新型XV(2017年) 色・カラー紹介!人気カラーは?

photo9

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型XV(2017年)の色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型XV(2017年)の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。


スポンサーリンク

新型XVのボディカラー全色紹介

20170420-20103181-carview-003-1-view

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20170420-20103181-carview/photo/4/#contents

2017年に登場した新型XVには全部で9色のボディカラーが用意されています。

ボディカラー
クールグレーカーキ 01gray
サンシャインオレンジ 02orange
ピュアレッド 03red
クォーツブルー・パール 04quotesblue
ダークブルー・パール 05blue
クリスタルホワイト・パール 06white
アイスシルバー・メタリック 07icesilver
ダークグレー・メタリック 08darkgray
クリスタルブラック・シリカ 09black

以下に全9色を1つずつご紹介していきましょう。

■クールグレーカーキ

photo_001

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

クールグレーカーキは新型XVで新たに追加された新色となります。

スバルではこのボディカラーを新型XVのイメージカラーとして位置づけているようで、新型XVが正式発表されたジュネーブモーターショー2017でも登場した他、各種カタログやポスターなどでもよく取り上げられています。

戦闘機をイメージして作られたボディカラーとのことで、かつては世界有数の航空機メーカーであった中島飛行機をその源流に持つスバルならでは、と言えるかもしれません。

実際の色味はウェブやカタログで見るよりも鮮やかで、明るめのボディカラーとなっています。

■サンシャインオレンジ

photo_002

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

サンシャインオレンジもクールグレーカーキと共に新型XVで新たに追加された新色となります。

先代のXVではタンジェリン・オレンジパールというボディカラーがありましたが、メーカーの当初予想に反してかなりの人気を集めていたようです。

そのため今回のフルモデルチェンジに合わせて色味を多少リニューアルしての登場と相成りました。

タンジェリン・オレンジパールに比べると多少オレンジの色味が薄くなったような印象を受けます。

目が覚めるような明るいオレンジですので、アウトドアシーンにはぴったりと合うと思います。

■ピュアレッド

photo_003

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

サンシャインオレンジと並んで派手めのボディカラーとなりますがフェラーリの赤のような非日常的な赤ではなく、あくまでも日常の風景の中に自然に溶け込む赤、といった感じです。

フロントバンパー下部からフロントフェンダー、ステップ、リヤフェンダーを通ってリヤフェンダーにかけてのブラックとのコントラストは非常に見栄えが良いと思います。

サンシャインオレンジに乗る勇気はないけど少し派手なボディカラーに乗ってみたい、という方におすすめです。

■クォーツブルー・パール

photo_004

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

新型XVに用意されているブルー系のボディカラーはこのクォーツブルー・パールとこの後にご紹介するダークブルー・パールの2色となりますが、クォーツブルー・パールの方が薄めのブルーとなっています。

ダークブルー・パールはいわゆる紺色に近い色味となっていますが、クォーツブルー・パールはひと言で言い表すのが難しいちょっと変わった色味と言えます。

ブルー系のボディカラーが好みだがありきたりのブルーにはもう飽きた、という方にはいいかもしれません。

■ダークブルー・パール

photo_005

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ダークブルー・パールは先ほどもご紹介したように紺色に近い色味ですが、パールが入っているせいかそれほど暗く重たい印象はありません。

後にご紹介するダークグレー・メタリックと並んでXVのボディカラーのラインナップの中では最も地味なものだと思いますが、ボディカラーであまり目立つのは嫌だ、という方におすすめです。

■クリスタルホワイト・パール

photo_006

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

2016年末に先行してフルモデルチェンジが行われた現行型インプレッサスポーツでは1番人気と言われているのがこのクリスタルホワイト・パールです。

恐らく新型XVでも大人気のカラーとなることが予想されます。

クリスタルホワイト・パールは特別塗装色で32,400円プラスとなります。

■アイスシルバー・メタリック

photo_007

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

アイスシルバー・メタリックはここ数年のスバル車ではよく設定されているボディカラーですが、車種ごとに色味が微妙に異なります。

ボディラインや照明の影響で違ったように見えるということもあると思いますが、微妙に塗料の配合が異なっている場合もありますので、先入観だけで決めない方が良いと思います。

基本的にはいわゆるシルバーですが、多少青みがかっているところがあります。

■ダークグレー・メタリック

photo_008

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

「グレー」と謳ってはいるものの、限りなくブラックに近い色味です。

ただブラックはどうしても威圧感を与えてしまいがちですし、汚れや傷が目立ちやすいということで敬遠する方も少なからずいます。

ブラック系が好みだけどブラックそのものは嫌だ、という方にはこのダークグレー・メタリックがおすすめです。

■クリスタルブラック・シリカ

photo_009

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

クリスタルブラック・シリカはいわゆる黒ですが、ベタっとしたソリッド系の黒ではなく透明感があって光り輝くような黒となっています。

きれいな状態であれば非常に美しい反面、ほこりや雨跡などの汚れが目立ちやすいです。

ガラス系のボディコートを施さないと汚れとの戦いになってしまうかもしれません。

車のメンテナンスに手間と時間をかけられる方には向いていますが、出来るだけ手間も時間もかけたくない、という方はこのボディカラーを選ばない方が無難だと思います。

以上がXVに用意されているボディカラー全9色となります。


スポンサーリンク

新型XVの内装色

20170420-20103181-carview-033-1-view

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20170420-20103181-carview/photo/34/#contents

新型XVの内装色は選択の余地はなく、カラーは基本的に全てブラックとなっています。

ただしシート材質はグレードによって多少異なっているため「全て同じブラック」ということではありません。

まず1.6Lエンジンを搭載する1.6i EyeSightと1.6i-L EyeSightですが、シート材質(メイン/サイド)は「トリコット/トリコット」となります。

sheet

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/grade/grade.html#grade1

2.0Lエンジン搭載グレードですが、2.0i-L EyeSightは「2.0i-L EyeSight専用トリコット/トリコット(オレンジステッチ)」となります。

sheet (1)

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/grade/grade.html#grade3

1.6Lエンジン搭載グレード同様「トリコット/トリコット」ではありますが、完全に同じではなく生地の色味が微妙に異なっている上に目地も細かくなっているように思います。

その上オレンジステッチが入るので多少スポーティーな印象を与えています。

2.0i-S EyeSightは「2.0i-S EyeSight専用トリコット/トリコット+合成皮革(オレンジステッチ)」となります。

sheet (2)

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/grade/grade.html#grade4

こちらはメイン部分のシート材質はトリコットのみですが、サイド部分はトリコットに加えて合成皮革が使われています。

トリコットも1.6Lエンジン搭載グレードや2.0i-L EyeSightとはやはり多少違ったものになっており、同じトリコットでもグレードことに差異をつけているのがわかります。

また、シート材質とは別に内装のパネル部分が1.6Lエンジン搭載グレードでは黒いカーボン調、2.0Lエンジン搭載グレードではダークシルバー金属調となっています。

パネル部分はあくまでも内装の一部でしかなく全体の印象を左右するほどではありませんが、「よく見ると微妙に違う」ということになります。


スポンサーリンク

新型XVの人気カラーのまとめ

20170420-20103181-carview-004-1-view

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20170420-20103181-carview/photo/5/#contents

以上、新型XVのボディカラーについてご紹介しました。

XVに限らずスバル車のボディカラーというのは他メーカーにはない独特の色合いを持つものが多く、ウェブやカタログで正確な色味を伝えるのが非常に難しいです。

そのため気になるボディカラーは必ずディーラーへ出向いてご自身の目で実車を確認するようにして下さい。

また過去や既存のスバル車と同じボディカラー名であっても、新型XVに使われているボディカラーと全く同一とは限りません。そのため必ず2017年に登場した新型XVの実車で確認することをおすすめします。

こだわりの色を決めたら、後はできるだけ安く、新型XVを購入したいと思います。

新型XV、購入時の方法については、「新型XV(2017年) 値引き術!」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう