新型ウェイク 車中泊アイテム!

ウェイク

2016年の新型ウェイクの車中泊の快適さが注目されています。

こちらでは2016年の新型ウェイクの車中泊の様子と主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

「あ~今日は営業車で走り疲れた…、コンビニでビール買って、このままここで寝ちゃえ!」という経験はありませんか?

時たま大きな公園の駐車場で、シートを倒して寝ている男性を見かけますが、車という空間は、本来寝るためには設計されていません。

ところが、冷暖房完備、飲料飲食持ち込み可。

これだけ快適な空間は自宅にもない…そんな夢の車中泊を次々と実現させるのが、軽自動車メーカー。

中でも、ダイハツ・ウェイクはホンダのN-BOXと並んで、車中泊の横綱です。

その得意技をとくとご覧下さい。







え!東京都大田区に車中泊できるキャンプ場が!

IMG_7018[1]

引用:http://www.spot.town/wordpress/wp-content/uploads/2015/10/IMG_7018.jpg

20141126-20102288-carview-003-5-view[1]

引用:http://amd.c.yimg.jp/amd/20141126-20102288-carview-003-5-view.jpg

オートキャンプ、といえば専用の施設あり、民間のキャンプ場あり、海辺あり、そして道の駅あり…まさにキャンプという楽しみは、仕事を離れた別世界で満喫するもの。

ところが、驚くなかれ大都会の東京、それも大田区でこんなに素晴らしいオートキャンプ場が存在。

場所は「城南島海浜公園」。東京湾に面して、羽田空港のすぐ横にあり、航空機の発着が目の前。

白砂の人工海岸にドッグラン、こんな場所に乗り込むなら、思いっきりおしゃれなワンボックスカーで目立ちたいもの。

険しい山坂を駆け巡らなくてもいい、砂利道や未開の山道を走らなくてもいい。

それなら、ダイハツ・ウェイクにピッタリな条件じゃありませんか!そう、ウェイクならではの車中泊、装備も含めてみてみましょう。


ウェイクで寝る。定員2名の室内空間とは?

07_01_02[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

あなたなら、ウェイクの室内空間でどれだけ遊べますか?

ロードタイプの自転車をそのまま2台積み込んで、2人乗車。これ、今までは絶対に不可能。

車輪を外してエステートワゴンの上にセットしてドライブ、確かにボルボならそれもかっこいいかも。

でも、これって本当に面倒です!

ウェイクならまるで引っ越し感覚でロードバイクを搭載可能。

目的地についたら、遊び、疲れたらバイクは外で休み、2人は車中泊。

こんな気軽な旅も簡単にできてしまいます。

前席と後席をたたんで折り込めばフルフラットな室内に大変身。

この上に専用マットを敷くだけで、簡易ベッドに早変わりしてしまう。本当に便利です!


ウェイクを寝室に。その仕掛けはこれだ

wake_16_l[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/wake/trekking.htm

●ジョイントクッション

39,960円(1名分)

2,105㎜もの室内長がうれしい、ウェイク。ジョイントクッションは折り畳み式の簡易クッション。

フルフラットとは言っても、微妙な凹凸は避けられません。

ですが、吸収力のあるマットを敷くことで、カラダに負担をかけずに寝ることが可能。

P1020496[1]

引用:http://2.bp.blogspot.com/-t_chZS5hn-k/VU1dgWGx3cI/AAAAAAAAAKE/j9HQKwM_ONA/s1600/P1020496.JPG

もちろん、羽毛布団などを敷く方がカラダにフィットする…という方は、こういう方法もよいでしょう。

寝るときだけ敷くにしても、ドライブ中は前席より後ろに広大なスペースができます。

問題ありません!

wake_15_l[1]

●プライバシーシェード

15,120円

仮眠でもわずかな光ではなかなか寝付けないもの。

それが、大開口のウインドウが360°ぐるりと囲んでいるウェイクの場合、何とかしてダークな空間を作るにしても、なかなか大変です。

リヤはカーテンで仕切ることができますが、フロントウインドウはそういうわけにもいかず。

ということで、ウェイク専用のプライバシーシェード。

三角窓の採寸もかっちり、これだと簡単に取り付け可能ですね。

pic8[1]

引用:https://dport.daihatsu.co.jp/car/wake/snow/31.html

これは便利。リヤドア、リヤクオーター、バックドアの3点セットのカーテン(ディーラーオプション)。

ダイハツの純正部品でリヤサンシェードもそのまま使える優れものです。品番は「08280-K2003」

●カーテン

27,605円(ディーラーでの取付費用込み)

15,390円(楽天などでの通販で買う場合)

後付けでもできます。40分ほどで誰にでも取り付け簡単。通販でも販売されています。

img_b528a294e571f9402a03bef1702cfed7266938[1]

引用:http://webcg.ismcdn.jp/mwimgs/b/5/660/img_b528a294e571f9402a03bef1702cfed7266938.jpg


 注意!フルフラットはすべてのグレードで可、ではない!!

E382A6E382A7E382A4E382AFE794BBE5838F00021-thumbnail2[1]

引用:http://daihatuweik.seesaa.net/article/413345407.html

車中泊の基本は、ベッド。

ですが、フルフラットはどんな車でも可能ではありません。

ウェイクなら大丈夫だろう、そのための車なんだから…とタカをくくっていませんか?

●レジャーベースパック

8,640円

これが必要です!新車購入時に絶対に注文するべし。

なお、このフロアボードは、上位グレードのG”SA”グレード、Gグレードでは標準装備されています。

このグレード以外の方は、必ずディーラーで確認しましょう!!

23811_WAKE_01[1]

 引用:http://www.cyclesports.jp/sites/default/files/23811_WAKE_01.JPG

本格的なベッドをお好みのあなたには…

img07[1]

引用:http://daihatsu-craft.jp/dc/wake_flat/

equip01[1]

引用:http://daihatsu-craft.jp/dc/wake_flat/

簡易ベッドだと、やっぱり疲れる…そういうあなたには、しっかりとした骨組みのある合皮ベッドマットはいかがでしょうか?

フラットな空間だと、2人でぐっすり寝ることが可能。

いくらウェイクが快適とは言いながらも、やはり660ccの軽自動車。

そこは、運転でもちょっと疲れることもあるでしょう。

食う、寝る、遊ぶ、つまりクウネルアソブが揃っていないと、楽しいレジャーも疲労だけ。

車両本体はできるだけ簡素に、ベッドはしっかりと。

選ぶものは選んでおきましょう。

ちなみに、ダイハツクラフトで購入できます。

夜、モニター画面で映像を見ながら…

osusume_kousekimoniter_img_02[1]

引用:http://www.daihatsu.co.jp/accessory/osusume/kousekimoniter.htm

 後席モニター(10.1インチ、リモコン付き)

●64,800円

027_o[1]

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/1962561/027_o.jpg

いかがですか?車中泊にピッタリなダイハツウェイク。

これを読んで、どのグレードにすればよいか、どんなオプションが必要かが分かっていただけたのでは、と思います。

さあ、ご予算に合わせて、レッツ見積もり!!

予算に合わない?そんな時は値引きを頑張ってもらいましょう!

新型ウェイクの値引きの方法については、

「新型ウェイク 値引き術!」で詳しく解説しています。

大きさを存分に生かしたウェイクでの車中泊、ぜひ楽しみたいですね!