新型N-BOX SLASH 納車ブログまとめ!

N-BOX SLASH

新型N-BOX SLASHの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは新型N-BOX SLASHの納車に関するブログのデータをまとめています。

ベストセラーカー「N-BOX」に続く「Nシリーズ」の第5弾、「N-BOX SLASH(スラッシュ)」は、魅力満載のスペシャルティカーとなって登場しました。

そんな「N-BOX SLASH」とはどんなクルマか、オーナーになられた方の感想などを交えてご紹介したいと思います。

経済性に目を向けられがちな軽自動車の中で、ひときわ異彩を放つ「N-BOX SLASH」、一度ご覧になってみてはいかがでしょう。







ホンダ・新型「N-BOX SLASH(スラッシュ)」とは

08_l[1]

引用:http://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/nbox-slash/

ホンダの新世代軽自動車「N」シリーズの第5弾となる「N-BOX SLASH(スラッシュ)」は、箱形スタイルながらクーペのようなフォルムと、カスタムテイスト満載のエクステリア、色や素材にこだわった大胆なインテリア、そしてボディカラーをトータルでコディネートした、ホンダ独創の軽ハイトワゴンです。

高性能DOHCエンジン/高性能DOHCターボエンジン、CVT(無段変速オートマチック)を専用チューニングを施し、爽快な加速と、25.8km/L(FF車、JC08モード)という優れた燃費性能を両立しています。

ラインナップは、スタンダードモデル「G」、快適装備に加え音へのこだわりもプラスした「X」、上級タイプのターボモデル「X・ターボパッケージ」、便利な装備を充実した「G・Lパッケージ」走りを磨いた「G・ターボLパッケージ」、人気のインテリアカラーパッケージをプラスした「G・Lインテリアカラーパッケージ」、「G・ターボLインテリアカラーパッケージを設定し、それぞれ2WD(FF)と4WDが用意されています。

pic_design_03

引用:http://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/nbox-slash/

今回、一部改良が行われ、女性に人気の「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」と「充電用USBジャック(急速充電対応タイプ2個)」を新たに設定し、快適性と使い勝手がさらに向上しています。

また、「X・ターボパッケージ」専用の15インチアルミホイールのデザインを刷新し、前衛的なデザインを採用することで、際立つ個性を放つインテリアの魅力をさらに高めています。

pic_design_02

引用:http://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/nbox-slash/

新型「N-BOX SLASH」の内外装には、随所にファッションや音楽といったライフスタイルを反映するモチーフを散りばめることで、「見た瞬間にストーリーが感じられるデザイン」が追求されています。

外観デザインのコンセプトは「BOXクーペエクステリア」で、ショルダーラインから上の高さを10cm切り詰めるとともに、リアに向かって緩やかに下降するルーフラインや、後端をはね上げたガラスエリアのデザインや、ブラックアウトされたBピラー、Cピラーに隠すように供えられたリアアウタードアハンドルなどとともに、箱形の車体でありながら2ドアクーペを思わせるスタイルを実現しています。

また、カスタムカーのテイストを表現するため、メッキ調のルーフレールやビレット調のピラーガーニッシュ、クロームメッキのフューエルリッドなど、各所に金属調のパーツを採用しています。

一方、車内空間は、室内の長さやワイド感、包まれ感などを重視し、ビレット調のガーニッシュやシートと同じ素材を用いたドアライニング等で、ベース車の「N-BOX」との差別化を図っています。

人気のインテリアカラーパッケージについては、50年代、60年代のアメリカをイメージし、カリフォルニアの道路沿いにあるダイナーレストランをイメージした「ダイナースタイル」、ハワイの海岸線の明るくさわやかな空気感を表現した「グライドスタイル」、ジャズやブルースが流れるライブハウスをモチーフにした「セッションスタイル」

50年代60年代のアメリカの雑貨や家電などをイメージした「ブライトロッドスタイル」、「ブラックを基調にむき出しの金属調のシルバー加飾で各部をコーディネートした「ストリートロッドスタイル」、グリーンを基調にオレンジのアクセントを取り入れた「トレッキングスタイル」の6種類が用意されています。

pic_style_diner_01 (2) pic_style_glide_01 pic_style_session_01

引用:http://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/nbox-slash/

新型「N-BOX SLASH」のもう一つの特徴は、上級グレードの「X」、「X・ターボパッケージ」に採用された「サウンドマッピングシステム」による、軽自動車ながらオーディオにこだわりを見せているところです。

このシステムは、4つのケプラーコーンスピーカー「17cm×2、12cm×2)と4つのアルミドームツィーター、サブウーファー、360wのMOS-FETパワーアンプを組み合わせたもので、「N-BOX SLASH」に合わせて、0.1db単位でのチューニングやスピーカーレイアウトの最適化を行ったもので、さらに、軽自動車の限られたスペースで迫力ある重低音再生を実現するため、メガホン効果を持つバックロードホーン型サブウーファーを運転席と助手席の間に装備しました。

img_sound_mapping img_sound_mapping_woofer_01

引用:http://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/nbox-slash/

軽ハイトワゴンの機能性も改善され、とくにリアシートは、左右独立式の座面チップアップ&ダイブダウン機構に加え、新たに190mmの前後スライド機構が採用され、運転に関するものでは、イグニッション・オフやアクセル・オンに連動して自動で作動、解除する電子制御式パーキングブレーキや、状況に応じてパワーステアリングのアシスト量を選択できる「モード切替ステアリング」が採用され、ドライバーの負担軽減が図られています。

新型「N-BOX SLASH」、グレードと車両価格は次の通りです。

pic_design_01

引用:http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

◆G

2WD

1,320,000円

4WD

1,450,000円

◆G・Lパッケージ

2WD

1,360,000円

4WD

1,490,000円

◆G・Lインテリアカラーパッケージ

2WD

1,470,000円

4WD

1,600,000円

◆G・ターボLパッケージ

2WD

1,575,000円

4WD

1,705,000円

◆G・ターボLインテリアカラーパッケージ

2WD

1,580,000円

4WD

1,710,000円

◆X

2WD

1,600,000円

4WD

1,730,000円

◆X・ターボパッケージ

2WD

1,710,000円

4WD

1,840,000円

新型「N-BOX SLASH」、気になる納期は

39_l

引用:http://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/nbox-slash/

このようにあらゆる年代層から大きな支持を得ている新型「N-BOX SLASH」の気になる納期はどうでしょうか。

◆1月11日に契約

1月25日に納車といわれました。

グレードX、色はツートンの白黒

納車が楽しみです。

◆私も1月契約で1月25日納車です。

N-BOX SLASHは納期速いです。

◆私も1月3日契約で25日納車です。

◆12月末契約し、1月16日に納車されました。

このクルマは1月中旬までの全国総受注件数は約5000台ということで、爆発的に売れているわけではないようですが、乗っている人が多いわけでもないので、かぶらないでいいです。

通常車では納期1か月ほどのようですが、カラーによっては時間のかかるものもあるようです。

平均0.5か月~1か月

といったところのようです。

→ 新型N-BOX SLASHを値引きから更に50万円安く買う方法!

新型「N-BOX SLASH」、納車の感想は?

■N-BOX SLASH納車

午後から、いろいろ説明を聞いて、ドライブ中。

55_l

画像はイメージです。

引用:http://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/nbox-slash/

生まれて初めてクルーズコントロールで巡航中。

楽ですね。下りでスピードが上がらず、エンジンブレーキもきっちりかかるので燃費に良いかも。

グレードはXノンターボ、おろしたては足回りがちがちでしたが、100kmほど走ったら少ししなやかになりました。

外装はサーフブルー、内装は黒、グライドスタイルです。

純正のデッドニング(ピュアサウンドブース)、いい音です。

■N-BOX SLASH納車

pic_premium_white_black

画像はイメージです。

引用:http://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/nbox-slash/

本日、N-BOX SLASHが無事に納車されました。

所用のためすぐ高速に乗りました。軽自動車なので、納車後いきなりの高速走行でエンジンに負担がかからないか心配でしたが、その心配は全くの杞憂に終わりました。

80km/h巡航時でのエンジン回転数はわずか2000rpm、さすがターボ車というべきか余裕の高速巡航でした。

クルーズコントロールが付いているので、高速巡航はさらに快適でした。

軽自動車初採用の電動パーキングブレーキは便利でいいですね。モード切替ステアリングは、重い設定にしてもとても軽いです。

バックカメラは三種類の表示切替ができてとても便利です。オートエアコン、アームレストなどスタンダードグレードとは思えない装備の充実に満足です。

軽自動車としては高価ですが、購入して本当に良かったと思います

まとめ

02_l[1]

引用:http://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/nbox-slash/

軽自動車のスペシャリティカー「N-BOX SLASH」、人気のインテリアカラーパッケージに新たにおしゃれな「トレッキングスタイル」が加わりました。

「サウンドマッピングシステム」とともに、おしゃれでキュートな「N-BOX SLASH」、おススメの一台です。

参考サイト

http://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/nbox-slash/

http://www.goo-net.com/newcar/HONDA__NBOX_SLASH/

http://www.webcg.net/

http://bbs.kakaku.com/

http://tassie.blog.jp/

http://minkara.carview.co.jp/