新型S660 口コミ評価 評判まとめ

5

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年の新型S660の口コミ評価・評判がたくさん寄せられています。

こちらでは2017年のS660の口コミ評価・評判に関する情報をテーマ別にまとめさせていただきました。

kuchikomi_01

引用:http://sakecars.com/archives/68


スポンサーリンク

2017年 S660 口コミ その① 燃費

→気になりS660の実燃費計算してみました。結果は、18㎞/Lくらいの計算になりました。

高速道路使いながら、移動距離はざっくり380㎞。

給油したのは、21Lほどですので、計算したら、18㎞/L。

乗り味に対してかなりの高燃費だと思いました。

→26km/Lを達成しました!!30km/Lを超えるクルマもある今ではそれほどビックリするような数字では無いのでしょうけど、スポーツカーでこの数字はビックリして良いと思います。

エンジンはNシリーズと共通とのことですからある程度の燃費は稼げる土台があったってことですかね。

またルーフをタルガトップとし電動の開閉機能を省いたことで大幅な軽量化を実現できたことも燃費に繋がったようです。

→納車(納期)以降ずっと19km/L台で安定していますが、20km/Lは、なかなか達成できませんね。

片道1.5kmというシビアコンディションの走行もかなりありますからね。

致し方ないというところでしょうか。

スピードメーターの燃費計をみていると、やはり停止からの発信時や坂道で燃料消費が大きいようです。

kuchikomi_02

引用:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/type/gasoline/#type_bruno


スポンサーリンク

2017年 S660 口コミ その② グレード

「α」を契約した人
→どうしてもこの車を買いたいならば、MTの方が売れているそうだけど、レースカーにでもしない限りCVTを選んだほうが得策と思われた。

メーカーもそっちの方に力入れて開発したと想定できる。(もちろん推察)

CVTのスポーツモードであればMTに比べて割と速い。

斜め後ろからみたフォルムが意地でも前を向いてやろうというデザイナーの気合を感じる。

「α (MT)」を契約した人
→安全性について、乗りながら営業マンに聞いてみたところ、「一応補強は入っているが、なにぶん下の方なので…」とのこと。

ヴェゼルがとても低い。

この2台がぶつかれば、多分死ぬかもしれない。

また、北海道のような積雪地帯には向かないと思われる。

だって、断熱性ゼロだもの。

kuchikomi_05

引用:http://www.honda.co.jp/S660/ilovedrive/

「α (MT)」を契約した人
→シフトフィールが絶品で動かすごとに喜びがあります。

パワーは公道で走る分には十分です。問題点は頭の空間は予想以上にないので、180cm以上の人が乗る際にロールバーと頭が当たらないか確認をしたほうがいいです。

乗り降りはしにくいのも難点。

この辺りはデザイン優先だと思うのですが、大きい体格の人は考慮していないのでは?と思うほどです。

あとはボンネットの荷物入れは想像以上に小さいとか、バックするときとか音楽を選曲する際にディスプレーは付けたほうがいいとかあるものの、一人でぷらっと走りに行くのには良い相棒です。

ちなみに助手席側のセンターコンソールにはボルト穴があるのですが、何と自転車のボトルゲージが付きます!自転車乗りを考えたステキな商品ですね。

kuchikomi_06

引用:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/styling/design/

「β」を契約した人
→総評として、走りの質感は最高!

特にハンドリングは、市販されている日本車で一番楽しいのではないか。

(もちろん、全ての車に乗った訳ではないので、想像に過ぎないが)

ただし、助手席に人を乗せるシーンが多い人が購入するのは、少々厳しいように思う。

女性とドライブに行ってもバッグを置くスペースが無い。

アウトレットモールへの買い物なんてとんでもない・・・。

このタイプの車なので、遠出はしたいが、一泊といえども旅行は不可。

kuchikomi_07

引用:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/styling/design/

「α (MT)」を契約した人
→一言で言うなら、こんな車を待ってたって感じです。

バイトしながらカートレースやっていた高校時代のワクワク感や、学生時代の友人所有のオープンカーへの憧れ。

そんなこんなを詰め込んでサラリーマンでもなんとかセカンドカーとして維持可能な軽自動車枠で実現してくれたこと、本当にありがとうございます!

予約は黄色MTにしました。


スポンサーリンク

2017年 S660 口コミ その③ その他

→走りを楽しみたい人【向け】 じゃなく 走りを楽しみたい人【専用】の車です。

走りを楽しむにはMT一択 CVTであれば買う意味が不明。

荷物が積めないのが一番のネック2名で小旅行すら厳しい『そんなの関係ね~!』って スーパーセブン的な使い方をする人にピッタリ♪オープン(タルガ)かどうかは関係ない。

よくコペンと比較されるが、全くベクトルの違う車。

ゆったりと風を感じてって人はコペン普通の人もコペン。

なにせ荷物が積めない! それに尽きる。

その苦行を耐えられる人専用の車(笑)基本的に複数台所有じゃないと厳しいです。

→スポーツカーは初めてですが、欲しいと思える久しぶりの車でした。

高級車のような重厚感は皆無ですが、エンジンとタイヤがついているカッコいい大きなおもちゃという感じでとても魅力的です。

憧れのスーパーカーの小型版という感じでしょうか。

値段や操作性も含めて誰もが気軽に楽しめるスポーツカーというコンセプトが明快です。

私は試乗した次の日に契約しました。

納期が来年初めとかなり先ですが楽しみに待つことにします。

→ステアリングフィール、シフトフィール、エンジンフィール 全てにリニアな感じで、ビートのダイレクトなフィーリングからすると 物足りない気にもなりますが、これが技術の進歩と言うとそれまでで、例えば、クラッチを繋ぐとき回転差を和らげるスリーブの介入が余計で 下手なクラッチミートでも何となく誤魔化してくれます。

また、この先レブ縛りが解けスピードレンジが上がるとアジャイルハンドリングアシストやVSAの介入も余計に思うのは間違いなく車の限界を知る上でも、それらのオンオフはあってもよかったのではと思います。

誰もが乗って楽しいというコンセプトには合致していますが…まぁそれらを差し引いても私の中では一番なのは間違いなく、他には考えられないですが、あくまでファーストインプレッションはそんな感じです。


スポンサーリンク

2017年 S660 α特別仕様車の口コミ

S660といえば、2017年5月に発表された特別仕様車の「Bruno Leather Edition(ブルーノ レザー エディション)」が気になるところです。

αがベースの特別仕様車はドアミラー、アルミホイールをブラックに、そして本革ステアリングホイール、スポーツレザーシートとスポーツカー感満載です。

また特別色の「ベルベットマルーン・メタリック」。

S660にピッタリのカラーとなっています。

そろそろ、特別仕様車の口コミも寄せられ始めたころですので、少しですがご紹介します。

kuchikomi_03

引用:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/equipment/bruno_tokuso/

αにセンターディスプレイを付けることを考えるとこの価格は安い設定ではないでしょうか?
私はβのアルミのデザインが好きなのでβのグレーにしましたが、ブラックアルミが許容できる人はこの特別仕様車はお買い得ですね。

ブルーノレザーエディションのプレミアムスターホワイトパールを契約しました。
納期はまだ未定ですが、6ヵ月くらいとの話でした。
気長に待つことにします。

新色のベルベットマルーンメタリックは、旧ライフのベルベットマルーンメタリックと同一ですよね。もうちょっと、濃い色を期待していたのですが……。

kuchikomi_08

引用:https://instagrammernews.com/detail/1536853371775671733

ベルベットマルーンメタリック、渋いです。

本日、ベルベットマルーンメタリックをCVT仕様で契約してきました。
嫁も運転したいそうなので、CVTなりました。
普通車を11年乗っていて、今年の車検を通すかどうか迷い中古の安い軽自動車でも買うかと思っていたのですが、
嫁さんが軽自動車なら、このベルベットマルーンメタリックのs660に乗りたいと言うので、今回の購入に至りました。
ネットでみて、一目惚れしたようです!

私は発表されて直ぐにオーダーして7ヶ月待ちましたが、今思えば待っている時にいろいろ情報を集めたりと楽しんでいました。

ドリンクホルダーですが私が使っているのは、自転車屋で売っているTOPEAK(\860)です。

大きさに合わせてスライドさせられます。
300mlのペットボトルも入ります。
参考になればいいのですが

kuchikomi_09

引用:https://instagrammernews.com/detail/1563670044160121959

さすがに量産体制を敷いていないS660だけあって、納期はけっこうかかっているようですね。

半年くらいは気長に待たなくてはならないのは覚悟しなくてはなりません。

価格については228万円。

αより10万円、βより30万円高いですが、装備から見てもお値打ち感は高いです。

S660は手ぶらで乗るべきクルマですが、さすがにドリンクホルダーはみなさん、色々探されています。

自転車用を流用するという口コミがありましたが、なかなかオシャレですね。

そしてベルベットマルーンメタリックのs660に一目ぼれした奥様…

渋い選択です!

kuchikomi_04

引用:http://www.honda.co.jp/S660/ilovedrive/

S660 口コミ評価・評判まとめ

カタログスペック上での燃費24.2km/Lという低燃費からか、納車(納期)後早速燃費記録にチャレンジするオーナーも多いです。

車体が軽く、ゆっくり真っ直ぐ走ればどこまででも燃費は伸びていく傾向にあるようですが、果たしてその乗り方がこの車の価値を引き出せているというのでしょうか?というジレンマに陥る方も多いようです。

小さなスーパーカーという言葉もちらほら見かけるように、S660はやはりスポーツカーらしい運転をしてこそ真価を発揮してくれるように思われます。そうでもなければ、ラゲッジスペースへの不満を払拭することができないでしょうし。

グレード毎での比較を試みたいのですが、CONCEPT EDITION は台数が限られているため実質αとβの二択となり、価格差も1割以内とそれほど大きくないことからαを選択される方がほとんどなようです。

新型S660の値引きの方法については、

「新型S660 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にS660を購入して下さい。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう