新型マカン 口コミ評価 評判まとめ

マカン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型マカンにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは新型マカンの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

SUVマーケットは、過去にはなかった「グローバル規模のムーブメント」になっています。

欧州では小型から中型SUVが売れ、ロシアでは大型SUVが流行。

アメリカではもともとピックアップトラックが年間の総販売台数のトップになっており、SUVも追い風を受けています。

アジアの新興国では各国の道路事情にもより、SUVという共通したカテゴリーがあるわけではありませんが、富裕層が所有し始めている国が増えています。

そして世界最大の自動車マーケット、中国ではレンジローバー・イヴォーグの「コピー」に続き、ポルシェ・マカンの「コピー」が2016年11月に正式デビュー!

なんとも物臭な話題まであるSUVですが、中国では、マカンは「本物」と「コピーマカン」、どちらが多く売れるのか…話のネタが尽きないようです。

車の出来は雲泥の差であるのは間違いないのですが…

1

引用:http://img.caricos.com/2017_porsche_macan_s_uk_21.jpg


スポンサーリンク

カイエンよりも装備で充実、満足度は高い

2

引用:http://images.cdn.autocar.co.uk/sites/autocar.co.uk/files/styles/gallery_slide/public/porsche-macan-turbo-rt-0017.jpg?itok=3swRdgPk

■ダイナミックな走りはカイエン相手でも全く互角かと。

できればマカンS以上だと、ポルシェらしさが味わえます。

オートマチックテールゲートなどSUVユーティリティも、カイエン以上に充実。

実用的で大活躍です。

ランニングコストや車両プライスも断然納得のマカンですが、よく「カイエンですか?」と聞かれるのが辛いですね。

マカンはミニ「カイエン」ではないのですが…。


スポンサーリンク

4気筒でも十分スポーティな走り

3

引用:http://img.caricos.com/2017_porsche_macan_s_diesel_uk_6.jpg

■「スポーツカーじゃないポルシェなんて意味がない」という人はセレクトしないでしょうが、クルマとしての出来はさすがポルシェだと思う。

SUVとは思えないスポーティなハンドリングは素晴らしい!健在です。

アグレッシブな走りをしないなら、攻撃的な走りをしないなら4気筒で十分でしょう。

「実用性の高いポルシェ」が売りですね。

家族がいてポルシェが欲しい人でも、家族が抵抗感なく乗ってくれる車ですよ。

後席も荷室もファミリーユーザーには十分の広さを備えています。

そしてポルシェにしては価格が安いし、さらにお得な価格で中古車も買えますよ!


スポンサーリンク

GTSは面白い

4

引用:http://static.cargurus.com/images/site/2016/04/28/22/57/2017_porsche_macan_s_awd-pic-5780771739483152162-640×480.jpeg

■ GTSはPDKデュアルクラッチATを採用、スポーツカー感覚で運転できるのがいいですね。

一度SPORTボタンを押した瞬間、Porsche Active Suspension Management (PASM)固めのセッティング。

更にスポーツエグゾーストシステムのバルブが開き、アクセルを踏み込むと3000回転以上の高回転域でのシフトチェンジ。

抜群の加速感とエグゾーストサウンドで酔いしれます。

GTSの標準装備のサスペンションは、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)ショックアブソーバーの減衰力を電子制御で調整。

減衰力は「コンフォート」「スポーツ」スポーツクロノパッケージ設定には「スポーツプラス」が選択出来ます。

モードですが、次の通りです。

①コンフォートモードでは、ゴツゴツ感、突き上げ感は全く感じる事はない。

かと言ってフワフワするでもなく普通。

②スポーツモードでは、多少ハードに。ただ安定性が増し、スポーツ走行が楽しくなりますね。

ラゲッジコンパートメント下には、普段使わないけど必要な物(ブースターケーブルや三角停止表示板等)がある程度入るのでかなり助かりますね。

満足している点ですが、

①SUVなのにスポーツカー感覚を味わえること。
②BOSEとの相性がいいこと。素晴らしい重低音サウンドに感動!しました。
③ステアリングは、PCMの操作や各種設定等が出来、ハンドルに集中できます。
④オプション設定のポルシェ・ダイナミック・ライトシステムプラス(PDLS Plus)LEDは、非常に明るく、満足。

5

引用:http://s3.caradvice.com.au/thumb/960/500/wp-content/uploads/2016/07/2016-porsche-macan-gts-59.jpg


スポンサーリンク

デカい

macan-vs-q5-interior-carwow1

引用:http://photos-2.carwow.co.uk/blog/1600/macan-vs-q5-interior-carwow.jpg

■モーターショーの発表を待たずしてオーダー。衝動的に購入してしまい、試乗もしませんでした。

2年待ちの納車でしたが本当に満足感が高かったですね。

不満な点とすれば、中途半端なサイズですね。も、ポルシェだ!という威圧感がないのがよかったし、エントリーカーとしてあれこれと満足させられました。

ポルシェに乗るのは夢だったんですが、価格が価格なんで頑張って買ったんですが…やはり家族や親戚、仕事関係のこともあって、手放さざるを得ませんでした。

せっかくのマカンだったんですが…

ターボは走りに満足。燃費は走り方でなんとでもなる

6

引用:http://cdn-carwitter.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2014/05/Porsche-Macan-Turbo-Review-Rear-Angle-carwitter.jpg

■パワー感が凄いですね。さすが3.6Lのターボという感じですよ。

アクセル全開にしなくてもスピードが出ますし、感触はヌルッとした感じだったんですが、いつの間にかスピード出ている感じ。

張り付くような加速がいいですね。

カーブでは、少し《スポーツモード》にしないとやわらかい感触になります。

が、破たんする感じではないですね。4輪駆動らしく踏んで回せる。マカンを買うなら、ターボがいいと思います。ただ、ターボにするなら、カイエンも値段的に圏内に入ってきます。ハイブリッドを検討できると思いますが。問題があるとすれば、やはりボディーサイズでしょう。カイエンは大きいので…

□マカンの特徴ですが、十分車幅が大きいです(1.9mもある!)。ただ、乗り心地は《モード》で変更できるので、固くも柔らかくもできるのが面白いですね。

エアサスならもっと良いかもしれません。

燃費燃費は、乗り手によって変わるでしょうが、私の場合は、普段使いで「高速7割」「一般道3割」で10から11㎞/hです。

高速5割だと10㎞/h、一般道9割だと9㎞/h位でしょう。

アクセルの踏み方次第だと思います。

思いのほか加速性能が強いので、発進時に無駄踏みしないのが、コツですね。

■マカンの購入についてですが、一番グレードの高いものを選択するのがノンストレスだと思います。

できればターボ。

ポルシェを買う場合は、後で後悔しないような買い方が大事です。

支払い額と駐車スペースの関係で考えるといいですねエンジンがたっぷりしているので、燃費は乗り方で変わるはずですよ。

7

引用:http://cdn2.evo.co.uk/sites/evo/files/styles/gallery_adv/public/53_61p7282_5184x3456.jpg?itok=C_JKFCbm

様々な口コミがありましたが、カイエンとの比較でマカンを選んだ方が意外に少なかったようです。

なお、口コミは「goo.net」「みんから」を参考にしています。

8

引用:http://www.telegraph.co.uk/content/dam/motoring2/2015/12/01/porsche-macan-front-corner-large_trans_NvBQzQNjv4BqZgEkZX3M936N5BQK4Va8RQJ6Ra64K3tAxfZq0dvIBJw.jpg

9

引用:http://st.motortrend.com/uploads/sites/5/2016/06/2017-Porsche-Macan-GTS-Pikes-Peak-front-three-quarters-02.jpg

高級車だけあって、値引きがないポルシェ。それは本当でしょうか?

新型マカンの値引きの方法については、

「新型マカン 値引き術!」で詳しく解説しています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク