新型プレミオ/アリオン 口コミ評価 評判まとめ

トヨタ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型プレミオ/アリオンにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは新型プレミオ/アリオンの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

トヨタの販売店違いの姉妹車「プレミオ/アリオン」は、それぞれ違う性格が与えられています。

そんな両車の特徴と魅力を、オーナーの方々の評価を交えてご紹介します。

軽自動車やミニバン、コンパクトカーが数多く誕生している中で、捨てがたい魅力を持つ4ドアセダンはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

新型「プレミオ/アリオン」、ビッグマイナーチェンジ!

carlineup_allion_grade_grade3_2_01_pc[1]carlineup_allion_grade_grade3_2_02_pc[1]

引用:http://toyota.jp/

高級感と格調の高さを兼ね備えた「プレミオ」(トヨペット店)と、洗練されたスポーティ感の「アリオン」(トヨタ店)は、今回、内外装を一新するマイナーチェンジが行われました。

実質的に「カリーナ」の後継モデルとなるアリオンと「コロナ」「コロナプレミオ」の後を受けたプレミオは、5ナンバーサイズながら、ラージクラスに匹敵する室内空間を実現し、4ドアセダンボディに搭載されるエンジンは、直列4気筒DOHCの1.5リッター/1.8リッター/2.0リッターの3種類で、変速機は全車CVTとなっています。

駆動方式は2WDを基本としながら、1.8リッター車には4WDも用意されています。

carlineup_premio_grade_grade1_2_01_pc[1]carlineup_premio_grade_grade1_2_02_pc[1]

引用:http://toyota.jp/

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインが大きく変更され、エクステリアではフロント周りとリア周りの意匠が一新しています。

具体的には、「プレミオ」ではメッキをあしらった横バータイプの、「アリオン」では細かいブラックメッシュタイプのフロントグリルを採用するとともに、ヘッドランプをよりシャープな形状へと変更されました。

また、リア周りでは、「プレミオ」ではC字形のグラフィックと深みあるレンズ色が特徴的なもの、「アリオン」では奥行きのある造形と6眼式のストップランプが取り入れられています。

さらに、従来全長差が30mmとなっていた「アリオン」の全長が伸ばされたことで、その差はわずか5mmとなりました。

ボディカラーには、ハリアーに用いられた「ブラキッシュアゲハガラスフレーク」やプリウスに採用された「アティチュードブラックマイカ」を含む5色が新たに設定され、全8色の展開となりました、

carlineup_premio_gallery_2_10a_lb[1]carlineup_premio_grade_grade1_2_04_pc[1]

引用:http://toyota.jp/

一方インテリでは、インストルメントパネルやセンタークラスター、シフトセレクターまわりの形状が変更され、メーターには4.2インチカラーTFT液晶ディスプレイを装備するとともに、照明とメーター指針を白に統一することで、視認性を高めています。

内装はブラックを基調としながら、本革シートはブラウン、ファブリックシートはアイボリーに代えて明るいフラクセンが採用されています。

安全面も強化され、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをパッケージ化した衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」や駐車時の衝突事故の予防や被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」が採用され、ベーシックグレードのプレミオの「1.5F」・「1.8X」、アリオンの「A15」・「A18」にメーカーオプション設定、その他グレードに標準装備されました。

また、AT誤発抑制制御機能の「ドライブスタートコントロール」と「緊急ブレーキシグナル」が、全車に標準装備となっています。

ラインナップと車両価格は次の通りです。

■プレミオ

0[1]

引用:http://toyota.jp/

・1.5リッターエンジン搭載(2WD)

「1.5F」

1,908,655円

「1.5F”Lパッケージ”」

2,097,163円

「1.5F”EXパッケージ”」

2,306,291円

・1.8リッターエンジン搭載(2WD/4WD)

「1.8X」

2WD

2,047,091円

4WD

2,241,491円

「1.8X”Lパッケージ”」

2WD

2,259,163円

4WD

2,453,563円

「1.8X”EXパッケージ”」

2WD

2,528,182円

4WD

2,711,782円

・2リッターエンジン搭載(2WD)

「2.0G」

2,423,127円

「2.0G”EXパッケージ”」

2,686,255円

■アリオン

carlineup_allion_gallery_2_01_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

・1.5リッターエンジン搭載(2WD)

「A15」

1,897,855円

「A15”Gパッケージ”」

2,086,363円

「A15”G-plusパッケージ”」

2,269,963円

・1.8リッターエンジン搭載(2WD/4WD)

「A18」

2WD

2,032,363円

4WD

2,226,763円

「A18”Gパッケージ”」

2WD

2,239,527円

4WD

2,466,327円

「A18”G-plusパッケージ”」

2WD

2,491,855円

4WD

2,675,455円

・2リッターエンジン搭載(2WD)

「A20」

2,404,473円

「A20”G-plusパッケージ”」

2,650,909円


スポンサーリンク

新型「プレミオ/アリオン」、みんなの評価は

carlineup_premio_gallery_2_03_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

では、皆さんの評価をご紹介しましょう。

◆ミニクラウンと呼ばれるように、落ち着いた雰囲気で、対象としている年代が50代以上の様ですのでちょうどいいと思います。

後部座席の足元は十分で、トランクは思った以上に広く、スーツケースが結構な数が入りそうでした。

驚きの燃費です。300kmほど走行して14.5Lしかガソリンが入りませんでした。車載燃費計が23km/Lと表示していて壊れているのかと思いましたが、満タン法でも20.6km/Lでした。

高速7割、山道2割、市街地1割と燃費には有利な条件だったかもしれませんがそれでもここまでとは予想していませんでした。

扱いやすく、遠出に使うなら燃費も良い車です。コンパクトセダンにこだわりにある方にはおススメです。セダンの実用性はかなり高いと思います。

比較的若い方の評価です。

◆2000ccのエンジンはこの車体には十分でした。

一方、プレミオのデザインで一番気になる「タイヤハウスが高い」のは、ダウンサスで45mm落したことで不満解消しました。

購入後1か月たちましたが、また1台もマイナーチェンジ後のプレミオとすれ違いません。希少性に重きを置いていた私としては大満足です。

また、大きく設計を変えず販売しているので、専用のカー用品も充実しています。

新発売なのに「値引き」は思ったよりしてくれました。

carlineup_allion_gallery_2_04_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

「アリオン」ではどうでしょう。

◆エクステリアは派手さがなく、無難にまとめてアルト思います。

インテリアは、価格の割には高級感があります。

エンジンは普段はおとなしいですが、いざという時にアクセルに応じて結構パワフルに回ります。

乗り心地に重厚感はありませんが、安っぽさはなく、体をきちんとホールドしてくれます。

はじめは慣れないせいか、街乗りで17km/L程度でしたが、最近は20km/L程度まで向上しました。

ハイブリッドでもない普通のガソリン車としては結構な低燃費だと思います。

「プレミオ」「アリオン」ともに、燃費の良さと実用性に満足度は高いようです。

◆とてもコストパフォーマンスの高い車といえます。

昨今のハイブリッド、ミニバンブームの中でこのクルマは決して人気車種ではないと思います。

私の年代でアリオンを選択する人は少ないと言われましたが、値引き額も高く、非常に満足しています。

下手に走行距離が少ないのに、プリウスやアクアなどを選択するよりはよっぽど良いと思いました。

辛口の評価はどうでしょう。

carlineup_premio_gallery_2_02_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

◆横のデザインが初代モデルより格好が悪く、とくに後席リア周りのデザインが、腰の屈んだお年寄りみたいな恰好であまり好ましくありません。

ただし、テールランプ部分はすっきり感があって個人的にはいいと思いました。

先代モデルよりさらにゴツゴツ感が増え、タイヤが乗り心地重視のタイヤに代えても「ひどい」の一言です。

遠方まで乗るにはお勧めできません。

→ 新型プレミオ/アリオンを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

まとめ

carlineup_allion_gallery_2_03_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

さまざまなご意見・評価がある中で、新型「プレミオ/アリオン」については、一新された外内装には概ね高評価が与えられています。

そして、一番の魅力は、その経済性にあります。クラストップレベルの低燃費とちょうどいいサイズの使い勝手の良い4ドアセダン、この二つが相まったバランスの取れたスタイリングです。

日本の自動車の原点に立ち返ったようなトヨタ「プレミオ/アリオン」は、年齢層を問ないおすすめの一台です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク