新型バレーノ オプションまとめ!

スズキ

新型バレーノのオプションの情報が公開されています。

こちらでは新型バレーノにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。







バレーノ、基本オプション

バレーノには2種類のエンジンがあり、それぞれ2つのグレードがあります。

◆1242ccのノンターボ【デュアルジェットエンジン×CVT】

XS・XG

◆996ccターボ【ブースタージェットエンジン×6AT】

XT・XTセットオプション装着車

option_01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/baleno/detail/index.html

顔立ちが少し違っているのがわかると思います。

XGだけ、やや丸みを帯びたようなイメージです。

【価格】

・XG

1,414,800円

・XS

1,544,400円

・XT

1,617,840円

・XTセットオプション装着車

1,728,000円

この価格差がメーカーオプションの充実度の違いだと考えていいでしょう。

option_03

引用:http://www.carandbike.com/maruti-suzuki-cars/baleno

バレーノはグレードでオプション設定が決まっていますので、例えば本革巻きステアリングホイールはXS以上のグレードだけとなっています。

また、本革シートはXTセットオプショングレードだけの設定で、他のグレードではオプション選択することもできません。

option_04

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/baleno/interior/

主要装備を比較して、欲しいオプションが標準装備されているグレードを選んだら、ディーラーオプションであるアクセサリーを選択していくという流れです。

ディーラーオプションとはナビやETC車載器、バックアイカメラなどです。

バレーノのオプションについて特筆すべきは、すべてのグレードで衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII」とドライバーの負担を軽減するアダプティブクルーズコントロール(ACC)が標準装備となっていることです。

車両価格が安い、と言われているのもこれらのオプションが標準だからといえるでしょう。

option_02

引用:http://azby.fmworld.net/gpp/cs/article/780543/


ナビの選択

オプション価格が、高額になってくる理由のひとつがナビです。

ナビはエントリーモデルから高性能なハイグレードモデルまで取り揃えられています。

ナビはお試しができないので、購入してしまってから「わかりにくい」「目的地へ遠回りする」なんてことになることもあるため、なるべくハイグレードの物を選びたいと思いますよね。

そうなると純正ナビの場合、20万円くらいはすぐに超えてしまいます。

そこで、純正のナビを付けずに社外品を購入する人も多いです。

option_05

引用:http://fh780dvd.web.fc2.com/

社外品ならレビューや口コミでだいたいの性能がわかりますし、何より数万円と安くで済みます。

そしてクルマを乗り換える時も取り外すことができます。

純正品と同じかそれ以上の性能をもつナビが安くなるのですから、いいことづくめのようですがデメリットもあります。

社外品は保証期間が1年くらいだということと、取り付け工事を別で頼まないといけないこと。

option_06

引用:http://fh780dvd.web.fc2.com/

純正ナビの場合、スズキですと3年間6万km保証がついていますので、安心感は大きいです。

バレーノに用意されているスズキの純正ナビは大手メーカーが製造したものですので、機能がずば抜けて劣っているということは、まずないでしょう。

【スタンダードモデル】

option_07

引用:http://www.suzuki-accessory.com/baleno/HTML5/pc.html#/page/12

◆パナソニック

スタンダードメモリーワイドナビセット

147,258円

◆パイオニア

カロッツェリアスタンダードメモリーワイドナビセット

144,018円

◆クラリオン

スタンダードメモリーワイドナビセット

149,418円

【ハイグレードモデル】

option_08

引用:http://www.suzuki-accessory.com/baleno/HTML5/pc.html#/page/16

◆パイオニア

ハイグレードメモリーワイドナビセット

193,698円

【エントリーモデル】

option_09

引用:http://www.suzuki-accessory.com/baleno/HTML5/pc.html#/page/16

◆ケンウッド

エントリーメモリーワイドナビセット

117,018円


ETC2.0車載器とは

option_10

引用:http://www.ktr.mlit.go.jp/road/shihon/index00000016.html

2016年、春から運用され始めたETC2.0。

料金の自動収受だけではなく、渋滞情報や災害情報などを知らせてくれるサービスです。

安全運転支援

落下物や渋滞末尾情報をナビ上の画面で知らせてくれます。

渋滞回避支援

渋滞情報を把握し目的地までのルートを変更します。

災害時の支援

地震などの災害が発生した時、被害情報や位置情報を知らせてくれます。

そのため、被害のあった場所へ知らずに近づくことなく回避できます。

option_11

引用:http://www.ktr.mlit.go.jp/road/shihon/index00000016.html

ETC2.0にはカーナビに連動して、渋滞状況や災害情報をナビの画面でインフォメーションするタイプとナビとは連動せず、車載器単体で音声案内のみのタイプがあります。

利用するにはETC2.0車載器か2.0対応車載器が必要ですので、今からクルマを購入する人にはちょうどいいタイミングですが、通常のETC車載器に比べて価格が高いのがネックとなります。

初期導入に際して、2016年12月27日まで1万円の補助金制度があったのですが、今ではもう終了し、ETC2.0車載器は4万円程で取り付け費用もかかるため、高速利用料金の割引などが導入されない限り、すぐに普及するとは思えません。

サービスと初期導入費用のバランスがとれた時期を見極めて購入するのがポイントです。

option_12

引用:http://panasonic.jp/car/its/products/ETC2.0/DSR140/

あれば便利なディーラーオプション

バレーノのアクセサリーカタログに紹介されているオプションをいくつかご紹介します。

まずは、必要な物

◆フロアマット

option_13

引用:http://www.suzuki-accessory.com/baleno/HTML5/pc.html#/page/8

消臭機能なし:14,526円

消臭機能あり:20,142円

◆ドアバイザー

12,906円

最低限必要なものといえばフロアマットとドアバイザーくらいですが、フロアマットは純正以外のバレーノ専用品が売られていますので、さらに安く買うことができます。

好きな色が選べるのがうれしいですね。

option_14

引用:http://www.diczero.jp/shopdetail/000000033876/ct2988/page1/brandname/

そしておすすめのオプションがセレクトビューバックアイカメラ。

40,068円(本体以外に専用ケーブル1,296円とボルトセット259円が必要になります。)

option_15

引用:http://www.suzuki.co.jp/release/d/d050826b.htm

バックアイカメラは想像以上に便利で、俯瞰の映像では安全確認がしっかりできるので、ぜひ取り付けてほしいオプションです。


新型バレーノ オプションまとめ

スズキのオプションはシンプルでいいですね。

オプションがてんこ盛りでない結果、安くなります。

下記は最廉価グレードXGのエクステリア標準装備です。

option_16

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/baleno/detail/equip_xg.html

水色の部分が標準装備ですので、最低グレードでもいかに充実しているかがわかります。

最高グレードを選択すれば、ほとんどオプションがいらないのがスズキのいいところであり物足らないところでもあります。

そのため社外品でカスタマイズするオーナーさんもいるようです。

以上がスズキバレーノのオプションの概要でした。

輸入車ということもあり、購入できるオプションは、ナンバープレートトリム以外、ほとんど後付けできますので、急がずにゆっくりと決めるといいでしょう。

最初にオプションをいっぱいつけて、予算がオーバーしてしまう…なんて方は、しっかり値引いてもらって、予算内に収めていきましょう。

新型バレーノの値引きの方法については、

「新型バレーノ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にバレーノを購入してください。