新型インプレッサスポーツ 値引き術!

インプレッサスポーツ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型インプレッサスポーツの値引き方法について情報をまとめました。

新型インプレッサスポーツはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

2017年4月からインプレッサスポーツは、エコカー減税の対象からは、残念ながら外れてしまいました。

しかしながら、値引き額の方はというと、徐々に増加傾向にあるようです!

詳しく調べてみましたので、ぜひご覧いただき、購入時の値引き術としてお使いください。

スポンサーリンク

新型インプレッサスポーツの最新値引き情報

平成29年4月から、新しくなったエコカー減税制度では、新型インプレッサスポーツはラインナップから外されたので、より値引き交渉に力を入れていくスタイルで、以前までの減税額分を取り戻せるよう商談を進めていく必要ありそうですね。

まずは、2017年に入ってからの新型インプレッサスポーツの値引き状況をみてみましょう。

引用:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/K0000319106/

これは「価格.com」に寄せられた新型インプレッサスポーツの値引き額です。

去年に新型インプレッサスポーツが登場してから1年もたっていませんが20件以上もの情報が寄せられておりましたので、ご紹介させていただきました。

1.6Lのものでは、車両値引き額の最高25万円、最低額10万円、オプション値引き額の最高20万円、最低10万円となっています。

また、2.0Lのものでは、車両値引き額の最高20万円、最低10万円、オプション値引き額の最高10万円、最低でも5万円となっています。

どちらのグレードに関しても、車体・オプション共にしっかりと値引きはしてくれている様子です。

両方ともの値引き額が0円というものは、ほとんど見当たりませんでした。

この他に編集部が独自に調査した情報も併せて考えると、現時点での新型インプレッサスポーツの値引き額の目標は車両本体価格からの値引き額が約15万円以上、オプション総額からの値引き5万円以上、合計約20万円以上を目指すのが妥当ではないでしょうか?

どんな車種でもフルモデルチェンジ直後は値引きが渋いものですが、この新型インプレッサスポーツは登場してから時が経つにつれ値引き額も徐々に拡大しつつある様子が伺えます。

登場当初の1.6Lモデルに関しましては、値引きが厳しかった時もありましたが、現在ではしっかりと値引き交渉にも応じてくれているようですね。

20151227143410dtwgbykxlj

引用:http://autoc-one.jp/dealer/detail/10288/

safety1_pict_2

引用:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety1.html

エコカー減税制度から外れてしまったのは、その実力が故にということです。

それなら、値引き交渉を重視してみてはいかがですか?

その上で、値引き価格よりも更にお得に、あなただけのインプレッサスポーツを手に入れてみてはいかがですか?

→ 新型インプレッサスポーツを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

是非ご覧になってみてください!

スポンサーリンク

値引き交渉はオーリス、アクセラスポーツと競合させよ

新車を購入する際に大幅値引きを勝ち取るための常套手段として「他のメーカーから発売されているライバル車種と値引き額を競わせる」というものがあります。

インプレッサスポーツとライバル関係にある車種は、トヨタオーリスやマツダアクセラスポーツなどが考えられます。

021_o

引用:http://autoc-one.jp/toyota/auris/report-2164185/0002.html

オーリスはインプレッサスポーツの排気量と重複するグレードはありませんが、1.5Lモデルと1.8Lモデルは十分に競合対象になるでしょう。

timthumb-php

引用:http://www.autocar.jp/firstdrives/2016/08/09/181276/

アクセラスポーツもオーリス同様排気量は重複しませんが、1.5Lモデルはインプレッサスポーツの1.6Lモデルと競合しますし、場合によっては2.2Lクリーンディーゼルエンジン搭載モデルも競合対象になり得ます。

価格帯もインプレッサスポーツが約192万円~約259万円、オーリスが約178万円~約283万円、アクセラスポーツが約176万円~約331万円と大部分が重複していますし、何と言ってもボディサイズが似通っている3ナンバーサイズの5ドアハッチバックという点でも同じです。

オーリス、アクセラスポーツともに車両本体価格からの値引きとオプション総額からの値引きの合計が20万円~25万円前後を狙える状況となっており、インプレッサスポーツよりも若干値引き額が大きくなっています。

例えばインプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(2WD)が約192万円、オーリス150X(2WD)が約189万円、アクセラスポーツ15S(2WD・6EC-AT)が約192万円と車両本体価格がほぼ同じで、値引き交渉における競合が大変しやすいです。

ライバル車種と競合させる際のコツとして「本命車種はギリギリまで明かさない」ということがあります。

201512271434489t5dfd2r2o

引用:http://autoc-one.jp/dealer/detail/10288/

なぜなら本命車種がバレると、その車を扱っている営業マンは強気に出る、つまり好条件が出にくくなるからです。

あくまでも最初のうちは「予算が最優先なので総額が1番安いものを買うつもりだ」という姿勢で交渉に臨みましょう。

本命車種の表明は、最後の最後の一押しをしたい際に使うと良いです。

例えばインプレッサスポーツが本命にも関わらずオーリスやアクセラスポーツの方が条件が良い場合、「インプレッサスポーツが1番気に入っているが、この条件ではハンコを押すことが出来ない。せめて総額○円になっているオーリス(アクセラスポーツ)と同条件にして欲しい」というように使います。

ここではハンコを持参し、条件次第では今すぐにハンコを押す、という姿勢を見せると更に効果的です。

ぜひともオーリス、アクセラスポーツと効果的に競合させるようにして下さい。

スポンサーリンク

値引き額だけにこだわらない

20161110-02000104-autocone-001-1-view

引用:http://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20161110-02000104-autocone/2/

日本の新車市場は1996年の新車販売台数700万台超をピークに縮小傾向にあり、ここ数年は500万台前後で推移しています。

平たく言えば昔ほど新車が売れていない時代なわけです。

かつてはディーラーも新車をバンバン売って利益を稼いでいましたが、新車が売れない今、点検や整備、車検といったアフターケアや保険の販売などにも力を入れるなど収益構造を変化させています。

そのため「とにかく値引きをするのでお願いだから買って下さい」と平身低頭するようなディーラーは少なくなっており、ディーラーが考える限界の条件を提示したら「ウチではこれ以上の条件は出せないので・・・(他をあたって下さい)」という雰囲気を出すところが多くなっています。

67417b1a7ffb785504629819c8d59e45_f434

引用:https://career-tasu.com/media/career-salesman-agreement-3points/

買う方にしてみれば1円でも安い方が良いに越したことはないわけで、あの手この手を使って大型値引きを引き出そうとしますが、限界は必ずあります。

そこを越えた要求をするとあっさり交渉は決裂してしまいますし、値引き交渉はほどほどのところで留めておいた方が良いでしょう。

仮に強引に限界を超える値引きを勝ち取って購入に至ったとしても、その営業マンやディーラーと以降良い関係を築けるか、というと甚だ疑問です。

「とにかく1円でも安く買って後はディーラーとは付き合わない」という方なら話しは別ですが(そもそもディーラーはそういう客を嫌う)、普通は点検や整備などでディーラーとは付き合うことになりますので、良好な関係を築いている方が絶対に良いです。

そのメリットは購入時の値引きによって享受するメリットを超えることは多いはずです。

特にスバル車は水平対向エンジンという特殊な構造を採っていることもあって、完璧な整備はディーラーでないと難しいことも多々あります。

42018

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/146359/spot/42018/

スバルの営業マンはスバリストが多いですし、スバル好きのお客さんを大事にしてくれます。

他のメーカーの車以上に、ディーラーとの良好な関係を築くメリットは大きいと思います。

「スバル車の購入にあたっては一時的な値引きよりもその後長く続くアフターケアを重視する」、これを覚えておいて下さい。

スポンサーリンク

新型インプレッサスポーツの値引き術まとめ

81ac6e4cf8

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/1895907/blog/38296624/

以上、新型インプレッサスポーツの値引き状況についてまとめてみました。

「1円でも安い車を買う」というのも1つの買い方だと思いますが、本来であれば「この車が欲しい」と思って買うのが1番だと思います。

「本当は○○が欲しかったけど、安くならなかったから××を買った」ということだと、向こう数年間に渡って後悔することにもなりかねないからです。

ただ、インプレッサスポーツに関しては競合車種が明確なこともあって、それなりに大きな値引き額は出やすい状況だと思います。

また、スバル車の特徴としてディーラーオプションからの値引きが出やすいということもありますので、もしも交渉に行き詰まったらそこを狙ってみて下さい。

値引き交渉よりも、その後のアフターケアを大切にという意見は痛いほどわかります。

しかしながら、値引き額を大きくしてできるだけ安く手に入れたいという願いもわかります。

ここまで、見てくれている方は相当スバルのインプレッサスポーツに思い入れのある方なのでしょう!

そんなあなたに、ここだけの話ですが値引き金額から更に安くお車を購入できる方法があるんです!

是非、覗いてみてください必ずあなたの新型インプレッサスポーツを更に安く買える方法が見つかるはずです。

→ 新型インプレッサスポーツを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


スポンサーリンク




スポンサーリンク