新型デイズ スペックまとめ!

デイズ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型デイズのスペックが公開されています。

こちらでは新型デイズのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。


スポンサーリンク

デイズ、基本スペック

デイズはハイウェイスター、ボレロ、ライダーとたくさんのグレードがあります。

スペックでの大きな違いは2WDか4WD、そしてノーマルかターボといったところです。

またデイズにはターボグレードは設定されておらず、ハイウェイスターかライダーでしかターボを選択できません。

トランスミッションはすべてエクストロニックCVTとなっています。

spec_01

引用:http://autocarpers.com/2016-nissan-dayz-preview-and-news/nissan-dayz-highway-star-specs-for-2016-news/

【全長×全幅×全高mm】

3395×1475×1620

【室内長×室内幅×室内高mm】

2085×1295×1280

【総排気量cc】

659

spec_02

引用:http://www.nissan.co.jp/DAYZ/

【ホイールベースmm】

2430

【最低地上高mm】

150

【車両総重量kg】

J・ボレロJ:1050

S・X:1070(1110)

ハイウェイスターX・G:1070(1120、1130)

ハイウェイスターGターボ:1100(1140)

ライダーハイウェイスターX:1070(1120)

ライダーハイウェイスターG:1070(1130)

ライダーハイウェイスターGターボ:1100(1140)

ボレロS・X・XVセレクション:1060(1110)

※カッコ内は4WD車

【JC08モード燃費km/L】

S・X・ハイウェイスターX・G:25.8(22.2)

ハイウェイスターGターボ:23.6(21.8)

【乗車定員 名】

【燃費向上対策】

可変バルブタイミング、 自動無段変速機(CVT)、 電動パワーステアリング

J以外

可変バルブタイミング、 自動無段変速機(CVT)、 電動パワーステアリング、 アイドリングストップ装置、 バッテリーアシストシステム

spec_03

引用:http://www.goo-net.com/catalog/NISSAN/DAYZ/10100311/index.html

【最高出力kw(ps)/rpm】

ノーマル:36(49)/6500

ターボ:47(64)/6000

【最大トルクN.m(kgf・m)/5000】

ノーマル:59(6.0)/5000

ターボ:98(10.0)/3000

【使用燃料】

無鉛レギュラーガソリン

【タンク容量 L】

30

サイズも排気量もほぼ一般的な軽自動車といっていいでしょう。

ただ比較すると、スズキアルトが650kgや、ダイハツミラが750kg。

デイズの1060kgはかなり重量があります。

またターボでは、大差はないものの、ノーマル車の最大出力が低いようです。

これは、低燃費のためのチューニングによるものだと思われます。

デイズには、初期のころから軽自動車では珍しかった機能が充実していますのでご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

アラウンドビューモニター

(グレード別設定)

spec_04

引用:http://www.nissan.co.jp/DAYZ/equip_avm.html

シフトレバーをR(リバース)に入れるとルームミラーにモニター画像が表示されます。

まるで、上から見下ろしたような画像で車庫入れが苦手な人でもうまく停められるという、軽自動車で採用したのはデイズが最初です。

・トップビュー+バックビュー

・サイドブラインドビュー+バックビュー

2種類が切り替えられるので、縦列駐車もラクに安全にできます。

spec_05

引用:http://www.nissan.co.jp/DAYZ/equip_avm.html

ディーラーオプションでアラウンドビューモニター対応の日産オリジナルナビを選択するとナビ画面でトップビューやバックビューが確認できます。

アラウンドビューモニターは日産が初めて搭載した機能です。

当初は上級車のみの装備でしたが、今では軽自動車にも登載されています。

さすが、安全性能装備を先駆けて搭載してきた日産だけあって、細かな作りこみは優秀です。

安全で、走りやすいデイズですが、ライバルひしめくこのクラス、値引きも期待できます。

新型デイズの値引きの方法については、

「新型デイズ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にデイズを購入してください。


スポンサーリンク

自動防眩式ルームミラー

(グレード別設定)

spec_06

引用:http://www.nissan.co.jp/DAYZ/equip_avm.html

眩しさによる危険度の高さが認知されているヨーロッパ車ではほぼ、標準装備ですが、日本ではまだまだミドルクラス以上でないとオプション装備としても設定されていません。

「トロクスラー現象」といって時速97kmで走行中に眩しさの影響がない場合42mで停止できるのに対して、眩しさの影響があった場合、その約2倍の79mになるという危険な検証結果もあるのです。

眩しさに対する措置として、日本ではディスチャージヘッドランプの光軸自動調整装置、ハロゲンランプの手動調整装置の装着が義務化されていますが、どちらかといえば、車検での不合格を減らすことに貢献しているようです。

それほど、光軸不適合で車検を通らないクルマが多いのです。

その自動防眩式ルームミラーがXグレード以上に標準装備となっているのは軽自動車としては画期的です。


スポンサーリンク

エマージェンシーブレーキ

spec_07

引用:http://www.nissan.co.jp/DAYZ/safe.html#03

赤外線レーザーレーダーで前を走るクルマを検知し、衝突の危険が迫ると警告灯とブザーで知らせてくれて、いよいよ衝突しそうだと判断した場合は緊急自動ブレーキが作動、衝突を回避。

または被害を軽減してくれます。

踏み間違い衝突防止アシストは約10km/h以下の低速で走行しているとき、前方に障害があるにもかかわらず、アクセルを踏んでしまったらエンジン出力が制御され衝突を回避または軽減するシステムです。

運転手が高齢化する中、リアスポイラーやアルミホイールよりも大切なスペックですね。

spec_08

引用:http://www.nissan.co.jp/DAYZ/grade.html

新型デイズ スペックまとめ

デイズのスペックを見てわかることは、まず、走りに関してうるさい人には向かないクルマということです。

デイズはニッサン自動車と三菱自動車工業の合弁会社であるNMKVが開発したクルマですが、今年4月に燃費改ざんを起こし社会問題となったことは記憶に新しいことです。

日産自動車が独自の検査で数値の以上を発見し、NMKVに問い合わせたところ発覚したというものでした。

データ改ざんというのは大きなルール違反なので許されることではありませんが、背景にはトップからの「他社に負けない低燃費の実現」に現場はプレッシャーを感じていたことがうかがえます。

一時は発売停止を受けて、改めて燃費改ざんを修正し、販売を再開するに至った経緯がありました。

それにしても、燃費のために出来上がったデイズは、走れないクルマになったようです。

燃費をよくするには、走らせなければいいとはいえ、それでは自動車としての走行性能はどうなの?ということになります。

様々なデイズの口コミを見ていても、「遅い」「重たい」といった声が圧倒的です。

「ターボにした方がいいですよ。」ともありますが、それでも軽快に走りたい人にとってデイズは車両重量が重たすぎるのです。

デイズより軽い普通車もたくさんあるくらいですから、走りたい人はデイズを選択すべきではないのだと思います。

spec_09

ということでデイズハイウェイスターG 2WDを試乗してみることにしました。

結論から言いますと、スペック通りの出力、トルクといった感じではありますが、だからといって普通にエコ運転する分には何ら不自由はありません。

高速、山道には向いていないことは確かですが街乗りでショッピングや通勤の使用には適しているように感じます。

上品で洗練されたエクステリアや上質なインテリアの質感など、ゆったりとした気分にさせてくれます。

そういう長所と短所をよく知ったうえで選べば、装備の充実したいいクルマだといえるでしょう。

走らないことがわかっていて、「走らない、重たい、加速しない。」と強調するのもちょっと違うかな、といったインプレッションでした。

spec_10

引用:http://motorchase.com/en/2016/04/nissan-discovers-mitsubishi-cheating-fuel-consumption-tests-japan/

最後に話はそれますが、世界の運転事情について、我先にとびゅんびゅん飛ばすクルマがまだまだ多いように思います。

急発進に急ブレーキもまれな光景ではありません。

赤信号や渋滞の末尾にむかってアクセル加速しているのは何かの戦いなの?と感じるくらいです。

走ることを楽しんでいるのはわかりますが、そんな運転上手な方がデイズに乗ったら、100%イライラするでしょう。

デイズに乗る人が増えたら、ゆったりエコ運転で交通事故は減るかも知れませんね。

→ 新型デイズを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク