新型N-BOX SLASH 色・カラー紹介!人気カラーは?

N-BOX SLASH

新型N-BOX SLASHの色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型N-BOX SLASHの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

箱形スタイルながらクーペのようなフォルムに、カスタムテイストのエクステリアと、色や素材にこだわった大胆なインテリアそしてカラーをトータルでコーディネートした、ホンダ独創の軽自動車、「N-BOXSLASH(スラッシュ)」は、ベストセラーカー「N-BOX」に続く「Nシリーズ」として好評を博しています。

そんな「N-BOX SLASH」の多彩なバリエーションをご紹介します。

軽自動車のスペシャルティカー「N-BOX SLASH」は、魅力いっぱいです。







新型「N-BOX SLASH」、その魅力に迫る

pic_design_01

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

ホンダ・「N-BOX  SLASH」は、「N-BOX」をベースに開発されたハイトワゴンタイプの軽乗用車です。

アメリカンカスタムに範をとった個性的なスタイリングで、スーパーハイトワゴンのルーフを切り詰めて全高を下げるなど、徹底したデザイン重視の「型破りな軽自動車となっています。

ターゲットは「軽に自転車を積んだりしない、スライドドアを必要としない、ファッションや音に関心のある人」としています。

ラインナップは、スタンダードな「G」、「G・Lパッケージ」、「G・ターボLパッケージ」、上級指向の「X」、「X・ターボパッケージ」を基本とし、「G・Lパッケージ」と「G・ターボLパッケージ」には、それぞれインテリアデザインにこだわり抜いた6種類の「インテリアパッケージ」が用意されています。

pic_design_03 pic_interior_diner

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

外装デザインは「BOXクーペエクステリア」をコンセプトに、ショルダーラインから上の高さを10cm切り詰めるとともに、リアに向かって緩やかに下降するルーフラインや後端を跳ね上げたガラスエリアのデザイン、ブラックアウトされたBピラー、Cピラーに隠すように供えられたリアアウタードアハンドルなどが採用され、箱形の車体でありながら2ドアクーペを思わせるスタイルとなっています。

一方、インテリアでは「プライベートブースインテリア」をめざし、室内の長さやワイド感、包まれ感などを住したデザインとなっており、ビレット調のガーニッシュやシートと同じ素材のドアライニングのソフトパッドなどによって、ベース車の「N-BOX」との差別化を図っています。

軽ハイトワゴンとしての機能性も改善が図られており、とくにリアシートについては、左右独立式の座面チップアップ&ダイブダウン機構に加え、調整幅190mmの前後スライド機構が採用され、運転に関するものとしては、イグニッション・オフやアクセル・オンに連動して作動・解除する電子制御式パーキングブレーキや、状況に応じてパ和ステアリングのアシスト量を選択できる「モード切替ステアリング」が採用され、ドライバーの負担軽減に配慮されています。

パワーユニットは自然吸気(NA)エンジン(最高出力58ps)とターボエンジン(同64ps)の2種類で、トランスミッションはともにCVTが組み合わされています。

駆動方式は2WD(FF)と4WDがそれぞれ用意され、インジェクターの改良やCVTサーモバルブの採用などにより、NAで25.8km/L、ターボで24.0km/L(ともに、2WD車、JC08モード)の優れた燃費性能を実現しています。

また、シャシーは、リアフロアまわりの補強やサスペンションのセッティング、より径の大きなリアダンパーなどの採用により、操縦安定性と乗り心地の改善が行われています。

ボディカラーは、新色「シャイニンググレー・メタリック」、「クリスタルブラック・パール」を含む全9色のモノトーンと、同じく新色「シャイニンググレー・メタリック&ブラック」、「クリスタルブラック・パール&ホワイト」を含む全16色の2トーンカラーが用意されています。

pic_style_diner_01 (2)

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

人気の「インテリアカラーパッケージ」については、50年代、60年代のアメリカンスタイルをイメージしたと言われ、カリフォルニアの道路沿いにあるダイナーレストランをイメージした「ダイナースタイル」、ハワイの海岸線の明るくさわやかな空気感を表現した「グライドスタイル」

ジャズやブルースが流れるライブハウスをモチーフにした「セッションスタイル」、50年代、60年代のアメリカの雑貨や家電などをイメージした「ブライトロッドスタイル」、ブラック基調のむき出しの金属調のシルバー加飾で各部をコーディネートした「ストリートロッドスタイル」に加え、グリーンを基調にオレンジのアクセントを取り入れた「トレッキングスタイル」が新たに設定され計6種類が用意されました。

img_sound_mapping

もう一つ大きな特徴と言えるのが、上級グレードの「X」、「X・ターボパッケージ」に作用された「サウンドマッピングシステム」です。

このシステムは4つのケプラーコーンスピーカー(17cm×2、12cm×2)と4つのアルミドームツィーター、サブウーファー、360wのMOS-FETパワーアンプを組み合わせたもので、「N-BOX SLASH」に合わせ、0.1db単位でのチューニングやスピーカーレイアウトの最適化が行われています。また、軽自動車の限られたスペースで迫力ある重低音再生を実現するため、バックロードホーン型サブウーファーを運転席と助手席の間に装備しています。

さらに、さらに音質にこだわるユーザーのために、ドアパネルやドアライニングなどの不要な振動を低減するデッドニングキット「ピュアサウンドブース」を開発し、ディーラーオプションとして用意されています。

グレード構成の車両価格は次の通りです。

pic_style_trekking_01

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

◆G

2WD

1,320,000円

4WD

1,450,000円

◆G・Lパッケージ

2WD

1,360,000円

4WD

1,490,000円

◆G・Lインテリアカラーパッケージ

2WD

1,470,000円

4WD

1,600,000円

◆G・ターボLパッケージ

2WD

1,575,000円

4WD

1,705,000円

◆G・ターボLインテリアカラーパッケージ

2WD

1,580,000円

4WD

1,710,000円

◆X

2WD

1,600,000円

4WD

1,730,000円

◆X・ターボパッケージ

2WD

1,710,000円

4WD

1,840,000円

新型「N-BOX SLASH」、ボディカラー紹介!!

39_l

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

ここでは新型「N-BOX SLASH」のボディカラーバリエーションをご紹介します。

■モノトーン

・プレミアムホワイト・パールⅡ

特別塗装色、32,400円高となります。

pic_premium_white

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・シャイニンググレー・メタリック

pic_shining_gray

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・クリスタルブラック・パール

pic_crystal_black

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・ミラノレッド

pic_milano_red

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・プレミアムディープモカ・パール

特別塗装色、32400円高となります。

pic_premium_deep_mocha

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・プレミアムイエロー・パールに

特別塗装色、32,400円高となります。

pic_premium_yellow

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・プレミアムピンク・パール

特別塗装色、32,400円高になります。

pic_premium_pink

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・アッシュグリーン・メタリック

pic_ash_green

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・サーフブルー

pic_surf_blue

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

■2トーンカラー

・プレミアムホワイト・パールⅡ&ブラック

特別塗装色、81,000円高になります。

pic_premium_white_black

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・プレミアムホワイト・パールⅡ&レッド

特別塗装色、81,000円高となります。

・シャイニンググレー・メタリック&ブラック

特別塗装色、59,400円高となります。

pic_shining_gray_black

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・クリスタルブラック・パール&ホワイト

特別塗装色、59,400円高になります。

pic_crystal_black_white

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・ミラノレッド&ホワイト

特別塗装色、59,400円高となります。

・ミラノレッド&ブラック

特別塗装色、59,400円高になります。

pic_milano_red_black

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・プレミアムディープモカ・パール&ホワイト

特別塗装色、81,000円高になります。

pic_premium_deep_mocha_white

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・プレミアムディープモカ&ブラック

特別塗装色、81,000円高になります。

・プレミアムイエロー・パール&ホワイト

特別塗装色、81,000円高になります。

pic_premium_yellow_white

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・プレミアムイエロー・パール&ブラック

特別塗装色、81,000円高になります。

・プレミアムピンク・パール&ホワイト

特別塗装色、81,000円高になります。

pic_premium_pink_white

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・プレミアムピンク・パール&ブラック

特別塗装色、81,000円高になります。

・アッシュグリーン・メタリック&ホワイト

特別塗装色、59,400円高になります。

pic_ash_green_white

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・アッシュグリーン・メタリック&ブラック

特別塗装色、59,400円高になります。

・サーフブルー&ホワイト

特別塗装色、59,400円高になります。

pic_surf_blue_white

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

・サーフブルー&ブラック

特別塗装色、59,400円高になります。

タイプによって適用が設定されていますので、ご注意ください。

人気のカラーはどうでしょう。

第一位

クリスタルブラック・パール

第二位

プレミアムホワイト・パールⅡ

第三位

サーフブルー

というデータが出ていました。

→ 新型N-BOX SLASHを値引きから更に50万円安く買う方法!

まとめ

07_l[1]

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

クルマ選びも迷うところですが、クルマのカラー選びにも大いに迷います。

そんなときの参考にどうぞ。

●ブラック系

高級感はありますが、雨上がりの水滴や洗車の水あと、ワックスの吹き残し、泥跳ねなどの汚れや傷が目立ち安いカラーです。

こまめに洗車する必要がありますが、一番輝いて見えます。

車を売る時などは、査定額が高くなることもあります。

●ホワイト・ホワイトパール系

一番無難で清潔感もあり、流行り廃りがありません。

ただし、ブラック系と同じように、水アカや汚れが目立ちやすいので、こまめに手入れすることが大事です。

黒と同じように、売る時にも人気があります。

●シルバー系

汚れや傷が目立ちにくく、あまり洗車など手入れをしない人には向いています。

また、飽きがこない色なので、日本以外でもホワイトとともに人気が高い色となっています。

●赤・青・黄色などの原色系

個性的で、好き嫌いがはっきり分かれるカラーです。

いかがですか。

新型「N-BOX SLASH」には、モノトーン全9色、2トーンカラー16色が用意されています。

あなたならどのカラーを選びますか?

参考サイト

http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

http://www.webcg.net/