新型メルセデス・ベンツ CLA 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

CLA

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型メルセデス・ベンツ CLAの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型メルセデス・ベンツ CLAの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

4ドアクーペ…日本車にはない、ドイツ車の新しいカテゴリーもBMW4シリーズ・グランクーペが認知されたこともあってか、日本でも次第に売れるようになっています。

BMWの場合は、4ドアクーペ=ハッチバックという組み合わせですが、メルセデス・ベンツはCLAでもトランク専用のリヤゲートがあり、その形状はセダンそのもの。

では、CLAとはどういった特徴があるのでしょうか?ここでは価格面から探っていきましょう。

002-mercedes-cla-edition1

引用:http://1.bp.blogspot.com/-I5J40iZnZkg/Uhp479kfWGI/AAAAAAAABXY/zM0yCFa3W6g/s1600/002-mercedes-cla-edition1.jpg


スポンサーリンク

CLA クーペは4グレード

qqaa11

引用:https://3.bp.blogspot.com/-IwXIo8ESkfk/Vuncq4i0m3I/AAAAAAAAai8/mjyzEDzrUyoSWeqrm7e_KAkEavlRFRiGg/s1600/Mercedes-Benz-CLA-2017-Minor-model-change-01.jpg

CLA180…3,790,000円より

…CLA180は、1,595㏄ガソリンエンジンを搭載。C180(Cクラスセダン)同様ですが、メルセデスはCLAとCの違いを”Bピラーにある”としています。

下の画像を見てみましょう。CLAのAピラーからCピラーにかけてなだらかな弧が分かるでしょう。

この形状を持って”クーペフォルム”とするCLA。そして、前席と後席の境目にあるBピラー…この部分がサッシュレスになっています。

つまり、ハードトップ形状なのです。

クーペは本来2ドアで4座なければそのカテゴリーに入りません。が、4ドアにする場合は後席に人が乗ることを考えて全高を決めるはず。

ですがクーペスタイルは、後席頭上空間を斜めに切り落としますから、後席に乗る人は狭い空間に耐えねばなりません。

これが4ドアクーペであり、デザイン重視のスタイリッシュセダン…ということになります。

あくまでも前席2名がツーリングを楽しむ、というクルマなのです。

qq1

引用:https://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130903/1051880/20_px400.jpg

CLA180 Sports…4,350,000円より

…CLA180 SportsはCLAよりも、全長で25mm伸ばした4,670mm。

タイヤサイズが16インチのCLAから18インチにアップされているほかは、パワートレーンなどの違いはありません。

実は、CLA180の各グレードともエンジンレイアウトはFF。これはCクラスでFRであることと比較すると、後席の居住性をよくするための苦肉の策とも取れます。

また、Cクラスのトランクルームは非常に狭いこと(FR特有の上げ底感)が災いして、セダンの使い勝手に悩む方が多いのも問題でした。

そう考えると、このCLAは単なるデザインから作られたクルマ…というわけでもないのです。

22dt3

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/608/967/45-3.jpg


スポンサーリンク

CLA250は2.0Lエンジン搭載

wdq14r

引用:https://p.ke-s.cc/images/response/response.jp/imgs/zoom/602581.jpg

CLA250 SPORT 4MATIC…5,790,000円より

…1,991㏄の直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する CLA250 SPORT 4MATIC。

ベースグレードから見るといきなり”メルセデス価格”に上昇しますが、4WDであることも面白いところでしょう。

立ち位置からみれば、Cクラスセダンよりも全長全幅において一回り小型。

流麗なクーペスタイルをセダンに”はめ込んだ”とはいえ、ベースグレードがFFですからメルセデスファンには??と思われてもしょうがない部分もあるかもしれません。

セダン=FRというのがセダン通の考え方。ところがCLAはそうもいかないことから、4WDという荒業でハイエンドクラスを出してきている…と言っても良いでしょう。

ただし、このサイズであれば国産車でも十分太刀打ちできるライバル車が出てきます。

a4uet

引用:https://webcg.ismcdn.jp/mwimgs/9/7/660/img_97bbd6e5976a6d1daac20f00c8f6298b228190.jpg

Mercedes-AMG CLA 45 4MATIC…7,730,000円より

メルセデス・ベンツのチューニングやカスタムを多く手掛けているAMG。

エンジンは1,991㏄の直列4気筒を搭載。AMGが最も重視しているマーケットが日本で、2017年1月には世界初のAMG専売店が東京世田谷にオープン。

まずは、実際にその中身を確認するのも良いかもしれません。(なお、AMGの全ての車両が展示、あるいは試乗可能とされているわけではありません)

→ 新型メルセデス・ベンツ CLAを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

CLA ワゴン(Shooting Brake)も4グレード

5yhcg321

引用:https://fsv-image.autoc-one.jp/images/2253188/012_o.jpg

乗用車は、基本的に4つのタイヤで走らせるもの…という約束を守れば、どんな形のボディーを作っても良いことになっています。

もちろん、寸法や重さの縛り、衝突安全テストなどをクリアすることが前提…。

ですが、昨今は自動車メーカーの競争が激化し、ダイムラーと言えども誰も手を付けていないジャンルを開拓しなければ先がない…と構えているのでしょう。

その答えの一つが「Shooting Brake」。

これはボルボが「エステート」として大人気となっていたワゴンを指しており、日本車でもホンダ・アヴァンシア(1999年発売)、ジェイド(現行車)が存在。

ダイムラーとしても、ビッグマーケットである中国大陸での今後の先細りを考えれば、より個性的なクルマを販売することを躊躇しなかったのは理解できるところでしょう。

2211aaa

引用:https://preview.netcarshow.com/Mercedes-Benz-CLA_Shooting_Brake-2017-1600-0d.jpg

CLA180 Shooting Brake…3,950,000円

CLA180  Shooting Brake Sports…4,510,000円より

CLA250 SPORT 4MATIC Shooting Brake…5,950,000円より

Mercedes-AMG CLA 45 4MATIC Shooting Brake…7,890,000円より

qq44dda

引用:https://dn.carshowroom.com.au/media/21237754/mercedes-benz-cla-shooting-brake-45-amg-4.jpg.ashx?w=728&h=410&mode=crop&watermark=csr&format=jpg&quality=74&progressive=true&encoder=freeimage

1,595㏄エンジン、FFレイアウトに120馬力という小型ワゴン(とは呼ばないらしい)ですが、セダン同様にハードトップを採用しているのが特徴。

価格は300万円台、とはいうものの実際には400万円代以上で購入することになります。

全長4,645mmというと、スバル・レヴォーグが4,690mmで45mmの差。

全幅では1,780mmですから、日本では扱いやすいサイズであるのは間違いありません。

このクルマの最大の売りはデザインであり、緩やかなカーブを描くDピラーがそのままリヤエンドに到達する部分、これがなかなか評判のようです。

もちろん、見方ひとつで好き嫌いはあるでしょう。

またスペックを見た場合にこの価格で納得できるかどうか…あとは、リヤウインドウが小さいことと、リヤゲートハッチを開けた際の”でっぱり”にも注意が必要です。

cryis4i

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/710/801/06.jpg

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク