新型デリカD5 色・カラー紹介!人気カラーは?

デリカD5

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型デリカD5の色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型デリカD5の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

スポンサーリンク

新型デリカD5のボディカラー全色紹介

引用:https://kakaku.com/item/70100410131/

新型デリカD5はディーゼル仕様とガソリン仕様とに大別されますが、このうち2019年2月15日にビッグマイナーチェンジを受けたのはディーゼル仕様のみです。

ガソリン仕様は従来のままとなっています。

そしてディーゼル仕様はノーマルバージョンに加えて外装に専用のフロントメッキグリルやフロントバンパーなどを装備した「URBAN GEAR」が用意されています。

ディーゼル仕様のボディカラーはノーマルバージョンが8色、URBAN GEARが3色用意されています。

ただしURBAN GEARのアイガーグレーメタリックはノーマルバージョンだとモノトーンでは用意されず、スターリングシルバーメタリック、ブラックマイカ、エメラルドブラックパールとの2トーンになります。

そのためディーゼル仕様の9色のボディカラーが存在することになります。

■ウォームホワイトパール

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

ウォームホワイトパールは新型デリカD5に用意されているボディカラーの中では最も上品だと思います。

あまりワイルドなイメージはないので、オンロードユースが中心でなおかつラグジュアリーな雰囲気が欲しい人におすすめです。

なおウォームホワイトパールはノーマルバージョン、URBAN GEARの両方で選択することができます。

有料色なので4万3,200円高となります。

■ブラックマイカ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

ブラックマイカはマイカ(雲母)が入っているので、黒真珠のような滑らかな輝きがあります。

こちらもウォームホワイトパールのように、どちらかというとオフロードのイメージよりもリムジン的なイメージを想起させます。

シックな高級感を求める人にはよいでしょう。

なおブラックマイカはノーマルバージョン、URBAN GEARの両方で選択することができます。

■アイガーグレーメタリック

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/exterior/

アイガーグレーメタリックは後ほど紹介するスターリングシルバーメタリックに比べると濃く、ブラックマイカに比べると薄い色味となっています。

寒色系の色が好みだけれどブラックマイカだとややイカつ過ぎるので抵抗がある、という人にアイガーグレーメタリックはちょうど良いかもしれません。

なおアイガーグレーメタリックはURBAN GEARのみで選択することができます。

ノーマルバージョンでは2トーンカラーでしか選択することができません。

■スターリングシルバーメタリック

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

いわゆる灰色で、新型デリカD5に用意されているボディカラーの中では最もシンプルで地味だと思います。

ボディカラーであまり目立ちたくないという人はスターリングシルバーメタリックにしておくのが無難かもしれません。

なおスターリングシルバーメタリックはノーマルバージョンでしか選択することができません。

■エメラルドブラックパール

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

エメラルドブラックパールは、ブラックマイカに比べると少し明るめのブラックです。

見る角度によっては深緑に見えることもあります。

アイガーグレーメタリックはやや道具感、ギア感を感じさせる色味なので、ダーク系の色が好みの人でブラックマイカはイカつい、アイガーグレーメタリックは上品さに欠けると感じる人はこのエメラルドブラックパールを検討してみてください。

なおエメラルドブラックパールはノーマルバージョンでしか選択することができません。

有料色なので4万3,200円高となります。

■ウォームホワイトパール×スターリングシルバーメタリック

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

新型デリカD5には4つの2トーンカラーが用意されていますが、4つの中で最も明るい色味なのがこのウォームホワイトパール×スターリングシルバーメタリックです。

2トーンカラーといってもスターリングシルバーメタリックの部分は1割程度で、ほとんどがウォームホワイトパールとなっています。

そのためウォームホワイトパールの単色ではちょっとつまらない、何かアクセントが欲しい、という場合におすすめとなります。

なおウォームホワイトパール×スターリングシルバーメタリックはノーマルバージョンでしか選択することができません。

有料色なので4万3,200円高となります。

■スターリングシルバーメタリック×アイガーグレーメタリック

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

スターリングシルバーメタリック×アイガーグレーメタリックは、ノーマルバージョンに用意されているアイガーグレーメタリックを使った2トーンカラー3色のうちの1つです。

URBAN GEARではモノトーンカラーとして用意されているアイガーグレーメタリックですが、ノーマルバージョンでは2トーンカラーでしか選択することができません。

アイガーグレーメタリックを使った2トーンカラーとしてはこのボディカラーが最も明るい色味となります。

なおスターリングシルバーメタリック×アイガーグレーメタリックはノーマルバージョンでしか選択することができません。

有料色なので4万3,200円高となります。

■アイガーグレーメタリック×ブラックマイカ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

アイガーグレーメタリック×ブラックマイカは、この後に紹介するエメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリックと並んで同系統の濃い寒色系の色同士の2トーンカラーとなっています。

寒色系の色のモノトーンではやや物足りない、少し遊びが欲しいという人におすすめです。

なおアイガーグレーメタリック×ブラックマイカはノーマルバージョンでしか選択することができません。

■エメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリック

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

エメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリックはアイガーグレーメタリック×ブラックマイカと並んで寒色系の色同士の2トーンカラーですが、アイガーグレーメタリック×ブラックマイカに比べるともう1つ色味がダークになります。

エメラルドブラックパールのモノトーンに比べると足元が引き締まっている印象を受けます。

なおエメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリックはノーマルバージョンでしか選択することができません。

有料色なので4万3,200円高となります。

なおガソリン仕様の新型デリカD5は2019年2月のビックマイナーチェンジの対象にはなっていませんが、ボディカラーについて紹介しておくと、アイガーグレーメタリック×ブラックマイカ、ブラックマイカ、ウォームホワイトパールの3色となっています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_gasoline/grade/g_limited_package.html

スポンサーリンク

新型デリカD5の内装色

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/delica_d5/newmodel-5002201/photo/0034.html

新型デリカD5の内装色ですが、まずノーマルバージョンはベージュとブラックの2つが用意されています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/grade/p.html

ただしブラックの内装を選べるのはP、G-Power Package、Gの7人乗りで、Mでは選ぶことができません。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/grade/g_power_package.html

シート素材はファブリックが標準装備となりますが、P、G-Power Package、Gの7人乗りでブラックの内装を選んだ場合に限り本革シートをオプションで装備することができます。

URBAN GEARの内装色はブラックのみです。

そしてノーマルバージョンでは茶色の木目調パネルが使われているのに対してURBAN GEARは青色のマーブル調パネルが使われています。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/grade/g_power_package.html

シート素材はこちらもファブリックが標準となりますが、G-Power Package、Gの7人乗りに限り本革シートをオプションで装備することができます。

スポンサーリンク

新型デリカD5の人気カラーのまとめ

引用:https://gqjapan.jp/car/review/20190103/mitsubishi-delica/page/2

以上、新型デリカD5のボディカラーと内装色について紹介しました。

新型デリカDはかつてのデリカスターワゴンやデリカスペースギアと違い、オフロードテイストの強いミニバンというよりは都市型SUVタイプのミニバンへコンセプトを変えました。

オフロードテイストが薄まっているのは、大型のメッキグリルなどを見てもよくわかります。

ボディカラーもそれにふさわしく上品な色味となっていますし、数も豊富に用意されていますので好みに合ったものが見つけやすいと思います。

なおボディカラーはパソコンやスマホの画面で見るのと実車で見るのとでは見え方が多少異なります。購入を考えている人は必ず実車のボディカラーを自らの目で確かめるようにしてください。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク