新型アテンザ 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

アテンザ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型アテンザの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型アテンザの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。


スポンサーリンク

新型アテンザのグレード別価格紹介

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-sedan

新型アテンザはボディ形状によって「アテンザセダン」と「アテンザワゴン」の2つに大別されます。その上、どちらにもガソリン仕様とクリーンディーゼル仕様に分かれます。

ここでは新型アテンザの全てのグレードと価格を紹介します。

アテンザセダン

20S(ガソリン仕様)

2WD/6EC-AT:2,829,600円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-sedan

 

20S PROACTIVE(ガソリン仕様)

2WD/6EC-AT:2,959,200円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-sedan

25S L Package(ガソリン仕様)

2WD/6EC-AT:3,542,400円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-sedan

XD(クリーンディーゼル仕様)

2WD/6EC-AT:3,240,000円

2WD/6MT:3,294,000円

4WD/6EC-AT:3,477,600円

2WD/6MT:3,531,600円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-sedan

XD PROACTIVE(クリーンディーゼル仕様)

2WD/6EC-AT:3,369,600円

2WD/6MT:3,423,600円

4WD/6EC-AT:3,607,200円

2WD/6MT:3,661,200円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-sedan

XD L Package(クリーンディーゼル仕様)

2WD/6EC-AT:3,952,800円

2WD/6MT:3,952,800円

4WD/6EC-AT:4,190,400円

2WD/6MT:4,190,400円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-sedan

アテンザワゴン

20S(ガソリン仕様)

2WD/6EC-AT:2,829,600円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-wagon

20S PROACTIVE(ガソリン仕様)

2WD/6EC-AT:2,959,200円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-wagon

25S L Package(ガソリン仕様)

2WD/6EC-AT:3,542,400円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-wagon

XD(クリーンディーゼル仕様)

2WD/6EC-AT:3,240,000円

2WD/6MT:3,294,000円

4WD/6EC-AT:3,477,600円

2WD/6MT:3,531,600円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-wagon

XD PROACTIVE(クリーンディーゼル仕様)

2WD/6EC-AT:3,369,600円

2WD/6MT:3,423,600円

4WD/6EC-AT:3,607,200円

2WD/6MT:3,661,200円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-wagon

XD L Package(クリーンディーゼル仕様)

2WD/6EC-AT:3,952,800円

2WD/6MT:3,952,800円

4WD/6EC-AT:4,190,400円

2WD/6MT:4,190,400円

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/?link_id=sbnv#atenza-wagon

アテンザセダンとアテンザワゴンのグレード展開、駆動方式やトラスミッションの設定、価格などはすべて同一となっています。そのため両者を価格差の点で悩むことはないでしょう。


スポンサーリンク

新型アテンザのグレード選びのポイント

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/design/?link_id=sbnv

ここからは新型アテンザのグレード選びについて考えてみましょう。

アテンザセダンか、アテンザワゴンか

真っ先に決めるべきなのはアテンザセダンにすべきか、アテンザワゴンにすべきかということでしょう。

前述のようにアテンザセダンとアテンザワゴンはグレード展開や価格などが同一で、ボディ形状以外の差異はほとんどありません。

ボディ形状が違うので、ボディサイズは若干変わってきます。アテンザセダンの方が全長がやや長く、アテンザワゴンの方が全高がやや高いです。また、車両重量はアテンザワゴンの方が10kgから20kg程度重くなっています。

いずれも走りなどに差が出るほどのものではないので、特に意識する必要はないと思います。

となるとアテンザワゴンか、アテンザセダンか、という選択は単純にご自身の好みやライフスタイルにどちらがよりふさわしいか、ということで判断すればよいでしょう。

言うまでもありませんが、広大な荷室を生かして荷物をたくさん積みたいという人はアテンザワゴンがおすすめですし、よりフォーマルな雰囲気で乗りたい人、ワゴンは商用車的な印象があるのでやっぱりセダンがいい、という人はアテンザセダンがおすすめです。

ガソリン仕様か、クリーンディーゼル仕様か

これは中々難しい問題です。

低燃費へのアプローチ方法として、近年トヨタはハイブリッド、日産はe-POWERなどのようにメーカーによって方向性が少しずつ分かれてきていますが、マツダはクリーンディーゼルに力を入れています。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/driving/skyactiv/#diesel

一般的にガソリン仕様に対するクリーンディーゼル仕様のアドバンテージは、「低燃費であること」「パワフルであること」が挙げられます。

ただし燃費については、ハイブリッドほど優秀ではありません。

たとえばアテンザワゴンの燃費は2.0Lガソリンエンジンを搭載している20S、20S PROACTIVE15.0km/L、2.5Lガソリンエンジンを搭載している25S L Packageが14.2km/Lなのに対し、2.2Lクリーンディーゼルターボエンジンを搭載するXD、XD PROACTIVE、XD L Packageが2WDの6EC-ATで17.8km/L、6MTで19.6km/L、4WDの6EC-ATで17.0km/L、6MTで18.8km/Lとなっています(すべてWLTCモードの燃費)。

排気量の差やターボの有無といった差もあるので単純比較はできませんが、クリーンディーゼル仕様の燃費が劇的に優れているということはない、というのがおわかりいただけたかと思います。

パワフルさについてはクリーンディーゼル仕様の方が最高出力が高いというわけではなく、最大トルクが大きいという点に注目です。

アテンザワゴンの2.0Lガソリンエンジンの最高出力は115kW(156PS)/6,000rpm、最大トルクは199N・m(20.3kgf・m)/4,000rpm、2.5Lガソリンエンジンは140kW(190PS)/6,000rpm、最大トルクは252N・m(25.7kgf・m)/4,000rpmとなっていますが、2.2Lクリーンディーゼルターボ仕様は140kW(190PS)/4,500rpm、最大トルクは450N・m(45.9kgf・m)/2,000rpmです。

2.5Lガソリン仕様とクリーンディーゼル仕様のエンジンの最高出力は共に140kW(190PS)ですが、最大トルクは252N・m(25.7kgf・m)/4,000rpmと450N・m(45.9kgf・m)/2,000rpmと大きな差があります。クリーンディーゼル仕様の方が「より強大なトルクを」「より低回転域で」発生させているわけです。

これは当然ドライブフィールに大きな影響を与えます。クリーンディーゼル仕様は低回転域からトルクがモリモリ出てくるので、発進加速はもちろんのこと、低中速域での加速感に優れています。

逆にガソリン仕様は発進加速のパワフルさこそクリーンディーゼル仕様に譲りますが、エンジン回転数の伸びやトルクの出方がよりフラットで、簡単にいうと伸びやかで気持ちのいいフィーリングです。クリーンディーゼル仕様はこの伸びやかさという点でガソリン仕様に劣ります。

またガソリン仕様の駆動方式は2WDのみ、トランスミッションは6EC-ATのみなのに対してクリーンディーゼル仕様は3グレードすべてに2WDの他に4WD、6EC-ATの他に6MTを用意している点も忘れてはいけません。4WDが欲しい人、6MTで乗りたい人は必然的にクリーンディーゼル仕様を選ぶ必要があります。

どちらを選ぶかはボディ形状と同じく好みの問題だと思うので、両者を乗り比べて決めるべきでしょう。

ただし価格帯はクリーンディーゼル仕様の方が約40万円程度高くなるので、これを受け入れられるかどうかも分かれ目になると思います。

グレード間の装備差

ガソリン仕様、ハイブリッド仕様共に3つのグレードが存在しますが、この3つのグレードは標準装備品やオプション装備品で差がつきます。

もちろん最も豪華装備を誇るのはガソリン仕様の25S L Package、ハイブリッド仕様のXD L Packageです。この2つはマツダの安全技術「i-ACTIVESENSE」が全機能フル装備されます。

また内装関係ではシートはナッパレザー(本革)、フロントシートは運転席が10Wayパワーシート&シートメモリー機能、助手席が6Way、そして運転席、助手席共にベンチレーション機能とシートヒーター機能、シートバックボードがつき、リヤシートにはシートヒーターがつきます。

ステアリングにもステアリングヒーターがつき、オーディオはBoseサウンドシステム+11スピーカーが標準装備されます。

外装関係ではフロントグリルにガンメタリック塗装が施されます。そしてタイヤ&ホイールは19インチのものが標準装備され、アルミホイールには高輝度処理がされます。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/1122492.html

引用:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/1122492.html

2番目のグレードがガソリン仕様の20S PROACTIVE、クリーンディーゼル仕様のXD PROACTIVEですが、i-ACTIVESENSEは最上位グレードの25S L Package、XD L Package同様フル装備されます。

ただしシートはクロス(ファブリック)に、運転席&助手席のパワーシートとシートヒーターはオプションとなります。そしてシートバックボードはありませんし、リヤシートヒーターもつきません(ステアリングヒーターはオプションで装備可能)。その他内装関係のさまざまな加飾が簡略化されます。

外装関係ではタイヤ&ホイールのサイズは17インチにサイズダウンされ、ホイールの塗装も高輝度処理はされずにガンメタリック塗装のみにとどまります(19インチタイヤ&ホイールはオプションで装備可能)。

ガソリン仕様の20S、XDは最廉価のベースグレードとなり、i-ACTIVESENSEが上位2グレードに比べて若干機能的に劣ります。ヘッドライト関連でいえば上位2グレードがアダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)なのに対してアダプティブ・フロントライティング・システム+ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)となります。

ハイビーム制御機能だけを見れば、ALHは車速に応じて「グレアフリー(防眩)ハイビーム」「ワイド配光ロービーム」「ハイウェイモード」と3パターンの切り替えができますが、HBCは単純なハイ・ローの切り替えしかできません。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/safety/i-activsense1/#alh

また、20SやXDはスマート・ブレーキ・サポート(SBS)やマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)、レーンキープ・アシスト・システム(LAS)もつきません。

内装関係は1つ上の20S PROACTIVE、XD PROACTIVEとほぼ同じですが、ステアリングヒーターはオプションでも装備できません。

外装関係ではタイヤ&ホイールが1つ上の20S PROACTIVE、XD PROACTIVEと同じ17インチのものが装備されます。19インチのものがオプションで装備可能なのも同じです。

グレード選びの結論

「セダンかワゴンか」「ガソリン仕様かディーゼル仕様か」はそれぞれの好みが分かれるところなのでともかくとして、ここでは3つのグレードのどれを選ぶべきかを考えてみたいと思います。

最初に考えるべきはi-ACTIVESENSEの装備差でしょう。i-ACTIVESENSEにこだわる人は20S、XDは候補から落ちます。

逆にi-ACTIVESENSEにこだわらない、少しでも安い方がいい、という人には20S、XDは1つ上の20S PROACTIVE、XD PROACTIVEと(i-ACTIVESENSE以外は)あまり差がないだけにおすすめとなります。

「20S PROACTIVE、XD PROACTIVEか」「25S L Package、XD L Packageか」となるとやや悩ましいところです。ここのグレード間価格差は約58万円ありますが、約58万円の価格差から生じる装備差を納得できるかどうか次第です。

筆者個人の考え方では、運転席の機能がより多機能な25S L Package、XD L Packageの方を推します。パワー&メモリーシートにこだわらない人やシート生地は本革よりもファブリックの方が好きな人は20S PROACTIVE、XD PROACTIVEでもいいでしょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク