新型マツダ CX-3 色・カラー紹介!人気カラーは?

design_9th-row_img

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型マツダ CX-3の色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型マツダ CX-3の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。


スポンサーリンク

新型マツダ CX-3  カラーバリエーション

CX-3には8色のボディカラーが設定されています。

ソウルレッドプレミアムメタリックはソウルレッドクリスタルメタリックへ入れ替わりました。

ではすべてのカラーをご紹介しましょう。

■ソウルレッドクリスタルメタリック……64,800円

color_01

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

マツダ、といえばレッドですね。

近くで見ると「こんなきれいな色は見たことがない!」と思う程美しいです。

ソウルレッドプレミアムメタリックに比べて、よりシックになったのがソウルレッドクリスタルメタリックです。

匠塗(TAKUMINURI)ならではの塗装構造となっていてハイライトとシェードのグラデーションが鮮やかな透明感を表現しています。

color_02

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

赤いクルマというとオーナーは女性であることが多いのですが、マツダのレッドにかぎっては男性でも魅せられるでしょう。

口コミでも絶賛されています。

マツダの色には他社にはない魅力があります。
車のデザインが形状だけでは無い事を世の中に認識させた素晴らしい塗装だと思います。

言い過ぎかもしれませんが、ただの携帯電話に先進的なシンプルさを持ち込んだiPhoneの様なイノベーションを車業界に起こしているかもしれません。

今振り返るとiPhone以降、携帯のデザインが一変した様に、後世から見るとマツダカラーから車のデザインが変わったと思う日が来るかもしれません。

color_03

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

出展:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

■マシーングレープレミアムメタリック……54,000円

color_04

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

マシーングレープレミアムメタリックも他にはないカラーです。

「機械のもつ美しさ」を求めて作られたカラーだそうですが、塗装というよりアートの域だといえるでしょう。

color_05

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

ソウルレッドにしてもそうですが、特殊な塗装の場合は「色褪せ」の心配をする人が多いです。

マツダのカラー開発では「お客様がクルマを手にしてから手放すまで、最後まで劣化させることのないように」

との心掛けをもって新しいカラーを生み出しています。

■セラミックメタリック……0円

color_06

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

CX-3で初めて採用されたボディカラーセラミックメタリックはとても不思議な色で明るい所ではホワイトに輝き、暗い場所だとライトグレーのトーンが強くなります。

CX-3は各所にブラックの部分が入っていますがこのブラックを引き立たせるための無彩色カラーとして生まれました。

まだ誰も見たことのない色を作るという作業は大変で最悪はシルバーで手を打つしかないとなった時、最後の最後で「これだ!」という色が出来たのです。

そう聞くと、ソウルレッドやマシーングレーに負けないくらいとても魅力的なカラーに思えてきます。

color_07

引用:http://www.mazda.co.jp/beadriver/design/interview/

■エターナルブルーマイカ……0円

color_08

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

CX-3のボディカラーはどれも素敵なカラーですので、1色に絞るのが本当に大変だといいます。

中でも、エターナルブルーマイカは大人の雰囲気がいっぱいのカラーで国産車とは思えない絶妙なイメージです。

マツダの新しいアイデンティティを感じる色です。

このカラーを選んだ人はとても満足しています。

●デミオ:エターナルブルーマイカ

color_09

引用:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/1024792.html

■ディープクリスタルブルーマイカ……0円

color_10

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

マツダのブルーは本当にきれいですね。

というか、色の出し方がうまいといえるでしょう。

購入するクルマをホワイトやブラックにするのがなんだかもったいないくらいです。

CX-3にはブラックよりもディープクリスタルブルーマイカの方が似合っているような気がします。

下地はホワイトですので飛び石によるキズが目立つ傾向にありますので、気になる人は明るい色を選んだ方が無難でしょう。

color_11

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/2415267/car/1931680/7435003/parts.aspx

■ジェットブラックマイカ……0円

color_123

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

SUVにはブラックが似合いにくいという人もいますが、なかなかシャープでストイックな感じです。

汚れが目立つので敬遠するケースも見受けられますが、反対にボディの美しさがもっとも際立つ色ですね。

color_13

引用:http://autoc-one.jp/catalog/mazda/cx-3/photo/9/

■チタニウムフラッシュマイカ……0円

color_14

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

ブラウンにベージュやゴールドが織り交ざったようなボディカラーで落ち着きのある色合いですね。

チタニウムフラッシュマイカの難点は実車がなかなかおいていないことです。

確認しようにもレアなため現実に見て確かめることができません。

CX-5や中古車も含めて探して見るとみつけることができるかも知れないので当たってみてください。

color_15

引用:http://car.biglobe.ne.jp/used_car/list_souba1025/10252027/all/35-p1/

■スノーフレークホワイトパールマイカ……32,400円

color_16

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/design/?link_id=sbnv

ホワイトパールはCX-3のデザインのコントラストをしっかりと受け止めているので、完璧な美しさといった感じです。

サイドにラインの走るLパッケージでは、もうホワイトパール以外は考えられなくなりそうです。

ブログで見ててもホワイトパールを購入される方が多いですね。

color_17

飲用:http://xn--ols92r56ds35c.tokyo/?p=2775


スポンサーリンク

新型マツダ CX-3  色・カラー紹介まとめ

マツダのサイトにクルマ選びのアドバイスがありました。

それは

「欲しいなら大胆に、必要なら繊細に・・・」というものです。

確かにクルマのデザインや性能にほれ込んで「欲しい!」というのと、子供が生まれたから、うちにもクルマが「必要」というのは少しニュアンスがちがってきますね。

前車の「欲しい!」の場合は大胆に好きなカラーを選べばいいでしょう。

ですが必要でクルマを購入するとすればT.P.Oも考える必要があります。

例えば赤なら目立ちやすい傾向がありますので、毎日の送り迎えに抵抗が出てくる場合もありますし、冠婚葬祭などのお付き合いではふさわしくないケースもでてきます。

こんなことまで言い出すと増々、色選びが迷宮入りしそうですのでこれくらいにしておきましょう。

マツダは他のメーカーの中でも色の選択が難しい部類だといえるでしょう。

実際にデミオ、ロードスターなど一番売れている色がレッドということ自体珍しいです。

CX-3では一番の人気はスノーフレークホワイトパールマイカです。

ソウルレッドももちろん上位となっています。

美しい色が多すぎて悩みはつきませんが、どうか後悔のないように色選びを楽しんでください。

新型CX-3の値引きの方法については、

「新型CX-3 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得に新型CX-3を購入して下さい!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう