新型フーガ 口コミ評価 評判まとめ

フーガ

2016年の新型フーガにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは2016年の新型フーガの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

外観の一新や安全装備の強化などのマイナーチェンジを行った日産「フーガ」は、2種類のV6エンジン車とハイブリッドをラインナップを充実し、日産自動車のフラッグシップモデルとして大きく飛躍を果たしました。

高級スポーティセダン「フーガ」の魅力とオーナーの皆さんの評価をご紹介します。







新型「フーガ」、どのように変わったか

82_dl00005998411

引用:http://www.nissan.co.jp/FUGA/

団塊の世代には永遠の憧れだった日産「セドリック」「グロリア」の後継車種として登場した「フーガ」も2代目となりました。

セダンの本質的な魅力である「走・美・快」の最高峰をめざし、着実に進化を続けながら、今回、エクステリアデザインの刷新や最先端の安全装備を充実するマイナーチェンジが行われました。

エクステリアデザインは、フロントとリやのデザインを一新し、プレミアムセダンの高級感とスポーティな躍動感を高次元でバランスさせ、その際立つ存在感をさらに進化させました、

フロントは、特徴的なシグネチャーを持つ新形状のLEDポジショニングランプを備えたLEDヘッドランプと、立体感とシャープさを際立たせたピアノブラック塗装のウェーブメッシュを採用したフロントグリルでプレミアム感と精悍さを表現。

リアデザインもヘッドランプと同じく特徴的なシグネチャーを用いた高い質感のLEDリアコンビネーションランプ、新形状のリアトランクリッドとリアバンパーにより、ワイド感と安定化のあるプレミアムカーに相応しいデザインとなりました。

さらに、従来のニッサンのエンブレムから、に産の高級車ブランド「インフィニティ」のエンブレムをフロントリアに装着されました。

安全面では、全方位運転支援システムとして、スカイラインで初めて採用したPFCW(前方衝突予測警報)をはじめ、約60km/hでも衝突回避が可能な「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」など、前方、側方、後方すべてに採用し、「MOD(移動物検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」を全グレードに標準装備しました。

photo_01

引用:http://www.nissan.co.jp/FUGA/

パワートレインには、VVEL(バルブ・作動角リフト量連動可変システム)を採用した3.7LV型6気筒DOHCエンジン(333ps)と、2.5LV型6気筒DOHCエンジン(225ps)が用意され、基本的には全車2WD(FR:後輪駆動)となっていますが、3.7Lにはフルタイム4WDも設定されています。

すべてマニュアルモード付フルレンジ電子制御7速ATトランスミッションが組み合わされています。

また、3.5Lハイブリッド用V6エンジン「VQ35HR」(306ps)とモーター(68ps)を組み合わせ、日産独自のハイブリッドシステム「インテリジェント・デュアル・クラッチ・コントロール」を採用したハイブリッドモデルも用意されています。

リチウムイオンバッテリーを搭載し、出力特性に合わせて変速特性を最適化したマニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションを組み合わせることで、トップクラスの低燃費18.0km/L(JC08モード)を実現しています。

65_dl00005656631

引用:http://www.nissan.co.jp/FUGA/

グレードのバリエーションは、V6エンジン車では、ベースグレード「GT」、専用フロントバンパー、20インチアルミホイール、スポーツチューンドサスペンションなどを装備するスポーツグレード「タイプS」。

コンフォートサスペンションや銀粉を手作業で刷り込んだ特殊加工を施した本木目パネル、セミアニリン本革シートなどを装備する上級グレード「VIP」が用意されています。

ハイブリッドでは、ベースグレード「ハイブリッド」及び上級グレード「VIP」が設定されています。

さらに、専用アイテムでスタイリッシュに仕上げられた特別仕様車「クールエクスクルーシブ」が全タイプに設定されました。

エクステリアにがガラスフレークによる上品な艶を放つミッドナイトブラックグリルが採用され、ダイナミックでエレガントな印象を強調。

インテリアには、ストーンホワイトの本革シートとブラックのトリムを組み合わせた専用のハイコントラストインテリアを採用し、BOSEサウンドシステムを標準装備し、都会的なモダンさとエレガントな上質さを演出しています。

photo_081

引用:http://www.nissan.co.jp/FUGA/


新型「フーガ」、価格は

photo_02

引用:http://www.nissan.co.jp/FUGA/

車両価格は次の通りです。

◆ハイブリッド車

・HYBRID(2WD)

6,270,480円

・HYBRID VIP(2WD)

6,939,669円

◆V6エンジン車

・250GT(2WD)

4,775,760円

・250VIP(2WD)

5,196,549円

・370GT(2WD)

5,088,960円

・370VIP(2WD)

6,118,869円

・370GT TypeS(2WD)

5,687,280円

・370GT FOUR(4WD)

5,304,960円

◆特別仕様車「クールエクスクルーシブ」

・HYBRID CoolExclusive

6,794,280円

・370GT TypeS CoolExclusive

6,211,080円

・370GT CoolExclusive

5,621,760円

・250GT CoolExclusive

5,299,560円

・370GT CoolExclusive

5,828,760円

→ 新型フーガを値引きから更に50万円安く買う方法!


新型「フーガ」評判はどう

708_dl0000565746

引用:http://www.nissan.co.jp/FUGA/

では、ここからは新型「フーガ」に対する評価・評判をご紹介していきます。

■正統派スポーツセダン

【エクステリア】

外観は好みの問題なので省略します。

塗装はスクラッチシールドという特殊な塗装で、洗車機を通しても軽い洗車傷は復元して良好な状遺体を維持していました。

【インテリア】

セミアニリン革シート、銀粉を刷り込んだ本木目パネルなど内装の質感は、同じような価格帯のクルマの中でもトップクラスでしょう。

【エンジン】

今となっては希少なV6、3700ccという大排気量エンジンは、伝統的なNAエンジンのフィーリングで、高回転まで気持ちよく回ります。

パワフルでよくできたエンジンですが、エンジン音はそれなりに車内に入ってくるセッティングなので静粛性を求める人にはうるさく感じるかもしれません。

【乗り心地】

乗り心地はいいです。スポーツセダンとしては、コストパフォーマンスを含めて非常によくできた車だと思います。

82_dl00005656641

引用:http://www.nissan.co.jp/FUGA/

■猛禽類のイメージ

【エクステリア】

マイナーチェンジし、文句なしの外観です。

【インテリア】

素晴らしいの一言。

レクサスLSやクラウンに乗っている人も、フーガの内装はすごいと言っていました。

【走行性能】

踏み込むと怖いくらい加速します。

フーガはスポーティさをうまく出していると思います。

【乗り心地】

多少硬めですが、高速走行でも怖さは全くなく、踏み込身を抑える自制心が必要です。

やはり設計は古いと感じる部分があります。

ヘッドアップディスプレイやオートクロージャーといった上級車種にある装備やスマホ関連、ナビ関連の装備が欲しいです。

708_dl0000567033

引用:http://www.nissan.co.jp/FUGA/

■前期型との比較では

外見はあまり変わらないし、スカイラインにあまりにも似ていて、この価格では厳しそうです。

次期モデルに期待します。

82_dl00005998352

引用:http://www.nissan.co.jp/FUGA/

■価格はかなり高いです。

競合車と比較すると割安感を感じさせる部分もあり、考え方によっては車格や性能から見て安いともいえるのですが、プレミアムインテリアパッケージやBOSEサウンドシステムなどを装備すると600万円近い価格になってしまいます。

簡単には手の届くクルマではありません。

82_dl00005656621

引用:http://www.nissan.co.jp/FUGA/

■前車250GTと比べると、改良型で細かな品質向上がなされています。

エンジンに余裕があり、走行安定性も非常に高く、20インチながら乗り心地もいいと思います。

改良型で、ホワイトパール、ブラックレザー、サンルーフの組み合わせは全国の子の一台しかありません。

乗り換えて大正解でした。


まとめ

photo_041

引用:http://www.nissan.co.jp/FUGA/

概ねオーナーの皆さんは良好な評価をしていらっしゃいますが、やはり価格・燃費(ガソリン車)などで辛口の評価が出ています。

内外装の質感の高さと安全装備は、他のライバル車とは格段の差が出ていますから、コンパクトカー並みの良好な燃費を実現するハイブリッドモデルに、人気が集まるのは当然だと思います。

それにしても、新型「フーガ」はよきに付け悪しきにつけ、注目を集める一台です。

一度お試しあれ。