メルセデス・ベンツ Aクラス エコカー減税他自動車税まとめ!

Aクラス

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



メルセデス・ベンツ Aクラスのエコカー減税情報が公開されています。

こちらではメルセデス・ベンツ Aクラスのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

翌年にかかる自動車税についても紹介しています。各自動車税の内容については、ページ下部をご確認ください。


スポンサーリンク

メルセデス・ベンツ Aクラスの税金について

街路樹の下で

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

日本での税金は、主に4種類あります。そのうち、メルセデス・ベンツに関係してくるのは、次の3つになりますので参考にしてくださいね。

  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 自動車税

製造メーカーが海外でも、日本で税金がかかることは国産車と同様です。時々、海外だからと心配してしまう人がいらっしゃいますが、いくらメルセデス・ベンツであっても日本で販売されていて、日本で乗る車ですから国内での課税となるのです。

そうだとしても、初めての人にとっては、つい「海外の車だから」とディーラーへ出向いて行く時に、緊張してしまう気持ちはすごく分かる気がします。

ヤナセの思い

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

初めてのことは、どんなことでも不安になってしまうことでしょう。しかし、メルセデス・ベンツのAクラス購入に関して言うと、基本的には手続きを始めとして税金に関しても国産車と同じなので、難しいことなんて何一つありませんから安心してくださいね。

また、これらについては、1つずつ見ていきましょう。

自動車取得税

走行中のパープル?

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

自動車取得税というのは、新車を購入したときor新車登録をしたときにかかる初めの税金のことです。これも、「2017年4月1日以後に取得する自家用自動車(新車に限る)の取得税」という形で国土交通省のHPにある通り、これからメルセデス・ベンツ Aクラスにも適用となります。

例えば、A250  SPORTでは、自家用の場合、下記のようになります。

  • 自動車取得税 ➡ 20%減税

つまり、この時の自動車取得税は、19,500円の減税となるのです。これだけでも経済的な負担が軽くなってきますよね。

エコカー減税

エコカー減税・重量税の新制度

引用:http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000028.html

エコカー減税とは、環境性能に優れたクルマに対する自動車税、自動車重量税、自動車取得税が軽減される優遇措置のことです。

これらは車種やタイプ、また駆動方式や装着するオプションによっても適用される内容は異なってきますので、その辺りは気を付けていきましょう。

国土交通省によると、一定以上の「排気性能」と「燃費基準」を満たしたクルマを対象とした免税・減税制度をエコカー減税と呼んでいます。つまり、環境に配慮した車ほど税金を安くしてあげますよって国が言ってくれているわけです。

車の税金の軽減に関しては、エコカー減税の他に自動車税のグリーン化特例などがありますが、今回のAクラスは対象外となっているためエコカー減税に関してのご説明だけにいたしますね。

A 180 AMG Styleで見るエコカー減税

  • 自動車取得税 ➡ 約17,400円 20%の減税

これだけ減税してもらうと、家計の方に少し回せそうだとか、次の税金へ回そうとか女性は考えてしまうし、男性でしたら友人と食事に行こうとか考えたくなってしまいますね。

次の重量税で、エコカー減税の全体的なものが見えてくると思いますので、お伝えいたします。

自動車重量税

Aクラスの減税

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

実は、この自動車重量税というのは、エコカー減税に大きな影響を与えるものなんです。

これも国土交通省のHPにより「平成29年度税制改正に伴う自動車重量税の税額の基本的な考え方」として、次のような条件があるのです。

  • 平成29年5月1日~平成30年4月30日までに新車新規登録等を行う場合

つまり、これからメルセデス・ベンツ Aクラスを購入するためにディーラーに行く人は該当するわけですよね。条件としては、エコカー減税対象車に該当していることなんですが、その詳細は、下記のようになります。

  • 免税対象車 ➡ エコカー減免適用 免税
  • 75・50・25% 軽減対象車 ➡ エコカー減免適用 (本則税率から軽減(1回限り))

そうすると、メルセデス・ベンツ Aクラスの場合には、重量税で25%の減税になるので、下記のようになります。

  • 自動車重量税 ➡ 約5,700円 25%の減税

このようになるので、これらを合わせた金額が減税となります。

  • 減税額の合計 ➡  約23,100円

つまり、合計で23,100円の減税となったわけです。せっかくこのような制度があるのなら、利用した方がずっとお得になりますね。

毎年掛かってくる自動車税

自動車税に関しては、地方税にあたるので住民票がある市町村の役所から毎年5月以降に通知が来るので忘れないように支払いましょう。

そして自動車税は、クルマの総排気量で決まっているので、1,595cc程度のAクラスの場合には、次のようになります。

  • 総排気量1.5リットル超2リットル以下 ➡ 39,500円

同じメルセデス・ベンツでも、こうして総排気量により異なることがあるので、すべてが同じというわけではないので、税金の額では気を付けたいですね。

ちなみに軽自動車税は、決まっていて一律、乗用5ナンバーの場合は、7,200円となっています。ただし、これは税金の改正によって時折変わってくるので情報を集めておくのも大切ですね。

新型メルセデスベンツAクラスの値引きの方法については、

「新型メルセデスベンツAクラス 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にメルセデスベンツAクラスを購入して下さい。


スポンサーリンク

メルセデス・ベンツのAクラス 特徴

走行中のシルバー

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

他のクラスとの異なる点は、後のハッチバックがあるか否かということらしいです。確かに大きな違いとしては分かりやすいですね。

そのAクラスの特徴は、何といっても価格が298万円からとメルセデス・ベンツの中では、1番手に届きやすい車種であると同時に、AMGといった世界最高峰の技術を持つといったことが挙げられます。

元々、ドライバーの安全を1番に技術開発をしてきたメルセデス・ベンツですので、ドライバーの安全確保はもちろん、同乗している乗員の安全と周囲の安心を同時に確保するといった技術が積み込まれているのです。

強い7G-DCT

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

変速ギアをあらかじめ準備するというデュアルクラッチ機構を採用していることでAクラスのスポーティな走りを可能にしているんですね。

AMGの機能をみても分かるように、AMGチームが開発初期から携わったという「A 250 SPORT(シュポルト)でさえも、495万円という驚きの低価格で世界中のメルセデス・ベンツ ファンに喜びを与えている点は、すでに社会貢献のようです。

安全性と走行性能を持ち合わせる

万が一の衝突に際しては、シートがドライバーを包み込むように体の負担を吸収することや、開放感が魅力のパノラミックスライディングルーフには、挟み込み防止機能を付けるなど、安全性には手を抜かないメルセデス・ベンツの技術が安心です。

それでいて、SPORTつまり、シュポルトはMercedes-AMGの手が加えられたスポーティーでダイナミックな走りを見せてくれるモデルの開発など、惜しみなく走りの性能を上げているのが分かりますね。

Aクラスの燃費と環境性能

A250スポーツ   マウンテングレー

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

欧州つまり、ヨーロッパ地方では日本よりも環境や福祉に対する考えが町中に浸透しているようです。自立心が高い人たちが多いのでしょうから、日本人も見習っていきたいものですよね。

先ほどのエコカー減税でも、触れたように地球の環境を考えるといった取り組みは、もはや人類の義務といっても過言ではないようです。

そこに関する技術となる燃費性能も、いち早く進めたところがメルセデス・ベンツの凄いところでもあります。


スポンサーリンク

メルセデス・ベンツの値引きはどうする?

6.A180スポーツ

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

メルセデス・ベンツと聞くだけで、高級車を購入するといった意識があるせいか「値引きを交渉しても良いのかな?」と悩んでしまう人も少なくないようです。

高級なイメージのあるメルセデス・ベンツですが、誰もが「出来れば値引きを大きくしてほしい」というのが本音ですよね。

では、その本音を叶えるための情報を少しご紹介いたします。

値引きがない?

ショールーム

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

基本的に、メルセデス・ベンツでは大きな値引きがないと考えておきましょう。もちろん、販売店の状況や担当者の営業成績によっても、若干の差はあるのが普通です。

国産車との違いがあるという意味については、メルセデス・ベンツの生産状況や輸入状況、販売店の目指している目標数などによって異なるということです。

ただ、そうはいっても、ある程度の値引きの限界というのは存在しているようですので、値引きがあっても10万円程度があれば良しとするイメージですね。

営業の人たちも、値引きをしてほしいと考えている人たちと同じように、日々試行錯誤しているはずですので、ネットの情報も知っているでしょうから、全く同じセリフを言っても効果が少ないことが予想されます。

では、最後にどうするかといえば、やはり自分の愛車を信じることですかね。自分で思うより、あなたの車を欲しがっている人が、この日本にはたくさんいると考えてみると可能性の広さが分かると思います。

具体的には、買い取り専門店で自分の愛車を買い取ってもらうということになります。試しに、いくつかのお店で買い取り査定をしてもらうと、今の自分の愛車の価値が分かってくるでしょう。

その価値が大きいほど、新車購入時の値引き額が大きくなったと同じ効果が出てきます。下取りで、10万円を安くしてもらうより、買い取ってもらって数倍大きな数字になる方が嬉しいのが正直な気持ちではないでしょうか。

自分の愛車にもう一度、活躍する場面を作ってあげるつもりで、買い取り専門店へ買い取ってもらうのも、素敵なお別れですよね。


スポンサーリンク

エコカー減税のまとめ

走行中のブラック

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

では、今日のまとめをしていきましょう。

  • 輸入車でも基本的には手続きも税金に関しても国産車と同じなので安心
  • 2017年4月1日以後の自動車取得税は20%の減税となっている
  • 総排気量ごとに異なる自動車重量税は25%の減税となるので約5,700円の節税となる
  • Aクラスの特徴はベンツの中でも手が届きやすい低価格とAMGといった世界最高峰の技術を持つこと
  • 買い取り専門店で自分の愛車を買い取ってもらうと下取りよりお得な場合も多くある

今日は、みんなの関心ごとであるお金の話を中心にお話してきましたが、みなさんもこれを機会に節税しながら新しいカーライフを始めてみてはいかがでしょうか。今日も安全運転で楽しいカーライフを送れるように願っていますね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク