン式

エンジン
LEB-H1型1.496L水冷4気筒横置DOHC

最高出力
kw(Ps)/rpm:81(110)/6000

最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm:134(13.7)/5000

モーター
H1型交流同期電動機

最高出力
kw(Ps):22(29.5)

最大トルク
N・m(kgf・m):160(16.3)

燃費向上対策
ハイブリッドシステム・アイドリングストップ機構

燃費(JC08モード)
FF 36.4km/L
4WD 29.0km/L


スポンサーリンク

総合すると

トヨタ アクアやホンダ フィットは乗り心地や走行安定性は平均水準をキープしつつ、ハイブリッドの強みである燃費性能の良さを前面に押し出して、コンパクトな「エコカー」として好調を維持しています。

一方、新型「デミオ」はクリーンディーゼルの投入で、燃費性能を高めたうえで、上質な運転感覚と優れた動力性能で、「エコカー」の分野に一石を投じました。

新型「デミオ」はパーソナル志向の強いユーザーやクルマ好きのユーザーから大きい支持を得ることができるでしょう。

運転する楽しさや走りの爽快さは、間違いなく新型「デミオ」は提供してくれるものと信じます。

それにしても、コンパクトカーのハイブリッドやクリーンディーゼルの登場は、クルマ選びの幅を広げ、いろいろなタイプを選ぶことのできるのは、なんとうれしいことではありませんか。

メーカー公式動画

まとめ

新型マツダ デミオは、コンパクトカーの概念を超える圧倒的な存在感のあるフロントデザインが魅力的な車です。

エンジンも従来のガソリン(1,298cc)に加えクリーンディーゼル(1,498cc)をラインナップするあたりはマツダらしいですね。

インテリアの質感についてもかなり良い出来具合になっていて、ヨーロピアンテイストに仕上げられた外観のデザインと、日本的な匠の技で作り込まれたインテリアが見事に調和しています。

SKYACTIVやi-ACTIV AWDなどの先進技術もコンパクトカーでありながらしっかりと装備されているのでクラスを超えた充実さがあります。

→ 新型デミオを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク