新型パジェロ スペックまとめ!

パジェロ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型パジェロのスペックが公開されています。

こちらでは新型パジェロのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

オフロード走破性では抜群の性能を誇る三菱「パジェロ」は現行4代目となり、この度フロントのデザイン変更やインテリアの質感向上を行いました。

よりオールランドのRVとして、コンパクトなクロスオーバーSUV全盛の中で、武骨ともいえるスタイルにますます磨きをかけた新型「パジェロ」の魅力をお伝えします。


スポンサーリンク

2016、新型パジェロ、その魅力とは

main01[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

オールラウンドRV三菱「パジェロ(PAJERO)は、高剛性のラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディに、3.0LV型6気筒SOHCガソリンエンジンと3.2L直列4気筒DOHCコモンレール式ディーゼルエンジンを搭載。

全車に走行中でもトランスファーレバーによるスムーズな切り替えのできる4WDシステム「スーパーセレクト4WD-Ⅱ」、ミッションはINVECS-Ⅱスポーツモード5速ATを採用し、どんな悪路でも道を選ばない抜群のオフロード性能と快適さを両立した大型SUVです。

color06[1]color09[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

 

そのラインナップは、5ドアロングボディ(7人乗り)には高級感あふれるインテリアと装備によりハイパフォーマンスを実現した最上級グレード「スーパーエクシード」、プレミアムサウンドシステムを搭載しエクステリアの装備にこだわった「エクシード」。

シンプルな装備でカスタマイズが楽しめるエントリーグレード「GR」、3ドアショートボディ(5人乗り)は高水準の走りの機能と上質な室内装備の「VR-Ⅱ」、シンプルな装備のエントリーグレード「VR-Ⅰ」の5つのグレードが用意されています。

interior01[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

今回一部改良が行われ、まずエクステリアでは、全車で直線基調で力強いフロントフェイスを実現したフロントバンパーとラジエターグリルのデザインを変更し、また、「スーパーエクシード」、「エクシード」、「VR-Ⅱ」のフロントバンパーの左右コーナー部にLEDポジションランプとフォグランプを装着し。

「スーパーエクシード」、「エクシード」のスペアタイヤカバーのデザインを変更し、スタイリッシュなリヤビューとしています。

インテリアでは、「スーパーエクシード」のセンターパネルを木目調、「エクシード」と「VR-Ⅱ」のセンターパネルをピアノブラック調とし、全車でエアコンアウトレット部にシルバー及びメッキの加飾を施すことで質感を向上させ、また、インストルメントパネル、ドアトリムに吸遮音材を追加し、車内の静粛性を差エアに向上させました。

color01[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

さらに、ロングボディの「スーパーエクシード」、「エクシード」、ショートボディの「VR-Ⅱ」に、三菱車としては初めてとなる「オートマチックハイビーム」を採用し、夜間の視認性を向上させました。

また、エントリーグレード「GR」及び「VR-Ⅰ」のホイールを7本スポーク17インチアルミホイールに変更し、より高級感のあるエクステリアを演出しています。

インテリアにはソフトな触感の新表皮素材を使用し質感を向上させるとともに、ボディカラーに新色「ディープレッドマイカ」を含む全7色が用意されました。

グレード体系と車両価格は次の通りです。

hyou601hyou602

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

本格オフローダーとしての実力は折り紙つきなパジェロ。

三菱自動車自体にあまり良いニュースは気かられませんが、パジェロの実力は本物です。

あまり売れていない、というのは買う側としては狙い目です。

新型パジェロの値引きの方法については、

「新型パジェロ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得に購入して下さい。


スポンサーリンク

新型パジェロ スペックは

main05[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

三菱パジェロは日本においてトヨタ・ランドクルーザーと本格SUVの双璧をなす存在となっています。

現行型4代目パジェロの登場が2006年というロングセラーモデルですが、クリーンディーゼルの追加に代表される改良を幾度も加えられております。

今回もフロントマスクの変更、吸遮音材の追加による静粛性の向上、「オートマチックハイビーム」の装備などの一部改良を行ったばかりです。

■新型パジェロ、4WDシステムを紹介

新型パジェロの4WDシステムはセンターデフで前後駆動力配分を変え、駆動力を増大する副変速機まで備えるという本格的な、いかにもSUVらしいメカニカルなパーツで構成される「スーパーセレクト4WD-Ⅱ」を装備しています。

4WDモードは、FR状態となる2H、前後駆動力配分が33:67とFR的な4WDである4H。

副変速機はハイギアのままセンターデフを直結し前後駆動力配分50:50とすることでよりトラクションを高める4HLC、副変速機をローギアとしさらに駆動力を高める4LLC(前後駆動力配分は4HLCと同じ50:50)の4つで構成されています。

加えてリアデフロックもオプションで用意され、泥濘地の脱出などにも対応する究極ともいえるトラクション性能を得ることができます。

■新型パジェロ、クリーンディーゼルを搭載

パジェロ

main03[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

RVR

sty00_im_15[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/rvr/

アウトランダー

main01[2]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_gasoline/

「クリーディーゼルの販売比率は、パジェロ全体の70%」に達していると言われています。

現在SUVの売れ筋は、三菱で言えばアウトランダーやRVRのような前輪駆動をベースにしたシティ派モデルが大半です。

パジェロの販売が低下している中で、クリーンディーゼルが70%を占めておるとは驚きです。

クリーンディーゼルは、コモンレール式の燃料噴射装置を備え、窒素酸化物を吸蔵するNOxトラップ触媒。

粒子物質を除去するDPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)などを装着したディーゼル技術の粋を極めたパワーユニットとなっています。

したがって価格も高く、最も安価な「GR」でも375万円で、グレードによってはシートヒーターなどの装備も充実していますが、ベーシックなV型6気筒3.0Lガソリンエンジン車と比べても、45万円位単体価格が高まっています。

しかし、いざ走り出してみると、パジェロの70%がクリーンディーゼルという理由がわかるようでした。

わずか2000回転で、レクサスLS460に迫る最大トルクを発揮し、発進直後でも力強く、ガソリンエンジン車とは異質の加速感で楽しくなってきます。

言わばディーゼルエンジンの特性と、パジェロというクルマの性格がベストマッチしていて、軽快なハンドリングを楽しむSUVではなく悪路をじわじわと進んだり、舗装路でも悠々と余裕をもってクルージングするような使い方が似合っているクルマです。

■新型パジェロ主要諸元

hyou603

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/


スポンサーリンク

まとめ

main04[1]

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/pajero/

 

今や売れ筋路線から外れた大型で重量級のオフロードSUVが、クリーンディーゼルの搭載で魅力が増大しています。

国内市場では、パジェロのようなオフロードSUVはパジェロ以外ではトヨタ・ランドクルーザーなど限られていますが、パジェロにクリーンディーゼルが搭載されたことで、面白い車、楽しい車のこれからに、一筋に光が見えてきたようです。

→ 新型パジェロを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク