新型キューブ 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

キューブ

新型キューブの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型キューブの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。







新型キューブ 価格・値段はいくら?

キューブは、男女ともにほしいクルマの上位ランキングを占める、人気車種であるのに、8年以上もモデルチェンジがなされておらず、その動向に、注目するのはキューブファンのみならず、多くの人が関心を寄せています。

新型キューブに期待されるのは、低燃費であること、そしてトヨタシエンタ、ホンダフリードに対抗する3列シートです。

cube098

引用:https://goin.jp/9036

同一車線自動運転のセレナに話題の集まるニッサンですが、新型キューブにハイブリッドは搭載されるのか、エマージェンシーブレーキは標準装備となるのか、時代の流れの中、その行方が気になるところです。

パワートレインについては、ノートのモデルチェンジの例から見て、直列3気筒 DOHC 1.2L直噴スーパーチャージャーの搭載になるのではないかともいわれています。

価格は170~215万円と予測されています。


キューブグレード別価格

◆15G(2WD):1,987,200円

【主な装備】

・バイキセノンヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベライザー付き)

・フロントフォグランプ

・オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付き)

・本革巻き3本スポークステアリング

cube099

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/grade_outline.html

・インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付き)

・6スピーカー(フロントツイーター×2、フロント×2、リア×2)

・メッキインナードアハンドル

・アシストグリップ(運転席、助手席、後席)

・195/55R16 87Vタイヤ&16インチアルミホイール

・ファインビジョンメーター&メーター内ディスプレイ(燃料表示機能、デジタル時計、航続可能距離、外気温度計)

・運転席・助手席SRSエアバッグシステム

・SRSカーテンエアバッグシステム

cube091

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/grade_outline.html

ボディカラーはライトジンジャー。

スタイリッシュガラスルーフ(UVカット機能付プライバシーガラス)+SHOJIシェード&ロールブラインド(手動格納式)+ルーフアンテナ(可倒式)はメーカーオプション。

◆15X V セレクション(2WD):1,782,000円

【主な装備】

・最適配光マルチリレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベライザー付き)

・フロントフォグランプ

・オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付き)

・本革巻き3本スポークステアリング

・インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付き)

cube100

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/grade_outline.html

・4スピーカー(フロント×2、リア×2)

・メッキインナードアハンドル

・アシストグリップ(助手席、後席)

・175/65R15 84Sタイヤ&15インチフルホイールカバー)

・ファインビジョンメーター&メーター内ディスプレイ(燃料表示機能、デジタル時計、航続可能距離、外気温度計)

・運転席・助手席SRSエアバッグシステム

cube092

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/grade_outline.html

ボディカラーはスオミブルー/ブリリアントホワイトパール2トーン〈特別塗装色〉。

◆15X(2WD):1,620,000円

【主な装備】

・最適配光マルチリレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベライザー付き)

・本革巻き3本スポークステアリング

・マニュアルエアコン(ダイヤル式)

・2スピーカー(フロント×2)

・インナードアハンドル

・アシストグリップ{助手席)

・175/65R15 84Sタイヤ&15インチフルホイールカバー)

・ファインビジョンメーター&メーター内ディスプレイ(燃料表示機能、デジタル時計、航続可能距離)

・運転席・助手席SRSエアバッグシステム

cube093

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/grade_outline.html

ボディカラーはビターショコラ/ブリリアントホワイトパール2トーン〈特別塗装色〉。

◆アクシス(2WD):1,868,400円

【主な装備】

・専用フロントグリル

・専用フロントバンパーグリル

・専用エンブレム(AXIS/AUTECH)

・フロントフォグランプ

・専用本革シート(パイピング付き)

・メッキインナードアハンドル

cube094

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/grade_outline.html

ボディカラーはビターショコラ。専用16インチアルミホイール&195/55R16 87Vタイヤはオーテック扱いオプション。

◆ライダー(2WD):1,965,600円

◆ライダーパフォーマンススペック(2WD):2,138,400円

【主な装備】

・専用フロントグリル

・専用フロントバンパー

・専用バンパーグリル

・専用サイドシルプロテクター

・専用リアバンパー

・専用エンブレム(AXIS/AUTECH)

cube084

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/grade_outline.html

・専用6インチ光輝アルミホイール(16×6J)、インセット:42、P.C.D:100(4穴)

・専用フィニッシャー〈シルバー色〉エアコン吹き出し口(センター×2+左右)

・専用シート地(格子柄ニット)

・インテリジェントエアコンシステム{ワンタッチクリーンスイッチ)

・メッキインナードアハンドル

パフォーマンススペックとは専用チューニングがされており、ボディの剛性が高く走行性がより高いグレードです。

ライダーに比べてライダーパフォーマンススペックは全高と最低地上高が10cm低く、車両総重量が10kg重くなっています。

cube095

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/grade_outline.html

ボディカラーはブリリアントホワイトパール〈特別塗装色〉。

専用LEDデイタイムランニングライトはオーテック扱いディーラーオプション。

◆ライダーブラックライン(2WD):2,073,600円

【主な装備】

・専用ダーククロムフロントグリル

・専用フロントバンパー

・専用ダーククロムバンパーグリル

・専用サイドシルプロテクター

cube083

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/grade_outline.html

・専用リアバンパー

・専用ダークエンブレム(Rider/AUTECH)

・専用6インチ光輝アルミホイール(16×6J)、インセット:42、P.C.D:100(4穴)

・専用フィニッシャー〈シルバー色〉エアコン吹き出し口(センター×2+左右)

・専用シート地(格子柄ニット)

・インテリジェントエアコンシステム{ワンタッチクリーンスイッチ)

・メッキインナードアハンドル

・バイキセノンヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベライザー付き)

・専用ルーフスポイラー
cube096

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/grade_outline.html

ボディカラーはスーパーブラック。

専用LEDデイタイムランニングライトはオーテック扱いディーラーオプション。

以上が現行キューブのグレードと価格、主な装備でした。


新型キューブ 価格まとめ

スペック、装備から見るキューブの価格は、トヨタシエンタとくらべても、決して高くありません。

むしろシエンタ(G:1,980,327円)よりも最高出力、最大トルクがやや上回っているくらいです。

エクステリア、インテリアデザインでも、人気はキューブがだんぜん優位です。

cube097

引用:https://goin.jp/9036

ただ、日産が大きく出遅れているという、ハイブリッドグレードのラインナップがないというのは、キューブにとっては痛手だと言えるでしょう。

ライバル車との比較では、燃費が大きな判断材料となりそうです。

とはいえ、キューブファンのキューブ愛は相当なものですので、ライバルなんて目じゃないかも知れませんね。

もうずっとモデル末期なキューブ、今なら大幅な値引きが期待できます。

新型キューブの値引きの方法については、

「新型キューブ 値引き術!」で詳しく解説しています。