新型フォレスター スペックまとめ!

フォレスター

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型フォレスターのスペックが公開されています。

こちらでは新型フォレスターのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/spec/spec.html

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/spec/spec.html


スポンサーリンク

ボディスペック

全長×全幅×全高(mm):4,625×1,815×1,715~30
ホイールベース(mm):2,670
室内長×室内幅×室内高(mm):2,100~20×1,545×1,270
トレッド前(mm):1,565
トレッド後(mm):1,570
最低地上高(mm):220
車両重量(kg):2.5L→1,520~30、2.0L→1,640
乗車定員(名):5

最小回転半径(m):5.4

燃費・JC08(km/L):2.5L→14.6/2.0L→18.6

カーゴルームも便利になった!

↓カーゴルームの使いやすさも、新型フォレスターの売り。最大で1,300mmというのは、アウトドアや長期の旅行でも頼りになる広さ。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

主要燃費向上対策

全車共通
・アイドリングストップ装置・電動パワーステアリング
・可変バルブタイミング・充電制御・自動無段変速機
・ロックアップ機構付トルクコンバーター
2.0L
・ハイブリッドシステム

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/equipment.html


スポンサーリンク

足回り関係

駆動方式:AWD(常時4輪駆動方式)
トランスミッション:リニアトロニック
ステアリング歯車形式:ラック&ピニオン式
ステアリングギヤ比:13.5:1
サスペンション前:ストラット式独立懸架
サスペンション後:ダブルウィッシュボーン式独立懸架
ブレーキ前後:ベンチレーテッドディスク
フロントブレーキ機構:16インチ2ポット
(Advance…17インチ2ポット)

足回り関係、全車標準装備

●リヤ16インチベンチレーテッドディスクブレーキ
●タイロッド式タンデムブレーキブースター
●フロント&リヤスタビライザー
●アイドリングストップ
●アクティブグリルシャッター…↓加速に従って、シャッターを開閉してエンジンの暖気や冷却を行って空気抵抗を低減して燃費効率を高めています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/2.5engine.html


スポンサーリンク

エンジン(2.5L)

エンジンは2種類。ガソリンエンジンは2.5Lで3グレード、ハイブリッドは2.0Lで1グレード設定です。

エンジン型式:FB25
エンジン種類:水平対向4気筒 DOHC 直噴
内径×行程(mm):94.0×90.0
総排気量(cc):2,498
圧縮費:12.0
最高出力[kW(PS)/rpm]:136(184)/5,800
最大トルク[Nm(kgf)/rpm]:239(24.4)/4,400
燃料タンク容量(L):63
燃料種類:無鉛レギュラーガソリン


スポンサーリンク

エンジン(2.0L)/モーター

フォレスターに登場、e-BOVER。低速をモーターによる走行、加速中速域では2Lエンジンにモーターアシストが加わります。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

エンジン型式:FB20
エンジン種類:水平対向4気筒 DOHC 直噴
内径×行程(mm):84.0×90.0
総排気量(cc):1,995
圧縮費:12.5
最高出力[kW(PS)/rpm]:107(145)/6,000
最大トルク[Nm(kgf)/rpm]:188(19.2)/4,000
燃料タンク容量(L):48
燃料種類:無鉛レギュラーガソリン

モーター最高出力[kW(PS)]:10(13.6)
モーター最大トルク[Nm(kgf)]:65(6.6)

タイヤ

タイヤサイズ:
・Touring/X-BREAK → 225/60R17
・Premium/Advance → 225/55R18

安全装備

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_1.html

年々高齢者の事故発生率が高くなることから、安全装置の重要性は増しています。ここでは、新型フォレスターの安全装備をご紹介します。

アイサイト

アイサイト(ver.3)
・プリクラッシュブレーキ・後退時自動ブレーキシステム
・AT誤発進抑制制御・AT誤後進抑制制御
・ツーリングアシスト
・全車速追従機能付クルーズコントロール
・定速クルーズコントロール・車線逸脱抑制
・車線逸脱警報・ふらつき警報
・先行車発進お知らせ機能

アイサイトセイフティプラス(運転支援)
・スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)
・アダプティブドライビングビーム

(Premium/Advance:標準装備、Touring/X-BREAK:メーカーOp)

ドライバーモニタリングシステム(Advanceに標準装備)

安全装備にはとくに自信を持っているスバルですが、今回はバスやトラックで採用されている”ドライバーモニタリングシステム”を採用。Advanceにのみ標準装備されています。中身を解説しましょう。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_3.html

ダッシュボード中央にある”マルチファンクションディスプレイ”に赤外線カメラが内蔵され、わき見検知を実行。

識別は、ドライバーの”目・鼻・口の向き”。居眠りの場合は、目の開き度合いを計測。ドライバーの持つ”目の大きさと開き度合い”を記憶し、計測結果で”居眠り状態”、”強い眠気状態”、”わき見状態”、”眠気状態”の4つに分けて判別します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_3.html

ドライバーには警告音とディスプレイ表示で知らせ、アイサイトと連携してブレーキ強制などを行ってくれます。

アイサイトセイフティプラス(視界拡張、メーカーOp)
・フロントビューモニター
・スマートリヤビューミラー

車両接近通報装置(Advanceに標準装備)

↓ドライバーが運転中に見る部分…前方視界、バックミラー、サイドミラーの他、メーターやナビ、マルチファンクションディスプレイなどを同じ高さに揃えて、安全運転に寄与しています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety0.html

安全関係、全車標準装備

●サイドビューモニター●デュアルSRSエアバッグ
●SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ
●運転席SRSニーエアバッグ●歩行者保護エアバッグ
●アクティブ・トルク・ベクタリング
●オートビークルホールド
●EBD(電子制御制動力配分システム)付4センサー4チャンネルABS
●VDC[ビークルダイナミクスコントロール]
●エマージェンシーストップシグナル ●LEDハイマウントストップランプ
●ブレーキアシスト●ブレーキオーバーライド(ブレーキ操作優先制御)
●セイフティブレーキペダル●セイフティフットレスト
●ダブルプリテンショナー&フォースリミッター(運転席は可変フォースリミッター)付フロント3点式ELRシートベルト(ロッキングタング付)
●リヤ全席3点式ELRシートベルト(左右席はプリテンショナー&フォースリミッター&ロッキングタング付)
●i-Sizeチャイルドシート対応ISOFIXロアアンカレッジ&トップテザーアンカレッジ(リヤ左右席)
●フロントシートベルト・ショルダーアジャスター&シート一体アンカー
●リヤドアチャイルドプルー

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

■■■

旧型に比べ、ほとんど違いが分からない…という人も少なくないエクステリア。ですが、中身は完全に一新されています!とくに北米では、年々クルマの走行距離や走行時間が長くなるというデータも。

長距離運転や、道路の補修が追いつかないアメリカではとくにフォレスターのようなSUVが大人気。山坂も多い日本でもかなり売れるのは間違いないでしょう!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク