新型CX-30 値引き術・口コミ・燃費・納車や試乗、車中泊の情報!

CX-30

この記事では、新型CX-30の口コミ、燃費、納車情報、試乗レビュー、値引き方法などの情報をまとめています。







新型CX-30の口コミ評価 評判まとめ

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/41214#image-2

こちらでは新型CX-30の口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

新型CX-30は2019年9月20日に予約受注の開始が始まりました。

そのためこの記事を書いている2019年9月末の時点では当然納車が始まっておらず、実際に購入した人からの口コミ、評価・評判を聞くことはできません。

そこで今回は新型CX-30を見た人、予約を入れた人などからの口コミを集めてみることにしました。

マツダCX-30シグネチャースタイル。 カッコ良し。大人4人に十分な居住性。運転席からの視界良し。値段は安くはないけどこの値段でこの完成度の車って他にある? サイズ的に個人的関心は低めでしたが、予想以上に良さそうな車でした。予約注文された方は大正解でしたね。正直うらやまです!笑

個人的にかなり気になってたマツダCX-30の展示会初日に行ってきました。
白(ホワイトパール)のCX-30の現物見たかったので、置いてあって嬉しい〜
やっぱり現物は美しかったです。
車は10年ローンで買って3年で乗り換えがコスパ良いということに気づき、実践しております。

Twitterで、レアなCX-30のシグネスチャースタイルがあると聞き、 広島 マツダ 宇品本店に、CX-30見に行ってきた!! かっこよかったぞ!! 内装の色がネイビーでかっこよかった!!!

マツダCX-30シグネチャースタイルを見てきました。エクステリアはとにかくカッコよい。 気になるリアシートの足元スペースは身長175センチの私が運転席にポジションを合わせた状態で全く問題無し。最低地上高175mmと丁度良い高さで乗り降りし易く視界ヨシ。こりゃ売れるぞ!

CX-30の特別内見会に行ってきました。注目度も高くかなりの客で賑わってました。ソウルレッドもいいけどポリメダルグレーもいい感じ。さて…どうする!?

CX-30見てきました! シグネチャースタイルかなりカッコ良かった

なんとディーラー外に市販仕様Lパケディーゼルの展示も。

エンジン掛けさせて頂きました。

Q2に近いサイズ感で内外装の質感も高くこりゃ人気出そうです

ネット上の口コミではエクステリア(外装)デザインがカッコいい、という声が非常に多く聞かれました。

口コミ内に「シグネチャースタイル」という言葉がよく出てきますが、このシグネチャースタイルというのは先日発売されたマツダ3で登場したエアロパーツのアクセサリーパッケージを指します。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/accessories/

マツダ3のシグネチャースタイルはフロントアンダースカート、リヤルーフスポイラー、サイドアンダースカート、リヤアンダースカート、BBS鍛造アルミホイール、ドアミラーガーニッシュで構成されています。

新型CX-30の発表会で展示された車両には新型CX-30専用のシグネチャースタイルのエアロパーツが装着されていましたが、このパッケージは2020年1月頃に投入予定とのことです。

引用:https://twitter.com/hamaji36/status/1175330899895803904/photo/1

そのため今マツダの公式サイト上の新型CX-30のページやカタログを見てもシグネチャースタイルの掲載はありません。

マツダ3でもシグネチャースタイルの評判が非常によいので、新型CX-30でも登場が待たれるところです。さすがにメーカーが開発した純正エアロパーツは車自体のデザインと非常に親和性が高いと思います。

なお新型CX-30のサイズ感ですが、簡単にいうと「CX-3よりは大きく、CX-5よりは小さい」ということになります。実際のボディサイズも新型CX-30の全長と全幅はCX-3とCX-5の中間です。

ただしエンジンやプラットフォームなどはCX-3、CX-5と何ら共通していません。新型CX-30とプラットフォームを共有しているのは何を隠そうマツダ3です。

新型CX-30とマツダ3はプラットフォームのみならず、さまざまな部品を共有しています。そのためイメージとしては「マツダ3のSUVバージョン」という見方もできるかもしれません。


新型CX-30の燃費紹介!

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/41214#image-5

こちらでは新型CX-30の燃費に関するデータをご紹介します。

メーカーが公表している新型CX-30の燃費は以下のとおりです。

車種CX-30 ガソリン仕様CX-30 クリーンディーゼル仕様
燃料消費率(WLTCモード)14.8-16.2km/L18.4-19.2km/L
燃料消費率(WLTC-Lモード)11.7-12.7km/L15.5-16.1km/L
燃料消費率(WLTC-Mモード)14.8-16.5km/L18.5-19.3km/L
燃料消費率(WLTC-Hモード)16.7-18.2km/L20.0-20.9km/L

燃費に幅がありますが、ガソリン仕様の良い方の燃費は4WD&6EC-ATのものです。逆に悪い方の燃費は2WD&6MTの燃費です。

これは書き間違いではありません。

一般的に2WDよりも4WDの方が燃費が悪く、MTよりもATの方が燃費が悪いものです。しかし新型CX-30のガソリン仕様では燃費が悪いはずの4WDかつATのモデルの燃費が良くなっています。

クリーンディーゼル仕様も良い方の燃費は4WD、悪い方の燃費は2WDです。

納車がまだ始まっていないので実燃費に関する口コミが出ていないですが、このようなカタログ燃費が公表されている以上、新型CX-30の購入を検討している人は「4WDは燃費が悪いから避ける」のような考え方は持たない方が良いでしょう。

なおガソリン仕様とクリーンディーゼル仕様の比較ではクリーンディーゼル仕様の燃費の方が良くなっています。ただしガソリン仕様とハイブリッド仕様ほどの差はありません。

ガソリン仕様とクリーンディーゼル仕様は、同一グレード間では約28万円の価格差があります。

コストパフォーマンスを重視する人は燃費差と価格差、そして燃料費(レギュラーガソリンor軽油)の差、そして年間走行距離と次回乗り換えまでの年数などを総合的に考慮するようにしてください。


新型CX-30 納車ブログまとめ!

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/41214#image-6

こちらでは新型CX-30の納車に関するブログのデータをまとめています。

前述のように新型CX-30は2019年9月20日に予約受付が始まりました。正式な発売日は2019年10月24日が予定されています。

納車予定について複数のマツダディーラーに確認をしたところ、最速で予約を申し込んだものが早ければ10月末に間に合うかどうか、というところで、本格的な納車は11月中旬頃から始まるとのことでした。

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/2702654/blog/41634562/

今後全国のマツダディーラーで本格的に展示発表会が開催されると思いますが、それを見て、実車に試乗してからの購入、ということになると、2019年中の納車は厳しいかもしれません。

一般的に新車の納期は3カ月以内と言われていますが、予約受注状況が好調であればその分以降の受注分の納期は時間がかかります。発表を受けての新型CX-30の評判はとても良いので、一時的に人気が集中することが予想されます。

今後の状況次第ではありますが、購入を考えている人は早めに申し込みをした方が良さそうです。

なお新車の納期をグッと短縮するための裏ワザとして「登録済未使用車を狙う」という手があります。

登録済未使用車とは、主にディーラーが販売成績を上げるために自社買いした後に中古車市場に放出された車を指します。中古車情報サイトで「〇〇(車名) 登録済」などと検索すればヒットします。

引用:https://www.carsensor.net/usedcar/detail/VU2177783434/index.html?TRCD=200002

新型CX-30の登録済未使用車は発売前のためまだ出ていませんが、たとえばマツダ3で検索するとこのように出てきました。こちらの車は登録済未使用車である旨が明記されています。

走行距離は20km、次回車検は2022年7月なので2019年7月に登録されたことがわかります。20kmの走行距離は恐らくマツダディーラーからこの販売店へ自走で回送されたためだと思われます。

また、展示車や試乗車として使われていたものが流通することもあります。

引用:https://www.carsensor.net/usedcar/detail/VU2138638502/index.html?TRCD=200002

こちらはマツダディーラーで販売されているものですが、「試乗車アップのお車でございます」と明記されていました。走行距離は5km、次回車検は2022年5月なので登録は2019年5月です。試乗車の割に5kmという走行距離は少な目ですが、逆に言えばお買い得です。

展示車や試乗車はこのように市場に流通する前に顧客に販売されてしまうことも多いです。欲しい人はディーラーの営業マンに「展示車や試乗車を処分する時は教えて欲しい」と声をかけておくようにしましょう。


新型CX-30の試乗レポートまとめ!

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/41214#image-10

こちらでは新型CX-30の試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

この記事を書いている時点で新型CX-30の展示車、試乗車はまだ全国のディーラーに出回っておらず、締め切りまでに筆者自身による新型CX-30の試乗がかないませんでした。

そこで今回は各メディアに掲載されている新型CX-30の海外モデルの試乗記事を引用させていただくことにしました。

CX-30のインテリアは、シンプルながら質の高い横基調のインパネ周りがマツダ3譲りだ。だがCX-30では家族で乗る事をイメージ。安心感を与える、包み込むような空間を演出した。

クラフトマンシップにもこだわり、アッパーのステッチやインテリアカラーはマツダ3以上にこだわっている。上級仕様に採用されるリッチブラウン内装もいいが、個人的には普及モデルに採用されるネイビーブルー内装がこれまでのマツダにないモダンな印象で、CX-30の世界観に合っているように感じた。

居住性に関しても妥協はない。どの国の人でも乗りやすいヒップポイントや、マツダ3より短いホイールベースながらフロアを下げ、シートバックのトルソ角を立てた上に、アップライトなポジションとするなど様々な工夫を加えることで、後席は身長183cmの乗員を乗せることが可能な空間までカバーした。

ラゲッジルームは家庭環境の変化に対応できるスペースを目指し、大型ベビーカーも収納可能な十分なスペースの確保はもちろん、リアゲート開口部や開口高さなども考慮されている。(MOTAより)

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/grade/

新型CX-30のインテリア(内装)デザインはシンプルで、奇をてらったものではありません。目新しさはないですが誰もが違和感なく使え、機能性に優れていると思います。

内装色は最上位グレードの20S L PackageとXD L Packageはリッチブラウン(シート素材はパーフォーレーションレザー、カラーはブラック/チャコールもしくはピュアホワイト)となりますが、それ以外のグレードは上記画像のようなネイビーブルー(シート素材はクロス、カラーはブラックもしくはクレージュ)となります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/grade/

居住性については発表会に参加した人によると「身長175センチの自分が運転席に座った状態でも後席の足元に余裕があった」とのことでしたので、後席の実用性はそれなりに高そうです。

スカイアクティブ・ヴィークル・アーキテクチャーでは人間の能力を最大限に活かせるクルマが目指されているが、それはmazda3やCX-30ではシートに表れている。腰掛けると自然と骨盤を立てた状態になるようになっており、これによってドライバーは身体の重心のバランスが取りやすく、自然と頭部を安定させられるようになっているという。歩いたり走ったりするときに無意識に身体のバランスを取っているのと同じように、運転中もGの移り変わりなどに対応できるよう考えられているのだ。サポート性能などではなく、そういった人間研究からシートを科学していく例はあまり他に見たことがない。たしかにCX-30を試乗していると、クルマを運転している自分がとても自然体でいられるような気がしてきた。とくにハンドリングの俊敏性が凄いとか、安定感がずば抜けているなどと強い印象を受けないのだが、自然とクルマと一体になれている。無意識のうちに上手に運転できているのだ。(グーネットより)

「スカイアクティブ・ヴィークル・アーキテクチャー」とはマツダの次世代車両構造技術で、人間が本来持つバランス保持能力をドライビング中に発揮できることを目指したものです。

引用:https://www.mazda.com/ja/innovation/technology/skyactiv/

シートやボディ、シャシーからタイヤにいたるまでを、個々のシステムではなく全体の構造(アーキテクチャー)を通じてコーディネートすることによって有機的に連携させよう、つまり「究極の人馬一体感」を出していこう、というところを目指しています。

では走り出そう。まず走行中の室内静粛性が高い。ドイツには速度無制限のアウトバーンがあるが、160km/h強という速度で巡行できるし、この時の風切り音が背の高いSUV(といっても1550mmを切っているけど)としてはトップクラスの低さ。ロードノイズもしかりで、100km/hを超えても音質の変化が速度上昇に対してゆっくり。このあたりはMAZDA3に準じている。ベースは同じだから当たり前といえば当たり前。ただ、ロードノイズは少しだけCX-30の方が大きいと感じた。この静粛性に関してはガソリンもディーゼルも共通している。特にディーゼルはボディそのものの遮音&遮振動が功を奏している。減衰節という、振動エネルギーを熱エネルギーに変換して収める最新技術が投入されているのだ。

このアウトバーンでの高速走行で感じたのは直進性の確かさだ。4輪の接地感が高く160km/hレベルでも安心して巡行でき、過剰なステアリングのカチッと感がなく、でも少々路面が荒れていようがしっかりと自立直進する。とにかく、高速での安心感が高い。サスペンションはMAZDA3よりもバネレートを硬くしているもののロールは10%増えているとのことだが、その後の100km/h制限の田舎道で試したコーナリングではまったく不安ナシ。ハンドリングはシャープでもなくスローでもない、ナチュラルなものと表現しておこう。とにかく今あるマツダ車の中でいちばん自然体で何も考えなく操作できる。1番近いのがロードスターの廉価バージョンだろうか。

このフィーリングにはシートも一役買っている。シートもMAZDA3からの流用だがSUV用に若干手が加えられている。骨盤の上下部、大腿部で骨盤をしっかりと立て、シートバック上部で胸部重心を支えることで脊柱のS字カーブを維持できる構造をとっている。実はCX-30から降りた時に腰痛持ちのボクの腰が軽かった。それもそうだが、レーシングドライバーとしてはシートの優劣がラップタイムに影響することを熟知しているから、このCX-30のシートは優秀だ。自然に感じ、恐怖を感じさせないハンドリングの一部はこのシートのおかげだろう。

トランスミッションの多段化が進む中6速ATとはどうかな? という心配をしたが、24VのマイルドハイブリッドながらSTOP&GO、低中速加速でしっかりヘルプがあり、10%以上の急坂が続くホテルの周囲も難なくこなしトルク不足は感じない。こちらはATだったこともあり、そのマネージメントもマッチしていた。逆に1.8ディーゼルの方は(6速MT)、極低回転域のアクセル反応にファジーな部分があるのが少し気にかかる。しかし、中速域のトルク感はディーゼルらしい太さで心地よい。今回MAZDA3で試乗したSKYACTIV-Xエンジンもラインアップされる予定だが、売れ筋はこの1.8ディーゼルにATとなるだろう。ATであれば極低回転域の遅れるようなフィーリングはかなり相殺されるのではないだろうか。(Car Watchより)

実は新型CX-30の全高の1,550mmというのは大きな意味を持ちます。

それは1,550mm以下であれば多くの立体駐車場に駐車することができるからです。

引用:https://autoprove.net/column/stuff-blog/126888/

そしてこちらの試乗レポートでもシートの出来の良さに言及されています。シートの生地やクッション素材が云々という話しではなく、シートそのものの作りと、アクセルペダルやブレーキペダル、ステアリングやシフトノブなどの操作系との位置関係が非常に絶妙に作られている、ということだと思います。

なお文中に「マイルドハイブリッド」という言葉が出てきますが、これは「SKYACTIVE-X」と呼ばれるマツダの次世代ガソリンエンジンを搭載したグレードのことで発売は2020年1月になる予定です。

静粛性についてですが、筆者がマツダ3に試乗した時もまさに同じような感想を抱きました。これはプラットフォームも含めた部品の多くをマツダ3と共用しているのである意味では当たり前ですが、マツダ3の静粛性は完全に1クラス上のものだと感じさせられました。

新型CX-30がマツダ3と同等レベルの静粛性だとすると、このクラスのファミリーカーとしてはライバルに対してかなり優位に立つと思います。

新型CX-30の車中泊アイテム!

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/41214#image-13

こちらでは新型CX-30の車中泊の様子と主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

新型CX-30は「CX-5より大きくCX-5より小さい」というボディサイズですが、CX-3の後席シートを前に倒すと以下のようになります。

引用:https://recharge-house.com/mazda-cx-3-shachuhaku/

この状態で奥行は1,800mm程度です。ただし前席を1番前に出した上で前席との間の隙間を何かで埋める必要があります。

このくらいの奥行があれば大人1人が体を横にして寝ることは可能です。

横幅は約1000mm程度なので、大人2人が横に並んで寝ることも不可能ではないですが、全高がそれほど高くないので多少息苦しさを感じることになると思います。

CX-3の室内長は1,810mmですが、新型CX-30は1,830mmと20mm長いです。そのため新型CX-30でもCX-3同様に車中泊は可能であると考えられます。

ちなみにCX-5の室内長は1,890mmで、新型CX-30よりも60mm長くなります。車中泊のことだけを考えるとCX-5の方がややおすすめ、ということになるでしょう。

新型CX-30の値引き術!

引用:https://clicccar.com/2019/09/21/913222/mazda_cx-30_2019920_11/

新型CX-30はどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

新型CX-30は現在予約受注中という段階で、発売は10月24日の予定です。そのため値引きは「基本的にゼロ」という状態です。

ただしマツダディーラーの営業マンによると「車両本体からの値引きはまだできないが、オプションやアクセサリー(特にアクセサリー)からの値引きで誠意を見せたい」とのことでした。

そのためここ1カ月以内に購入予定という人は比較的高額なアクセサリーを注文して、そこからの値引きを期待するのがよいと思います。

なおどんな新車でも発表直後は値引きゼロ、発売開始後から少しずつ値引きが拡大していき、3カ月程度経てばそれなりに引かれる、というステップを踏みます。

そのため新型CX-30も時間が経てば値引き幅は確実に拡大していくでしょう。値引き額にこだわるのであれば、2020年3月の決算期商戦をめどにじっくりと作戦を立てて購入することをおすすめしたいと思います。この頃になれば値引き額も大きくなっていますし、決算期は普段よりさらに値引き額が大きくなるので買いやすいです。

新型CX-30のライバルはトヨタC-HR、ホンダヴェゼルあたりになります。この2車種と値引き条件を競合させる作戦は有効です。

また運営会社が異なるディーラー同士を競合させる手も使えます。東京都内のマツダディーラーは「株式会社関東マツダ」と「東京マツダ販売株式会社」の2社が存在しますが、この2社はライバル関係にあるので、それぞれの営業所で見積りをとって競合させましょう。

そしてマツダディーラーの中には「マツダオートザム」という看板を掲げているところがありますが、オートザム店は比較的大きな値引きが出やすい傾向にあります。

引用:https://www.goo-net.com/usedcar_shop/0300218/stock.html

自宅の近所にある場合は交渉してみるとよいかもしれません。