メルセデス・ベンツ Aクラス 車検情報まとめ!

Aクラス

2016年のメルセデス・ベンツ Aクラスは車検に関する情報が数多く寄せられています。

こちらでは2016年のメルセデス・ベンツ Aクラスの車検に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

サムネ10 (2)

→ メルセデス・ベンツ Aクラスを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?







2016年 メルセデス・ベンツ Aクラスの車検情報まとめ

法定費用

→車検時に必要となる費用には基本的に法定費用と任意の整備費用の2種類が存在します。

法定費用は車検毎に毎回必ず必要で、自動車重量税+自賠責保険料+検査手数料から算出できます。

→ メルセデス・ベンツ Aクラスの高速や街中での走り具合は?

例)A180の場合

自動車重量税
9,000円

自賠責保険料
27,840円

検査・登録手数料
1,800円

合計
38,640円

1回目の車検時の整備費用

→メルセデス・ベンツにはSLRマクラーレンのような少量限定生産の特殊な車両まで含めて全車標準でメーカーが提供する保障サービス「メルセデスケア」の対象となっています。
そのため、新車から3年間2回の消耗品メンテナンス費用や故障時の修理費用が全て無料となっています。また、オプションで5年間への延長も可能です。

2回目以降の車検時の整備費用

→メーカー保証期間終了後の2回目(延長保証契約の場合は3回目)以降の車検整備ではメルセデス・ベンツ Aクラスの場合は、必要に応じて順次以下を交換します。

・エンジンオイル

・エンジンフィルターエレメント

・トランスミッションオイル

・ブレーキフルード

・ブレーキパッド

・ブレーキディスク(凡そパッド2回に1回の割合)

・タイヤ

→ メルセデス・ベンツ Aクラスの口コミ評価 評判まとめ


AUTO MOVE 編集部のコメント

国産車と違い輸入車の場合は特に車検をどこに依頼するか悩む方も多かと思います。

昔から輸入車ディーラーでの車検は高額になると恐れられてきました。

しかし、高性能な輸入車のパフォーマンスを維持し続けるためにはメーカー独自のノウハウや基準が存在するため仕方のない部分でもあります。そして、近年の輸入車は昔と比べ故障率も遥かに低く新車保障も手厚いため、車検時にかかる費用は国産車とそれほど変わりません。

数年前には年間販売台数に対する不具合発生件数でポルシェが世界最小となったことがあるほどです。

メルセデス・ベンツの場合は特に新車保障や全てのメンテナンスと故障修理を3年間無償とした最初の輸入車でもあるため、そのあたりは一日の長があります。日本車と比較すると確かに新車価格も高めなため、新車価格に比例して部品一つ一つも高額になりやすいですが、

その寿命やリセールスバリュー等も合わせて考えた場合には一概に輸入車がコスト面で国産車に対して不利とはいえません。

新車で購入した場合には、とりあえず正規ディーラーで車検の見積もりをとることをお勧めします。その上でもし、高額だと感じた場合はとりあえずユーザー車検という選択肢もあります。

→ メルセデス・ベンツ Aクラスの記事をまとめてチェック!