新型クラウンアスリート ハイブリッド 口コミ評価 評判まとめ

toyota_crown_11

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年時点の新型クラウンアスリート ハイブリッドの口コミ評価・評判がたくさん寄せられています。

こちらでは2016年時点の新型クラウンアスリート ハイブリッドの口コミ評価・評判に関する情報をテーマ別にまとめさせていただきました。

トヨタのフラッグシップモデル、クラウンのハイブリッドアスリートですが、今までのモデルに比べ「アグレッシブ」なフロントマスクやリアビューなどで「評価が分かれ」ているのが事実。

昔からのクラウンユーザーが「ロイヤル」を選ぶのに対し、アスリートは今までクラウンに乗ったことのないユーザーから、熱い視線を集めています。

ここでは、実際にハイブリッドアスリートの口コミを、グレードごとに記述していきます。


スポンサーリンク

ハイブリッド アスリートG の口コミ(動力性能)

carlineup_crownathlete_grade_2_01_lb[1]

引用:http://toyota.jp/crownathlete/grade/grade1/

・昔からのクラウンを知るユーザーとしては、「サスペンション」が若干硬くなった感じがします。

ボディ剛性が高くなったことで、走りが安定しており、加速を楽しむ車になった点は合格です。

・ハイブリッド、ということで「燃費」ばかりに気になるかもしれませんが、長距離ドライブでは15km/ℓから20km/ℓは、自然に達成しています。

2.5ℓエンジンで「4気筒」、ダウンサイジングにしても、少し頼りないのでは…と思いましたが、思いのほか加速フィールがあって、十分ですね。

・クラウンにあって、アスリートにないのは「静粛性」です。

もともと、気密性の高いボディで、風切り音もさえぎってくれる、と思っていたんですが、アスリートの場合はそれほどでもない気がします。

逆に、走りに徹して楽しむ車でしょう。

・ハイブリッドGは 600万円オーバー の車ですから、動力性能がいいのは当たり前。

安全性能では高速道路での走行で、ほかの日本車とは安心感が違います。

ですが、ITSは必要なのか…使うことがないので、省いてもよかったと思う。


スポンサーリンク

ハイブリッド アスリートSの口コミ(動力性能)

carlineup_crownathlete_grade_grade2_2_02_pc[1]

引用:http://toyota.jp/crownathlete/grade/grade2/

ハイブリッドアスリートで、一番売れている「S」シリーズは、口コミが最も充実しています。

・マイナーチェンジ後も、走りの充実感は不変です。

気のせいか、前よりも剛性が高くなったような気がします。

カタログでは「スポット溶接」を増やした、とのことですが、乗り心地のふわふわ感がしっかりに変わったのはわかります。

・クラウンに乗るのは初めてですが、非常にエンジンがスムーズで静かです。

ドイツ車からの乗り換えですが、2.5ℓエンジンは快適。

皮肉な話ですが、ベンツがあまりにも増えすぎて、却ってクラウンアスリートに興味を持ったこと、ハイブリッドエンジンが環境にいいことなどを考え、購入しました。

全幅が抑えられているせいか、駐車するのにも楽です。

・ワンボックスカーもいいが、やはり長距離をゆったりと乗りたいことから、アスリートを選択。

峠での走りには、満足です。4気筒エンジンなのに、6気筒時代と変わりませんね。

ただ、クルーズコントロールは未だ使用したことがなし。

安全面ではやたらと音が鳴るので、どうしたのか、と思ったらバンパーに木の葉がくっついたまま走行していたんですね。秋から冬は気を付けないといけないです。

・500万円で買える高級車、その条件を満たすのは意外に難しいんですよ。

レクサスだと小型になってしまうし、ベンツやBMWだとクラス分けがはっきりしていて、わかる人には価格差がばれてしまいます。

ですが、クラウンの場合は、大柄なサイズはどのクラスも変わらないし、ハイブリッドエンジンを積んでいるなど、先進的な面で印象が全く違いますね。

走りで細かいところを気にする人は、クラウンには乗らないでしょう。同乗者に安心感を与えるのがいいんです。


スポンサーリンク

ハイブリッド アスリート「インテリア」の口コミ

carlineup_crownathlete_interior_seat_2_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/crownathlete/interior/seat/

carlineup_crownathlete_interior_navi_2_08_pc[1]
引用:http://toyota.jp/crownathlete/interior/navi/

・ルームランプのLED化で、暗がりでも見やすくなった車内。インジケーターも青を基調としたものになって、疲れません。

インパネ周りが「チープ」と感じる方がいるようですが、人それぞれでしょう。

木目調とはいっても、完全な自然木の加工そのものは手作業になりますし、量産でのクラウンなら、この程度のインパネで問題ありません。

・500万円、600万円クラスで本革シートに変更する場合、インパネとの高級感の差はどうしてもぬぐえません。

本当にラグジュアリー路線でクラウンを楽しみたいならマジェスタをお勧めします。アスリートの場合は、あくまでも「カジュアル」に徹して乗るのがいいと思う。

・ハイブリッドシステムを搭載して、トランクが広くなったのには驚き。使い勝手がよくなったので、趣味のゴルフ道具も積みっぱなしになってしまいました。

・オーディオですが、これは最高です。アウディやキャデラックよりも広域で音が広がるんですが、天井のスピーカーがキモですね。

あと、8インチパネルですが、もう少し大きいほうがいいと思います。


スポンサーリンク

ハイブリッド アスリート「エクステリア」の口コミ

athlete24[1]
引用:http://かっこいい車.com/athlete24.jpg

WS000007[1]

引用:http://toyota-crown.red/wp-content/uploads/2015/11/WS000007.jpg

・フロントマスクのグリルの「切れ込み」が鋭くなり、かっこよくなった。レクサスのスピンドルマスクにメッシュが使われるようになり、アスリートの存在感がますます高まったと思う。

・最初にアスリートを見たとき、愕然とした。これはないなあ、と思っていたが、50代の父が乗りたい、というので購入。

意外に慣れてしまうとバランスが取れていい車だと思う。家族みんなが運転しても違和感がないです。

・リアランプのLEDはいいと思う。最近のランプに関しては、いったいどの車種なのか全くわからないほど、複雑な形状のものが増えたけど、クラウンはクラウンらしくていい。

ハイブリッド アスリート「燃費」口コミ

012_o[1]
引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/1471843/012_o.jpg

026_o[1]

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/1583252/026_o.jpg

・アスリートS、燃費は16km/ℓです。正直、2.5ℓエンジンでこれだけ走るのには驚きました。3.5ℓV6で8km程度だったので、2倍走ります。

エンジンの小型化で車重が軽くなったのかもしれませんが、ロングドライブでも、満タンにして150kmは大丈夫。これはいいです。

・アスリートSで、2WDということもあり、20km/ℓという大台を叩き出しています。

平均時速80km/hという高速道路では、さすがに燃費はいいですね。ドイツ車だと100km/hでの燃費を考えて走るところでしょうが、ここは日本ですから、ハイブリッドはやっぱりいいと思いました。

・アスリートG。信じられないかもしれませんが、15km/ℓは走ります。それも、都市の渋滞と高速を交互に走り、100km程度の走行。合格点ではないでしょうか!

ハイブリッド アスリート「乗り心地」口コミ

th_IMG_4330[1]

引用:http://fanblogs.jp/namax/file/th_IMG_4330.jpg

DSC07727[1]

引用:http://blog-imgs-73.fc2.com/s/o/f/sofshizuoka/DSC07727.jpg

さて、最後に乗り心地についての口コミをまとめてみます。

・運転席、助手席のシートのホールド感はいい。ドイツ車に比べると柔らかいが、アスファルトの道路を走る日本の現状なら、十分だと思う。

ドイツ車に乗ると、いつの間にか加速してしまっていたり、急ブレーキをかけても制動力が意外に弱いことから、ペダルの踏み方に注意が必要。

だが、クラウンの場合は、スピード重視にならないので、安心感がある。

・後席の場合は、少々注意が必要です。結構シートの沈み込みがあることと、FR特有の「車酔い」を訴える人もいます。メリハリのある運転が大事になります。

口コミ評価・評判まとめ

いかがでしょうか?

クラウンアスリートハイブリッドは、高級車でありながら、燃費の良さと環境性能の高さを標準化した車、ともいえそうです。

アヴァンギャルドなデザインには、好き嫌いが分かれるところですが、トヨタならではの意欲作、ぜひ試乗してみましょう。

口コミからも見て取れますが、燃費の良さはピカイチみたいですね!燃費を重視して高級車を検討しているなら、クラウンアスリートハイブリットも、アリなのではないでしょうか?

そこで大事なのが、値引きがどのくらいできるのかという部分になります。

高級車に値引きを求めるのは、ちょっと違うかもしれませんが、安く買えるなら少しでもお得に憧れのクラウンアスリートに乗ってみたいですよね!ぜひご覧になって、あなただけのクラウンアスリートを手に入れてみてください。

新型クラウンアスリートハイブリッドの値引きの方法については、

「新型クラウンアスリートハイブリッド 値引き術!」で詳しく解説しています。

新型クラウンアスリート ハイブリッドのおススメ動画


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう