新型エクストレイル(2017年) 口コミ評価 評判まとめ 

エクストレイル

2017年の新型エクストレイルの口コミ評価・評判がたくさん寄せられています。

こちらでは2017年の新型エクストレイルの口コミ評価・評判に関する情報をテーマ別にまとめさせていただきました。

2013年デビューも4年でMC、後期型とされる新型エクストレイル。

最近のマイナーチェンジは、販促のためにインテリアを豪華にしたり、LED照明に変化をつけたり…といった程度ではなく、安全性能をアップさせたり足回りを強化するなど、見えない部分の進化が多くなっています。

マツダやトヨタ、スズキなどが相次いで剛性を高めた新型ボディを投入する中、日産エクストレイルは従来型のフレーム&シャーシはそのままに、プロパイロット機能で勝負してきました。

口コミではどう評価されているのでしょうか?

2017-Nissan-Rogue-Hybrid-SL-AWD-front-three-quarter-02

引用:http://st.motortrend.com/uploads/sites/5/2016/09/2017-Nissan-Rogue-Hybrid-SL-AWD-front-three-quarter-02.jpg







オートブレーキホールド機能がいい

セレナよりもプロパイロットが進化して言いますね!
ブレーキホールド機能が使えるようになってすごく便利ですよ。

ハリアーやCX-5はエンジンをかけた時、ホールドスイッチの状態を記憶していませんが、エクストレイルは欧州車のように記憶している所がいい!

★オートブレーキホールド機能とは、待機状態(メーター内のオートブレーキホールド表示灯が白色に点灯)のとき、ブレーキペダルを踏んで車両を停止させると、オートブレーキホールド機能によって自動的にブレーキ力が保たれること。

足を離してもブレーキが利いているため、常に足を緊張状態にしておかなくても済む。


ハンドリングが軽くてよい

2017-Nissan-Rogue-Hybrid-SL-AWD-cabin

引用:http://st.motortrend.com/uploads/sites/5/2016/09/2017-Nissan-Rogue-Hybrid-SL-AWD-cabin.jpg

軽めのハンドリングなのがうれしいですね。

車幅が1,820mmもあるし、乗用車よりもタイヤが太いので、カーブ走行は甘いのでは?と思ったんですが、キビキビ走ってくれますね。

気になるのは、ナビの位置。目線と同じにするなら、やはりCX-5が一番。

ヘッドアップディスプレイだといいんですが。


ハイブリッドにしては燃費はよくない

nissan-rogue-1-1

引用:http://o.aolcdn.com/dims-global/dims3/GLOB/legacy_thumbnail/750×422/quality/95/https://s.blogcdn.com/slideshows/images/slides/422/846/6/S4228466/slug/l/nissan-rogue-1-1.jpg

回生エネルギーが増えた…とディーラーで説明を受けたんですが、単純に燃費は良くないですね。

2.5Lのハリアーハイブリッドの方が燃費がいいようだし、C-HRは30は行くらしいし…。


シートアレンジは遊びにぴったり

2017-nissan-rogue-sl-awd-inline4-photo-673710-s-original

引用:http://media.caranddriver.com/images/media/51/2017-nissan-rogue-sl-awd-inline4-photo-673710-s-original.jpg

サーフボードとスノーボードが積めるクルマで、砂地でもグイグイ走れるクルマ…となると、エクストレイルはちょうどいいですね。

2列目シートの真ん中が倒せるのは、本当に便利です。

4人掛けでも遊びに行けるから、このクルマにしました。

高速道のカーブでは、前車追従でぎこちない走りもある

2017-nissan-rogue-one-star-wars-edition-white-and-black

引用:https://www.nissanusa.com/vlp-assets/media/vehicles/2017/rogue/star-wars-rogue-one/carousel/large/2017-nissan-rogue-one-star-wars-edition-white-and-black.jpg

初めてのプロパイロットで、結構緊張しますね。

特に、車間距離設定は、「長」「中」「短」の3段階調節なんですが、カーブが続くと前車をしっかり捕捉しているのか心配になることもありました。

前車との間が近づくとブレーキが結構ぎこちない。

車高が高い分、慣れるまでは怖いですね。

ハイブリッドは車体が重く感じる

2017-nissan-rogue-sl-hybrid-awd-inline2-photo-670963-s-original

引用:https://media.caranddriver.com/images/media/51/2017-nissan-rogue-sl-hybrid-awd-inline2-photo-670963-s-original.jpg

試乗したときに感じたんですが、ハイブリッドはガソリンエンジン車よりも車体が重く感じましたね。

アクセルを踏んだ感触、出足がゆっくりだったんですよ。

市街地なら、ガソリンの方が力もあるし、きびきび走る感じですね。

ハイブリッドにするメリットがいまいちわかりません。

35万円近く金額が違うんで、モトを取れるとは思えないんですが。

インテリアは結構豪華ですが、収納が×

2017-nissan-rogue-motion-activated-liftgate

引用:www.nissan.ca/content/dam/nissan/future-and-concept-vehicles/2017-rogue/2017-nissan-rogue-motion-activated-liftgate.jpg

シートも座りやすいし、D型のステアリングがハリアーよりもしゃれてます。

それに、メーターのシンプルさが非常にいい。エアコンの吹き出し口もいい感じですね。

ただ、収納に関しては??ティッシュボックスを置く場所、ドリンクホルダーも足りないし、後席に座った場合のフックも欲しかった。

MCだと無理なのかな?

nissan-rogue-2017

引用:https://squir.com/50272/nissan-rogue-2017.jpg

口コミまとめ

interior_06.jpg.ximg.l_12_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

●MCのタイミングが同じ日!ということで、エクストレイルとハリアーが注目を浴びています。

●もともと、CX-5がFMC(2017年2月2日)で一歩リードしたボディ性能、そこにハリアーとエクスレイルのMC(2017年6月8日)、そして2017年末から2018年にかけてFMCが予想されるフォレスターと、2017年12月発売予定の三菱エクリプスクロス…

●こうなると、エクストレイルは”旧型ボディ”のままSUV戦国時代に突入せざるを得なくなります。

そこで、口コミで多い”プロパイロット機能”に話題が集中しているのもわかるでしょう。

●ボディ剛性や足回りの強化などは次期モデルへの期待が高いところですが、プロパイロット機能や安全装備の充実などは現状装備でも対応可能。

exterior_06.jpg.ximg.l_12_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

●エンジン性能やハイブリッドモーター、バッテリーなどはそのままFMCまで引き継がれますので、現状の走りやインテリア、安全性能などについてどんどん口コミをしていくのが良いでしょう。

●また、オートパイロットに関しては、日産の公式サイトで”セレナ”のコンテンツで紹介しているのみ。

エクストレイルの説明は少々手抜きのところが伺えます。ぜひ、メーカーにも指摘して、バージョンアップを狙ってみてはいかがでしょうか?

新型エクストレイルの値引きの方法については、

「新型エクストレイル 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にエクストレイルを購入して下さい。