新型アウディ Q3 色・カラー紹介!人気カラーは?

Audi

新型アウディ Q3の色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型アウディ Q3の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

「Qシリーズ」と呼ばれるアウディのSUVの中で最もコンパクトな「Q3」は、今回、エクステリアの変更やパワートレインの出力をアップするマイナーチェンジが行われました。

より都会的なエクステリアとなった新型「Q3」の特徴と魅力を、ボディカラーなどを交えてご紹介します。

コンパクトなSUVをご検討中の方、必見です。







新型アウディ「Q3」ってどんなクルマ?

my17_q3_top_gallery_02.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

アウディのSUVは「Qシリーズ」と呼ばれています。

ラージサイズの「Q7」、ミドルサイズの「Q5」、そして最もコンパクトな「Q3」がラインナップしています。

全長

4,400mm

全幅

1,830mm

全高

1,595mm

という比較的小さなボディながら、大人4人が楽に座れるスペースを確保し、SUVらしく最低地上高170mmとすることで、オンロード、オフロードとわず、快適なドライビングを楽しむことができます。

駆動方式は2WD(FF)とフルタイム4WD(クアトロ)が用意され、2WD(FF)には1.4L直列4気筒直噴ターボが、4WDⅡは180psまたは220psを発生する2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンが搭載されています。

組み合わされるトランスミッションは2WD(FF)がデュアルクラッチ式の6速AT(Sトロニック)、4WDモデルにはデュアルクラッチ式7速AT(Sトロニック)となっています。

my17_rsq3_top_gallery_01_l.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアのデザイン変更とパワートレインの改良が主力となっています。

エクステリアでは、アウディのアイデンティティであるシングルフレームグリルをよりワイドになり、斜め上のフレームを幅広いラインでヘッドランプに結び付けることで、より力強い印象となりました。

さらに、フルLEDヘッドライトをオプション設定とし、ウインカーが流れるように点滅する「ダイナミックターンインディケーター」が採用されたリヤLEDコンビネーションライトともに、昼夜を問わずアウディらしさをアピールしています。

さらに、前後バンパーやアルミホイールのデザインを変更し、よりスポーティーなエクステリアとなっています。

q3_top_usp_engine[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

パワートレインは、2WD(FF)モデルでは最高出力150ps、最大トルク25.5kgmを発生する1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載し、トランスミッションはデュアルクラッチ式6速Sトロニックが組み合わされることで、JC08モード燃費17.4km/Lというクラストップレベルの低燃費を実現しています。

一方、2リッター直噴ターボエンジン「2.0TFSI」は、従来の170ps版が180psに、211ps版が220psにパワーアップされ、JC08モード燃費は前者が12.7km/Lから15.0km/Lに、後者が12.6km/Lから14.9km/Lに向上しています、

ともに、デュアルクラッチ式の7速Sトロニックと、フルタイム4WDシステム「クアトロ」が組み合わされています。

ラインナップは、1.4L直列4気筒直噴ターボと6速Sトロニックを搭載する2WDモデルとして、エントリーグレード「Q3 1.4TFSI」とスポーツシートなどの装備を備える「Q3 1.4TFSI Sport」が用意され、2.0リッターモデルでは「Q3 2.0TFSI Quattro 180ps」と「Q3 TFSI Quattro 220ps」が設定されています。

車両価格は次の通り。

■1.4 TFSI Stronic

3,690,000円

■1.4 TFSI Sport Stronic

3,860,000円

■2.0 TFSI Quattro 180ps Stronic

4,590,000円

■2.0 TFSI Quattro 220ps Stronic

5,390,000円

my17_q3_top_gallery_06.jpg.resize.maxWidth=1180[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/


新型アウディ「Q3」、ボディカラーを紹介!!

新型アウディ「Q3」には、プレミアムカラーを含む全8色が用意されています。

■ソリッドフィニッシュ

・コルティナホワイト

zie4ze

■メタリック

特別塗装色、70,000円高となります。

・フロレットシルバー

zie4ze2+

・グレイシアホワイト

zie4ze3+

・ハイナンブルーM

zie4ze4+

・モンスーングレーM

zie4ze5+

・ミストブラックM

6+

■パールエフェクト

特別塗装色、70,000円高となります。

・ミサノレッド

zie4ze7+

■Audi Exclusive

特別塗装色、320,000円高となります。

・スペシャルボディカラー

zie4ze6+

ボディカラー画像すべて引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/


アウディ・ボディカラー豆知識

my17_q3_top_usp_05[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

アウディのボディカラーについて、面白いコラムを見つけましたのでご紹介しましょう。

◆アウディのボディカラーには、色によってさまざまな名前が付けられています。

「白」だけでも、アイビスホワイト、アマルフィホワイト、カッラーラホワイト、コルティナホワイトなど、さまざまな名前があります。

この呼び名は、メーカーによっても様々で、

たとえば、一時期のランドローバーはブルーには世界の海の名前、「アトランティックブルー」、「オスロブルー」、「アドリアティックぶるー」など。

フィアットは音楽のジャンル、「ボサノヴァホワイト」、「チャチャチャ・アズール」、「クロスオーバーブラック」とか。

シトロエンはフランス語を押し通たりするので、意味が分からなかったり、「ベール・ベガ」、「ブルー・レマン」、「ルージュ・ルシフェール」などなど。

この辺りのネーミングセンスを楽しめるのも輸入車の醍醐味です。

アウディの場合は、とくに統一感やシリーズ感にはこだわりはないようですが、かなり詩的でロマンティックなものとなっています。

Q3の「グレイシアホワイト」は、ずばり「氷河」をイメージしています。

【(英)Glacia(独)Gletscher】

クールなきらめきや静かな色合いは確かに”氷河”そのものです。

2012年から登場したこのメタリックホワイトは、それまでアウディの白といえばソリッドの「アイビスホワイト」ばかりでしたが、瞬く間にボディカラーの人気トップに上り詰めました。

ちなみに「アイビス」とは「トキ」のことで、そのイメージ通りの色合いです。

「グレイシアホワイト」は、一見すると「白」にしか見えないのですが、日に当たるとメタリック粒子がきらめき、何とも上品な輝きを放つところが、人気の理由でしょう。

次々とラインナップを拡大し、今や一部の特殊モデルを除いて、すべてのアウディの代表的なカラーといえるほどの存在になりました。

街中ですれ違う白いアウディが「グレイシア」か「アイビス」なのか、皆さんもぜひあててみてください。

こんな風に車のボディカラーを見ていくと、楽しくなりますね。


失敗しない色選びのために

my17_q3_top_usp_06[1]

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

好きなクルマの色は決まっていますか。

どのメーカーに使用か、どの車にしようかも悩みますが、色も悩みますよね。

■データでみる人気カラー

世界全体では

4年連続、「ホワイト(白)が一番人気です。

日本では、

1位 ホワイト(31%)

2位 ブラック(19%)

3位 シルバー(14%)

4位 グレー(9%)

5位 ブルー(8%)

6位 レッド(6%

7位 ブラウン/ベージュ(5%)

8位 グリーン(1%)

9位 イエロー/ゴールド(1%)

10位 その他(7%)

世界全体と日本の違いは

・ブルーが人がある

・レッドは不人気

・イエロー/ゴールドは珍しい

・その他が多いので全体にカラフル

■クルマの色選びのポイント

車を購入する際、ボディの色を決めるのに迷ってしまいます。

「自分の好きな色」で決めてしまうこともありますが、ボディカラーにもメリット・デメリットや特徴があります。

選んだ色によっても買い取り額が影響することもあります・

車を購入する際の色選びのポイントをご紹介します。

◆ブラック系

zie4ze

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

水滴や泥跳ねなどの汚れが目立ちやすく、こまめな洗車が必要です。

また、傷なども目立ちやすいのですが、高級感があるので、とても人気の高いカラーです。

まめに手入れすることで一層輝きが出るカラーです。

◆ホワイト・ホワイトパール系

zie4zb

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

ホワイトは清潔感がありますが、ブラック系と同じように、汚れが目立ちやすいのがデメリットです。

とくに、パールホワイトの場合、手入れが甘いと、年月が経つと黄ばんで見えることがあります。

こまめな手入れが必要ですが、高い人気のカラーです。

膨張色なので、他のカラーよりも車体が大きく見えることが特長です。

気持ちが明るくなるなどというメンタルな面のメリットもあり、まっさらなホワイトは見た目でも新鮮です。

◆シルバー系

zie4ze

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

他のカラーに比べると、汚れや傷が目立ちにくいカラーです。

忙しくて洗車やメンテナンスなどをあまりしない方のはおススメです。

飽きがこない色なので年配層に人気があるようです。

◆赤・青・黄色などの原色系

好みが分かれるカラーですので、万人受けではありません。

買い取り時なども定番カラー(黒・白・シルバー)より価格が下がることもあるようです。

また、色あせにも気を付けましょう。

いかがでしたか。

将来車を売ることを考えているなら、その時の買取価格にも考慮して色選びすることも重要です。

人気色は、ブラック系・ホワイト系・シルバー系のようです。

しかし、必ず高額で買い取ってもらえるわけでもなさそうなので、あまり過度に反応しなくともいいようです。

クルマや家電製品など、直感で判断する人もいますが、クルマは大きな買い物です。

安易に直感で判断せず、ボディカラーもきちんと考えたうえで、候補を絞っていくことが大切です。

まとめ

my17_q3_top_gallery_01_jpg_resize_maxWidth=1180

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/

新型アウディ「Q3」には、人気の高い「グレイシアホワイト」をはじめ、シックで高級感あふれるボディカラーが用意されています。

オンロードでもオフロードでも活躍するオールラウンダーなプレミアムコンパクト新型「Q3」のスポーティーさと質感の高い風貌は、どこでも目立つこと間違いいありません。

乗るなら間違いなくこの一台です。

新型アウディQ3の値引きの方法については、

「新型アウディQ3 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にアウディQ3を購入して下さい。