新型ポルシェ 718 ケイマン/718 ボクスター 値引き術!

718

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ポルシェ 718 ケイマン/718 ボクスターの値引き方法について情報をまとめました。

新型ポルシェ 718 ケイマン/718 ボクスターはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

新型ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターの値引きはゼロ?

img_faf0c594d8c0cdf85329d16a5c4ea259197106

引用:http://www.webcg.net/articles/-/35386

「ポルシェは値引きをしない」という噂がまことしやかに囁かれていますが、これは果たして真実なのでしょうか。

結論から申し上げると「当たらずとも遠からず」ということになります。つまり全く値引きをしないといえば嘘になりますし、かといって値引きが期待出来るかといえば決してそうではない、ということです。

これは718ケイマン/718ボクスターにも同じことがいえます。

今回複数のポルシェディーラーに718ケイマン/718ボクスターの値引き状況を確認しましたが、どこも「値引きはしていません」という回答でした。

本気で購入する姿勢を見せて交渉に臨めば数万円程度の用品サービスくらいは何とかなりそうな雰囲気を感じるところもありましたが、基本的には「718ケイマン/718ボクスターの値引きはゼロ」と思っておいた方がよさそうです。

20150625132332Xmi3uLsCch

引用:http://autoc-one.jp/dealer/search/pr*-ci*-maPORSCHE-mo*-et*/

そもそも新車販売における値引きとは、競合他社の車よりも良い条件を提示することによって購入を後押しするパターンと、あくまでも顧客に対するサービスの一環で気持ちばかりの値引きをするパターンとにわかれます。

ポルシェのようなプレミアムスポーツカーはほとんどのケースで指名買いされます。つまり718ケイマンであれば「718ケイマンが欲しい!」と思ってディーラーに来るお客さんが買うわけです。

ディーラーとしてはこのようなお客さんにわざわざ値引きをする必要はありません。基本的には言い値で買ってくれるからです。

また「値引き販売をすればブランドイメージが落ちる」という点も無視出来ません。ポルシェのようなブランドにとってブランドイメージはある意味生命線なので、「値引きをしてでも売ろうとするポルシェ」という風評が立つことは避けたいところでしょう。

ただ、同じディーラーでポルシェを何台も乗り継いでいるようなお客さんには感謝の意味も込めて多少の値引きをするケースもあるようです。

新車でポルシェを何台も乗り継ぐということは間違いなく懐に余裕のあるお客さんで、恐らくポルシェだけではなくメルセデス・ベンツもBMWもフェラーリも買うことが出来るはずです。

そのような「上得意様」が他社のディーラーに流れてしまっては困るので「通常は値引きをしないポルシェですが、あなた様には特別に値引きをさせていただきます」という優越感を味わわせる意味も含めて値引きをするわけです。

筆者の知り合いには今まで3台ポルシェを乗り継いで「1台めは値引きゼロ、2台めが10万円程度の値引き、3台めが30万円程度の値引き」と買う度に値引き幅が拡大した、という人がいます。

やはりディーラーとの付き合いがある程度長くなると値引き幅は大きくなるようです。ただしその間の点検や車検などは全てディーラーで行っているということも忘れてはいけません。

それでも、新型ポルシェ 718ケイマン/718ボクスター安く買いたい、という方は、ぜひこちらを参考にしてください。

→ 新型ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

スポンサーリンク

新型ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターを安く買う裏ワザ

ad22ec7c3b

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/196294/blog/38201451/

あまり値引きが期待出来ない718ケイマン/718ボクスターですが、それでも「どうしても値引きをしてもらってお得に買いたい!」という方に、上記の方法以外で1つお勧め出来る裏ワザ的な方法があります。

それは「デモカー落ちの車を買う」という方法です。

デモカーとはディーラーの店頭で展示されていた車両や、試乗車として使われていた車両のことです。

o0640048012248304270

引用:https://ameblo.jp/trkh26000a/entry-11385385767.html

デモカーはどのディーラーでも必ずといっていいほどありますが、いつまでもずっと使い続けるわけではありません。マイナーチェンジや年次改良があったり、デモカー自体が劣化したりすれば新しいデモカーとの入れ替えが行われます。

お役御免になったデモカーがどうなるかというと、ディーラー系列の中古車店などで格安で販売されたりするわけですが、その前に入手してしまおう、というのがこの方法になります。

もちろんディーラー系列の中古車店の在庫をこまめにチェックしていれば運よく買えることはあると思いますが、デモカー落ちの車は中古車というよりも新車に近く、非常に人気が高いので右から左へ売れてしまうことが多いです。

そのためあらかじめディーラーの営業マンに「718ケイマン(ボクスター)を新車で買いたいと思っているが予算的に少々厳しいので、もしも安く買えるようなデモカー落ちの車両が出たら連絡をして欲しい」と頼んでおきます。

ただし1度頼むだけではダメです。営業マンも忙しいので忘れてしまうこともあるからです。

出来れば月に1回くらいはディーラーが忙しくなさそうなタイミングを狙って直接出向いて確認をするようにしましょう。熱意が伝われば「そろそろ○○店の試乗車が入れ替えになるかもしれません」のような情報をもらえることがあります。

IMG_3956

引用:http://fmmie.jp/wp/yukaNakamura/2016/11/21/%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C%E5%94%AF%E4%B8%80%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%80%90%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7/

この方法のデメリットとしては「グレードやトランスミッション、ボディカラーやメーカーオプションなどに選択の余地がない」ということが挙げられます。

スポンサーリンク

ポルシェでも大幅値引きを勝ち取れるチャンスは・・・ある!

23_porsche-718-boxster-s

引用:https://gqjapan.jp/car/review/20160426/porsche-718-boxster/page/3

「デモカー落ちの車両が出て来るのを待てない」「やっぱり手垢のついていない真っ新の新車がいい」という人も多いと思います。

実は新車のポルシェをそこそこ値引きしてもらってディーラーから購入する手として「フルモデルチェンジ直前のモデル末期のポルシェを買う」という方法があります。

例えば718ケイマン/718ボクスターは2015年12月に発表され、2016年に発売が始まりましたが、718ケイマン/718ボクスターの発売が確定的になったところから981ケイマン/981ボクスターは少しずつ値引き幅が拡大していきました。

最終的には20万円台、30万円台の値引きはザラで、中には50万円を超える値引きが出たという話しもありました。

これは要するに近い将来に旧モデルとなってしまう現行型の在庫を一掃してしまおう、ということです。

すぐに型落ちになってしまうというデメリットさえ受け入れることが出来れば、お得な条件で新車のポルシェに乗ることも夢ではありません。

Lgazo1

引用:http://www.carsensor.net/shop/fukuoka/200916012/#contents

ただし718ケイマン/718ボクスターのフルモデルチェンジはまだ先だと思われますので、この手を使えるのはしばらく経ってからになりそうです。

スポンサーリンク

ディーラー以外でポルシェの新車を買うのはあまりお勧め出来ない

img_f647d51dddd736ed016724d7e28cf913107951

引用:http://www.webcg.net/articles/-/35457

718ケイマン/718ボクスターに限らず、ポルシェの新車を安く買えるところを探していると「新古車販売店」を標榜しているようなお店で走行距離数キロ、あるいは数十キロ程度の「ほぼ新車」のポルシェを販売しているのを見かけることがあります。

このようなお店は「安く買える」「短納期で買える」という点がメリットですが、ポルシェを購入するお店としてはあまりお勧めすることは出来ません。

というのも、ポルシェの整備には高度な専門知識が必要だからです。

つまりポルシェの整備に必要な専門機器が揃えられていて、メーカーによる十分なレクチャーやトレーニングを受けている正規ディーラーの整備士による整備が最も安心で信頼出来ます。

PC3-d01bc

引用:http://997porschelife.blog.so-net.ne.jp/2009-05-10

正規ディーラー以外のお店の整備士による整備が必ずしもダメだというわけではありません。中にはディーラー並み、あるいはディーラー以上の整備が出来るお店もあると思います。

しかしそのように信頼の出来るお店を見つけるのは中々骨が折れますし、必ずしも自宅の近所にあるとも限りません。

「自分自身が整備士並みに車に詳しい」「ポルシェに精通している友人がすぐ近くにいる」という場合はあまり心配ありませんが、そうでない場合やポルシェを初めて買うという方であればなおさら、新車のポルシェは正規ディーラーで買った方が無難です。

新型ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターの値引きのまとめ

img_d005bb6a27c0d1c29007768049b3fb6873335

引用:http://toyokeizai.net/articles/-/129867?page=2

以上、718ケイマン/718ボクスターの値引きに関する情報をまとめてみました。

「出来れば1円でも安く買いたい」という気持ちはわかりますが、正直なところポルシェは値引きをしてもらって買う車ではないと思います。

そもそもディーラーに値引きをしてまで売ろうという姿勢が見られませんし、そのような中で値引きを迫るというのはディーラーにしてみれば「招かれざる客」ということにもなりかねません。

ポルシェのような車は調子が悪くなったり故障したりした時に、近所のガソリンスタンドやオート○ックス、イ○ローハットのような場所で見てもらうわけにはいきません。簡単なはずのヘッドライトバルブやワイパーゴムの交換ですら腫物に触るかのように断られてしまいます。

つまり普通の国産車以上にディーラーと付き合う回数が多くなり、密度も濃くなります。

購入後にディーラーと良好な関係を維持するためにも値引きを無理強いするようなことは避けるべきです。

それでもどうしても安く買いたい、という方はこちらの記事でご紹介した方法を参考にしてみて下さい。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク