新型プリウスα 値引き術!

プリウスα

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型プリウスαの値引き方法について情報をまとめました。

 新型プリウスαはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。

その方法についてご紹介します。

carlineup_priusalpha_grade_grade6_perfomance_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/grade/grade6/

プリウス譲りの低燃費と広い室内、実用性がクラストップのプリウスαは、マイナーチェンジも行われ、ますますその人気度がアップしています。

憧れのマイカーを購入する時の交渉のノウハウをまとめてみました。

みなさんも一度お試しください。


スポンサーリンク

新型プリウスα実例値引き額

新型プリウスαの値引き額の実例データです。

表0001

引用:http://prius-alfa.com

最近の値引き額の実例です。地域や販売店によって、値引き額の差は出てくるでしょうから、詳細はお近くの販売店におたずねください。

値引き額はおおよそ30万円を目指しましょう。

では、値引き交渉はどのように進めていけばよいのか、その交渉術を紹介しましょう。

001[1]

引用:http://jp.autoblog.com/2014/10/11/toyota-prius-alpha-hv-uk/


スポンサーリンク

プリウスα(新車)の値引き交渉テクニック

carlineup_priusalpha_interior_seat_13_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/interior/seat/

今回、私はプリウスα特別仕様車が発売されて数か月経過した時点の、下取りなしで

25万円+ローン金利ダウン(0.8%)

の値引きを行うことができました。
車両はS、5人乗りです。

値引きの相場を知って目標額を設定しよう

現在ではいろいろなサイトで実際に値引きしてもらった金額を目にすることができます。

私が情報を集めたところ、プリウスαの値引き額は5万~35万円、平均25万円といったところです。

なお、ネットに載っている情報は下取りがいくらだったとか細かい情報は載っていないことがほとんどなので、下取りなしの値引き額はもっと低いかもしれません。

ポイント

値引きの目標額を伝える際は、「実際の人から聞いた」といった方が効果があります。

下取りがあってもまずは下取り価格を考えずに値引き交渉を進めましょう

まずは、下取りを考慮せず交渉を進めましょう。

というのも、ディーラーが行う営業手法の一つとして、下取り価格をはじめに安く見積もり、値引き交渉が始まったら妥当な金額にするというものがあるからです。

一度下取りを含めて交渉すると、「下取り価格を上げますので値引きはこのくらいで・・・」とか「値引き額を上げますので下取り価格を少し下げます」などと、値引き額が分からない状態になりがちです。

値引き交渉をする際は、まずは下取り価格を考慮せずに話を進めましょう。
交渉は9月、3月が有利になる場合が

それは決算期間近だからです。

ディーラーさんも営業職も販売ノルマがあるため、是が非でも売りたい場合があります。

たいてい期が変わる直前の9月、3月がこれに当たります。

この時期にまだノルマを達成していないディーラーさんに当たると、思いのほか交渉が進む場合があります。

複数の系列店から見積もりを出してもらいましょう

基本的に同系列店で見積もりを出して比較してもあまり意味がありません。

違う系列の店から見積もりを出してもらい価格を競わせましょう。

また、別メーカーの同等性能の車(プリウスαと比べるならホンダ・フィットハイブリッドというところでしょう)と価格を競わせるという方法もありますが、同等性能とはいえ完全に同じ車ではないので、値引き交渉の武器としては少し弱い部分があります。

ポイント

違う系列店でもある地域では、地域での値引き相場を持っている可能性があるので、値引き額に差が出てこないようだったら、少し離れた地域に足を運んでみましょう。

自分の車の下取り額を把握しよう

事前に自分で下取り業者に見積もりを取って適正額を把握しておきましょう。

ただし、1か所では適正かどうか判断しかねますので複数の下取り業者の見積もりを取りましょう。

最後の一押し

「あと○○万円安くしてくれたら買う」という絶対購入の意志を見せることです。
売る側にとってもいつまで続くかわからない値引きを延々と続けるよりは、「あとこれだけ値引きしたら買ってくれる」というゴールが見えた方が、最終的に値引きを決定する上役に人にも伝えやすいので、少し無理な金額を提示しても受け入れてくれる場合があります。

ディーラーさんと円滑な人間関係を作る
ディーラーさんとはぜひ仲よくして、決して横柄な態度をとってはいけません。

まして、値引きに応じてくれなかったからといって、怒鳴ったり威圧するなどはもってのほかです。

車というのは、購入後もメンテナンス等でディーラーさんにはお世話になるので、関係を悪くして得することは一切ありません。

値引きは焦らず、時には一歩引くことも大事なことだと思います。

交渉が苦手、さらなる値引きが欲しい、そんな方は、ぜひこちらを参考に。

→ 新型プリウスαを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

では、新型プリウスαの購入された方の値引き交渉レポートをご紹介しましょう。


スポンサーリンク

新型プリウスα購入交渉レポート

carlineup_priusalpha_grade_grade5_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/grade/grade5/

■Oさん

契約日

2016年2月6日

購入グレード

S”ツーリングセレクション”G’s

メーカーオプション

ホワイトパールクリスタルシャイン

ディーラーオプション、他装備付属品

・8インチナビ

・DSRCユニットETC

・バックガイドモニター

・サイドバイザー

・専用フロアマット

・トランクマット

オプション総額

371,125円

車庫証明

計上

納車費用

カット

車両本体からの値引き額

308,788円

オプションからの値引き額

117,798円

無料サービス品

なし

値引き合計額

426,586円

購入総額

3,380,000円(下取り分含まず)

下取り車の売却先

45秒のかんたん無料査定

●値引き交渉レポート

街でたまに見かけるプリウスαのG’sが気になっていました。

出張先のトヨタで実車を見学してから、ますます欲しい思いが強くなり、出張から一時帰宅した期間を利用して、プリウスαを購入検討することにしました。

まずトヨタの系列4点をすべて回って、見積もり開始。

4店舗とも見積もり条件は同じにして、単純に金額勝負です。

1回目の訪問では、どこも20万円前後の値引きでした。

「決めてくれるならもう少し頑張れます」とのことです。

2回目の訪問で、2店が30万オーバーの値引きを提示してきました。

他の2店に伝えるとあっさり白旗・・・。

ネッツ店とカローラ店の一騎打ちです。

カローラ店の営業さんは、こちらの要望を丁寧に聞いてくれて、話も合うしこの人から買いたいと思いました。

条件としては、ネッツ店が40万円オーバーまでいって、それをカローラ店に伝えるも厳しそうな雰囲気でした。

そこで率直に「どうせ買うならネッツ店じゃなくて○○さんから買いたい」と訴えました。

その後上司と相談しながら、何とかネッツ店と同等の条件まで出してくれたので、カローラ店でプリウスG’sを契約できました。

担当営業さんがかなり頑張ってくれました。

今後長いお付き合いができそうです。

carlineup_priusalpha_style_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/style/

■Sさん
carlineup_priusalpha_grade_grade1_02_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/interior/seat/

契約日
2015年12月26日

購入グレード

S”ツーリングセレクション”

メーカーオプション

ホワイトパールクリスタルシャイン

ディーラーオプション

・スタンダードナビ
・ETC

・バックガイドモニター

・サイドバイザー

・フロアマット

オプション総額

248,356円

車庫証明

計上

納車費用
カット

車両本体からの値引き額

334,224円

オプションからの値引き額

50,000円

無料サービス品

なし
値引き合計額

384,224円

購入総額

2,960,000円(下取り分含まず)

下取り車

日産セレナ (H25年式、18,000km 黒 AT)

下取り車の価格

1,530,000円
下取り車の売却先

買取店(45秒のかんたん無料査定)

値引き交渉レポート

それまで乗っていたセレナも良かったのですが、ハイブリッドに乗りたくなり、新型プリウスを見に行きました。

新型プリウスの外観は違和感たっぷりですが、これも見慣れてくるでしょうね。

プリウスの納期はすでに3~4か月ほど。

グレードによってはそれ以上かかるようです。

しかし、プリウスαなら待たずに乗れるとのこと。

プリウスαの方が荷室も広いので、荷物も積めるしプリウスαへターゲット変更しました。

まずはセレナを査定してもらいましたが、120万円。
かなり安い感じです。

セレナは買い取り店の方がいいかも。

値引きは新型プリウスよりできます、とのことで26万円の値引きでした。

下取りが納得できないので、他のトヨタへ行ってみることにしました。

プリウスαは全店扱いなので、ディーラーが近くに複数あってとても楽でした。

別のトヨタでは下取り140万円、値引き30万円でした。

決めるならもう少し行けそうです。

つぎはネッツ店へ。
ネッツ店では下取り145万円、値引き35万円。

これまでで一番いい条件が出ました。

ここで「290万円になれば契約します」と伝えると、「さすがにそれは無理です」と最終条件は296万円になりました。

(値引きは38.4万円)これで契約しました。

下取りは145万円が限界とのことで、3社の買取店に査定してもらい一番高い153万円のところに売却しました。

いかがでしたか。

みなさん、よくマニュアルを勉強されて実践されています。


スポンサーリンク

新型プリウスαとは

carlineup_priusalpha_style_08_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/style/

圧倒的なスタイリッシュなエクステリアと低燃費が特徴のトヨタ・プリウスの派生モデルとしてデビューしたプリウスα(アルファ)は、広い室内と燃費の良さで多くの方々の支持を受けて好調な人気車種となっています。

全グレードハイブリッドシステムの2列シート・5人乗りのステーションワゴンタイプ、3列シート7人乗りのミニバンタイプと2タイプが用意され、「ひとまわり大きなプリウス」として、実用性に富んだハイブリッドカーです。

この度、大幅なマイナーチェンジが実施され、先進の安全装備を装備して印象的な外観となりました。

carlineup_priusalpha_safety_active_02_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/safety/active/

まず、先進装備の採用については、最大60km/h減速するプリクラッシュブレーキアシストと最大30km/h減速するプリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)などを持つプリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)を筆頭に、

車線の逸脱を検知・警告するレーンディパーチャーアラート(LDA)、夜間走行時にハイビームとロービームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム(AHB)が新たに採用されました。

さらに、世界初の機構として、1灯の光源でロービームとハイビームを切り替える「Bi-Beam(バイビーム)LEDヘッドランプ」が、

上級グレード「G」と「G”ツーリングセレクション”」、ベーシックグレードでもスポーティ仕様の「S”ツーリングセレクション”に装備され、ハイブリッドらしい先進性を実現しました。

prius20141117_01[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/

また、エクステリアとインテリアも刷新され、フロントマスクにはダークグレーメタリックのアンダーグリルによって開口部が強調された最近の「トヨタデザイン」となりました。

インテリアでは、幾何学模様を用いたピアノブラック塗装のセンタークラスターが採用され、合成皮革とファブリックを組み合わせたシート表皮(上級グレード」や合成皮革のアームレストなど質感向上が図られています。

グレード構成は、ベーシックグレードの「S」と上級グレード「G」があり、それぞれにスポーティ仕様の”ツーリングセレクション”が設定され、「S」には装備を絞った”Lセレクション”(5人乗りのみ)が用意されました。

価格は

■5人乗り

247万9091円

317万8145円

まで、

■7人乗りが

282万8618円

338万4327円

までとなります。

駆動方式は全車2」WD(FF)でパワートレーンは全モデル共通ですがバッテリーは乗車定員によって異なり、5人乗りはニッケル水素電池を荷室前方下部に搭載し、7人乗りはリチウムイオン電池をセンターコンソール下部に搭載しています。

いずれも燃費(JC08モード)26.2km/Lとハイブリッドカーならではの低燃費となっています。

まとめ

carlineup_priusalpha_style_03_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/style/

新型プリウスαは、今回マイナーチェンジを受けて、プリウスの低燃費はそのままに、外観がより先進的に精悍さが強調され、安全装備も充実しました。

一躍人気車種となった新型プリウスαの値引き交渉には、相当の前準備と交渉テクニックが必要のようです。

今回ご紹介した交渉術を参考に、より納得できるマイカーを手に入れていただければ幸いです。

そして、今後長い付き合いとなるディーラーさんと良好な関係を築いてください。

→ 新型プリウスαを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新型プリウスα のおススメ動画

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク