新型エスクード 試乗レポートまとめ!

エスクード

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型エスクードは試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは新型エスクードの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。


スポンサーリンク

新型エスクード試乗レポートのまとめ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードが帰ってきたと喜んでいる人にとっても、「新型エスクードってどんな車だろう」と思っている人にとっても、嬉しいお知らせです。

新型エスクードが1.4Lターボエンジンを搭載して、「コンパクトクロスオーバーSUV」に生まれかわって再び戻ってきたんですからね。

現在では、男性だけでなく女性にもSUV車が選ばれるようになってきたので、新しいファンを獲得しそうな気配の新型エスクードです。また、女性の立場になってみると、やはり気になるのは室内空間の快適性と荷物を置くスペースなのではないでしょうか。

そんなことも含めて、実際に試乗した人の声を聞いて来ました。カタログとは少し違った視点で参考にしてくださいね。

試乗してみて分かる新型エスクード

インテリア 1

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

カタログだけでは分からないことの方が、実はたくさんありますよね。乗り心地だったり、室内空間の快適性は、実際に乗り込んで車内で時間を過ごした人でないと評価は出来ないものです。では、次のような声を見ていきますね。

  • 曲がり性能を売りにする小型SUVも多い中で重厚になりすぎず軽快な走りが良い
  • 有段式の6速ATを組み合わせたことで運転の面白さを味わえた
  • 注目のK14Cエンジンのおかげで、より高いパフォーマンス性を感じることが出来た
  • 優れた操縦性と快適な乗り心地のバランスがすごく良い

ディーラーの担当者の話だけだと、利益が絡むので本音で話が出来ないこともあります。ちゃんとした物差しになる話を知りたいと思うのは、ある意味当然なのかもしれませんね。

 ディーラーでは、もちろん「自分の目で確かめることが一番の目安になる」ため、シートの乗り心地や荷室の広さなど、後までしっかりと見ておくことは大切です。自分の目で確かめてから契約をした方が後悔をしないで済みますよね。

操作性能

4つのドライビングモードを設定できる

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

何といっても操作性能の良さは、車を楽しむうえでも切り離せない重要な項目ですよね。

また、ドライバーの技術1つで「安全なドライブを左右されてしまう」ことを考えると、安心できるクルマ選びをしてもらいたいものです。乗員にとっては生命を預けているようなものですからね。

 ドライバーにとっては、神経を使う長距離運転でも、自然と一体化できる場所でも、操縦性が良い方がハンドリングを楽しむことが出来るのは当たり前ですが、その意味でも、しっかり試乗で確かめておきたいものです。

  • 4つのドライビングモードで走りの楽しさと安心感を得ることが出来て良かった
  • エコモードの2WDからオートモードで4WDへと切り替わるのが天候の悪い時でも安心出来る
  • 走行安定性がより高まった気がする
  • 思っていたより低燃費で他の性能を考えると経済的だと思う

全体的に、新型エスクードは高い評価を受けているようです。運転を楽しむことが出来る4WDの醍醐味と、街乗りを楽しむことが出来る便利さと兼ね備えている点がたくさんの人を魅了しているのですね。

乗り心地

高原での室内

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

みんなとドライブに行こうと思っても、乗り心地の悪い車には大切な友人を乗せたくないですよね。さらに、それが大切な恋人やパートナーとのデートとなると、乗り心地は大問題に発展してしまいます。

そこで新型エスクードの乗り心地を聞いてみると、次のような声がありましたので、ちこらも参考にしてくださいね。

  • 座面が高くて視界が良いので安全確認もしやすい
  • 最小回転半径が5.2Mと小さいので一緒に乗っている女性でも取り回しが良いことが分かった
  • 背もたれを倒すと広い荷室に変わるのでドライビングを楽しんだ帰りに、家族で買い物が出来るのが良い
  • シートの本革やスエードが心地よく贅沢な気持ちになる

大人が4人乗っても窮屈さを感じないため、室内空間で乗員みんなが快適に過ごせるのが嬉しいですね。

普段乗りも、山や川と自然を楽しむことも、新型エクシード1台で出来るなんて、機能も快適性も、ともに高い評価を得るのも分かるような気がします。

安全性能と装備

ミリ波レーダー照射

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

1番重要なのが、いざという時に命を守ってくれる安全技術です。この安全技術に関しては、ミリ波レーダーで検知して衝突を回避してくれるなどのシステムが話題になっています。

  • サスペンションフレームの採用や各部の高剛性化によって安心して乗車できる
  • 4つの自動ブレーキが機能としてはいているレーダーブレーキサポートを搭載していることが信頼できる
  • 必要に応じてコンピューターがエンジンとブレーキを制御してくれるのでドライバーとコンピューターの2つの目で安心を監視してくれるのが良い

足回りの滑りを制御してくれる4輪ABSを装備しているので、滑りやすい路面になった場合には、タイヤのロックを防いで、そのうえ車体を安定させてくれます。

これにより、ハンドル操作で障害物を回避できるようにサポートしてくれるのです。これからの季節など、避けようがない滑りやすい路面に差し掛かっても、このような機能と電子制御制動力配分システムが搭載された新型エスクードの需要は増えそうですね。


スポンサーリンク

新型エスクードとSUV

ラゲッジルーム 1

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードはコンパクトクロスオーバーSUVですが、それらの意味を改めて調べてみました。

  • コンパクト ➡ 小形で中身が充実していること

また、小形とはエンジンの規模が小さいなど、規模の大きさを言っているそうです。小型のように小さいとは少し意味合いが異なるようですね。

  • クロスオーバー ➡ ジャンルを超えて融合する様式で、交差するような2つあるものが交わること

つまり、オフロードもラフロードも走れるという2つの顔を持っている新型エスクードは、クロスオーバーというのですね。

  • SUV ➡ スポーティーな多目的乗用車の総称で特に厳密な定義はないが、ワゴンスタイルの多目的ボディに四輪駆動を持つものが典型的

新型エスクードは、悪路での走行性能が高くて、多くの荷物を積むことが出来ます。そういった用途があることや、街乗り、長距離ドライブにも向いていることから、SUVという呼び方が付いたのですね。

これらを総合して、新型エスクードは「コンパクトクロスオーバーSUV」という新しい呼び方をされるに至っているのです。

ちなみに、似ている用語で「RV」というのがありますが、これはレジャー性を持たせた多目的用途の自動車を指します。

また、RVというのは「Recreational Vehicle」の頭文字をとっています。

コンパクトクロスオーバーSUV

雪道を行く②

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードは、先ほどの意味を含んだ車であることから、ボディの上半分には、5ドアハッチバックに準じている形状をしていることで移住性や積載性に優れていることが分かります。

そういう利点が新型エスクードを、ファミリーカーとして選んでいる人も多いのですね。例えば、パパには運転の楽しさといった趣味性、ママには移住性の良さから室内空間を子どもと楽しむといったように、それぞれの楽しみ方を見つけることが出来る良さがいっぱいあるのです。

新型エスクードのような性能を持つ車の評価が高いことで、現在ではSUVの人気度が上がっています、売れ行きが好調なことから、各メーカーよりSUVを積極的に取り入れるようになったのですね。

新型エスクードの魅力

オフロード&オンロード

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

こうして新型エスクードの魅力を知ってしまうと、もちろん試乗して購入を検討したいと考える人も多いと思います。

新型エスクードの魅力は、大きく分けると次のような点に絞られるようです。

  • 「家族で便利に使える車が欲しい」「運転の楽しさを味わいたい」といった両方を叶えてくれる
  • 家族で便利に使えるクルマが欲しいけれど、運転の楽しさも味わいたい
  • 運転のしやすい小さめのサイズでも居住性や積載性に余裕がある

そこへ新型エスクードでは、低燃費だという経済的な負担が軽減したことも人気の高い理由となっているのですね。


スポンサーリンク

新型エスクードと税金

走行中の2台

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

軽自動車などではエコカー減税を売りにしているものもありますが、新型エスクードの場合、残念ながらエコカー減税の適用車ではないのです。しかし、その分、しっかりと低燃費なんです。

  • 燃料消費率(km/L) ➡ 17.4

新型エスクードは、軽量・小型化し燃費を向上させたエンジンに動力性能を確保するターボチャージャ―を搭載しています。

これは、排気ガスを利用して圧縮した空気をシリンダーの内部に強制的に送り込むことで緻密にコントロールしていることです。この構造によって街乗りからSportsドライブまでを楽しめるドライビングに仕立て上がったのですね。

これは、家計を助けることにもなり、意外と驚くかもしれないですね。また、アイドリングストップにより環境にも配慮しているので、ガソリンの消費を抑えて燃費の向上に役立っているのです。

自分の愛車を買い取ってもらうメリット

シマウマと走る

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

新型エスクードを購入するのにあたり、現在の自分の愛車の「処分」について悩んでいる人も多いと思います。

でも処分って感じで、ディーラーにすべてを任せるのは、もったいないですよね。自分の愛車のことをもう一度、考えてみませんか?

自分のこれまでの愛車とは、きっと何かの縁があったのだと思います。そして、その現在の愛車の魅力を知ったからこそ、購入を決意したのですよね。

そうすると、次の愛車になる新型エスクードのためにも、現在の愛車を次のオーナーに渡して、活躍させることは最高な贈り物になります。

また、そういった形を最善の方法で作ってくれるのが買い取り専門店という存在でもあります。

どこかで、自分の愛車を待っている人のためにも、新型エスクードをお得に購入するためにも、査定を受けることはしておいた方がよさそうですね。


スポンサーリンク

新型エスクードの試乗まとめ

エスクード 新世代四輪制御システム

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/

では、新型エスクードの試乗まとめです。

  • 新型エスクードが1.4Lターボエンジンを搭載した「コンパクトクロスオーバーSUV」として戻ってきた
  • 試乗したドライバーの感じでは有段式の6速ATを組み合わせたことで運転の面白さが増えている
  • 新型エスクードではミリ波レーダーで検知して衝突を回避してくれるなどのシステムが話題になっているので安心して乗れる
  • スポーティーな走りを楽しむことが出来ることや、移住性や積載性に優れている室内空間の快適さでコンパクトクロスオーバーSUVを選ぶ人が増えている
  • 自分の愛車が再び活躍をするためにも新型エスクードをお得に購入するためにも、一度は査定を受ける方が良い

今日は、試乗した人の声を聞きながら新型エスクードの魅力を見ていきました。改めて言葉の意味を知ると、ますます新型エスクードの魅力が分かる感じがしますね。

また、自分の愛車をどうするかが今後のカーライフを左右することがありそうです。これだけ機能の良い車を購入するのですから、自分の現在の愛車とのお別れも素敵な形にしたいですね。今日も安全で快適なドライブを楽しんでください。

エスクード の値引きの方法については、

「新型エスクード 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にエスクード を購入して下さい。

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク