新型カローラ アクシオ 口コミ評価 評判まとめ

carlineup_corollaaxio_gallery_03_lb

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型カローラ アクシオにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは2016年の新型カローラ アクシオの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ 2016年 口コミ・評判

1966年にトヨタから発売されたカローラ、改良を続けて時代と共に進化して、今、11代目の後継新型カローラアクシオが、大衆車として、その地位を不動のものとしました。

トヨタではハイブリッド性能の優れている、プリウスやアクアの売り上げが目立っていますが、じつはカローラアクシオも売れているのです。

累計生産台数4,000万台、日本国内では1,000万台を達成しました。

axio092

引用:http://gazoo.com/car/topics/keyperson_interview/Pages/corollafielder_corollaaxio_150403.aspx

流行りのSUVでも、コンパクトワゴンでもない、オーソドックスなクルマがカローラ アクシオなのです。

新型カローラ アクシオには、さまざまな口コミが寄せられていますので、見ていきましょう。


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ、満足派の口コミ

axio093

引用:http://gazoo.com/car/topics/keyperson_interview/Pages/corollafielder_corollaaxio_150403.aspx

・前のモデルから一新して、ヨーロッパチックな外観。

・ダッシュボードが86と共用なのが驚き(笑)最近のトヨタは共用するのがモチベーションなのか??本革ステアリングのグリップ感も良く手に馴染みやすい。

・ボンネットが(少しですが)視界に入るので見やすくなった。

・運転席にもゆとりがあり快適でした。

・値段の割にはやや高級感がある。ただ夫婦向けの車だと思います。

・窓枠やドアトリムがフラット形状なので、同乗者は自然に肘をかけられる

・リヤワイパーが装着できるようになった

・同価格帯のコンパクトカーにありがちな、段差での「突き上げ」が少ない

・トランクが大きいので、下手なハッチバック車より荷物が積める

・ノーマルなら個人的にはオール4ですかね。
自分好みに弄っている今ならオール5です( ‘艸`*)

axio094

引用:http://gazoo.com/car/newcar/salespoint/Pages/corollaaxio_150330.aspx

・電源ソケットが移動。その結果、助手席運転席間の移動が、前よりは容易になっている。

・走り出しが前のアクシオとは明らかに違う。

前の、あの巡航速度に近くなるとガクッと回転数が下がるのがなくなった。

力強くかつマイルドな感じが続く。高速走行も問題なし。

・全長を前より5センチ縮めた効果は確かに感じられる。狭い場所での取り回しができるのだ。(これは前アクシオとの比較である)

・うまくまとめていると感じています。
おそらく、この価格帯だと、見栄え、燃費、パワー、室内の広さなど、平均的な日本人向けのベストバイを目指して作られたのかなと感じられる良く出来たクルマと思います。

・燃費がいい、条件が良ければリアルにリッター20㎞/Lが狙えるので良いと思います

・わずか1.3Lですが、大人3人+旅行バッグという積載量でも力不足を感じることはありませんでした。

ただし、そのぶん回さなければなりません。

出だしはかったるいけど、速度が乗れば機敏になる小排気量バイクのような印象です。

axio095

引用:http://gazoo.com/car/newcar/salespoint/Pages/corollaaxio_150330.aspx

・ハンドリングは至って素直で機敏すぎず重鈍でもないです。3人乗車でRのきついカーブを曲がってもよれそうにならなかったので、サスペンションもそこそこ動いてくれている気がします。

・レンタカーで数日間かけて800km前後走行した印象ですが、大きな不満を感じさせない日本の道路環境にマッチした自動車だと思います。

走行性能も一部で酷評されるような低レベルな出来栄えには感じません。何かに秀でたものを求めなければ、「買って失敗!」ということはないでしょう。

・営業マンが使うみたいにチープなインテリアなんだろうなぁーと思ってたら意外と悪くなかったです。
もちろんプラスチックな面がたくさんありましたが、それを感じさせない作りでした。

・先代はシートが厚めでしたが逆に乗りづらく今のは乗りやすいです。

axio096

引用:http://gazoo.com/car/newcar/salespoint/Pages/corollaaxio_150330.aspx

・アクセルは先代は変な制御で事故るんじゃないくらい乗りづらかったが、今のは改善されてます。

・無難。普通。特に特徴がない、だがそこが良い。

・実用上は一番バランスが良いかも。知らないうちに120km/hまでは出る。

また、非常に静かで普段走る分にはエンジン音はあまり気にならないレベル。

・車の車幅感覚がわかりやすく世界で支持されている理由が良く分かる。

・シンプルで操作しやすいですね。

シートの座り心地もいいです。

また視界が良く死角が少なく非常に運転しやすいです。

axio097

引用:http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2015/05/RES_250246.aspx?MAKER_CD

最近の車はデザイン重視で車としての基本的な部分、安全に直結する部分が失われてるように感じますが、この車は基本に忠実だと感心しました

・1300ccであまり期待してなかったですが十分です。

4気筒エンジンなので振動も少なくしっかり低速でもトルクが出ているので六甲から舞鶴まで山越えしましたがパワー不足で困る場面はなかったです。


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ、不満足派の口コミ

・後部座席がちょっと狭いかも。

・自分の身長は171cmですが、後部座席に座ると天井に頭が当たり、無理な姿勢になるので、実質乗れない(前席は問題なし。もちろんワゴンタイプのフィールダーは後部座席でも全く問題ありません)

・収納スペース(カップホルダー等)が、シフトレバー奥やパーキングブレーキ横など、「同乗者が手を伸ばしたとき、わざわざ運転者の操作の妨げになる位置に」設置されている。

・自分は小さい頃からカローラで育ってきたので、カローラは嫌いではないのですが、残念ながら「ファミリーカー」には不向きだと思います。

axio098

引用:http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2015/05/RES_250246.aspx?MAKER_CD

・スマートキーやアイドリングストップなど、今時あって普通の装備があえてオプションなのも、シニアオーナーに違和感を感じさせないためなのかな?

・ただ、ドリンクホルダー位置やシュガーソケットの位置が最悪です。

・眼前の布貼りの部分は少々ホコリが目立つ。ここの掃除は面倒そうだ。

・昔からトヨタのクルマに感じますが、ハンドリングやブレーキに不感帯があって、美味しい領域が私には使いにくいのです。

今回のカローラでは、それがアクセルにもありました。

・初CVTとコーナーでの唐突なロールに当初は戸惑いました。

・パワーはありません。ただ、街乗りには十分なのでは?

・ハンドルが軽く小回りはよく効くがそれが逆に高速域では不安定ぎみかも。

axio099

引用:http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2015/05/RES_250246.aspx?MAKER_CD


スポンサーリンク

新型カローラ アクシオ、売れているわけ

1.デザインがスポーティになった

2.内装に高級感が出た

3.燃費が良くなった

4.全長が短くなったため小回りが利くようになった

5.TOYOTA SafetySenseCが搭載された

新型カローラ アクシオのオーナー層は、40代から50代。

ハッチバックには乗りたくないけれど、クラウンのような大きなセダンはもういい、という堅実派だといえます。

だからといって、アクアは小さすぎるし、プリウスは価格がワンランク上です。

axio0100

引用:http://springgarden-web.com/voice2009.html

スポーツカーのような走りを求めるのでなければ、燃費よく乗りやすい、昔からの1.5Lセダンがちょうどよくなってくるのでしょう。

年をとるほどに、小さな車に乗り換える傾向があるというところへ、カローラのダウンサイジング化の戦略が功を奏したのです。

自動車販売協会連合会によると2015年、ビッグマイナーチェンジをした、カローラアクシオは、プリウスの売り上げをぬいているのです。

axio091

引用:http://toyokeizai.net/articles/-/84539

これは、プリウスがモデル末期であったことと、カローラにはフィールダ―とルミオンが含まれていることが要素となっているのですが、カローラアクシオは法人やレンタカー会社などから多く購入されていて、カローラ全体の売り上げをけん引しているのです。

売れている、そのことが新型カローラアクシオの出来上がりの良さを証明しています。

セダンの人気は落ちていますが、中高年に未だに支持を集めているのはセダン、そしてカローラです。

購入時には、できるだけ安く購入したいですね。

新型カローラアクシオの値引きの方法については、

「新型カローラアクシオ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にカローラアクシオを購入して下さい。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう