メルセデス・ベンツ Aクラス 値引き術!

fig2b

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型メルセデス・ベンツ Aクラスの値引き方法について情報をまとめました。

新型メルセデス・ベンツ Aクラスはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。


スポンサーリンク

メルセデス・ベンツ Aクラスの値引き交渉

A180受注生産モデル

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

「メルセデス・ベンツ」に乗ることが出来ると良いなと、1度は誰でも思ったことがあるのではないかと思うほど、憧れの象徴に近い車種ですよね。

このメルセデス・ベンツを少しでも大きなお得感で満たすことは出来るのでしょうか?

やはり話術かテクニックかと考えてしまうと、気が重い人も出てくるでしょうけど、安心してください。ちょっと、コツを覚えるだけで、自分のものに出来る交渉方法が作れると思いますので、ご紹介いたしますね。

値引き額の不思議

よく言われる話ですが、HOW TO形式で「決まった値引き額」が情報として流れてしまっているものもありますが、実は一定の値引き額は存在していないのが普通だと考えた方が良いでしょう。

しかしながら、人間の心理を突く意味においては、交渉術とか戦略なんて言葉で表現されるように、ある程度の予測を立てることが出来ることが分かっています。

それが「値引き術」といった形で、表現されているので、その辺りは参考にしていただく感じがよろしいかと思います。

値引き方法と交渉の仕方

a-class_w176_accesories_main_715x230_2_20170222

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

消費者側が値引きを研究しているように、ディーラーは、それを防御または「利用して契約する研究」をしながら「営業している」と考えた方が自然でしょう。

つまり、消費者の大半は「値引き」が大好きなわけですから、営業を掛けるディーラーからすると「値引きを大きくしてあげる」と見せかけて、「別の形でちゃんと利益を生み出すことを知っている」ということです。

ですので、せっかくなので「今月の契約に間に合うかも!」といった淡い期待をディーラーに持たせてあげると値引きを多少頑張ってくれる可能性も出てきますね。

具体的に自分の予定を伝えて、決して冷やかしではない、本当に購入の意思があると感じてもらえると交渉がしやすくなります。

誰だって、観察をしに来たような人とは、真剣な話はしたくないと思いますからね。

値引きから更に踏み込んで安くメルセデス・ベンツ Aクラスを購入したい人は、ぜひこちらを参考に!

→ 新型メルセデスベンツAクラスを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

国産車と輸入車

仲間の3台

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

国産車と輸入車には、異なる点がいくつか存在する場合もあります。そして、メルセデス・ベンツ Aクラスを始めとする輸入車の中には、値引きをする販売会社と値引きをしない販売会社があったりしますね。

販売会社の状況や自分の持っている運が、タイミングという形で現れる時もあったりと理由は色々とあるようです。

ただ、他の項目で帳尻を合わせて契約を取ることはあるようですので、別の意味で消費者も帳尻を合わせる買い物の仕方は必要ですよね。


スポンサーリンク

いろんな方法を組み合わせて攻める

高速で走行中

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

帳尻を合わせる買い物というのは、自分で値引きを作るということです。例えば、初めの値引き交渉では、以下のようなタイミングを使っていける時も多いのです。

  • 1~3月の年度末の決算期
  • 6~7月の夏のボーナス期
  • 8月下旬~9月の中間決算期
  • 12月の歳末商戦と冬のボーナス期

海外の車を日本で販売しているということは、輸入車の方が顧客になる日本人の都合に合わせる必要が出てくるんですよね。

すると、日本の経済状況にディーラーも合わせないと営業は厳しいでしょうから、そう考えると輸入車でも不安なんて感じる必要がないのです。

交渉ごとは最小限に絞る

このタイミングで交渉をするときに、次の3つに絞って伝えてみてください。

  1. 本当に御社で購入の意思がある
  2. 今月中に契約をしてあげようと考えている
  3. じっくりと相手の話を聞いてから希望の値引きを大きめに数字で表す

具体的な方が真実味を増してくるので、相手も反応がしやすいのですね。あと、とにかく言いたいことがたくさんあっても必ず話を先にじっくりと聞いてあげましょう。(※常識範囲内でね)

交渉は、後攻の方が上手くいくものです。それから自分の希望の額に近づいていくまで、少しづつ金額を落としていきましょう。大きい数字を聞いた後に、小さい数字で交渉されると、つい応じてしまうものです。人間って不思議ですよね。


スポンサーリンク

メルセデス・ベンツとAMG

ブランド 

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

メルセデス・ベンツのAGMで、Aクラスのデザインを担当している人の話では、Aクラスについて「どう猛で精悍な野生動物」のイメージしているそうです。

強さと俊敏なイメージがそう表現されたのかもしれないですね。ちなみにシュポルト=SPORTは、メルセデス-AMGの手が加えられたスポーティーでダイナミックなモデルに与えられる名称となります。

つまりAMG には、特別な思いも込められているのですね。男性にとってはカッコいい憧れのベンツだと分かるような気がします。

AMGって聞いたことがある人も少なくはないと思いますが、ここで少し初めての人のためにご紹介させて頂きますね。

ベンツとは違うチームに、AGMの開発が加えられているのですが、その技術をベンツにも取り入れることになった、限りなくスポーティーで俊敏な動きが自慢の機能やそれらを開発している技術者チームといった感じです。

ベンツではないけど、ベンツなんだって不思議な気持ちがしますが、気流の流れを作るためのシルエットやダクトに施されたアクセサリーも、その機能を向上させるために活躍するといっても良いのでしょう。

Aクラスでも、AMG A45 4MATICになると国産車のスポーティーな車より高性能だという人もいるくらい走りには、こだわりがあるようです。そこには低回転域からの十分な駆動力が発揮されているため動力性能がかなり高いという評価にも表れていますよね。

ちなみに、Aクラスが他のメルセデス・ベンツ 他クラスと異なる点は、価格の他には「後部にあるハッチバックがあるか否か」という部分において、ハッチバックボディの採用している点だそうです。

そういえば他のクラスには、そんなドアは存在していませんよね。


スポンサーリンク

メルセデス・ベンツ Aクラスの安全性能

A180 AGM Style

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

メルセデス・ベンツ Aクラスは、「ただ高級な車」だと思っている人も多いかもしれませんが、実は世界的にも最高の技術を持っている会社の車なのです。

そういう意味では、安全性には手を抜かないメルセデス・ベンツの性質が伝わってくる車種でもありますね。

プレセーフ

プレセーフ

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

プレセーフは、万が一の衝突になりそうだと感じると、ドライバーの体を包み込むような形で負担を最小限にしてくれるものです。これによって、ウィンドウが自動で閉まるなど、乗員の安全確保をしてくれるのですね。

サスペンション

サスペンション

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

サスペンションに関しては、フロントを中心に進化をさせたマクファーソンストラット式を装着しました。また、リアにはマルチリンク式を採用しています。

このマルチリンク式は、多くの高級車で採用されている「踏ん張ったり、しなやかに滑ったり」とフィールドと密着するサスペンションなのです。Sportsタイプが好きな男性には、たまらない走行性能と快適性を可能にした機能ですよね。

カルサイトホワイト走行中

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

他には、ロングドライブする時のドライバーの疲れを軽減してくれるディストロニック・プラスや、死角であるエリアをモニタリングして危険な車線変更を知らせてくれるプラインドスポットアシストなどがあります。

やはり、メルセデス・ベンツ Aクラスには安全性と走行性能がしっかりと詰まっているようです。

室内空間と快適シート

4.ハニカムデザイン

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

忘れられがちなのが、ドライバー以外にとっては大切な室内空間です。もちろんドライバーに焦点は当てるのが車ですが、みんなで過ごす空間は快適であってほしいものですね。

その点、メルセデス・ベンツ Aクラスには、ベンツのアクセサリーが味方となります。下記のように、ベンツの中でもナノイーなんて最高ですよね。

ナノイー&リアトリムストリップ

赤ちゃんを連れているママや小さな子どもなど、空気がきれいで質が良いと健康にも良いに決まっています。

そして赤ちゃんには、温かい毛布や握っていると安心する小物までそろっているのが、ヨーロッパらしい特徴ですね。

高い技術力とチーム力

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

2017年に50周年の節目を迎えたAMGですが、さかのぼると1967年に設立された「モータースポーツへの飽くなき情熱から生まれた」とされる特別なブランドでもあります。

歴史を走り続けた技術も、革新の連続とともに平成の今も、駆け抜けているのです。どうか、あなたのカーライフが安全で幸福なものでありますように。

メルセデス・ベンツの意味と歴史

AMGとモータースポーツの歴史

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

メルセデス・ベンツは特に男性にとって憧れの存在だと思いますが、尊敬に値するメーカーだからこそ、人気が高いのではないでしょうか。

これまでの歴史を振り返ってみるとメルセデス・ベンツも決して平たんな道のりではなかったようです。その証拠に実は、あまり知られていない功績があるのです。

現在では、当たり前のように見かけるジグザグな形状のゲート式ATシフトレバーも、実はメルセデス・ベンツの功績なのですが、現在は特許権が切れてしまって各自動車メーカーが採用している技術となっているようです。

また、ドアミラーに内蔵されている側面方向指示器も、同様にメルセデス・ベンツが世界で初めて採用したのですが、やはり世界各メーカーが現在では採用をしているのですね。

女性初のドライバー

世界初といえば、開発者カール・ベンツの妻が有名です。彼女は、自分の夫が開発をした車の技術を世間が認めてくれないことに不満を持ち、子どもを連れて車で旅に出てしまいました。

そして、当時の馬車なら9頭近い馬を替えなければいけないような「ロングドライブも出来る」のが車なんだと証明をしました。そのため世界発の女性ドライバーとして名前を残すことになったようです。

なんにしても、初めての人、創業者や開発者というのは、なかなか認められないものですよね。なにしろ常識を覆してしまうのですからね。

そして、メルセデス・ベンツの名前からも分かるように、開発の技術者の名前がベンツだったというわけです。

メルセデス・ベンツAクラスのまとめ

9.A45室内

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

では、今日のまとめです。

  • 値引き額の決まったものはないに等しいが人間の心理に付け込んだ方法は存在する
  • タイミングや先に話す順番など組み合わせて考える方が交渉しやすい
  • AMGとは限りなくスポーティーで俊敏な動きが自慢の機能を開発している技術者やチームのこと
  • 安全性には手を抜かないメルセデス・ベンツの性質が伝わってくる車種がAクラスでもある
  • サスペンションや安全性能に至るまで技術を駆使しているので安心して乗ることが出来る
  • ママや赤ちゃんにはベンツの専用小物もそろっている

今日は、歴史も見ていきながらメルセデス・ベンツの歩みとAクラスの長所を見ていきましたね。値引きも希望に近い価格になると良いのですけど、1番は安全に楽しんでもらうことなんだなと思いました。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう