新型アルト ワークス 燃費まとめ!

アルト ワークス

2016年の新型アルト ワークスの燃費情報が公開されています。

こちらでは2016年の新型アルト ワークスの燃費に関するデータをご紹介します。

スズキ新型アルトワークス燃費について調べてみます。







スズキ新型アルトワークスの魅力

 スズキ新型アルトワークスの元型は1979年5月に発売されたスズキアルトです。

この初代モデルは当時としては画期的なアイデアコンセプト“全ての人の移動道具として、生活必需品のひとつとして。

また車を必要としている人々のための軽自動車”という徹底した生活に密着をした軽自動車として、軽自動車の基本形を形成し日本の軽自動車界をリードする稀有な存在の車がスズキアルトワークスなのです。

引用:http://www.suzuki.co.jp

引用:http://jp.autoblog.com

引用:http://s33203956.suzuki-okayama.jp

特に初代アルトは当時の軽自動車とは画期的な一台で、軽自動車の平均乗車人数は二人という当時の軽自動車の狭さの改善に着目をしました。

また、値段も当時の中古車の値段に引き下げることで人気を得た初代アルトのアルトスピリットを継承し、更に進化を続けているのがスズキ新型アルトワークスです。

アルトワークスの高速での燃費

 スズキ新型アルトワークスは軽快なルックスから感じ取られるとおり痛快なドライブを実現してくれます。

引用:http://www.suzuki.co.jp

引用:http://www.suzuki.co.jp

 先ずはアクセルを踏み加速して感じられるのは、エンジンの動力性能はやはりザ・スポーツエンジンという感じの納得の行くフィーリングを実感することができます。

軽自動車の加速で感じられるターボのラグも全くなく、アクセルを踏んだ瞬間から力がドクドク感じられるトルクの太さをスズキアルトワークスを通じて全身に感じることができます。

またそれに加えて、トルク回転数が3000回転を超えるとターボエンジンの力強いパンチも感じることができて、車としても常にやる気満々で我々を愉しむドライブに導いてくれます。

 高速道路上で力強くきびきびした動きを実現させてくれるのも、スズキ新型アルトワークスの車体本体の重量が670キログラムと、とても軽い軽自動車であるということもあります。

一旦アクセルを踏み込むとダイレクトにスピードがガンガンに出るので、スズキ新型アルトワークスに乗っている多くのドライバーがその速い速度を体感することは間違いないです。

高速道路上にて時速100キロメートルを越えたときの走行中のエンジン回転数を見てみると、実際のエンジン回転数は4000回転を少し下回るあたりで走行することができるのはやはり燃費の良さを痛感するシーンです。

もちろん通常走行時よりは燃費の効率は下がることはマイナスで、しかも高速速度で運転中の音は静かではないですが、アクセルを踏み込んだ時に体感できる即時加速体制に入りすぐに追い越し可能なほどの加速が得ることができる。

というスズキ新型アルトワークス特有のフレキシビリティーを享受できることも事実ですので、スズキ新型アルトワークスの持っているキャラクターを考えた時にそれは許容できることです。

今回は高速道路を使いスズキ新型アルトワークスを愉しむドライブをしたわけですが、高速道路における燃費はリッター22.9キロメートルを記録しています。

この燃費の良さの要因の一つは車両本体の重量が軽量なのだとおもいます。

新型スズキアルトワークスの高速道路における実燃費:22.9キロメートル

アルトワークスの郊外と田舎道での燃費

スズキ新型アルトワークスに乗って軽快なドライビングを待ちではなく田舎道で堪能しようと思います。

引用:http://www.suzuki.co.jp

引用:http://www.suzuki.co.jp

引用:http://www.suzuki.co.jp

スズキアルトワークスは運転する楽しみを毎回感じさせてくれる一台です。

毎回ドライビングのたびに心を躍らせてくれています。

先ずはスズキ新型アルトワークスのステアリングハンドル操作が小気味な動きで気持ちのいいハンドル操作を感じることができます。

乗り心地も見た目以上に満足のいく乗り心地で快適なたびを演出してくれます。

アルトワークスを乗っていて感じるのは、深緑の映える田舎道を森林浴をしながらドライブをしていると感じることの出来る軽やかさです。

深い緑に中を走る心と気持ちの軽やかさを更に演出してくれるドライブの軽やかさを、このスズキ新型アルトワークスを通して体験することができます。

その理由の一つには軽自動車であるための車両本体重量の軽量な部分であると思います。

山道を走行していてワインディングロードに差し掛かり実際に走ってみると予想以上の良さを感じることができます。

ステアリングハンドル操作も軽やかに反応して動作に移してくれます。

ワインディングロードの多い道でも疲れさせることはなく軽快なドライブを愉しむことができます。

車もきびきびと動作して思ったようなラインを描きながらドライブをすることができますので楽しいドライブを満喫することができるのです。

スズキアルトワークスは全体的にコンパクトカーのスポーツモデルとして多くのドライバーから認知をされているために、その完成度の高さやコストパフォーマンスの良さで人気の一台となったスズキスイフトのスポーツタイプ。

その一味スパイスを追加したような感じの一台に仕上がっていますので、見た目も、乗り心地も快適で楽しい車になっています。

山道や田舎道を満喫した今回のスズキ新型アルトワークスに乗っての実燃費の計測ではリッターあたり23.1キロメートルを記録しています。

新型スズキアルトワークスの田舎道における実燃費:23.1キロメートル

アルトワークス市街地での燃費

1979年に初登場して以来、一貫してブレないコンセプトである“全ての人の移動道具として、生活必需品のひとつとして、また車を必要としている人々のための軽自動車”を改めて感じることができるのがスズキ新型アルトワークスです。

引用:http://www.suzuki.co.jp

引用:http://www.suzuki.co.jp

市街地の中を走行していて、多くのドライバーが様々な生活のシーンにおいてスズキ新型アルトワークスを乗りこなしている姿を見ます。

まさに全ての人の移動道具として、生活必需品のひとつとして、また車を必要としている人々のための軽自動車であることが認識され感じることができます。

スズキ新型アルトワークスはスズキグリーンテクノロジーを採用している一台です。

これは、温室ガスの削減などの環境に配慮をしながらも便利で楽しいカーライフを演出するテクノロジーで市街地走行中は特に実感できます。

ドライビングモードで走行中にブレーキを踏んで停車をするたびに自動でエンジンが停止をします。

そしてブレーキを離せば自動車は再び走行をします。

こうすることで燃費自体の向上や排出ガスの大幅削減、騒音の大幅低減などに貢献をして地球にも優しく、経済的にも易しいドライブの実現をしてくれているのです。

また、夏場はとても気温自体が暑くその影響でスズキアルトワークスの車内もとても暑くなります。

そのような時にはアイドリングストップ中でも冷たい風を送り続けて室温を涼しく保つエコクール機能が全車標準装備されているために、室温上昇による燃費のロスを最小限に抑えることで更なる低燃費に貢献しています。

実際に町の中では信号も多く、渋滞も大変多いためにスズキアルトワークスを含めて多くの車はストップアンドゴーを繰り返しています。

そのなかで、このようにグリーンエンジンを搭載して燃費の向上に貢献している車を乗ってみると、開発当初から代わらない全ての人の移動道具で、生活必需品のひとつであると感じます。

また車を必要としている人々のための軽自動車というスズキアルトワークスのコンセプトは時代が変わっても脈々と引き継がれているのだなと感じることができます。

市街地のドライブを十分に満喫した今回のスズキ新型アルトワークスに乗っての実燃費の計測ではリッターあたり20.9キロメートルを記録しています。

新型スズキアルトワークスの田舎道における実燃費:20.9キロメートル

新型アルト ワークスの値引きの方法については、

「新型アルト ワークス 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にアルト ワークスを購入して下さい。