新型レジェンド 納車ブログまとめ!

レジェンド

2016年の新型レジェンドの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは2016年の新型レジェンドの納車に関するブログのデータをまとめています。

話題沸騰、でもないし、かといって「評価に値せず」などと揶揄されてもいないビッグセダン。

それではちょっとかわいそうなレジェンドですが、実際の納車してみて分かったその正体を、レポート形式でまとめてみましょう。

pic-feature011

引用:http://www.honda.co.jp/F6B/







走りは好評

 

●とにかく、走っていない!

ディーラーで契約する際に営業マンが「実車は見たことないんです」と宣うのには愕然!と、そのあと納得!全く走っていませんね。

自分が納車されて、地域ナンバーワンならぬオンリーワンだということを認識いたしました。

ですが、意外にも視線を感じません。

アコードに似ているせいでしょうか?リアビューは全く違うんですが…

img_351d8ee5b64f603d30a410ada5f58d862406691

引用http://webcg.ismcdn.jp/mwimgs/3/5/660/img_351d8ee5b64f603d30a410ada5f58d86240669.jpg

●良かったのは「故障なし」で10,000kmドライブしていること。

大型車は何かと故障する、と聞いています。

Eクラスも電気系統のトラブルが多いと小耳にはさんでいます。

ホンダディーラーに尋ねたところ、高級車であればあるほど、先進技術をふんだんに搭載していることから、結果的にムリクリ詰め込んだ電子部品のどこかでフリーズすると、全てに影響するのだとか。

レジェンドはその点全く通常走行です。

c71da2ef-c7ef-46ba-b057-29e76d6fe714_20-2014-acura-rlx-tech-pkg-luxury-dad-sedan-2014-acura-1

引用:https://s1.yimg.com/bt/api/res/1.2/T7YCeqRaehUdV1T8sa0KbA–/YXBwaWQ9eW5ld3NfbGVnbztmaT1pbnNldDtoPTQxMTtpbD1wbGFuZTtxPTc1O3c9NjAw/http://l.yimg.com/os/publish-images/autos/2013-10-10/c71da2ef-c7ef-46ba-b057-29e76d6fe714_20-2014-Acura-RLX-Tech-Pkg-luxury-dad-sedan-2014-acura-.jpg

●唯一の弱点は「ナビ」ですね。ホンダのインターナビは「スマートフォン」で使うのなら良いのですが、レジェンドのナビシステムの場合は全く使えないです。

実は、この点は販売店でも自信ないような返答ばかりで、嫌~な予感がしていたんですが、納車後に使ってみるとルート設定の前にルートが「オールドマップ」でどうにもならない。

もったいないですね。

おそらくアメリカで使うように考えられているんですかね?ある程度顧客が集まらないと、車は良くてもナビ本体はイイモノが付かないんでしょうか?

sporthybrid1

引用:https://www.acura.ca/Content/acura.ca/en/2016/rlx/rlx_sport_hybrid_elite_10133/GenericContent_SubSection/20/SportHybrid.jpg

●走りは凄いと思います。なんといってもスルスルと滑り出すような独特の感触はさすが高級車なんだなあ、と思いました。

V6 3.5Lに200馬力でようやくアメリカンセダンと言えるんですが、昔所有していたビュイックとは雲泥の差ですね(古すぎですか)。

2016-acura-rlx_100512887_h1

引用:http://images.hgmsites.net/hug/2016-acura-rlx_100512887_h.jpg

●今までに味わったことのない感覚です。新しい車が出ると、どうしても試乗したくなり、スカイラインのステップバイワイヤにも感激しました。

が、このレジェンドはさらに先を進んでいますね。

なんといっても、雲の上を滑っているような走り。

ほとんど自動運転が可能というのも素晴らしいのですが、ステアリングを左右に振る角度さえ、しっかりとコントロールされているようで、自然な動かし方が身に付きます。

2016-rlx-interior-with-technology-package-with-seacoast-interior1

引用:http://www.pohankaacura.com/resrc/media/image/268361/2016-rlx-interior-with-technology-package-with-seacoast-interior.jpg


オーナーの満足度は高い

●割と外車を所有している方が多い職場近くに通っています。

地下駐車場でレジェンドを停めていると「いい車ですね」と声を掛けていただけます。

特にバックランプの形状ですか、褒められますね。

いろいろと尋ねられることも多く、しばし車談義で盛り上がりますね。

●価格を聞くと、驚かれる方が多いですね。

600万円台でこれだけの装備、これだけのクオリティ、バーゲン価格?と言われますよ。

スタイリングは次期型でかなり手を入れる、と噂されていますが、このままの方がいいと思うんですがね…

acura-interior-808x4551

引用:http://s3.amazonaws.com/wheelsca/wp-content/uploads/2014/10/acura-interior-808×455.jpg

●オーディオは残念ながらいまいちのような気がしますね。

圧倒的なパワーという点ではおとなしい。

ハイブリッド車なんで、もう少し迫力のあるサウンドが楽しめると良いのですが。

●高速道路を走るだけでは物足りない。

やはり峠道は最高。

何といってもモーター走行からエンジン走行にシフトした途端に、ドカンとパワー全開になるので、気持ちがいいしエンジン音がまた最高ですね。

ドイツ車から買い替える人がいる、というのも分かります。

2015-honda-legend-flagship-sedan-revealed-in-japan-it-s-the-acura-rlx_51

引用:http://s1.cdn.autoevolution.com/images/news/gallery/2015-honda-legend-flagship-sedan-revealed-in-japan-it-s-the-acura-rlx_5.jpg


エンジントラブルが全くない、という点にも注目してみたい

2014-acura-rlx-p-aws-engine1

引用:http://st.motortrend.ca/uploads/sites/42/2013/12/2014-Acura-RLX-P-AWS-engine.jpg

正直言って、オーナー数は非常に少ないのが惜しい、レジェンド。

だが、じわじわと評価が上がっているのは理解できるだろう。

なんといっても、伝統的なV6型エンジン、わかりやすいレイアウト、そしてSUVからミニバンまで広く扱われているだけあって、メカニックにも整備はお手の物だ。

また、ボディーサイズで全幅を大きくしたことで、エンジン内の吸音にも気を使うことが可能になった。

ミリ単位で音をしっかりと吸収できる素材が毎年進化しているし、ボディー剛性にも効果があるということで、軽さが売りの日本車では先進的な使われ方をしている。

また、ホンダの高級車というジャンルがまた面白い。

NSXだけを取り上げてホンダのスポーツカーは…と語ってみたところで、一般庶民には買えそうもないどころか、実車を見ないまま過ごしてしまう可能性も高い。が、レジェンドならなんとか頑張って買うか…という気にさせる。

高そうな車には見えないが、知る人ぞ知る…というところがレジェンドの魅力なのだろう。

カラーリングも多種多彩に富んでいるため、とてもフレンドリーに感じられる一台。ミニバンから乗り換えるというのもいいのではないだろうか?

ホンダのフラッグシップセダン新型レジェンドの値引きの方法については、

「新型レジェンド 値引き術!」で詳しく解説しています。

NSXと同じ技術を搭載したレジェンドを、お得に購入しましょう!

2014-acura-rlx-rear-341

引用:http://st.motortrend.com/uploads/sites/10/2015/09/2014-Acura-RLX-Rear-34.jpg