新型クラウン 色・カラー紹介!人気カラーは?

クラウン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型クラウンの色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型クラウンの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。


スポンサーリンク

標準色+特別色

新型クラウンには、標準色と特別色(オプションカラー)が設定されています。

オプションカラーの”プレシャス”は、顔料の一部にアルミ片を採用。アルミ粒子の並び方を整える技術により、明暗のはっきりした立体感が表れる塗装となっています。

ホワイトパールクリスタルシャイン:37,800円

トヨタ車の定番、ホワイトパールクリスタルシャイン。光沢を放つのは”マイカ(雲母)”という鉱物素材を塗料に含んでいるため。中古車での人気も高いのが、この色。

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

シルバーメタリック

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

プレシャスシルバー:54,000円

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

プレシャスガレナ:54,000円

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

ブラック

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

プレシャスブラックパール:54,000円

ホワイトとブラック、シルバーは定番の人気色。このプレシャスブラックパールは存在感が高く、一番人気になるかもしれない。

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

ダークブルーマイカ

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77


スポンサーリンク

インテリアカラー

インテリアのうち、シートやドアパネルなどは”本革”、”ブランノーブ+合成皮革”、”ファブリック”の3種類設定です。
※ブランノーブとは、ヌバック(皮革をヤスリ掛けして気起毛させる)調のファブリック素材。

注目は、センターコンソールやダッシュボードでの”赤色の木目調”がなくなったこと。シニアオーナーには絶大の人気だった木目の風合いですが、カーボン調と本杢(黒系)になりました。

キャデラックやメルセデス・ベンツ、レクサスに比べて落ち着いた印象のインテリアですが、”色気を出さない”伝統的な色彩や趣向は変わっていません。

色は

本革:ブラック、ホワイト
ブランノーブ+合成皮革:ブラック、ブラック&テラロッサ
ファブリック:ブラック、ブラック&テラロッサ

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=79

テラロッサとは?

テラロッサとは、イタリア語で”赤い土”。石灰岩の中の炭酸カルシウムが溶け、残された鉄分が酸化して赤い色となります。↓ワインやオリーブが育ちやすい土壌のひとつです。

引用:http://www.hotelroomsearch.net/im/hotels/at/terra-rossa.jpg

ブラック(シートは本革)

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=79

ホワイト

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=79

旧型クラウンアスリートのホワイトシートはこうだった

下は、旧型で特別仕様車アスリート“ReBORN PINK”のインテリア。プロデュースはテリー伊藤氏。新型はホワイト部分が少なく、あっさりした印象。

引用:http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/08/image/nt13_047_02_L.jpg

ブラック&テラロッサ(シートはブランノーブ+合成皮革)

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=79

↓新型クラウンの注目インテリアは、色合いだけではない。ボタン操作の”手触り感”や、ノブの感触、ステアリングの握りなど、手にする全てで作り込みが一新されている。

短い試乗ではなかなか分かりにくい部分だが、ディーラーでよく説明を受けると納得できるだろう。

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=34

ニュートラルベージュ

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=80


スポンサーリンク

JAPAN COLOR SELECTION PACKAGE:108,000円

JAPAN COLOR SELECTION PACKAGE……日本の季節感を表現したカラーリングを特別に設定。(RS-B、Bを除く)

●ボディーカラー+インテリアカラーのパッケージ:108,000円
○ボディーカラー+スタンダードカラーの設定:108,000円
のどちらかをセレクトすることが可能です。

紅(クレナイ)

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

夜霞(ヨガスミ)

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

碧瑠璃(へキルリ)

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

茜色(アカネイロ)

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

翡翠(ヒスイ)

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

天空(ソラ)

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

インテリアカラー・赤

JAPAN COLOR SELECTION PACKAGEのボディーカラーとインテリアカラーの組み合わせは自由にできます。

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

インテリアカラー・青

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

インテリアカラー・こがね

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=77

□◆◇□□◆

新型クラウンのボディーカラーとインテリアカラーをまとめました。エクステリアの変化は、やはりサイドビューでのCピラーでしょう。

ですが、実車を目にすると細身で美しいボディラインが理解できるはず。落ち着きのあるインテリアは伝統的なクラウンそのものですが、JAPAN COLOR SELECTION PACKAGEを選択できるなど、楽しみがいっぱいのセレクトが可能ですね!

引用:https://toyota.jp/catalog/crown_main/book/#target/page_no=24

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク