レクサス 新型RX 値引き術!

RX

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型レクサスRXの値引き方法について情報をまとめました。

新型レクサスRXはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

値引は0。安く買う方法はある

レクサスRXは600万円程度から買えるSUV。もし初めてクルマを買うならば、現金で買うかローンを組むことになりますが、下取り車がある場合は査定価格の高い業者に引き取ってもらうのが鉄則です。

引用:https://cpo.lexus.jp

ドイツ車のメルセデス・ベンツの場合、ヤナセとシュテルンという2つの新車ディーラーネットワークがあります。ヤナセはベンツ専門店だけで東京に16。一方のシュテルンは、輸入車の新車/中古車販売会社がシュテルンの《のれん》を掲げているため、ヤナセほどのネットワークはありません。

とはいえ、メルセデス・ベンツを売る店はレクサスの数倍以上。レクサスは各県1店舗以上という少なさで、トヨタディーラーでの扱いさえありません。

レクサスCPOは認定中古車ですが、試乗車や展示車もこの扱いを受けます。もし少しでも安く新型車を買いたい場合、このCPOを狙うという手があります。

スポンサーリンク

CPOを狙う

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190904-00010000-amweb-bus_all

CPOとは《Certified Pre-Owned:認定中古車》の意味。

CPOの流通量は増加。とくに、レクサス入門車としてNXが超人気です。レクサスの新車が欲しいけれど、なかなか手が届かない人に取っては、このCPOは狙い目でしょう。

レクサスの場合、中古車業者にも”タマ”は流れていますが、やはりレクサス店で買いたい。多少価格は高くなっても品質が高いレクサスは、CPOに限るのです。

最近ではレクサスのウェブサイト経由での問い合わせ、そして来店も少なくないようです。東京のディーラーに大阪からわざわざ実車を見に来る人もすくなくありません。

引用:https://response.jp/article/img/2011/03/02/152572/305611.html?from=arrow-prev

RX 450h バージョンL 4WD CPO認定中古車:375万円(税込)

3.4万km走行の旧型。磨き直された、旧型のRXだがCPOならではの品質は高く、内装のきれいさは新車のようだ…と誰もが驚きます。

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/carsensor/vu2080486247.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_img&ea=01#

全てのクルマがCPOとなるのではない

CPOは仕入れの段階から車両を厳選しているし、一般的な中古車専業店などと違ってすべて整備され、不具合があった場合もすべて修理してから店頭に並べられている。

また都筑見花山店では特に、アルミホイールの裏側やホイールハウスの中まで洗浄し、ステップ部分には保護テープを貼った状態で展示されているのだ。《Response》より引用

レクサスは値引きしない…これは誰もが知る事実です。ならば、中古車なら安くなるのだろう、と期待して行っても、ベンツやBMWのような”激安”とはならないのもまた事実。

BMW X5を新車で120万円引きで購入した…という人がいますが、これはもともとBMWの価格設定が”高すぎる”ことによるものです。アメリカでの価格に比べて200万円は高い、という見方もあるほどで、とくにアウディの高さは尋常ではありません。

ですから、中古車でのアウディやBMW、ベンツの価格落ちはレクサス以上。それを考えると、レクサスは中古車の価格もそれなりに維持されているだけでなく、再々販するときに価値が付き続くことが保障されているのです。

スポンサーリンク

輸入車の中古車値落ちは大きい

レクサスCPOを安く手に入れたい!なら、BMWやベンツ、アウディの中古車と競い合うという手はないだろうか??

実際に、輸入車の中古価格はレクサスよりも下落率が高いのが事実です。こんな例があります。

X5の中古車の例を見よう

↓走行距離0.1万kmのX5。835万円のプライスが付いている。

引用:https://kakaku.com/kuruma/used/item/21436533/

↓走行距離56,600kmのX5。400万円とお買い得価格になってしまう。ちなみに、上とは同じ2013年車。

引用:https://shopping.yahoo.co.jp/search?rkf=2&p=x5+xdrive+35d+mスポーツ&uIv=on&first=1&ei=utf-8&seller=1

X5は新車でも50〜90万円の値引!

これは《価格com.》に掲載されたデータですが、1,000万円のクルマで値引が車両とオプションで100万円程度。となれば、実際にはもっと値引があったのは誰もが推測するところでしょう。

実際に、150万円、170万円という値引(車両だけで)という話もあり、新車購入でも買う人によって大きな差がでているのが事実です。

引用:https://kakaku.com/kuruma/nebiki/70101210228/

上の2014年車、56,600km走行のX5の場合、もともと900万円近いクルマですが、5年と5万kmで3分の1程度に価格が落ちています。

この下落率をもってレクサスのCPOを安く買いたい…というのはまず困難といっていいでしょう。

スポンサーリンク

レクサスのCPOがなぜ安くないのか?

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190904-00010000-amweb-bus_all.view-002

引用:https://www.autocar.jp/news/2019/08/07/397925/

「すべて、お店としてCPOを大事に扱っているんだと感じていただくためです。おかげさまで『新車と変わらない』と言っていただけています。

しかも全国のレクサス販売店が同じことを聞かれたら同じことをお答えするような状態になっているのも、とても信用できると感じていただけているようです。」《Response》より

レクサスディーラーは、メーカー直営でもあります。そのため、選ばれたCPOは年式が古く、走行距離もそれなりに進んでいても、新車同様の乗り心地にしなければならないルールが存在します。

つまり、外見がきれいで内装をきれいにクリーニングしただけのクルマではありません。

たとえCPOを購入するためにレクサスディーラーに来た人は、新車購入との差別化したサービスを受けるでしょうか?実際にはそんなことはなく、新車同様の満足したサービスを手にします。

レクサスを積極的に買いたい…という人は、最近女性に増えてきました。RXはさすがに高価ですが、CTやNXの人気は非常に高いものがあります。つまり、女性が選ぶことで、商談がすんなり決まる可能も高いと言えるのです。

まとめ!最後の手段は下取り車

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190829-00010004-gqjapan-bus_all.view-000

レクサスを買う、安く買う…なかなかそれは難しい。CPOを買うにしても、条件が合うクルマが出てくるまでなかなかタイミングが合わないこともあるでしょう。

ならば、最後は今乗っているクルマの下取り価格に期待すること。レクサスはディーラーこそ少ないものの、そこはトヨタの情報網があります。

レクサスディーラーに卸した下取り車をどこに再販するかはわかりませんが、その情報は秘匿となるはず。ただ、オークションに流す可能性は高いはずです。

もしご自分で下取り車の高い販売ルートがあれば、それを元手にRXをお得に買うことは可能ですね!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク