新型エスティマ 色・カラー紹介!人気カラーは?

エスティマ

2016年の新型エスティマの色・カラー情報が公開されています。

こちらでは2016年の新型エスティマの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。







エスティマのボディカラー全色紹介

2016年新型エスティマのボディカラーは全部で10色が用意されており、7色がモノトーンカラー、3色がツートーンカラーです。

グレード、ガソリン車、ハイブリッド車問わず全てのカラーを選択することが出来ます。

それでは全10色を以下にご紹介しましょう。

■ブラック×レッドマイカメタリック

carlineup_estima_style_2_02_pc

引用:http://toyota.jp/estima/style/

ボディはレッドマイカメタリック、ドアピラー、ルーフピラーがブラックというツートーンカラーです。エスティマのツートーンカラーは全てこのタイプです。

エスティマには後にご紹介するレッドマイカメタリックというモノトーンカラーもありますが、腰上がブラックになる分こちらの方が引き締まった印象を与えます。

明るい色が好みだがレッドマイカメタリックでは若干派手だ、という方にお勧めです。

このカラーを選択した場合はアルミホイールはブラック塗装となり、価格がメーカー希望小売価格より54,000円高となります。

■ブラック×ダークシェリーマイカメタリック

carlineup_estima_style_2_03_pc

引用:http://toyota.jp/estima/style/

実際の色味はベージュよりも少し色の濃い茶色、といった感じです。

寒色系の色が良いが、ブラック系の色だと面白みがない、傷や汚れが目立つから嫌だ、という方にお勧めです。

あまり人気のあるカラーではないので、街中で人と被る可能性も低いと思われます。

このカラーを選択した場合はアルミホイールはブラック塗装となり、価格がメーカー希望小売価格より54,000円高となります。

■ブラック×アイスチタニウムマイカメタリック

carlineup_estima_style_2_04_pc

引用:http://toyota.jp/estima/style/

全3色のツートーンカラーのうち、この色が最もツートーンであることがわかりにくいです。

しかしこの「よく見ればツートーンカラー」というのが逆にお洒落かもしれません。

ツートーンカラーしてみたいがレッドマイカメタリックは派手過ぎる、ダークシェリーマイカメタリックでは地味過ぎる、アイスチタニウムマイカメタリック単色ではつまらない、少しアクセントを加えたい、という方にお勧めです。

このカラーを選択した場合はアルミホイールはブラック塗装となり、価格がメーカー希望小売価格より54,000円高となります。

■ホワイトパールクリスタルシャイン

carlineup_estima_style_2_05_pc

引用:http://toyota.jp/estima/style/

エスティマのボディカラーの中では昔から1番人気を誇るのがこのカラーです。

中古車市場でもホワイトパールクリスタルシャインのエスティマは入荷したそばから売れて行きますので、自然と下取り価格も高くなる傾向にあります。

リセールバリューを考えるならこのカラーにしておくのが無難といえます。

このカラーを選択した場合はアルミホイールはミディアムグレー塗装となり、価格がメーカー希望小売価格より32,400円高となります。

■シルバーメタリック

carlineup_estima_style_2_06_pc

引用:http://toyota.jp/estima/style/

寒色系のカラーの中では最も明るい色味となります。

明るい色の方が良いが、レッドマイカメタリックやダークシェリーメタリックでは嫌だ、という方にはピッタリでしょう。

老若男女誰が乗っても似合う色です。

このカラーを選択した場合はアルミホイールはミディアムグレー塗装となります。

■アイスチタニウムマイカメタリック

carlineup_estima_style_2_07_pc

引用:http://toyota.jp/estima/style/

シルバーメタリックよりは若干暗い色になりますが、ブラックよりはシルバーメタリック寄りな色味です。

ブラック系の色が好みだが、単純なブラックでは面白みがない、少し変化をつけたい、という方にお勧めです。

ブラックほど汚れや傷が目立たない、という点もポイントです。

このカラーを選択した場合はアルミホイールはミディアムグレー塗装となります。

■ブラック

carlineup_estima_style_2_08_pc

引用:http://toyota.jp/estima/style/

純度100%の「ブラック」です。

非常に深みのある黒で、法人の役員専用車やハイヤー、タクシーに使われているのもよく目にします。

黒が大好きな方はこの色一択となるでしょう。

このカラーを選択した場合はアルミホイールはミディアムグレー塗装となります。

■スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

carlineup_estima_style_2_09_pc

引用:http://toyota.jp/estima/style/

ホワイトパールクリスタルシャインと並んでエスティマで非常に人気が高いのがこの色です。

ディーラーによってはホワイトパールクリスタルシャインよりも受注比率が高いこともあるようです。

色味的にはブラックになりますが、明るい場所や太陽光のあたり具合によってはパープルのような色にもみえます。

ブラック系の色はどうしても傷が目立ちがちですが、この色はパールが入っている分ブラックに比べると多少傷がつきにくいです。

ブラックはやや迫力が出過ぎるところがあるので、ブラック系が好きでもいかつさを求めない向きにはこちらの色の方が良いと思います。

このカラーを選択した場合はアルミホイールはミディアムグレー塗装となり、価格がメーカー希望小売価格より32,400円高となります。

■レッドマイカメタリック

carlineup_estima_style_2_10_pc

引用:http://toyota.jp/estima/style/

全ての色の中で最も明るい色がこのレッドマイカメタリックでしょう。

どちらかと言えば女性向きな色なのかもしれません。

街中ではとても目立つ色なので、人と同じのは嫌だ、という方はお勧めです。

ただしこの手の色はどうしても経年劣化で色がくすんでしまいがちです。

美しさを保つには数年おきにボディコーティング等の施工をした方が良いと思います。

逆に言うとあまり洗車等のお手入れに時間をかけられない、という方にはお勧め出来ません。

中古車市場でもレッドマイカはあまり人気がないので、リセールバリューという点でも不利になります。

このカラーを選択した場合はアルミホイールはミディアムグレー塗装となります。

■ダークシェリーマイカメタリック

carlineup_estima_style_2_11_pc

引用:http://toyota.jp/estima/style/

一説によると、エスティマの全ボディカラーの中で最も不人気なカラーとも言われるのがこの色です。

確かにホワイトパールクリスタルシャインやブラック等の人気カラーに比べると、街中で見かける機会が圧倒的に少ないです。

ただ、個人的にはレッドマイカメタリックと並んで女性によく似合う色ではないかと思います。

ブラック系やグレー系のようなありきたりな色は嫌だ、かといってレッドマイカメタリックは派手過ぎる、という方はこの色をご検討されてみてはいかがでしょうか。

このカラーを選択した場合はアルミホイールはミディアムグレー塗装となります。

エスティマは全カラー「セルフリストアリングコート」を採用

2016年新型エスティマのボディカラーには、全カラーで「セルフリストアリングコート」という塗装技術が採用されています。

これは簡単にいうと洗車等による小傷やすり傷を自己修復してくれる、というものです。

ws000002

引用:https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/data/automotive_business/products_technology/technology_development/materials/details.html

そもそも車のボディの小傷やすり傷というのは、何層にも塗られた塗装の1番上のクリア層に負荷がかかり、塗膜が破損したり変形したりすることによって生じます。

セルフリストアリングコートは、材料の樹脂に物質の分子同士の結合を促進する特殊な分子が用いられており、塗膜の破損や変形が起こりにくくなっています。

また、破損や変形が起きても熱が加わることによって回復、復元されるようになっています。

つまり傷が入りにくい上に、多少の傷であれば放っておけばそのうち元に戻る、ということです。

ただしセルフリストアリングコート自体を完全に破壊してしまうような深い傷は元に戻りません。

車は長く乗っていれば特にぶつけていなくても自然に傷は入ってしまいます。

ドアノブ付近にはどうしても開閉時に爪で傷がついてしまいますし、カバンや買い物袋を擦っただけでも傷は入ります。

狭い道を走る時などに道路端に生えている雑草がボディを擦る時なども同様です。

これらの細かい傷の積み重ねが車のボディから新車時の輝きを失わせるわけですが、セルフリストアリングコートがされていれば全てとは言わないまでも多くの傷が自然に修復されます。

ただ、耐用年数は5年~8年とされていますので、それ以上経過した場合は修復機能は失われます。

新型エスティマの値引きの方法については、

「新型エスティマ 値引き術!」で詳しく解説しています。

大幅値引きも期待できるエスティマですので、ぜひ参考に、お得に購入して下さい。

エスティマの人気カラーまとめ

030_o

引用:http://autoc-one.jp/toyota/estima/special-2751959/photo/0030.html

以上、2016年新型エスティマの全カラーをご紹介しました。

エスティマのボディカラーは、最上級グレードでも廉価版グレードでも全く同じカラーを選べるのが大きな特徴です。

全10色という豊富なボディカラーの中から、ぜひご自分にピッタリなカラーを見つけて下さい。

→ 新型エスティマを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?