新型アテンザ 納車ブログまとめ!

アテンザ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型アテンザの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは新型アテンザの納車に関するブログのデータをまとめています。


スポンサーリンク

新型アテンザの納車にかかる期間

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/accessories/?link_id=sbnv

新型アテンザの納期(納車までにかかる期間)について複数のディーラーに確認をしたところ、2018年7月の段階で「おおむね2カ月から3カ月程度」となっています。

現行型となる3代目アテンザがフルモデルチェンジを受けたのが2012年なので、既にモデルライフが6年目に突入しています。しかし2018年5月に大幅改良が発表され、6月21日に発売されました。

これを受けてそれまでは1カ月程度で納車されていた新型アテンザの納期が、少しずつ伸びてきているようです。

今後自動車雑誌によるレビューやオーナーによる口コミが広がってくると人気が高まってさらに納期が延びる可能性があります。


スポンサーリンク

新型アテンザは何が変わったのか

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/accessories/?link_id=sbnv

現行型となる新型アテンザは2012年の登場以来、2013年に「一部改良」、2014年に「大幅改良」、2016年に「商品改良」、2017年に「商品完了」、2018年に「大幅改良」をしています。カッコ内はマツダが公式発表に用いている文言をそのまま用いましたが、今回の改良も「マイナーチェンジではなくあくまでも大幅改良である」としています。

これは「マイナーチェンジ」という言葉から連想されるような「小規模な改良」と捉えられるのは嫌だ、ということでしょう。

そして今回の大幅改良の内容を見ると、マツダがマイナーチェンジという言葉を嫌うのが理解できるような改良が行われています。

最も大きな改良はガソリン仕様の2.5Lエンジンに気筒休止技術が追加されたこと、クリーンディーゼル仕様の2.2Lエンジンに急速多段燃焼技術が採用されて最高出力が11kW(15PS)、最大トルクが30N・m(3.1kgf・m)向上されたことでしょう。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/driving/skyactiv/#gasoline

気筒休止技術はアウディなどでも採用されていますが、これは一定速度で巡航している際などにエンジンに4つある気筒のうち2つの気筒を休止させて2つの気筒のみで走行をすることによって、燃料を効率良く使って燃費を向上させようという技術です。

走行状況によって2気筒と4気筒が自動で切り替わるわけですが、新型アテンザはドライバーがその切り替わりを意識することがないほど、スムーズに切り替えが行われます。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/driving/skyactiv/#gasoline

一方クリーンディーゼルエンジンに採用された急速多段燃焼技術ですが、こちらは少量の燃料を多段かつ高圧で微細分霧化して気筒内に噴射するというものです。

これを実現させるために新たに「段付エッグシェイプピストン」「超高応答マルチホールピエゾインジェクター」を搭載し、燃料を効率よくきれいに燃やすことを可能にしました。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/driving/skyactiv/

引用:引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/driving/skyactiv/

加えて車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」の一部を採用し、サスペンション構造の変更や車体パネルの新開発や板厚向上なども行われています。これによって操縦安定性や乗り心地、静粛性のアップが実現しています。

引用:http://www2.mazda.com/ja/next-generation/technology/

つまりエンジンとプラットフォーム、足回りに手がつけられたというわけで、確かにこれは一般的なマイナーチェンジの枠を超えていると言っても過言ではないでしょう。

また先進安全装備のi-ACTIVESENSE関連ではアドバンストSCBSに夜間歩行者検知機能が追加されてさらに安全性が向上しています。

この他外装や内装などにも小変更が加えられています。


スポンサーリンク

新型アテンザのいち早く納車してもらうには

引用:https://www.webcartop.jp/2016/07/45282

多くの方が「注文した新車は1日も早く納車して欲しい!」と思うでしょうが、原則として新車は注文を受けてから工場で生産が行われるので最低でも納車までに1カ月程度はかかってしまいます。

人気があって注文が殺到していたり、メーカーの生産計画を上回る注文が来ている場合、部品の調達に時間がかかっている場合などはこの納期が2カ月、3カ月になることもあります。

新車の納期は3カ月以内に収まることが多いですが、メーカーが完全に需給予測を見誤った場合や工場が地震や台風などの自然災害の影響を受けた場合は例外的に半年近くの納期になることもあります。ただしこれは例外的なケースとなります。

購入者レベルで納期をコントロールすることは非常に難しいですが、わずかながら購入者の努力で納期を短縮できる余地があります。

それは「営業マンとの関係を非常に良好に保っておくこと」です。

浪花節かつ極めてアナログ的な手法といえますが、営業マンと良好な関係を築けているか否かは確実に納期に影響を与えます。

まず基本的に、工場での生産からディーラーに車が届くまでの流れはどうしようもありません。しかしその後の作業、たとえばディーラーで取り付けをするオプションやアクセサリーの取り付け作業や、ナンバーを取得するための登録作業はディーラーの営業マン次第で納車までの日数を短縮することができます。

ナンバー取得にはまず車庫証明書が必要となりますが、これに必要な日数は(地域によって多少変わりますが)4日程度です。ただし間に土日や祝日を挟むとその分伸びます。出す日や時間帯によって発行までの日数は変わるわけです。

車庫証明書が出来上がれば陸運事務所で登録を行いナンバーを発行してもらえますが、午前中に警察署で車庫証明書を受け取ってその足で陸運事務所に行けば当日中にナンバーがつきます。

しかし後日陸運事務所に行くと少なくとも1日は余分にかかってしまいますし、ディーラーがある程度の台数をまとめてナンバー取得をしようと考えると1週間や10日登録作業がストップすることもあります。

そのため営業マンと良好な関係を築いた上で「とにかく納車は早くして欲しい」とお願いしておくことによって、これらの登録作業やディーラーの工場で必要な作業などを他より優先的にやってもらえる可能性が高くなるわけです。

別に営業マンに愛想を振りまく必要まではないと思いますが、過度な値引き要求はしない、折れるところは折れる、今後の点検整備や車検はディーラーに出すことを暗に匂わせる、といった点で営業マンにとっての「上客」でいる心掛けはしておいて損がないと思います。

そのような人間関係が理由で作業や整備の順番が前後することは非常によくあります。


スポンサーリンク

「登録済未使用車」を狙うという手も!

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/accessories/?link_id=sbnv

新型アテンザをどうしても短納期でゲットしたい場合、「登録済未使用車」を狙うという手があります。

登録済未使用車とは何らかの理由で登録、つまりナンバーが取得されたものの、使用されていない車のことです。

このような車はディーラーが販売台数を稼ぐために「自社買い」をして自社名義で登録、ナンバーを取得した後に中古車市場で売却をする場合によく出ます。

ディーラーが利益度外視でこのようなことを行うのはメーカーから販売台数に応じて支払われる「販売奨励金」が目的と言われています。

「今月あと○台売れば販売奨励金がもらえる」となった時、「あと○台」を埋めるために自ら買い、後に中古車市場に放出をするわけです。ディーラーは赤字を被る可能性がありますが、それ以上に販売奨励金を受け取れるメリットの大きいということでしょう。

事情はどうあれ、一度はナンバーがついたものの「ほぼ新車」が中古車市場に出るということは、「ほぼ新車」がごくわずかな納期で買えるということなので、新型アクセラの納車まで何カ月も待てない、という人にとっては見逃せません。

登録済未使用車か「カーセンサー.net」などの中古車販売サイトで簡単に見つけることができます。

本稿執筆時点では大幅改良直後のため新型アテンザの登録済未使用車はありませんでしたが、同じマツダのCX-8は何台もありました。

引用:https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU8121561597/index.html?TRCD=200002

なお登録済未使用車とは別ですが、ディーラーの展示車や試乗車がディーラー系列の中古車店に並ぶこともよくあります。展示車や試乗車は定期的に入れ替わるので、営業マンに「展示車や試乗車が流れる時には教えて欲しい」と頼んでおくのも良いでしょう。

なお展示車や試乗車も中古車販売サイトで見つけることができます。

引用:https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU8060622512/index.html?TRCD=200002

これはとあるマツダディーラー系の中古車店で売られている大幅改良前のアテンザセダンです。下部にハッキリと「当社で使用の試乗車になります」と明記されています。

2018年式で車検が2021年2月までなので、2018年2月に登録されて数カ月しか使用されていなかったことになります。恐らく大幅改良を受けて入ってくる新型アテンザの試乗車と入れ替わりということでしょう。走行距離もたった38kmですし、条件さえあえば非常におすすめといえます。

ただし登録済未使用車や展示車上がり、試乗車上がりは全国どこでも出てくるわけではありません。中古車販売サイトで検索して出てきたものが自宅からはるか遠い場所、ということもよくあります。そのような場合、アフターケア等を十分に受けられない可能性があるので、無理して買うべきではありません。

新型アテンザは納車までの期間を楽しみに待つのがおすすめ!

引用:http://matsushima-hd.co.jp/group/shop_info.html

ここまで新型アテンザの納車、納期についてご紹介しました。

納車までの期間は短いに越したことはありませんが、まっさらな新車を買う以上は多少の期間待たされるのは仕方のないことです。そのため、個人的には諦めてじっくり待つことをおすすめします。

一旦割り切ってしまえば納車を待つ間の時間も楽しい時間になり得ます。新車でのドライブやドレスアップの計画を練ったりするのは新車の納車を待つ者の特権とも言えます。

登録済未使用車などを探すのも悪くありませんが、これらは「一点モノ」なので、必ずしも自分の求める条件にピッタリと合致するとは限りません。たとえばグレードやメーカーオプションなどが合致しても、自分が欲しかったボディカラーでないと、購入してから後悔することになったりします。

ぜひとも心とスケジュールに余裕を持って新型アテンザを購入するようにしたいものです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク