新型カローラスポーツ 色・価格・スペック・オプション・エコカー減税の情報!

カローラスポーツ

この記事では、新型カローラスポーツの色、価格、スペック、オプション、エコカー減税などの情報をまとめています。

引用:https://d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net/f/16783018/rc/2018/06/04/0961069f9660ee8612b698c0c4b222d420f09045_xlarge.jpg







目次

新型カローラスポーツの色・カラー紹介!

こちらでは新型カローラスポーツの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

ボディーカラーは8色、インテリアカラーは3色4パターン

久々のスポーツハッチ、トヨタ カローラスポーツのボディカラーは8色。そのうちオプションカラーは3色です。

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=55

スーパーホワイトⅡ

引用:https://toyota.jp/corollasport/grade/grade1/?padid=ag341_from_corollasport_grade_hy_gz_detail

ホワイトパールクリスタルシャイン:32,400円

人気色、ホワイトパールクリスタルシャイン。ミニバンでは”ノア”、”ヴォクシー”、”エスクァイア”や”ヴェルファイア”に採用されているホワイトです。

ちなみに”ヴォクシー”や”アルファード”はさらに《ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク》(カラー名が長いですね!)が32,400円のオプション設定されています。

引用:https://autoc-one.jp/toyota/corolla_fielder/report-5002184/photo/0020.html

引用:https://chiba.corolla.co.jp/lineup/corollasport/design

シルバーメタリック

人気色のひとつ、シルバーメタ。フェンダー張り出しが少ないため、シルバー色でも”陰影が付かない”すっきりしたボディに見えます。

引用:https://www.autocar.jp/wp-content/uploads/2018/07/corolla_180706_022.jpg

アティチュードブラックマイカ

人気カラーのひとつ、ブラック色。傷が目立つ…といったデメリットもあり、お手入れが大事なカラーリングですが、こんな口コミがあります。

アティチュードブラックマイカは、良く晴れた日に近くで見るとブラックの中に青っぽいメタリックが光りキレイだなと思います。

でも、車から少し離れて見るとほとんどブラックにしか見えません。人それぞれになりますが、わたしは、アティチュードブラックマイカを選んで良かったと思っています。(プラドオーナーの口コミ、価格com.より)

引用:https://a248.e.akamai.net/autoc-one.jp/images/article/201805/31184920682_a2b1_o.jpg

引用:https://www.toyota-corolla.co.jp/file/cms/33703/455073/wysiwyg_update_image_20180627040344.jpg?16026

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク:32,400円

引用:https://gazoo.com/news/r311258.html

スカーレットメタリック:32,400円

スポーツの名が付くなら、スカーレットメタリックは欠かせません。インテリア(スポーツシートのブラック&センシャルレッド)との相性も抜群です。

引用:http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/8/58092_651_0402765ee4bfe4a204e9dc0547bed8ae.jpg

引用:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=ag341_from_corollasport_navi_design

オキサイドブロンズメタリック

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=9

シアンメタリック

引用:https://gqjapan.jp/uploads/media/2018/07/12/1-3.jpg

Auris(オーリス)の名で販売されている、欧州でも発表されたカローラスポーツ

英国で生産されている、オーリス。この新型が、日本名 カローラスポーツです。現行型オーリスは16カラー(2トーンも含め)がある人気車種。新型のカラーリングも注目されています。

引用:https://www.toyota.co.uk/new-cars/auris/auris-2019

インテリアカラー

基本はファブリックを使ったシート。オプションでは本革を使った赤系、サドルタンも選べます。グレード選択を確認しておきましょう。

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=55

スポーツシート(ファブリック/ブラック)

■HYBRID G”Z” / GZ……シートやアームレストなどに赤いステッチが入っています。

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=49

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=49

スポーツシート(本革+ウルトラスエード/センシャルレッド&ブラック):175,500円

■HYBRID G”Z” / GZ……メーカーOp。センシャルレッドとブラックの色使いです。オプションで電動ランバーサポートなども付けることが可能。

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=49

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=49

スポーティシート(ファブリック/ブラック)

■HYBRID G”X” / HYBRID G / GX / G。スポーツシートとは座面の形状が若干異なっています。

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=51

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=51

スポーティシート(本革+メランジ調ファブリック/サドルタン&ブラック):124,200円

■HYBRID G / G……メーカーOp。サドルタンとブラックの色使いです。メランジ調とは、2色以上の素材を縫い込んだファブリックを指します。

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=51

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=51

◉カローラスポーツのシートに注目してみると……前席のヘッドレスト部分がかなりハイトなのがわかります。実際に後席に乗ると、このヘッドレストの高さで前方視界が見えづらいのです!

新型カローラスポーツの価格・値段はいくら?

こちらでは新型カローラスポーツの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

ハイブリッド:1.8L+モーター

HYBRID G”Z”:2,689,200円
HYBRID G:     2,527,200円
HYBRID G”X”:2,419,200円

ターボ ガソリンエンジン:1.2L(2WD、CVT)

G”Z”:2,419,200円
G:     2,257,200円
G”X”:2,138,400円

ターボ ガソリンエンジン:1.2L(2WD、6MT)

G”Z”:2,386,800円
G:     2,224,800円
G”X”:2,106,000円

◉試乗動画でも人気の6MT。とはいえ、完全なマニュアルシフトではなく、電子制御が入る”マイルドなMT”。久しぶりのクラッチとレバーに緊張する必要もないようです!

ターボ ガソリンエンジン:1.2L(4WD、CVT)

G”Z”:2,613,600円
G:     2,451,600

G”X”:2,332,800円

カローラスポーツは、2グレードとも”C-HRと同じ”パワートレーンを採用。イギリスでは”オーリス”の名で、欧州向けの生産が行われています。

引用:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161214/20161214134500.jpg

引用:http://img1.kakaku.k-img.com/Images/prdnews/2018071/20180711134002_664_.jpg

新型カローラスポーツのスペック紹介!

こちらでは新型カローラスポーツのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

ボディスペック(全グレード共通)

全長×全幅×全高(mm):4,375×1,790×1,460
ホイールベース(mm):2,640
トレッド前(mm):1,530
トレッド後(mm):1,530/1,535(ガソリン 4WD)
最低地上高(mm):135/130(ガソリン 4WD)
室内長×室内幅×室内高(mm):1,795×1,510×1,155
乗車定員(名):5
車両重量(kg):1,310〜1,400
最小回転半径(m):5.1/5.3

エンジン関係(1.8L ハイブリッド/2WD)

引用:https://toyota.jp/corollasport/performance/?padid=ag341_from_corollasport_top_drivingfeel_enginemotor#enginemotor

エンジン形式:2ZR-FXE
種類:直列4気筒
使用燃料:無鉛レギュラー
内径×行程(mm):80.5×88.3
総排気量(cc):1,797
最高出力(kW[PS]/rpm):72[98]/5,200
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):142[14.5]/3,600
燃料タンク(L):43

モーター最高出力(kW[PS]):53[72] モーター最大トルク(Nm[kgf]):163[16.6]

足回り関係

サスペンション前:マクファーソンストラット式コイル
サスペンション後:ダブルウィッシュボーン式コイル

トランスミッション:電気式無段変速機

エンジン関係(1.2L ガソリン/2WD、4WD)

引用:https://toyota.jp/corollasport/performance/?padid=ag341_from_corollasport_top_drivingfeel_enginemotor#enginemotor

エンジン形式:8NR-FTS
種類:直列4気筒 直噴ターボ付
使用燃料:無鉛レギュラー
内径×行程(mm):71.5×74.5
総排気量(cc):1,196
最高出力(kW[PS]/rpm):85[116]/5,200-5,600
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):185[18.9]/1,500-4,000
燃料タンク(L):50

モーター最高出力(kW[PS]):53[72] モーター最大トルク(Nm[kgf]):163[16.6]

足回り関係

サスペンション前:マクファーソンストラット式コイル
サスペンション後:ダブルウィッシュボーン式コイル

トランスミッション:Super CVT-i(自動無断変速機)
[10速スポーツシーケンシャルシフトマチック付]

■カローラスポーツのエンジンは2種類。1.2Lターボと1.8L+モーターの両方ともC-HR共通です。

新型カローラスポーツ オプションまとめ!

こちらでは新型カローラスポーツにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

《標準 → 標準仕様、Op. → オプション》

タイヤ

1.8L ハイブリッド2WD
HYBRID G”Z”:標準 225/40R18↓

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=52

HYBRID G:標準 205/55R16↓

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=52

HYBRID G”X”:標準 195/65R15↓/Op. 205/55R16(76,680円)↑

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=52

1.2L 2WD/4WD
G”Z”:標準 225/40R18
G:標準 205/55R16
G”X”:標準 195/65R15/Op. 205/55R16(76,680円)

スペアタイヤ

HYBRID G / HYBRID G”X” / G”Z” / G / G”X”…Op(10,800円)

AVS

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=23

HYBRID G”Z” / G”Z”(2WD)…Op.(108,000円)

AVS:Adaptive Variable Suspension System(アダプティブ・バリアブル・サスペンション・システム)……電子制御により走行状況に応じて減衰力を変化させ、自動的に最適化するシステム

エクステリア

LED リヤフォグランプ
…全グレード→Op.(10,800円)

LED フロントフォグランプ
…HYBRID G/HYBRID G”X”/G/G”X”→ディーラーOp.

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=39

ドアミラー オート電動格納式リモコン
(ブラインドスポットモニター付)
全グレードOp.

安全装備

インテリジェントクリアランスソナー
[パーキングサポートブレーキ(静止物)] 

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=37

リヤクロストラフィックオートブレーキ
[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=37

ブラインドスポットモニター[BSM] …全グレード Op.(125,280円)

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=32

操作性

3本スポークステアリングホイール
…HYBRID G/G”Z”/G/G”X”/G”Z”→標準
…HYBRID G”X”→Op.(28,080円)
…G”X”→Op.(38,880円)

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=46

パドルシフト
…G/G”Z”→標準
…G”X”→Op.

本革巻きシフトノブ
…HYBRID G”Z”/HYBRID G/G”Z”/G→標準
…HYBRID G”X”/G”X”→Op.

ドライブモードセレクト 5段階
[ECO/COMFORT/NORMAL/SPORT S/SPORT S+] …HYBRID G”Z”/G”Z”(2WD)→Op.

カラーヘッドアップディスプレイ
…HYBRID G”Z”/G”Z”(2WD)→Op.(43,200円)

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=46

インテリア

電動ランバーサポート(運転席)
…HYBRID G”Z”/G”Z”→Op.

シートヒーター(運転席、助手席)
…全グレードOp.

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=46

シートバックポケット(運転席)
…HYBRID G”Z”/HYBRID G/G”Z”/G→Op.

合成皮革巻きインストルメントパネル
[ステッチ付アッパー部] …HYBRID G”Z”/G”Z”→標準
…HYBRID G/G→Op.

↓インストルメントパネルとは、スピードメーター類の周り(計器類まわり)を指します。カローラスポーツでは、計器上の屋根部分。ただ、インパネというとダッシュボードも含めた言い方もします。

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=50

イルミネーテッドエントリーシステム
[フロントドアトリム/フロントコンソールトレイ/フロントカップホルダー]
…HYBRID G”Z”/HYBRID G/G”Z”/G→Op.(10,800円)

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=46

4:2:4分割アジャスタブルデッキボード
…全グレードOp.

本来スペアタイアが収まる部分ですが、スペアタイア非搭載にした場合、床下部分に小物を収納することが可能。床板を上段と下段の段差を生かすことができます。

引用:https://toyota.jp/catalog/corollasport_main/book/#target/page_no=44

リヤシートを倒して”ツライチ”にできると、バックドアからの収納も楽。また、ちょっとした”車中泊”にも活かせるなど、アイデア次第で使い様があります。

※その他には、ナビ・オーディオ(ディーラーOp.)/バックカメラ/アクセサリーコンセント/寒冷地仕様 があります。

新型カローラスポーツのエコカー減税他自動車税まとめ!

こちらでは新型カローラスポーツのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

引用:https://gqjapan.jp/uploads/media/2018/07/12/3-1.jpg

カローラスポーツのエコカー減税は、ハイブリッドのみ!

■HYBRID G“Z”:2,689,200円
自動車取得税:約67,200円(100%減税)
自動車重量税:約22,500円(100%減税)
自動車税:約29,500円(75%減税)
合計減税額:約119,200円

■HYBRID G:2,527,200円
自動車取得税:約63,100円(100%減税)
自動車重量税:約22,500円(100%減税)
自動車税:約29,500円(75%減税)
合計減税額:約115,100円

■HYBRID G“X”:2,419,200円
自動車取得税:約60,400円(100%減税)
自動車重量税:約22,500円(100%減税)
自動車税:約29,500円(75%減税)
合計減税額:約112,400円

引用:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=ag341_from_corollasport_navi_design

ハイブリッドモデルのおさらい

カローラスポーツのハイブリッドモデルは、
自動車取得税と自動車重量税が0円。
都道府県税の自動車税は正規が39,500円。
そのうち75%の29,500円が減税なので、10,000円となります。

実際には、月割りになるため購入月によってはもっと低い税額です。

ガソリンモデルのおさらい

カローラスポーツのガソリンモデルは、
自動車税が34,500円。
重量税は36,900円(新規3年)

自賠責とリサイクル料金は

なお、
自賠責保険は36,700円(新規3年、全グレード共通)です。
リサイクル料金は9,520円です。

魅力的なクルマに仕上がっている、カローラスポーツ。さて、ディーラーに実車試乗に行ってみましょう!!

引用:https://carinfosp.com/wp-content/uploads/2018/06/H__9154.jpg