トヨタ 新型 86 試乗レポートまとめ!

86

トヨタ 新型 86は試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらではトヨタ 新型 86の試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

キャプチャ28

画像引用:公式HP & Car View







トヨタ 新型 86の試乗レポートまとめ

高速での走り

→スポーティーカーらしくサスは固めです。

路面のでこぼこもそのまま拾う感がありますが慣れました。

むしろもう一台所有するワンボックスを運転すると、あまりのフニャフニャ感で酔ってしまうほど(笑)また、サウンドクリエーターからのエンジン音で、高速道路などエンジンの回転が上がるとステレオの音が聞こえないので、オーディオ装備に拘る人には不向きだと思います。

→高速を走ってもかなり静か。

足回りはもうちょっとしっかりしていた方が好みだが、同乗者は口をそろえて「乗り心地がいい」と言う。

街中での走り

→私が街乗りにナビシートに乗り小一時間ドライブしたらおそらく・・・・酔います。

コスト削減でしょうか見えないところは・・・そんなに小石が転がってたのかと思うほどリアからの小石を巻き込んだかのようなカラカラ音。

消音・ノイズ吸収し切れなかったのでしょうね。思った以上に見切りはいいです。

→こんな時代にトヨタとスバルは、よくぞこのような素晴らしい低重心でNAのライトウエイトFRを世に送り出してくれたと思います。

特にコーナリング時は路面に食いついて車体がぶれない。リアが流れても制御しやすい。

気持ちよくコーナーを走り抜ける感じが最高です。

その他、オプションなど

→インテリアがレッドの表皮を選択可能だが、相当かっこいいです。

ただし、質感はオプションでもいいのでもう少し上のものがあればなおgood。

→クリスタルホワイトパールのオプションが3万円て安すぎる!オプション価格を取る意味があるのか疑問?

試乗まとめの印象

トヨタ 新型 86を購入または検討される方の層の広さには驚かされます。

それこそセミレーシングドライバーといえるハイスキルな方から免許取立ての若い初心者ドライバーや熟年のスポーツカーファンまで、どれだけ日本人が純国産のスポーツカーの登場を心待ちにしていたかが理解できます。

これだけ広い層となると走りに対する理想像や経験値も大きく違ってくることから感想も多種多様です。

そんな中での共通する見解として、ベースとしての素性の良さや素直さが評価されています。

スポーツカーとは、ともすれば性能を追求するあまりこの価格帯ならこれくらいの性能になって当たり前と販売価格から逆算した絶対性能への諦めのようなものが見え隠れしてしまいがちです。

ですが、この86は絶対性能こそ確かに高くはないのですが、それを補ってあまりある楽しさや素直さからくる改良し育てていくことへの期待感をうまく詰め込んでいると感じました。

試乗をしてみて初めて分かる、86のスゴさを体験してみてはいかがですか?

その後の商談対策に、こちらをご覧いただければより効果的だと思います。

値引きで、更にお気に入りの86を乗り回してみませんか?

新型トヨタ86の値引きの方法については、

「新型トヨタ86 値引き術!」で詳しく解説しています。

トヨタ 新型 86 実際に試乗してみた!