新型ヴォクシー 煌2 納車ブログまとめ!

トヨタ

新型ヴォクシー 煌2の納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは新型ヴォクシー 煌2の納車に関するブログのデータをまとめています。

2016年はミニバンの当たり年です。

上半期は主だったニュースはなかったものの、トヨタのヴォクシー、ノア、エスクァイアのマイナーチェンジに端を発し、日産セレナの満を持してのフルモデルチェンジ。

そして下半期はコンパクトミニバンのホンダフリードがフルモデルチェンジを迎えます。

ハイブリッドか、ミニバンか、それともハイトワゴン軽か?

多くのユーザーがこのどれかを選択する日本市場ですから、納車されてくるミニバンの実車走行は大変参考になります。

まとめてみました。







おじさんが、おじさん臭い車なんて乗れない!だから、ZS

detail_selection_exterior_18[1]

引用:http://www.modellista.co.jp/product/voxy/special/modelllista_selection/index.html

○50代後半の男性。

レビン・トレノ(いわゆるAE86)からスタートし、マツダ、三菱、スバルと乗り継いで、BMWまで乗りました。

ヴォクシーはことのほか満足。

納車されてみて、ほとほと自分が今までの車歴を完全に無視しているなwと感じました。

要は、車としての出来は各社それなりに向上しているんですが、自分が年を取って、運転が楽な車を選んでしまったな、ということなんですね。

でも、そうかといってコロナ(アリオン)に乗れますか??

いい年しておじさん車は嫌だ!刺激が退化しちゃいますよ。

そうそう、3列目シートは収納も出すのも楽。

7人乗りを4人で乗ると親も子供も実にハッピー。

2列目シートをかなり下げても荷物スペースがかなりありました。

驚きですね。

わんこが真っ先に乗った。だから買った

carlineup_voxy_safety_tssc_2_04_pc[1]

引用:http://toyota.jp/voxy/safety/tssc/

私は2匹のボーダーコリー犬を伴っての旅行を楽しみにしています。

家族3人に犬2匹、2列目のシートを思いっきり下げて、広い空間にゲージを置けるのはやっぱり、ヴォクシーだけでしたね。

納車後、真っ先に車に乗ったのがわんこたちでした。

車高が低いからプードルでも大丈夫でしょう。

同じハイブリッドカーでも、プリウスはつらかったですね。

やっぱり狭いのは犬にとっても苦痛なんでしょう。

時々ブルブルと首を振りましたが、そのたびに犬の毛が飛んで困りました。

このヴォクシーなら、コリーたちにも好評です。

ブラックのヴォクシーから颯爽とボーダーコリーが2匹下りてくると、結構注目を浴びていい気持ちなんですよ。

納車までひと月。シエンタは半年待ちだった

carlineup_voxy_interior_dop_navi_2_52_pc[1]

引用:http://toyota.jp/voxy/interior/dop_navi/

実はシエンタが欲しかったんですよ。

なんといっても独創的なスタイリング。

今までにない幾何学的なカタチですね。

でも、半年待ちというバックオーダーには萎えました。

いくら何でも半年先は待てません。

商談中は意外にもわからなかったんですが、この車はほぼ5ナンバーサイズなんですね。

それも前の70系より天井が低くなったとか。

そのおかげなのか、今まで乗っていたエスティマよりも安定感があるようです。

ひと月で納車というのは、ちょっと驚きましたね。

煌Ⅱは人気車種と聞いていたので。

でも、カラーリングはほぼ2色で90%もの受注状況とのこと、前倒しで生産してくれていたようです。

おかげで夏の行楽シーズンに間に合いました。

ZS“G’s”が欲しかった。でも、足回りが硬めと聞いて嫁が反対

carlineup_voxy_style_03_pc[1]

引用:http://toyota.jp/voxy/style/

ノアにするか、それともG’sにするか迷いました。

いかつい顔の車はマイルドヤンキーみたいだ、と嫁に酷評されましたよ。

まあ、笑うしかなかったですがね…

ですが、子供たちは普通に育ったのにマイルドヤンキーになっていた(笑)らしく、子供の意見でZSに決定。

なんでも、今の子供たちは角ばったデザインが好きらしく、抵抗感がないんですね。

ただ、G’sは「仕事の車みたいだ」と酷評されました。

そこで敢えてアイスチタニウムマイカメタリックを契約。

夕刻にドライブに行きましたが、かっこいい、と子供たちが声を揃えましたよ。

嫁もこれなら運転できる、と宣いました(笑)。

足回りが硬め。という話でしたが、実際に乗ってみて「若干硬いかな」というのはありましたね。

ただ、車高が低いとはいってもそこはミニバンですから、しっかりしたサスになっていますよ。

ふわふわしていない、という意味をやっと理解できた程度ですが。

ブラッキッシュ アゲハガラスフレーク、この色にしてよかった

carlineup_voxy_performance_hv_system_2_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/voxy/performance/hv_system/

納車の際に、実車を初めてみることになっていたので、ものすごくドキドキでしたね。

ミニバンって結局みな大きな箱で、道具ですから、外回りの色くらいしか主張するところはないでしょう?

私にとっては、セレナもステップワゴンも見分けが付かんのですよ。

ですが、エスクァイアは子供たちが嫌だ、と言いましたね。

なんだかギリシャの神殿みたいな顔だから…と言います。

ノアだと、ダサい、ってこれまた辛辣なんですわ。

その代わり、内装はピアノブラック一色でしょう?

まあ、夏は暑いかもなあ、と思っていたらやはり暑い。

ハイブリッドですが、エアコンがんがんで渋滞にはまってひやひやしましたね。

ただ、車外にでて、ボディーの塗装を見たら、そういえばブラックじゃないんだった…と。

アルファードが欲しかったけど、運転が怖くてやめた

carlineup_voxy_safety_passive_2_03_pc[1]

引用:http://toyota.jp/voxy/safety/passive/

アルファードって、ミニバンのレクサスかクラウンみたいなものなんで、一度は乗ってみたかったですね。

でも、大きいんですよサイズが。

車庫入れも面倒なくらい切り返しが必要だし。

だから、あれぐらいゴージャスでなおかつコンパクトに仕上がっている、となればヴォクシーZSのほかはないと。

エンジンもハイブリッドにしなくても16km/Lは走りますから、十分。それもレギュラーガソリンでしょう?

問題ないじゃないですか。

ハイブリッドとの価格差は40万円でしたが、3年で車を乗り換えているので、ガソリン車で十分と踏みました。

実際、ガソリン価格も結構下がっていますし。

それにアイドリングストップがあるので、静かなのがいいですね。

期待通りの出来。価格が安いと感じるか高いと感じるかは千差万別

IMG_0907[1]

引用:http://smts.co.jp/app-def/wordpress/wp-content/uploads/2016/07/IMG_0907.jpg

安全性能、ボディー剛性、そしてオートクルーズ + オートパイロット機能が2016年のワンボックスの新たな選択条件に入りました。

この3つが満たされた条件、ということはシートアレンジでもはやこれ以上の大発明はあり得ない?ということかもしれません。

残るはバックスペースへの搬入ゲートが標準装備されることでしょうか?

便利機能は革新され、外装は色気を無くさない程度のマッチョ感ムンムンのヴォクシー。

今後も目が離せません!

やはり人気で購入者が納車後も満足できるヴォクシー煌II。

新型ヴォクシー煌2の値引きの方法については、

「新型ヴォクシー煌2 値引き術!」で詳しく解説しています。

ライバルも多いだけに、他車と比較すると安く買えるかもしれませんよ!

012_o[1]

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/2656840/012_o.jpg