レクサス 新型RC 試乗レポートまとめ!

Lexus

2016年のレクサス 新型RCは試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは2016年のレクサス 新型RCの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

トヨタ自動車の高級車ブランド「LEXUS」の中で唯一クーペタイプのモデルが「RC」です。

パワフルな3.5リッターV6ガソリンエンジン車とハイブリッド車、そして2.0リッター直噴ターボ車と、プレミアムなスポーツカーに相応しいラインナップとなっています。

そんな新型レクサス「RC」の乗り味はどうでしょうか。

たくさんの試乗レポートから厳選してご紹介します。

どのタイプにするか迷っている方のクルマ選びの参考にどうぞ。







頂点を極めるスポーツクーペ、新型「RC」

img_gallery_01[1]

引用:https://lexus.jp/models/rc/

LEXUSの「エモーショナルな走り」のイメージをけん引するクーペ専用モデル「RC」のラインナップに、,新たに2.0リッター直列4気筒直噴ターボエンジンを津際した「RC200t」が加わりました。

ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大した「Dual VVT-iW」を組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現する差新技術「D-4ST」を採用し、低速域から』強大なトルクを発生させ、滑らかな加速フィーリングを実現し、電子制御8速あTによって、本格的なスポーツドライビングを提供しています。

また、フロントパフォーマンスダンパーを標準装備し、ハンドリング特性をシャープにすることで高い操縦安定性を確保しています。

「RC200t”F  SPOR”T」には、後輪左右の駆動トルクを適切に配分し、高い走破性と優れた操縦安定性を実現するトルセンLSDならびに専用オレンジキャリパー(フロント・リヤ/フロントLEXUSロゴ)をオプション設定しています。

img_gallery_11[1] img_gallery_13[1]

引用:https://lexus.jp/models/rc/

今回、一部改良が行われた新型レクサス「RC」のラインナップは、電子制御8速トランスミッションと3.5LV型6気筒DOHCエンジンを搭載する「RC350」、電気式無段変速機に2.5L直列4気筒DOHCエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドモデル「RC300h」が設定され、それぞれに上位グレード「バージョンL」、スポーティーな装いの「Fスポーツ」が用意されています。

エクステリアは、「アヴァンギャルド・クーペ」をテーマに、フロントからキャビン、リヤへと連続する一体感のあるダイナミックなプロポーションと、クーペならではの流麗な佇まいが融合し、今や「LEXUS」の代名詞となったスピンドルグリルを起点にワイド&ローのフロントビューと、大きく張り出したホイールフレアで強調したタイヤの存在が、俊敏な運動性能を連想させます。

さらにフロントとリヤのL字型に発光するLEDランプが、確かに「LEXUS」であることを印象付けています。

インテリアでは、ドアトリムとコンソールリッドに同じ形状のパーツを組み合わせ、その中に金属や革調素材を織り込むことで、深みのあるエレガントさを表現しています。

また、オーナメントパネルの裏側から上方に発光する「アンビエントイルミネーション」が、「LEXUS」では初めて採用されました。

安全面では、走行中、ドアミラーでは確認しにくい後後方の車両や隣接する車線の最大60m後方までもモニターする「ブラインドスポットモニター」や、駐車場などでの後退する際、左右後方から接近してくる車両をBSMレーダーにより感知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーでドライバーに注意を喚起する「リヤトラフィックアラート」が採用されています。

ボディカラーは、新型レクサス「RC」のイメージカラーである「ラディアンレッドコントラストレイヤリング」を含む全10色が用意されています。

グレード体系と車両価格は次の通りです。

引用:https://lexus.jp/models/rc/


レクサスRC200t”F SPORT”試乗レポート

さっそく試乗レポートをご紹介しましょう。

まずは、新登場の「RC200t」からどうぞ。

img_3a47822e6e222c22e8b4fc62a5033376100252[2]

引用:http://www.webcg.net/

レクサスのスポーツクーペ「RC」に、2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載する「RC200t」が登場しました。

新型「RC200t」は、RCシリーズの中では純粋な追加モデルとなっており、「RC350」や「RC300h」に続いてラインナップされたモデルになります。

搭載される「8AR-FTS」型2.0L直列4気筒ターボエンジンは、自然吸気3.5リッターエンジンクラスの性能をうたうダウンサイジングターボエンジンで、同じレクサスの「IS」に続き2例目となります。

新型「RC200t」も「NX」や「IS」と同様、総合的な動力性能は「RC300h」の2.5リッターハイブリッドと似たようなレベルではありますが、その走りはパワフルで、ごく低速からキック力では電動動力を使うハイブリッドが優るものの、その直後の過給圧が立ち上がってからは、「RC200t」の方が体感的に力強く速い仕上がりとなっています。

RCのスポーツ風味を重視するなら、「RC200t」により大きな魅力を感じます。

img_c585758e8068189b1b0c88f583eaf89c118853[2]

引用:http://www.webcg.net/

「RC200t」の俊敏志向で姿勢変化の少ないシャシー特性は、RCシリーズ全体に共通する味わいであることから、基本的なサスペンション設定は「RC350」とほとんど変わりないと予測されますが、比較すると、落ち着いた直進性やステアリング操作の決めやすさは確実に向上していて、轍などの路面不整にもいい意味で鈍感で、19インチを履くにしては、意外なほど大人な乗り味でした。

これは、「RC200t」のみに標準装備となった「フロントパフォーマンスダンパー」の効果が大きく作用しているものと考えられます。

ちなみに、この「フロントパフォーマンスダンパー」をオプション装着した「RC350”F SPORT”」とはかなり味わいが異なり、総合的な乗り心地は、静粛性も含めて「RC200t」の方が快適で穏やかでした。

この種の高級クーペにあえて”スポーツカーの味わい”を求めるなら、別格の「RCF」を例外とすれば、現時点ではこの「RC200t」が最有力です。「RC」としては価格も安く、モデルチェンジ間近の「日産スカイラインクーペ」は古すぎるし、もはや走りもかなり粗野なものです。


新型レクサス「RC」、「RC350」試乗レポート

3.5ℓV6エンジンを搭載する。レクサスのスポーツクーペ「RC350」の中で、ラグジュアリー仕様の”VersionL”の試乗レポートです。

img_RC350_main[1]

引用:https://gazoo.com/

”F SPORT”にあって”Version L”にないものの中で、いわゆる「乗り味」に直結するのは、スポーツサスペンションと強化ブレーキ、LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)くらいでしょう。それゆえ、ノーマル17インチタイヤが”Version L”では18インチ、”F SPORT”では19インチという違いにもなっています。

「RCF」との決定的な違い、そして「RC350”F SPORT”」とも異なる印象は、走り始めた瞬間に体感できました。

硬いボディにしっかり閉ざされた空間が動き出す、そのような感覚はスポーツ系グレードに似てはいますが、”Version L”では、足元が軽く動き出す感覚がよりいっそう強く、実に”身軽”という感覚でした。その上、路面の変化に対応する足回りの動き方も、滑らかで柔らかい、つまりあたりがソフトなのです。

img_RC350_4_l

引用:https://gazoo.com/

その結果、街乗りでの低速域から中速域において、スポーツタイプの2モデルよりも、ラグジュアリーな乗り心地を実現しています。

路面の凸凹や舗装の継ぎ目を乗り越えた時に、おおむね良好な”乗り味”でした。

当たりがソフトだからといって、けっしてヤワではなく、強いボディと引き締まったシャシーのおかげで、実に楽しいハンドリングマシンという感じです。

今どき、踏んでみたくなる車の存在は、貴重なものです。

→ 新型レクサスRCを値引きから更に50万円安く買う方法!


新型レクサス「RC」、「RC300h”Version L”」試乗レポート

トヨタ自動車の高級車ブランド「LEXUS」に待望のミドルクラスクーペ「RC」が誕生しました。

その中で日本国内で一番人気のモデルが「RC300h」という、熟成されたレクサス・ハイブリッド・モデルとなっています。

”ラジカル・クーペ(RC)”の名にふさわしい走りはどうでしょうか。

img_85ad3151cec396740471302cabb7e870231925[3]

引用:http://www.webcg.net/

新型レクサス「RC」は、3.5リッターV6エンジン搭載の「RC350」、ハイブリッドモデルの「RC300h」、2.0リッター直4直噴ターボエンジン搭載の「RC200t」というラインナップとなっています。

そのうち主力車種と目されるハイブリッド「RC300h」は、発売から1か月で1200台という月間販売目標台数の数十倍の受注となっています。

img_55b3c8b23c01932152960222a71a69cd335482[1]

引用:http://www.webcg.net/

最高出力178ps(131kw)/6000rpm、最大トルク22.5kgm(221Nm)/4200~4800rpmを発揮する2.5リッター直列4気筒エンジンと最高出力143ps(105kw)、最大トルク30.6kgm(300Nm)のモーターを組み合わせたハイブリッドシステムは、「IS300h」や「クラウンハイブリッド」と同一です。

システム最高出力220ps(162kw)となっており、出足はもちろん滑らかで十分に軽快で、ダイナミックで迫力満点のボディスタイルに比べると、おとなしく実用向けのパワートレインとなっています。

加えて、JC08モード燃費23.2km/Lを実現し、環境性能も十分実用的となっています。

ハンドリングや乗り心地などのダイナミックなクォリティも上々で、どこにもゆるみがないようながっちりしたボディとしなやかに動くサスペンションによって、フラットで滑らかな乗り心地と、適切なレスポンスでリニアに反応するステアリングなど、現行のレクサスの中でもベストではないでしょうか。

迫力満点のデザインが気に入り、滑らかで洗練された走行性能を重視する人なら「RC300h」を選んで間違いないところです。

一方、そのダイナミックな外観に見合う活気あふれるパフォーマンスを求めるならば、V6モデル「RC350」の方がいいでしょう。

まとめ

img_gallery_08[1]

引用:https://lexus.jp/models/rc/

いかがでしたか。

新型レクサス「RC」には、スポーティ指向でパワフルな「RC350」、2.0リッターながら軽快でパワーあふれる直噴ターボエンジンを搭載する「RC200t」、洗練された走りとけ財政に優れたハイブリッド車「RC300h」と、目的のに応じて選ぶことのできるラインナップとなっています。

加えて、ラグジュアリー感あふれる”バージョンL”、スポーティモデル”Fスポーツ”と、特徴のあるグレードも用意され、選ぶ楽しさが増しています。

さて、あなたはどのタイプを選びますか。