新型ハイエース 色・カラー紹介!人気カラーは?

トヨタ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ハイエースの色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型ハイエースの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

普段ワンボックスカーには目が行っても、ハイエースとなると…「そういえば、よく走ってる四角いバン?」程度の方も多いでしょう。

工事車両、建設現場、配送業…日本のどこでも活躍するワンボックス”バン”の代名詞、ハイエース。

カラーはホワイトかシルバーばかり…と思っていたら、実は多色!

どんな色があるのか、じっくりとご覧ください。

vhi93

引用:http://toyota.jp/hiacevan/style/


スポンサーリンク

塗装色一覧

ホワイト

ソリッド塗装は、仕事以外で使う場合でも一番無難。

鉄製ホイールが一番似合うクルマですから、ホワイトはプライベートでもなかなか様になります。

byip2

引用:http://toyota.jp/hiacevan/style/

ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション=32,400円)
・スーパーGL

トヨタの全車両で最も人気のある、ホワイトパールクリスタルシャイン。

スーパーGLでしか採用されないので、もしホワイト系のルートバンと隣り合わせで走っていても、同グレード扱い(DX)はされないでしょう。

オプション設定されているのは、この色のみ。

carlineup_hiacevan_style_2_12_pc

引用:http://toyota.jp/hiacevan/style/

↓下の画像でお分かりのように、アルファードもこの”ホワイトパールクリスタルシャイン”が一番人気(2016年の販売台数のうち5割弱がこの色)。センターグリルが豪華に見えるメリットもあります。

ujy80

引用:http://toyota.jp/alphard/style/

引用:http://toyota.jp/hiacevan/

シルバーマイカメタリック

シルバー系は商用車で非常に多く、目立ちにくい特徴があります。

ホワイト系の場合は、部分塗装やマーキングなどを施すのによいですが、シルバー系商用バンの場合は”ツルシ”のまま使われているケースがほとんど。メタリック塗装なので、プライベートカーとしても最適。

carlineup_hiacevan_style_2_13_pc

引用:http://toyota.jp/hiacevan/style/

グレーメタリック
・スーパーGLのみ

同じトヨタのアルファード、ヴェルファイア、そしてヴォクシーやノアといったワンボックスの場合、ホワイトやブラックに比べて人気度がいまいちなのがグレーメタ。

リセールバリューも上位2カラーより落ちる…と言われています。

が、ハイエースの場合は全く問題なし。使われる用途にカラーリングが条件…という方は少なく、程度の良いスーパーGLそのものが人気。

ですから「グレーメタリックなら納期が早い」と言われて買うのも良し!なのです。

carlineup_hiacevan_style_2_14_pc

引用:http://toyota.jp/hiacevan/style/

ブラックマイカ
・スーパーGL、DX・DX“GLパッケージ”(ロングボディのみ)

圧倒的な人気といえば、ブラックマイカもその一つ。

プライベート仕様だとローダウンされる方が多く、ドレスアップにも適しています。

タイヤにも気を遣うことで、見た目以上の満足感が得られるカラーでしょう。

carlineup_hiacevan_style_2_15_pc

引用:http://toyota.jp/hiacevan/style/

↓ローダウンされたハイエース。アルミもなかなか決まっている。

ただ、乗り心地がどうかは専門店によく相談しないといけません!

97b23

引用:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/auc-a-cube/cabinet/02026190/img57524487.jpg

3ef

引用:https://www.flexdream.net/wp-content/uploads/2017/02/バトルシップ×ナスカー.jpg

ボルドーマイカメタリック
・スーパーGL

紫系の色を持っているのは、トヨタのみ。日産キャラバンにはブラウン系はあっても、ボルドーはありません。

ほかにはない色ということで、選んでも良い色の一つ。

carlineup_hiacevan_style_2_16_pc

引用:http://toyota.jp/hiacevan/style/

ed221ss

引用:https://www.flexdream.jp/files/uploads/ハイエースバン4型.jpg

ライトイエロー
・DXのみ

carlineup_hiacevan_style_2_17_pc

引用:http://toyota.jp/hiacevan/style/

ダークブルーマイカメタリック

carlineup_hiacevan_style_2_18_pc

引用:http://toyota.jp/hiacevan/style/

色だけで見ると、あまり目立たない気がしますが、↓下の画像で車体全体を見ると「そういえばあるな~」というブルー。

プライベートユースでも違和感なしでしょう!

wfe45ug

引用:http://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_015/image/grade/grade6/carlineup_hiacevan_grade_grade6_2_03_pc.png


スポンサーリンク

もう一つのハイエース、ワゴンとは?

ハイエースには「バン」と「ワゴン」「コミューター」があります。

そのほかにレジアスエースがありますが、ハイエースバンの兄弟車。

バンは商用車ですが、ワゴンは乗用車。ハイエースワゴンは全長、全幅とも5ナンバーサイズを超えるので、3ナンバー登録となります。

ちなみに、ボディーサイズは≪全長×全幅×全高≫が次の通りです。

●グランドキャビン…5,380mm×1,880mm×2,285mm

●GL、DX…………………4,840mm×1,880mm×2,105mm

○エンジンは共に2.7Lガソリン、定員は10名ですから「普通免許」です。

3ef

引用:http://toyota.jp/pages/contents/hiacewagon/005_p_010/image/top/carlineup_hiacewagon_top_2_02_pc.png

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/366798/011_o.jpg


スポンサーリンク

ハイエースワゴンのカラー

バンとワゴンは共に8色のカラーが用意されています。

その中で、ワゴンだけ…といえばツートーンカラー。

送迎用ということもあり、バンとは識別しやすい色となっています。

ホワイト・ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション=32,400円)・シルバーマイカメタリック

1.3iro

引用:http://toyota.jp/hiacewagon/style/

ブラックマイカ・ゴールドメタリック・ライトイエロー

2.3iro

引用:http://toyota.jp/hiacewagon/style/

ダークブルーマイカメタリック・ノーブルパールトーニングⅡ2JZ(メーカーオプション=75,600円)

3.2iro

引用:http://toyota.jp/hiacewagon/style/


スポンサーリンク

ハイエースのオールペン

ハイエースと言えば、やはりドレスアップ。中には全塗装する方も少なくありません。

窓を外して全塗装となると100万円ほどかかるのが相場ですが、自分好みの色で30万、40万キロ走るならミニバンを買うよりも安上がり…と考える方も多いようです。

ボディ側面も正面・背面も凹凸が少ないことから、ソリッド色でもかっこよく仕上がるのがハイエースの特徴。

rere3

引用:http://item.shopping.c.yimg.jp/i/l/king-road_d-137-01_1

↓フロントグリル・ランプも取り替えてアメリカンな雰囲気が似合うハイエース。

一頃流行ったシボレー・アストロ風のマスクも楽しい。

ihr93

引用:https://www.flexnet.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/03/coast_lines_top.jpg

ハイエースが欲しいけど、予算がない場合は中古車。

ですが、相当距離を稼いでいるクルマが多いため、塗装にも気を付けたいところ。

カスタマイズすることを考えるなら、程度のいい新古車をディーラーに頼んでおくのも一手ですね。

新型ハイエースの値引きの方法については、

「新型ハイエース 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にハイエースを購入して下さい。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク