新型ポルシェ 718 ケイマン/718 ボクスター 納車ブログまとめ!

718

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ポルシェ 718 ケイマン/718 ボクスターの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは新型ポルシェ 718 ケイマン/718 ボクスターの納車に関するブログのデータをまとめています。

スポンサーリンク

新型ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターの受注状況と納車までの期間

img_86ffda68a533ef9d7c41d6ad3564863f68655

引用:http://www.webcg.net/list/article?maker=16&model=576b506377656128d4000000

718ケイマン/718ボクスターは2015年12月10日に発表され、718ボクスターは2016年2月から、718ケイマンは2016年4月から予約の受注が始まりました。

2016年7月1日に行われた718ケイマンの報道陣向けの発表会でポルシェジャパンの七五三木社長は718ケイマンと718ボクスターの受注状況に言及し、「718ケイマンの受注ペースは昨年(2015年)の月30台ペースから3倍になっている」「718ボクスターは昨年の約1.5倍ペース」「718ボクスターと718ケイマンの販売比率はほぼ半々だったのが、改良後は718ケイマンの受注ペースが718ボクスターを上回っている」などと述べました。

同時に718ケイマンの方が売れている理由については「改良を機にケイマンの方がボクスターよりも安い設定にしたから」とも述べています。

確かに718ケイマン(6速MT)は6,550,000円、718ボクスター(6速MT)は6,940,000円と390,000円も安い設定になっていますので、お買い得感は強い、ということになります。

受注開始直後に比べると現在の人気は落ち着いてきているようですが、依然として注目度は高いようでディーラーの営業マン曰く「毎月コンスタントに売れ続けている」とのことでした。

cay

引用:http://levolant-boost.com/2016/08/05/16699/718-cayman-2017-3/

そして気になる718ケイマン/718ボクスターの契約から納車までにかかる期間、つまり納期ですが、複数のポルシェディーラーや718ケイマン/718ボクスターのオーナーへ聞き取りによると、概ね5ヶ月~6ヶ月前後となるようです。

国産車の納期は待たされに待たされてもせいぜい3ヶ月、受注が殺到している上に登場直後で生産体制が整っていない車の場合でも4ヶ月程度で済むにも関わらず、718ケイマン/718ボクスターの納期が半年近くにも及ぶ理由は、ポルシェは完全受注生産だからです。

factory

引用:http://levolant-boost.com/2016/06/08/12920/0608_porsche718cayman-production_02/

基本的に新車というのは完全受注生産が建前です。ディーラーはお客さんと契約を交わすとメーカーに発注を行い、メーカーは全国のディーラーからの注文を取りまとめた上で適宜生産に入ります。

しかし売れ筋の車種やグレードは生産効率を高めたり納期を短くする目的で受注以上の数をあらかじめ生産することがあります。

その上でメーカーやディーラーのヤードにストックしておき、受注があり次第出荷して各地方の納車センター(納整センター)やディーラーで様々なディーラーオプションを取りつけた上で納車をするわけです。

輸入車の場合は実質的にほぼ完全受注生産に近いメーカーがほとんどのようですが、インポーター(正規輸入代理店)によっては人気車種をある程度自社のストックヤードに保管しておき、納車出来るものはディーラーで整備を施した上で納車する、というケースもあるようです。

ポルシェに関しては前述のように本当の意味での完全受注生産のようで、契約を済ませるとディーラーからインポーターを経てメーカー(ポルシェ)へ発注がいきます。メーカーでは各国インポーターからの受注を受けて工場で生産し、船便で輸出します。

P8140068

引用:http://moon-water.org/beautiful/town/20150814ship/index.htm

ちなみに718ケイマン/718ボクスターを生産しているのはポルシェのドイツ・シュトゥットガルト工場です。

船で約40日ほどかけて日本に届くと、まずは日本の法令に適合した作りになっているかの確認や、輸送中についた汚れを落とすための洗車などが行われます。

その後各ディーラーへ車載車によって運ばれ、ディーラーでディーラーオプションの装着やナンバーの取得などを行いユーザーの元へ届く、という流れになります(下の画像はポルシェ911)。

6253df110b

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/825144/blog/37811621/

正直なところ契約から半年近く待たされるのは少々長すぎる、という気もしますが、完全受注生産ということは「自分のために車を作ってくれている」ということを強く感じられる、というメリットもあります。

待たされれば待たされるほど納車された時の喜びもひとしおになるでしょうから、ここは「納車前のわくわく感を長く味わえる」と前向きに捉えてじっくり待つ方が幸せになれると思います。

スポンサーリンク

新型ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターの納車までの期間を短くするには

718boxster_EX

引用:http://otonaninareru.net/718-boxster/

半年近くかかる718ケイマン/718ボクスターの納車までの期間を短くする方法はあるのでしょうか。

輸入車であることや高額なプレミアムスポーツカーであることなどを考えるとこれは非常に難しいです。

輸入車でも他のメーカーであればインポーターやディーラーの在庫車があって短納期で納車される、ということもあるようですが、ポルシェの場合は本当の意味での完全受注生産のためそのような話も聞きません。

まっさらの新車に乗りたい、ということであれば素直にディーラーが設定した納期を待つ以外方法はないと思います。

しかし「ほぼ新車」でも我慢する、ということであれば可能性はなくもありません。

1つは「ディーラーのデモカー落ちを狙う」という手です。

ディーラーには展示車や試乗車といったデモカーがあります。これらは年次改良やマイナーチェンジがあった場合、あるいはデモカーとして使うには著しく劣化したものなどは新しいものとの入れ替えが行われます。

では古くなったデモカーはどうなるか、というと、大体は系列の中古車センターで販売されますが、このような車は走行距離も少なく、ディーラーできちんとした整備が行われています。

つまり「ほんの少しの妥協」さえ出来れば非常にお買い得に購入することが出来ます。

WS000002

引用:http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU6013856083/index.html?TRCD=200002

これは中古車情報サイト「カーセンサー」に掲載されていた718ボクスターですが、2017年式で走行距離が200kmしか走っていません。しかも販売しているのはポルシェディーラー系列の中古車センターです。

718ボクスターの6速MTは6,940,000円ですが、この車にはシートヒーターや盗難防止装置、LEDヘッドライトなどが装備されているようですので、7,180,000円という価格は200kmという走行距離を考えてもお得だと思います。

この車がデモカー上がりなのか、あるいはお客さんが納車直後に何らかの理由で手放したものかは不明ですが、この時のカーセンサーには走行距離300km未満のものが5台出ていました。

11

引用:http://www.carsensor.net/usedcar/bPO/index.html?CARC=PO_S020%2APO_S019&SORT=6

グレードやトランスミッション、ボディカラーやオプションなどが自由に選べない点はデメリットになりますが、2週間から1ヶ月弱程度の納期で納車されるのは大きなメリットと言えるかもしれません。

ただしこの方法にはもう1つ、上記に挙げた以外の大きなデメリットがあります。

それは「ディーラーとの関係が築きにくい」ということです。

これは筆者自身が経験していることですが、輸入車の正規ディーラーは「そのディーラーで車を買ったお客さん以外は冷たくあしらわれる」ということがたまにあります。

ポルシェのディーラーがどうかはわかりませんが、輸入車の世界では往々にしてそのようなことがあるのは頭に入れておいた方がいいです。

ポルシェのメンテナンスは非常に高度な専門知識と専門設備が求められるので、ガソリンスタンドやチェーン店のカー用品店などはもちろんのこと、街中の普通の自動車整備工場でも「ウチではポルシェは出来ません」と断られることがあります。

そうなるといざという時の頼みの綱は正規ディーラーかポルシェのメンテナンスを得意にしている専門ショップしかありません。

9730720

引用:http://www.goo-net.com/usedcar_shop/9730720/stock.html

たまたま自宅のそばの正規ディーラーが親切なところであればラッキーですが、そうでなかった場合、しかも専門ショップも近所にない場合は非常に困ることになってしまいます。

このようなことを考えると、半年の納期を我慢してでも正規ディーラーで購入した方が目に見えない様々なメリットが多いように思います。

スポンサーリンク

新型ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターの納車ブログのまとめ

P16_0086_a5_rgb-618x437

引用:https://clicccar.com/2016/01/29/351643/

以上、718ケイマン/718ボクスターの納車、納期に関する情報をご紹介しました。

最後にポルシェを購入する際の資金計画についてお話ししておきます。

正規ディーラーでポルシェを買う際は最低でも2,000,000円の頭金を用意する必要があります。これ以下の頭金しかない場合は原則として購入することが出来ませんし、ましてやフルローンで購入することも出来ません。

718ケイマン/718ボクスターはポルシェの中では比較的お求めやすい価格になっていることもあり、初めてポルシェを買うという方もよくディーラーを訪れるようです。

しかしこの「2,000,000円ルール」を聞いて泣く泣く諦める方も少なからずいる、とのことでした。

こうなっては納期どころの話ではありません。

718ケイマン/718ボクスターをローンで購入しようと考えている方は最低でも2,000,000円の現金を用意しておくことを忘れないようにして下さい。

そのうえで、新型ポルシェ 718ケイマン/718ボクスターの値引きの方法については、

「新型ポルシェ 718ケイマン/718ボクスター 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にポルシェ 718ケイマン/718ボクスターを購入して下さい。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク